てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » アーカイブ

12月のスク-ル見学 募集始めます。

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体スクールは整体師になりたい人、骨格調整や筋肉調整など体を整える技術を身につけたい人が学ぶ場所です。
整体学校やスクールを選ぶ時には学校見学が一番です。
言葉でどんなに説明しても、実際に受けてみたり、やっている所を見たりしないと、自分に出来るのかやりたいのかも分かりません。
スクールの資料を見ていることは、実際には行動を起こしていないのと同じことです。
先ずはスクール見学に来て、てあて整体スクールがどんなところなのかを見極めて下さい。
12月のスクール見学の日程が決まりました。
時間を作ってぜひ来て下さい。


授業風景2015

てあて整体スクール・東京
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
12月
 3日(土)、 4日(日)、 5日(月)
10日(土)、11日(日)、12日(月)
17日(土)、18日(日)、19日(月)
24日(土)、25日(日)、26日(月)
土曜・月曜 9:30~、日曜 15:30~
※ただし、19日は9:30から行います。

問合 : teate@nifty.com
 03-3922-7230


MET名古屋・てあて整体スクール

てあて整体スクール・名古屋
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
12月13日~16日
9:30~

問合 : teate@nifty.com
 03-3922-7230


12月は土曜は指針整体、日曜は指針整体とアレクサンダー・テクニークや「姿勢と歩き方」、月曜は症例別の授業をしています。
指針整体は押さない揉まない体重をかけない、安全で確実に全身を軽く動きやすくする整体で、他では学ぶことが殆ど出来ません。
アレクサンダー・テクニークは自分の使い方。
整体師自身が自分を整える方法として、また、アレクサンダー・テクニークでも使っているマッピングなどの説明をします。
症例別は腰痛や肩こりや膝痛などの症例に沿って、患者さんが来た時に何をすれば良いのか。
何を考えて患者さんの体を見ていけば良いのかを学びます。
腰痛の患者さんが来たからと言って、腰を揉めばイイってことはありません。
どんな風に痛みの原因を見ていくのかを話をしています。


整体は手でする仕事です。
直接、患者さんと相対し一体一で直接触れる仕事です。
自分がすることになる整体が、どんな風に感じられるのか。
そこを知らないでスクールを検討することは出来ないと思っています。
見学に来たからと言って勧誘したりしません。
他の生徒さんや場所の確認がてら、授業見学にいらして下さい。
東京は西武池袋線大泉学園駅6分、名古屋は千種駅1分の便利な場所にあります。
お待ちしています。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

整体師と数字の話

読了までの目安時間:約 5分

今月で整体院をオープンしてから15年が経ちました。
それを記念して来院される患者さんに青竹踏みを記念品としてお渡ししています。
強力青竹踏み「踏王(ふみお)」です。
渡しながら患者さんといろいろ話をします。
昨日来られた患者さんは最初の来院が平成15年。
13年前からの患者さんでした。
今月で15年になるんですよ、ありがとうございます。
と踏王君を渡しながら、開業して10年経って継続しているのは、10%にも満たないらしいなんて話もしました。
そしたらその患者さんが興味深いことを仰いました。


あら木さんは会社員時代に経理的なことをしていたから、それが良かったんじゃないですか?
僕なんか(患者さん)技術職だし、最近の人たちと話をしていても、景気の話や損益の話や数字のことなんて全然みんな知らないですよ。
あら木さんはよく景気の話とか数字の話とかされてましたもんね。


患者さんと数字の話(損益や経営)をするのはどうかと思うが、その患者さんとはそんな話が多かったとは思う。
経営的な役職にいらっしゃる方なので、経済情勢なんかをご存知かと思って聞いたりしていたことがある。
でも、普通はそんなに数字には詳しくないし、気にしている人は少ないと言われました。


確かに数字は気になります。
新しくお店が出来ると先ず考えるのは、今はこう言う形態が流行っているんだぁと言うこと、そして、儲かるんだろうか?やっていけるんだろうか?と言うことだ。
儲かるんだろうか?は単なる疑問では終わらない。
殆どの場合は、どれくらいの単価でどれくらいの客数が来そうだから月の売上はこれくらいかぁ、そして、家賃はどれくらいだから水道光熱費を合わせると経費がこれくらいになって、差し引きすると、収益ははこれくらいになるのか。
とパパパッと頭の中で計算する。
そして利益が出ない計算になると、どこか設定に変なところはないかと考え直す。
収益が出る構造になっていても、そこから人件費が出るのか出ないのか。
例えば売上から人件費以外の経費を引いて残るのが20万円だったとしたら、独身20歳代だったら問題はないだろうけど、30歳代で家庭がある場合はどうだろうとか考える。
そして利益が出そうにないと、ちょっと保留して少し調べたりする。
調べたりとは、単価だったり客数だったり営業時間や定休日の問題だったり、家賃のことを考え直したり、他に店舗があるのかとか、ネット販売があるのかとかセミナーやWSや出版などをやっているのかとか、そんなこと。


どうもそう言うことはやらない人が多いらしい。
僕はいつもそんな風に考えるクセがあるようだ。
自分のことを考えると、現状の売上で経費を差し引くと、例えば売上がゼロになったらあとどれくらい持つのかとか、売上が悪い時には、このままの売上だとあと何ヶ月位で資金ショートするのかとか、殆どいつも頭の中にある。
開業当初から5年位は年次と月次の収益計画を立てていて、結果がどうなったのかおよそ掴むようにしていました。
今はざっくりとした計画しか立てていないけど、最初のころは経費は項目別に立てていたし、売上もメニュー毎の患者数とかけ合わせて計算していました。


これから開業する人は、クセをつけると良いと思います。
計算は簡単です。
売上から経費を引くと収益が出ます。
売上は客単価に客数をかければ出ます。
客数は営業日数に一日辺りの人数かければ出るし、客単価はメニューからおよそ計算出来ます。
経費は積み上げが一番簡単ですが、家賃と同じ額位がその他経費としてかかると思えば計算できます。
そうやって売上から経費を引いた金額が残りの金額で、そこから人件費(自分の取り分)が出るかどうか、余り(利益)が出るかどうかと言うことになります。
近くに出店した小さなお店なんかで計算すると面白いですよ。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

名古屋から戻りました。

読了までの目安時間:約 4分

あら木・てあて整体スクール

こんにちは。
てあて・あら木です。
ウソです。(笑)
てあて整体スクールの骨格人形「みずき君」あるいは「がいこちゃん」です。
みずき君は以前のスクール生が、がいこちゃんは小学生女子の患者さんが名付け親です。


名古屋から戻りました。
今日から東京で授業をやっています。
土曜の今日は骨格調整。
明日と明後日は指針整体基本手技の練習です。
今月の授業は明後日まで。
来週は授業回数調整のためと言うか、あら木がダンスパフォーマンスに出るので休みです。
てあて整体スクールの授業は月に4回。
一年間は52週あるので4週間は授業がない週があります。
お正月と夏休みと5月の連休の他にだいたい1週は授業のない週があります。
これが殆どの場合、あら木の舞台やダンスパフォーマンスのために使われます。


いい歳してそんなこと・・・と言う歳はもう過ぎました。


既に呆れられるのを通り越し、一周回って普通になってしまいました。
あら木さんと言うのは、整体学校の先生で整体の指導をしている人で、同時にダンスをしていて50台後半でも舞台に出ている人。
あるいは、あら木さんと言うのは、ダンスの舞台に出る人で、アレクサンダー教師や整体師もやっている人。
で、聞いてみるともう50台も後半らしい。
そんな感じです。


元々は普通のサラリーマンだったんですよ。
ダンスはやっていましたけど、普通に会社の中で地味に仕事をし、役付になって出世的なこともしてました。
それがアラフォーくらいで舵を切って、一人で仕事をする人になった。
ダンスは継続してやっていたと言うだけのことです。
ただ、最近50台後半になって舞台の数が増えてきました。
たぶん男性でこの年齢でダンスやっている人が少ないと言うことと、長くやっているので放ったらかしにしておいても、何とかすると思われているんでしょう。
来年2月にはバレエの発表会にも出ることになりました。


仕事の話でした。


今日の授業は骨格調整。
4回目の授業で膝の調整をやりました。
回旋(太ももと下腿・スネの捻じれ)の調整をした後に、大腿四頭筋(前もも筋)を緩める手技をやりました。
この手技、「修行」と呼ばれています。
2分位でアゴが出ます。
でも、変形性膝関節症などの方にも効果的な方法です。
(膝関節の変形が治る訳ではありませんよ、動きが改善することで痛みが軽減すると言うことです。)
単純な手技ですが、安全で使いやすい手技です。
こう言う手技から覚えると良いと思っています。


膝調整・てあて整体スクール

来週は授業は休み。
次は12月になります。
12月3日から整体スクールの授業見学・学校見学が出来ます。
ご希望の方は連絡っください。
年内に一度はスクールに来て指針整体やマッスルエナジー・テクニックを体験してください。
来年のために。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

開脚 180度

読了までの目安時間:約 5分

大人からバレエを始めた方や、雑誌でストレッチや開脚が良さそうだと読んだ人が整体院にも来ます。
開脚180度はどれ位で出来るのか。
てあて整体院にも開脚したくて来院される方がいます。
「開脚出来るようになりますか?」
質問をする方が口にはしないけど、思っていること(願っていること)があるように思います。



出来れば整体で開くようにして欲しい。
出来れば1回で180度開きたい。
1回が無理なら1週間か10日くらいで。
整体で無理なら「開くストレッチ」を教えて欲しい。
出来れば1週間か10日、長くても1ヶ月くらいで開きたい。



どうでしょう。
そんな風に思っている人は割と多いと思います。
最近流行りの、結果にコミットするダイエット・パーソナルトレーニング・スタジオを思い出して下さい。
結果の身体を見ると普通じゃありません。
かなり鍛えた人、頑張った人、普通じゃないくらい毎日トレーニングした人、食事も結構制限されたんだろうなって人。
そんな印象を僕は受けます。


開脚180度は異常な状態です。


結構にコミットするスタジオで鍛え上げた人の、結果みたいな状態です。
普通じゃない。
開脚180度開きたいってのは、普通じゃない状態になりたいってことです。
そこを確認したい。
普通じゃない状態になりたいんだから、普通に一生懸命やっていては無理です。
異常なくらいやらないと出来ません。
ごくたまに、異常なくらいやらなくても出来る人はいます。
でも普通は異常なくらいやらないと出来ません。

そんなに毎日毎日やらなくてもイイんじゃない!?
何か大丈夫?いつもストレッチしてるみたいだけど!?
そんなにやらないとダメなの!?
そこまでやるの!?
みたいに言われるくらい。(笑)


もちろんコツのようなもはあります。


大人バレエな人。
睡眠時間を7時間くらい確保して下さい。
お風呂に毎日入って湯船に浸かって下さい。
疲れを溜めると筋肉は緩みにくくなります。

お風呂で座って、脚のスネとフクラハギの間に指を入れて優しくマッサージして下さい。
特にレッスンの日はスネとフクラハギの間の奥の筋肉が硬くなってます。
そこをゆっくり満遍なく緩めて下さい。
ルルベとポアントで使っている筋肉です。

レッスン後には20分くらいはストレッチして下さい。必ず。
特にお尻のストレッチをしてから開脚ストレッチ。
後ろをストレッチすると前がストレッチしやすくなります。

力を入れず、脱力して自重で緩めて下さい。
強くやりすぎないで下さい。
その時は気持ちよくても、後で筋肉の状態が悪くなります。

レッスン翌日の午前にはウォーキングを10分でも20分でもして下さい。
ウォーキングの後には軽くストレッチして下さい。
そのことで前日の疲労物資が流れて減ります。

レッスンのない日にもウォーキングして、その後に身体を動かすかストレッチして下さい。
股関節のストレッチや動きは、止めてゆっくりよりも動かしながら緩めて下さい。
動かすことで筋肉が騙されて伸びてくれます。

後はやり方と量の問題です。


「骨格的に先天的に開かない人っているんですか?」


よく聞かれます。
それだったら諦められるってことかもしれません。
でも、そんなことは殆どありません。
先ずは上に書いたようなことを一年頑張ってみて下さい。
筋骨格的な問題を考えるのはそれからです。


開脚・てあて整体スクール

※ちなみにあら木が開脚で肘がつくようになるのに、アラサー週2・3レッスンで5年くらい掛かったと思います。
最初はカッチカチで開脚は多分120度位。
手を遠くに着かないと後ろに転びそうになってました。
今(50台後半、週1・2レッスン)は年に1回か2回位ごくごく稀に、胸が床につくことがあります。
ただし夏の一時期でレッスン量が増えていて調子が良い時です。
やりゃあ出来そうですが、なかなかどうしてそれが出来ないです。(笑)




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

失敗するまで声は掛けません。

読了までの目安時間:約 2分

名古屋で整体スクールの授業をやっています。
今月の授業は骨格調整。
昨日は腸腰筋や四頭筋の後に腰椎の回旋調整を行いました。
これ以上やると頭から煙が出ると言う生徒さんがいたので(笑⁉︎)、昨日やった骨盤調整の復習をしました。
骨盤調整は三方向に分解して分けてやりますが、最初は途中で止まってしまう生徒さんが多い。
でもすぐには教えません。
自分で考えてやってみたところで、間違っていたらもう一度説明しなおします。


間違うことが大切です。


間違う前で止まっていると、何かを考えていたとしても判断して行動していないので、間違えたことになりません。
間違えても良いので自分で考えて自分で判断し行動する。(やってみる。)
そこが大切です。
本当に一番大事なことです。
間違えなければ失敗はありません。
でも判断し行動することをしていないので、失敗と同時に成功もありません。
だからやってみるまで声は掛けません。


間違えるまで教えてくれない先生です。(笑)


名古屋16111・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

カリキュラムにない話

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体スクールは土日月と授業をしています。
火曜から金曜の平日は、あら木が患者さんをとって見ています。
スクールは日曜だけは夕方16:00からで、土曜月曜は朝10:00から。
一回の授業は4時間で途中で休憩が入ります。
最近の生徒さんは日曜日が1番多く、土曜と月曜は3・4人でやっています。
時期によって人数はまちまちで、 月曜日が多い時期もありました。
年に数回だけですが、日曜の授業の後に一緒に飲みに行きます。
もちろん自由参加。
授業時間中には話しきれないことなど話しをしたりします。
先週末もそんなことで行ってきました。


懇親会・てあて整体スクール

今月の土曜日は骨格調整で、日月は指針整体に授業をやっています。
毎月、曜日毎に決められたカリキュラムをやりますが、最近は少し脱線することを増やしています。
ここ5年くらい卒業までの期間が延びていて、平均して1年くらい掛けて卒業する方が増えました。
カリキュラム的には半年なんですけどね。
納得がいくまで、体に馴染むまで練習をする方が多いからですが、それだと同じ内容を複数回受けることになます。
何回も聞いたり練習したりすることで、経験値があがりますが、やっぱり少しマンネリすることがある。
それを避けるために、カリキュラムにない話や手技をしたり、疑問質問の時間をとったりします。
幅を広げる意味や、話題を増やす意味や、様々な視点を持ってもらう意味や、基本的なことを確認したり、と言うようなこともあります。
手技や整体の話だけでなく、開業の話や法律の話をしたり、友人知人家族の体の相談だったり、社会情勢の話もあったりします。
小さな整体スクールだから出来ること、なのかと思っています。
そして現役の整体師でもあるからでしょう。
一人一人に成功してもらいたい、と思って日々やっています。


授業では毎回のように触診の練習をしますが、先日は望診(姿勢分析)の話になりました。
仰向けだったり立っていて触診てどうするんですか?
と聞かれて、立位で姿勢分析をする時の注意や見るべきところなど話をしました。
全員が右肩が下がっていて、右手が下に位置していたのは面白かったですね。


望診・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

15日から18日は名古屋です。

読了までの目安時間:約 2分

11月15日から18日までは名古屋で整体スクールの授業と整体師とアレクサンダー教師をやってます。
期間中は整体スクールで骨格調整をやります。
整体師とアレクサンダー教師としては、整体の施術とアレクサンダー・テクニークをしています。
スクール見学や整体を受けたい方は連絡下さい。
今月の整体は特別料金ですよ!


てあて整体スクール 名古屋教室

愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
電話 03-3922-7230



骨格調整・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

てあて整体スクールで教えていること。

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体スクールで教えている手技は他ではあまり学べません。


指針整体
マッスルエナジー・テクニック(骨格・筋肉調整)
クラニオ(頭蓋仙骨療法)


どうしてこれらの手技になったのか。
これらの手技を使って整体をするようになったのか。
指針整体もマッスルエナジー・テクニックもクラニオも、とてもソフトな手技です。
強い圧を掛けたり、ボキボキ音がするような矯正をしたり、翌日に揉み返しがくるような手技ではありません。


指針整体を受けると体が軽くなり、動きやすくなります。
マッスルエナジー・テクニックを受けると、こんな弱くて大丈夫と思うような操作で、歪みが取れたり硬さがなくなったり動きが改善したりします。
クラニオは軽くただ触れているだけのようなタッチで体の芯(コア)を調整することで、深いリラックスが得られ体の中心が整うことで全体としてのカラダの使い勝手が良くなっていきます。


弱く軽くソフトなタッチで調整することで、自律神経を整える効果もあると考えています。
交感神経優位になっている現代人には、強い刺激よりも軽い刺激で副交感神経を活性化させる方法が良いのではと思っています。
そのために環境にも気をつけるようにしています。
施術をしながら話が出来るように授業を進めています。
BGMを流しながら施術の練習をします。
クラニオの練習は無音でブラインドを下げ、落ち着いた明かりの中で、声を落として練習をするようにしています。
出来れば笑顔で授業を進めるようにしています。(出来ればね。笑)


指針整体もマッスルエナジー・テクニックも他では殆ど教えていません。
たぶん”地味”だからだと思います。
劇的な変化を起こそうとする手技ではありません。
患者さんが良くなるお手伝いをする。
だから全部緩めてしまったりすることはありません。
ちょっと手前でやめるようにしています。
もう少しで柔らかくなりそう。
もう少しで動きそう。
もう少しで整う。
そこまでやったら患者さんの体に任せます。
お風呂に入ってゆっくり寝たら、翌朝、体が軽く調子が戻っている。
そんな整体を目指しています。


※この他授業には、症例別、解剖学、アレクサンダーテクニーク、姿勢と歩き方などの授業もあります。
手技としては上に書いた3つです。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

整体とアレクサンダー・テクニークの違い

読了までの目安時間:約 3分

整体とアレクサンダー・テクニークはどう違うんですか?と聞かれることがあります。
アレクサンダー・テクニークでも腰痛が治ることがあるし、体が上手く使えない時に受けるんだったら、整体と同じ感じですか?と聞かれたりします。


ところが実は全然違います。


先ずアレクサンダー・テクニークでは押したり揉んだり、骨格調整したり筋肉調整したりしません。
施術や治療やセラピーではないんです。
では何か?と聞かれると、教育ですと答えます。
教育!?
何かのやり方を教えてくれるのか?
やり方を教えるのではないんですが、分類すると教育になります。
「体の使い方や自分の使い方を教える。」と言ったりします。


ただ、教えると言ってもハウツー・方法・手順を教えるというやり方ではありません。
やらなくてもイイことをやってしまっている時、そのやらなくてもイイことをやっている、と言うことに気付く手伝いをする。
やらなくてもイイことに気づくと、それを止めてみることが出来る可能性が出てきます。
クセだったり習慣だったりすると、それがなかなか止められないんですが、それでも可能性が出てくる。
気付かなかったら、知らない訳で、知らなかったら止めようにも何をやめて良いか分からない。
止める何かが分からないってことになってしまいます。


では整体はどうか。
整体は調整します。
多くの整体師は筋肉や骨格の調整をします。
様々な説明がされますが、調整をすることで生理的な状態に戻る手伝いをしている。
生理的な状態は元々の無垢な状態なので、基本的にはその人の本来の調子に戻ることになる。
その人本来の調子に戻ると言う意味では、アレクサンダー・テクニークと似ています。
でもアプローチ方法、やり方が違います。
整体は相手の体を外的な力を使って動かしますが、アレクサンダー・テクニークは外的な力を使って動かすことはない。
本人が本人の中から動く補助をすると言うようなことです。


だから全然違う。
でも、受けると両方ともイイ感じになることがある、ってのは似ているかもしれない。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

50歳からの手技療法

読了までの目安時間:約 4分

転職や起業して手技療法をやろうとしている人。
50歳くらいからの勉強法や練習法について、ちょっと考えたことがあります。


50歳から新しい手技を勉強するなら一つだけ。
セミナーやワークショップで新たな手技を学ぶべきではない。(かもしれない。)



50歳になってから整体師や手技療法を学ぶ方が沢山います。
勉強して練習して開業・起業を考えている方も多い。
とても良いことです。
人生経験も豊かで、患者さんに出来るアドバイスも多岐に渡ることが出来る。
健康や体に対する知識も多い。


開業したら「引き出し」を増やし「差別化」出来る手技を、出来るだけ学んで行きたい。
そんな風に考える方もいると思います。
でも、引き出しや差別化をするために新しい手技を学ぶことはお勧めしません。
今、勉強しているその手技を突き詰めていくことが大切だろうと思います。


50台ってのは結構早く過ぎます。
50歳で整体師になったとして、60歳になったら10年選手。
20年選手になる頃には70歳を迎えています。
手技が自分の体に染み込む時間があります。
患者さんを見ていくうちに分かることがあります。
分かることはどんどん変わって行きます。
触診して見えるもの感じるものが変わってきます。
整体や調整をして起こる変化の見え方も変わります。
たぶん、3年目から5年目位で、やっと今やっている手技が身についてくる。
身についてくると言うのは出来るようになると言う意味ではない。
出来るようになるのはそんなに時間はかからない。
でも、自分の身に付く、血肉になるには時間がかかる。
そこからが始まりのように思う。
まああの、そんなに難しく考えなくても、体に馴染む自分に馴染むと考えてもらえば良いですが。


そうすると始めて5年くらい経ってやっと、自分の体に馴染んできて、そこからやっぱり3年5年は時間が欲しい。
8年から10年かけて、自分のものになってくる感じがする。
自分の体から出てくる手技が、相手の体とどんな関係になっているのか。
そこまで分からなくても、結果は出ます。
手技がきちんとしていれば、自分がきちんとしていなくても、結果は出る。
でも、やっぱり自分でも分かりたいでしょう、腑に落ちたい。
だとすると8年とか10年とかは、一つのコトでやってもらえればと思う。


20台30台40台なら良いと思います。
10年かけてものにするコトを、一つだけでなく二つ三つとやっても良いと思う。
でも50台からだと少しきついかなぁと思います。
出来ないとは思わないけど。
いっぱしのナニガシカになるんだったら、50歳からは一つの手技でドドンと押して行くのが良いのかなと思います。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>