てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » アーカイブ

先生はなぜカイロプラクティックや柔道整復ではなく整体を選んだんですか?

読了までの目安時間:約 5分

スクール見学にいらした方からの質問です。
いくつかあるので答えを書いていこうと思います。
先ず最初は「先生はなぜカイロプラクティックや柔道整復ではなく整体を選んだんですか?」


実はカイロプラクティックは興味があって、スクールを探したりもしました。
そして最初の整体学校ではカイロプラクティックの手技も学びました。
効果もありきちんと使えば安全だと分かりましたが、自分には時間が足りないと思いました。
1年位の勉強でしたので、テクニックを覚えることは出来ても習熟するまでにはならなかった。
ボキボキさせるのが怖いとか嫌いと言うことはありません。
きちんとやれば安全で効果的だと今でも思っています。
若くて時間があったらカイロプラクターになっていたかもしれません。
骨格調整・筋肉調整はマッスルエナジー・テクニックと言う方法で、患者さんの力を使って弱い力で調整しています。


柔道整復師は目的が違うので考えませんでした。
柔道整復師の先生は「骨折」「脱臼」「打撲」「捻挫」を扱うので、養成学校でもこれらの対処法などを学びます。
逆に腰痛や関節痛や肩こりについては学びません。
国家資格になっているのでステイタスは感じましたが、やりたいことと違っていたと言うのが理由です。
あん摩マッサージ師についても同じような理由です。
針灸師については考えました。
効果があることは知っていましたが、開業は難しいかなぁとなんとなく思ってやめました。
(肌を出すと言うことに抵抗があるのではと思ってしまったんです。)


では何故、今やっている整体に落ち着いたのか。
最初に入った整体学校では、カイロプラクティック手技とマッスルエナジー・テクニック、筋肉を緩める押圧手技を学びました。
手技は学んだけど、どうやって痛みを取るかが分からなかったので、痛みが取れると聞いて指針整体を学びました。
その後、クラシカル・オステオパシーやクラニオ・セイクラル・ワーク、アレクサンダー・テクニークなどを学びました。
他にもいくつかのワークショップやセミナーを受けています。
症例別の授業で使っている教科書などは、これまで学んだことと自分の経験を合わせてまとめています。
今、教えていることが自分の整体のスタイルなのかなと思います。
てあて整体院に来ている患者さんは以下のような人です。


腰痛・肩こり・関節痛などの筋骨格系の痛みを持っている人
ダンスやバレエでの故障がある人
身体の歪みが気になる人
むくみや夜眠れないと言う人
ダンス(バレエ)の身体の使い方を聞きたい人
ストレッチや日常に気をつけることを聞きたい人
姿勢が気になる人
歩き方が気になる人
身体の使い方を聞きたい人
楽器演奏やダンスの動きが気になる人
自律神経系の乱れが気になる人
疲れを抜きたい人
などなど


つまりそう言う患者さんなら、てあて整体スクールで学んだことで対処出来ると言うことです。
スクールでは整体院で使っている手技を教えています。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

てあて整体塾@宇都宮

読了までの目安時間:約 3分

12月10日に宇都宮の「ここからいふ広場」で、今年最後の整体塾があります。
【てあて整体塾@宇都宮】はスクールとまでは行かないけど、手技療法を勉強してみたいと言う方に、腰痛や肩こりなどの対処法を教える講座です。
東日本大震災のボランティアのつながりから始まって、宇都宮や福島の方で他の手技をやっている方や主婦の方などに参加頂いています。
いつからでも参加頂けますので、興味のある方は問合せ下さい。
(電話 03-3922-7230 mail teate@nifty.com)
今回はアレクサンダー・テクニークWSと膝痛症例別になる予定です。
毎回、参加者を見て内容を決めますが、午前中のアレクサンダーだけは決まっています。



■てあて整体塾@宇都宮

日時 : 12月10日(木)10:00~15:00
場所 : ここからいふ広場
     栃木県宇都宮市雀の宮4丁目26-52
     http://cocokalife.com/
料金 : 8,000円(午前中だけ 4,000円)
申込 : 電話 03-3922-7230
     mail teate@nifty.com


整体塾④

整体塾②

12109095_970142813023901_6619180840975412972_n[1]



■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

てあて整体スクールです。

読了までの目安時間:約 4分


こんにちは。
てあて整体スクール院長・あら木です。

プロフィール写真



てあて整体スクールでは指針整体とマッスルエナジー・テクニック、クラニオと言う手技を教えています。
指針整体は全身を流れる経絡に順に刺激を入れていく療法で、一通りするのに3・40分かかります。
一通り終わると、歪みが取れむくみがとれ筋疲労が抜けています。
マッサージや他の整体と違い、患者さんを押したり揉んだり体重をかけたりせず、『引き』の刺激で血流を良くし筋肉の動きをよくしていきます。
マッスルエナジー・テクニックはファシリテーション・テクニック(促通手技)の一つで、関節のズレを戻したり動きを良くしたり、動きの悪い筋肉や硬い筋肉を動きやすく柔らかくさせる手技です。
ボキボキしたり強く押したりするのではなく、患者さんに軽く動いてもらいそれに抵抗を加えることで調整していきます。
どちらも安全で確実な方法です。
そして2016年からクラニオ(頭蓋仙骨療法)・ベーシックも授業に取り入れます。
5グラムタッチと言われる通り、ごくごく軽く触れるだけで身体の芯(脳脊髄)を調整します。
ストレスで眠れない方や、気がつかないうちに緊張している方を柔らかく緩めていきます。
これらの基本的な手技の他に、症例別の症状の捉え方と対応方法を学ぶ授業、姿勢と歩き方の授業、解剖学の授業、そしてアレクサンダー・テクニークの授業を行っています。
(アレクサンダーはグループレッスンを受ける。)


スクールに入学される方は様々です。
OL・派遣・契約社員やサラリーマンなど会社勤めの方だけでなく、主婦の方やヨガやピラティスのインストラクター、パーソナル・トレーナーなども入学しています。
卒業後はそれぞれに学んだ手技を利用しているようです。
開業の方もいるし、自分のスタジオで使う方もいるし、副業で少しずつ始める方もいらっしゃいます。
卒業しても何度も授業にリピートに来られる方もいます。
開業のタイミングはそれぞれですから。


『手に職』


これからの自分のために技術を身につけて将来に備える。
先ずは身体のことを勉強してみて、それから考える。
いろいろな人が集まって勉強をしています。
ご興味のある方はお問い合わせ下さい。

電話 03-3922-7230
mail teate@nifty.com


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

クラニオ・セイクラル・ワーク (頭蓋仙骨療法)

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールでは2016年からクラニオ・セイクラル・ワーク(頭蓋仙骨療法)のベーシック講座を授業に取り入れます。
そのワークショップを今日やりました。
スクール生と卒業生などに通知を出して、今日は8名の参加でした。
遠く静岡から来てくれた卒業生もいました。


クラニオ151123


頭蓋仙骨療法とはどんな療法・セラピーなんでしょうか。
元々はアメリカ発祥のオステオパシーと言う療法の一つとして研究開発されました。
脳脊髄液の流れを調整すると言うのがオステオパシーの考え方です。
そのために様々な方法が作られ、その一つがクラニオです。
クラニオにも幾つかの考え方がありますが、てあて整体スクールでは仙骨・腹腔胸腔・側頭骨の調整をベーシックとして教えることにしました。
5グラムタッチと言われる方法で安全であることから、妊婦さんやストレスの多い方や高齢の方などにも使える療法です。
直接的に関節を動かすと言うのとは違い、ごくごくソフトに触れることで相手の動きを利用して調整されていきます。
仙骨の調整も足部に触れて行うくらい遠くからです。
調整すると言うよりは、動きの中で調整されていくのを待っている感覚になります。


よく眠れない方。
ストレスで緊張が抜けない方。
イライラが原因で肩が凝っている人。
どことなく調子が悪い人。
身体全体がバラバラで違和感がある人。
妊婦さん(動きが制限される人)。
そんな方たちには筋骨格系の調整だけでなく、穏やかでソフトで身体の芯を整える方法として使える療法です。




■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

手に仕事をさせない

読了までの目安時間:約 3分

整体などの手仕事をする時、『手に仕事をさせるな。』と言います。
ドント・レット・ユア・ハンズ・ジョブ!
( Don't let your hands job! )
これ、どう言うことでしょうか。


整体の仕事を覚える時、何も考えなくても出来る位まで練習をします。
頭で考えなくても、手が勝手に動くまで練習する。
何度やっても同じように出来るようになるまで練習します。
その上で、手に勝手に仕事をさせない。
常に自分がしていることに気がついている状態で整体をします。
勝手に手が動くようにはしない。
何度やっても同じように出来る技術やスキルを。
自分がいま何をやっているかに気がついて。
どんな風にやっているかに気がついて。
コントロールしながら、コントロールしなくても出来る技術・スキルを使って整体します。


不思議ですね。
手が勝手にやってくれるんなら、任せばイイのに。
そうはさせません。
仮に毎日くる患者さんであっても、毎日違う状態です。
昨日と今日とは別の人です。
同様にする側の自分も別の人です。
昨日と同じ人かもしれないけど、同じ状態ではない。
それを知って感じた上で分かった上で整体をする。


そうしないと、驚くような失敗をすることがあります。
信じられない見落としをすることがあります。


だから。
手に仕事はさせません。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

整体はボキボキするものなのか?

読了までの目安時間:約 5分


整体と言うとどんなイメージがあるだろう。
ボキボキするイメージ。
怪しいイメージ。
それとも
洒落たサロンで疲れを癒してくれるイメージとか。
身体のどこかに触れたら一発で痛みが消えるイメージ。
以前はボキボキして痛そうだとか、何をやっているか分からなくて怪しいだとか怖いだとか。
そんなイメージが多かったように思います。


実際、整体はボキボキするんだろうか、それとも優しいイメージなんだろうか。


整体には本当に沢山の方法があります。
千差万別とはこのことで、これぞ整体!と一言で言えることはまずない。
ボキボキする先生もいるしボキボキしない先生もいると言うのが現状。
最近はボキボキしない先生が増えているように思うけれど、それでもボキボキする先生もいる。


(てあて整体ではやりませんが)ボキボキはもちろん目的ではない。
骨格調整をする時に、骨と骨の間の関節でたまたま音が出ることがあると言うこと。
骨がズレていると言うのは、骨と骨の位置関係が関節のところでズレてしまって、そのままの状態が保存されていると言うこと。
普通だったら関節は動く場所なので、ズレたとしても元にもどる。
首を右に曲げれば首の骨はズレるけど、また戻のように正面を見れば元に戻る。
それが戻らないと言うのがズレている状態です。
場所によって原因は様々だけど、関節の周りの靭帯だったり筋肉だったり筋膜だったりが硬くなったりこんがらがったりすることがある。
それを元に戻す時の動きによって、音が出たりすることがある。
音が出ないこともある。
首をコキコキって鳴らしたり、腰をひねってボキボキって鳴ったりする。
あれと同じことを起こしていると言うことです。
だから、ズレている所だけを選択的に動かせば、ボキボキではなくてポキって小さな音だけがすることもある。
腰や首だと小さな骨が並んでいるので、他にも影響が出てボキボキなんて音がすることもある。
でも、先ほども書いたがあくまで結果であって目的ではありません。


ではボキボキしないで骨のズレを直している整体はどうやっているのか。
これも様々方法があります。
てあて整体スクールでやっているMET(マッスルエナジー・テクニック)などは、ファシリテーション・テクニック(促通手技)と言われていて、周りの筋肉を使って動かしたりする。
小さな力で動かしていくので、ボキボキ音がすることは殆どない。
それでも、狙ったズレだけが動く時にはたまにポキっなんて音がすることもある。
(それは失敗ではなくて、関節の状態によること。)


他にも体の動きを利用して調整する方法などもある。
ヒトの体自体が大きくなったり小さくなったり、呼吸のようなことをしています。
(肺呼吸とは別の身体全体の呼吸運動)
その動きを利用して、身体が微調整していくように手を添えるような方法です。
こういった方法は本当にソフトで触れているだけのように感じます。
気功やエネルギーワークみたいに思われることもありますが、実は筋骨格的な調整をしています。
とても微細で繊細な調整をするので、見ているだけでは分かりにくいし、説明されても言葉では分かりにくいことがある。
不思議に思えたりすることもありますが、少しずつ積み重ねていけば出来るようになるものです。


整体はボキボキするものか?
と聞かれたら、ボキボキする整体もあるししない整体もある。
どちらも効果があって、きちんとした先生に見てもらえば怖くもないし怪しくもないものです。


胸椎調整


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

コア・ストレッチ教室@六本木

読了までの目安時間:約 3分

来週火曜日(11/24)六本木でコア・ストレッチ教室をやります。
コア・ストレッチはコンテンポラリーダンスのフロア(床)エクササイズをアレンジした運動です。
床の上でゴロゴロ動きながら、体の芯(コア)・深層筋を緩めて行きます。
運動をしたことがない方も、ダンス愛好家の方もお待ちしてます。
特に上半身が硬いと言う人にはおすすめだと思います。
ココが硬いから緩めたい!と言う方は、言って下さい。
そこを動かす動きも取り入れます。
参加者で内容が変わるのも特徴です。
お待ちしています!



■コア・ストレッチ教室 六本木

日時 : 11月24日(火)19:00~20:30
場所 : ホール DOZ(松柏堂医院2階)
     東京都港区西麻布 1-5-11
     http://www.shouhakudou.com/doz/access/index.html
     (地下鉄 六本木駅・乃木坂駅 各7分)
料金 : 2,000円
申込 : 電話 03-3922-7230
     mail teate@nifty.com





■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

肩こりは肩を揉めば治るのか。

読了までの目安時間:約 3分

肩こりは肩を揉むモノと思っている人は多いと思います。
でも、最近の整体師で肩こりは肩を揉むモノと思っている先生は少ない。
常識は時代とともに変わるってことですね。
あら木が整体を習い始めた頃、ある先輩先生に聞いたことがあります。
「肩こりは肩甲骨が問題だから、肩甲骨を外から引っ張っている腋の下の筋肉(大小円筋・前鋸筋・棘下筋)なんかを緩めたらイイんじゃないですか?」
そうしたら帰ってきた答えがふるってました。


そんなことしたら治っちゃうじゃないか!


???
でしたね。(笑)
当時は治らなくてイイから肩を揉んでおけ、と言う感じだったようです。
一時、気持ち良くなって帰って貰えば、また次も来てくれる、と言う事のようでした。
でも今は違います。
肩こりは肩を揉むだけでは治らない、ってことは業界的には常識になりつつあります。
でもまだ、患者さんの多くはそうでもないかもしれない。
そこは意外に難しいところかもしれません。
患者さんの考えていることと、こちら側の考えていることが、離れ過ぎていると伝わりにくい。
説明も必要だし体感も必要です。


肩こりという時の肩は、ほとんどの場合は僧帽筋上部のことです。
僧帽筋はほとんど肩甲骨にくっついています。
だから肩甲骨の動きを良くしたり、位置を調整したりすると、肩こりはそれだけで改善します。
肩甲骨の反対側は背骨(頚椎・胸椎)なので、肩甲骨ではなく背骨を調整することもあります。
肩こりの時に僧帽筋上部を緩めると、気持ちがイイ。
だから肩甲骨上部=肩を揉むことはあると思います。
でも、伸びている肩(僧帽筋上部)を揉んでも、元の状態には戻らない。


考えることは沢山あります。
調整1511221

調整1511222


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

「歩けなくなったら来て下さい。」と言われた患者さん

読了までの目安時間:約 4分

先日、整体を受けに来た患者さん。
問診をすると手の痺れと腰から下の痺れと痛みがあるとのことでした。
お医者さんには行きましたか?と聞くと、専門の整形外科に行きましたとの答え。
そこで出てきたのが表題の言葉です。


「歩けなくなったら来て下さい。」


レントゲンの影像を見ながら、そのお医者さんが言ったそうです。
「骨に問題はありません、今度は歩けなくなったら来て下さい。」
歩けなくなったらどうやって来るんだ!と思ったそうですが、それは口には出さずに帰ってきたそうです。


もうお医者さんではダメだな。
自分でなんとかしないと。


そう思って民間療法を探し始めたそうです。
何軒かに行かれたそうですが、どうもトンチンカンな感じばかり。
で、僕のところに来たと言う訳です。
正直言うと難しい症状ではないと思いました。
たぶん僕の知り合いの先生達も同じ感想を持つと思います。
古くからの疲(疲労物質)が深層にあり、骨の位置のズレもあって動きのバランスが崩れていました。
筋膜も同様に硬くなっている。
深い所を緩め血流を促しバランスを取って終わりです。
日々の運動と生活を少し見直してもらう。
それと気持ちの問題。
任せられる人(手技療法)が居るんだろうかと言う心配。
自分は治るんだろうかと言う心配。
それらを払拭するような話し方で話をしました。


先日、フェイスブックの記事を読んでいたら、気になる記事がありました。
対人援助職から売り上げアップの相談を受けていると言う方の記事でした。
対人援助職とは(そこでは)ヒーラーや占い師・カウンセラーやコーチなどと書かれていました。
手技療法も対人援助職と言われることがあります。
そこでは自分のやっていることを、「自分のスキル(商材)」と言う表現をされていました。
確かにマーケティング的な話をする時に、役務(整体などモノではなくコトを提供している場合の呼び方)は商材とか商品と言う呼び方をすることもあります。
でも、多くのお客さんやクライアントさんや患者さんから支持されない(売り上げが悪い)ことを考える時に、自分のやっていることを商材とみなして考えることには強い違和感を感じます。
それじゃ支持されないでしょ最初から。
と思ってしまう。


上手く言えないんですけど、「歩けなくなったら・・・」の整形外科の先生と同じ匂いを感じてしまいます。


色々なことを考えさせられる話でした。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

小さな整体学校

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールは小さな整体学校です。
生徒数は東京と名古屋を合わせて15人位。
曜日別に通っているのはそれぞれ5人前後の人数です。
ベッド数にして2・3台くらいで授業をやっています。
この人数や規模の整体学校はかなり珍しい。
以前はあったかもしれませんが、この規模の整体学校は最近は随分減ってきていると思います。


ベッドが5台以上並んでいて、先生も生徒も白衣を着て授業を行う。
教室も専用で白い壁に蛍光灯、大きなホワイトボードと骨格模型が置いてある。
学校の入口には整体学校の大きな看板。
院長先生はスーツにネクタイで。
生徒数は合計で30人から50人、一つのクラスには10人前後の参加がある。
そして先生も複数いて、手技や学科毎に違う。
そう言った整体学校が今は多いように思います。
てあて整体スクールのようなこじんまりした所は減ってきています。


規模によってそれぞれの良さがあります。
5人くらいまでだと本当に近くに先生がいます。
隠れて適当に授業を受けようとしても無理。(笑)
細かいチェックが入ります。
(もちろんその日の状態によっては、そのままに放置することもありますよ。)
てあてスクールにはオリジナルのテキストがありますが、テキストだけにこだわってはいません。
院長あら木が現役整体師なので、季節毎の傾向や最近の患者さんの状態を授業に取り入れます。
開業や就職の相談も個別に行います。
ここまでパーソナルな対応は、規模が大きくなると難しいでしょう。
でも、生徒数数人と言うほど小さくはないので、師匠と弟子⁉︎みたいにはなりません。


大きな整体学校には大きいなりの良さがあります。
規模であったり人数であったり利便性であったり。
それとは違う良さが小さな整体学校にはあります。
自分のペースで確認しながら勉強するには良い大きさだと思います。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>