てあて整体スクール 東京で開業を目指すなら » アーカイブ

2月 骨格調整専科 募集中

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールでやっている骨格調整専科を募集しています。
骨格調整専科は【てあて整体スクール】の骨格調整を受講することが出来る講座です。
通常の講座のように一回こっきりで終わりではなく、一回終わった後に練習したい場合には1日1000円でリピート受講することが出来ます。


MET

てあて整体スクールの骨格調整はマッスルエナジー・テクニック(MET)をベースに面圧法なども学ぶことができます。
METはボキボキしない安心の骨格調整・筋肉調整法で、患者さんに2・3割の力で筋肉を使ってもらいこれに最適抵抗をかけることで調整をしていきます。
検査と調整が一体化しているので、分かりやすくマニュアル通り手順を踏めば初めてでも調整できるものです。


・脊髄(頚椎・胸椎・腰椎)
・骨盤三方向(腰方形筋・仙腸関節2方向)
・膝関節
・梨状筋・腸腰筋・大腿四頭筋など


安心で安全な調整法を勉強して下さい。


■骨格調整専科

日時 : 2月7・14・21・28日 各日曜 16:00~20:00
場所 : てあて整体スクール 東京校
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
料金 : 108,000円
問合 : mail teate@nifty.com
     電話 03-3922-7230
※卒業後のリピート受講は1000円/日です。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

左右均等にしゃがめない

読了までの目安時間:約 4分

授業中に生徒さんから質問がありました。
バレエダンサーとして舞台に出る傍らバレエの指導もしている人(男性)です。


プリエをする時に途中から骨盤が傾いてしまう人がいるんですけど。


プリエとはバレエの基本中の基本の動作で、股関節と膝・足関節を曲げていく運動です。
しゃがむような動作になりますが、普通の人がしゃがむように大腿四頭筋を使うより、臀筋などを使って腰が降りていきます。
動き自体は普通に見えるんですが、使っている筋肉(使いたい筋肉)が普通とは違うという、典型的なバレエの動きです。
そのプリエをして腰が降りていく時に、途中で左右のどちらかの骨盤が傾いてしまうということでした。
これどういうことなんでしょう。


人は200位の骨と600位の筋肉で出来ています。
一つの骨にたくさんの筋肉がついているということで、同じように見える動作でも、違う筋肉を使ってすることが出来ます。
例えば「歩く。」だけでも違います。
膝を前に持ち上げて、前腿を前に送るような歩き方があります。
足首をあまり曲げ伸ばしせず、後ろ足で地面を蹴るような動作もありません。
これと違い、後ろ足で地面を蹴るような格好(実際にはそんなに蹴ってはいませんが)で歩くこともできます。
同じように自分の体を移動させるために、脚を使って動いて行くわけですが、「足を前に出す。」のと「後ろ足で蹴る。」のは全然違う筋肉を使っています。
しゃがむ動作で左右の骨盤が途中で傾くのは、どこかで今まで使っていた筋肉を使わなくなったということです。
一つの動作をするには沢山の筋肉を使います。
その沢山の筋肉のうちどれか一つが使いにくくなったり使えなくなったりした時に、同じような動作でも微妙に違う動きをすることになります。


ではどうするか。
その動きを再現してもらいます。
しゃがんでもらうということですね。
しゃがむ途中のどこかで傾きが始まるタイミングがあります。
そこから左右同じにしゃがんで行くようにゆっくり動いてもらいます。
そうすると、使えない筋肉が分かります。
たぶん、その動き(左右対称)は出来ない、あるいはその動きをする筋肉がなくなったみたいな感覚になると思います。
それを補助しながら、何度かやっているとその動きが再現できるようになってくる。
弱った筋肉を鍛えるというのとは違います。
そういう場合もありますけど。
痛みがなくてそうなっている場合は、使わなかった筋肉を使ってもらうようにするということです。
これ意外に難しいです。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

あきたこまち賞

読了までの目安時間:約 3分

あら木の患者さん(ダンサー)が【第34回 あきた全国舞踊祭 モダンダンスコンクール】で、あきたこまち賞を受賞されました。
おめでとうございます!


2015あきたこまち賞

矢澤亜紀さんは定期的にてあて整体院で体のケアをしながらダンサーを続けています。
4年ほど前の現代舞踊協会のセミナーでコンディショニングを診てからのお付き合いです。
あきた全国舞踊祭は老舗の舞踊コンクールで、狭き門を潜り抜けての受賞で本当に良かったと思っています。
普段はルッシュワルツというダンスカンパニーで踊りなが、子供達の指導などもしている方です。


ダンサーの寿命はどんどん長くなっています。
ただ、ダンサーと言えども人。
体は普通の人と同じ構造で同じ機能を持っています。
普通の人よりも関節や筋肉を大きく使い動かすことが多いので、体のケアは欠かせません。
いつも来ると言う訳にはいかないので、ケアの方法を覚えてもらい月に1回程度は直接診させてもらっています。
今回も本番前に診ていたので受賞は本当に嬉しい。
これからも素敵な踊りを魅せてもらいたいと思います。


矢澤亜紀あきたこまち賞

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

手技の練習は工夫しないで下さい。 

読了までの目安時間:約 3分

手技の練習はどんどんして欲しいと思います。
でも練習をしていてやりにくい部分を、自分のやりやすい方法に工夫したり改善したりしないで下さい。
もしどうしても工夫したいのなら骨格調整もですが特に指針整体は、開業して3年以上経ってからにして欲しいと思っています。
新しいことを始めるのに、やりにくい方法ではこの先うまくいかないと思うのはわかります。
これまで社会経験もあり社会人として大人として様々な経験を持ってきたこともわかります。


でも、整体師としては素人です。


素人が新しいことを勉強しはじめて、難しいと思うのは普通のことです。
それは素人だからです。
その新しいことに対するスキルがないからです。
新しいことのスキルがないのは、社会経験がないとか大人ではないということではありません。
若い頃には新しいことを始めることが多かったと思いますが、大人になってから新しいことを始めることはそう多くはありません。
そんな時に間違えるのが、自分のやりやすいように工夫したりカスタマイズしたりすることです。


その工夫もカスタマイズも、素人にとってやりやすいようにしただけです。
ナンダカ酷い書き方ですみません。
でも本当にそうなんです。
逆に言えば、勉強を始めてやりにくい!と感じたり、ソノコトが出来なかったら、ちゃんと向き合っているということです。
やり方が間違っていないと言うことです。
初めてやった人が、プロのやっている高いスキルを真似したら、やりにくく感じたり出来ないということが正解です。


難しいナァとか、筋肉痛がとか思ったら、そのまま練習してください。
それが難しくなくなって来ます。
筋肉がついて楽に出来るようになります。


整体授業・肘頭圧法写真

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

名古屋から戻りました。

読了までの目安時間:約 2分

今日まで名古屋で整体の授業でした。


整体授業・肘頭圧法写真

今月の授業は症例別の授業。
腰痛や肩こり・膝痛などの症例をどう診ていくのか。
腰痛の時はこことここを緩めなさいとか、肩こりはこことそこを揉むんですとか。
そう言う授業ではありません。
痛みって何なのか。
痛みの原因って何なのか。
それをどうやって見つけるか。
見つけたらどうするか。
と言うような授業です。
面倒です。(笑)
でもこれ臨床では大切です。
一つひとつの症状に対して方法が決まっていると、それに当てはまらない人が来た時に対応できません。
でも、根本の考えがあれば、自分で考えて組み立てることが出来る。
そんな授業を目指しています。


来月は2月16日から19日まで名古屋です。
見学に来たい方は連絡下さい。
お待ちしています。
電話 03-3922-7230
MAIL teate@nifty.com


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

遅延証明書を貰わない仕事

読了までの目安時間:約 3分

名古屋地方は雪でした。
整体スクールに近鉄電車とJRを使って通勤しています
今朝はJRが30分から1時間半の遅れがでていました。
整体スクール最寄りの千種駅に降りたら、駅のホームは人で溢れかえっていました。
階段を降りると改札近くで遅延証明書を配っていました。
これから会社に出社するであろうサラリーマン・OLさん・派遣さん・契約社員さんなどが、それぞれ遅延証明書をもらっていました。


雪だるま

電車の遅れで会社に遅刻した場合、遅延証明書をもらっていくと知ったのは会社に入ってからでした。
学校に行っている頃そんなことは知らなかった。
ひょっとして持って行けば何かイイコトがあったかも知れない。
皆勤賞とか内申書とかに影響があったのか。
会社では遅刻とカウントされなかったのかもしれません。
となると給料に影響していいた事になります。


今は貰いません。
貰っても提出する相手は自分だから。
自分で自分に渡しても、特に何もイイコトはない。
遅刻して患者さんや生徒さんに見せたところで、どうなるものでもないし。


今は遅延証明書のいらない仕事です。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

1,000記事 公開

読了までの目安時間:約 3分

年内にブログの公開記事数を1,000にします。


この記事で304番目なので、あと700記事位になります。
このブログを本格的に描き始めたのは7月位だったと思うので、かなり厳しい目標です。
(実は調べるまで9月からだと思ってた⁉︎)
でもやってみようかなと思っています。


てあて整体スクール・あら木です。
このブログとサイトを運営しています。
最近、ネット関係の業者さんとお話をする機会がありました。
色々と話をしていて、とにかく世の中のネット状況は時事刻々変化していると言うことを知りました。
そしてネット世界のことを殆ど何も知らないと。
勉強しようかなぁとも思ったりしますが、なかなか時間も取れない。
話の中でこりゃ出来そうだと思ったのが、記事の数です。
7・8年くらい前にやっぱりネット関係の人に聞いた時には、サイト内のページが100ページないとネットの世界では存在していないのと同じ、と言ってました。
このサイトはブログ形式のサイトなので、一つの記事が一つのページとしてカウントされるようです。
となると、100記事ならすぐだ、と思っていたんですが。
先日聞いた話ではそれが1,000記事くらいと言う事でした。


最近はもっと効率の良い方法もあるでしょう。
でも面白いのでやってみます。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

昨日から名古屋です。

読了までの目安時間:約 2分

一昨日の夜に来て昨日から名古屋で授業が始まりました。
今月の授業は症例別対処法。
昨日は肩凝りと肩から腕にかけての症状をどう診るのかについてやりました。


肩凝り症例

先月入学した方もいたので、ベースとなる考え方をきちんと説明。
何度も同じような話になったと思いますが、とにかくソコを伝えたかった。
小手先のテクニックは沢山あります。
すぐに出来るような気になる。
それはそれで使える手技です。
ではその手技をいつ使うのか。
どんな時に使うのか。
そこ伝えたいと思っています。
基本やベースが分かっていれば、自分で工夫も出来るし手技も意味がわかっているので入りやすい。
そんなことを考えながら授業を進めています。
千種駅1分。
明後日まで授業やってます。
見学したい方は問合せ下さい。


てあて整体スクール 名古屋教室
mail. teate@nifty.com
電話 03ー3922ー7230


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

解剖学と触診

読了までの目安時間:約 4分

昨日は解剖学と指針整体の授業でした。


解剖学授業160118

初めて解剖学の授業を受ける生徒さんがいる時には、最初に必ず本の紹介をします。
解剖学関連の本です。
それをいくつかの種類に分けて紹介しています。
一つは解剖学の専門書で、言葉で沢山説明されているものとの多いもの。
ネッターの解剖学図譜やプロメテウス解剖学アトラスなんかです。
もう一つは読み物としての解剖学と生理学などの本です。
そして、題名に解剖学と言う言葉の入っているような本。
僕の場合は養老孟司先生や三木成夫先生などです。
養老先生は「バカの壁」を書かれた先生で、勝手に師匠と思っています。
その養老先生の師匠筋にあたるのが三木先生で、「胎児の世界」などで有名な発生学や比較生物学の先生です。
解剖学の話題やトピックを題材に様々な話が展開されるものが多いです。
最後に読み物としての解剖学関連・周辺のような本です。
ここでは「動的平衡」や「類人猿を立たせた小さな骨」「脳はなぜ『心』を作ったか。」など、分子生物学者や脳科学の先生が書かれた本です。
一番、読みやすいものから始めるのが良いと思います。


解剖学はモノ(体)に名前をつけていく学問ですが、名前がつくとソノモノがあるように感じます。
だからとそのものがあるかどうかは分からない。
例えば器官としての「肛門」はありますが「口」はない。
(「口唇」はありますけどね。)
モノを見た時に、それがどんな風に動くのかとか働くのかと考える必要が整体師にはあるように思います。
そういう意味では「解剖学と生理学」は「構造と機能」であり「形と働き」です。
だから骨の名前も大切だけど、もっと重要なのは骨の形で、その形だからどんな風に動くのかが決まってくる、ってことを勉強して欲しい。
なんて話を最初にしています。


触診一人160118

昨日は見学者も合わせて5人で授業でしたが、今日は雪もあって一人の参加。
しかも新入生の人でした。
まずは触診の練習です。
触診する場所や手の添え方・身体の使い方の話をして、ついでに骨の位置の話など。
ミズキ君(骨格模型)に横になってもらって授業を進めました。
触診は基本です。
整体師はやっぱり手と目。
どんなに素敵なテクニックだって、患者さんの歪みや動きが分からなければ、どこで使って良いか分からない。
逆に歪みや動きの悪さが分かって、骨の形・筋肉の位置がわかっていれば、なんとかなります。
出っ張っていれば押し込めばイイんです。(笑)
極論すればですけどね。
雪の中、歩いてきた新人さん。
がんばって行きましょう。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

薬で風邪は治るのか。

読了までの目安時間:約 3分

「どうしても行かなければいけない仕事があるので、薬を飲んで今日中に風邪を治します。」
という人がいた。


風邪は薬では治りません。
薬は風邪の症状を抑えるものです。


薬で熱は下げられます。
薬で咳は止まります。
薬で悪寒は抑えられます。
薬で鼻水は止められます。
でも
薬で風邪は治りません。
風邪を治すのは自分の身体です。
風邪に罹ってしまって、熱を出したり咳を出したり悪寒がしたり鼻水を出している身体を、元通りにするのは自分の身体です。
本人です。


???


症状は病気の本質ではありません。
風邪で身体に何が起こっているかは分からない。
でも薬で症状だけは抑えられます。
それは治ったと言うことではなくて、症状が抑えられた病気の状態です。
その症状が抑えられた状態が続くと、本質である病気もそのうち治っていきます。


では治したのは何か。
誰が治したのか。


病気を治したのは自分の身体。
本人です。
自然治癒力と言われているものかもしれません。
いずれにしても状態の悪くなった細胞を新しい細胞にしたのは、自分です。
細胞分裂を誰かが自分にに変わってやってくれるってこと、ないですよね。


整体師は病気の身体を元に戻りやすい状態にします。
病気の身体になりにくい状態にします。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ 
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>