てあて整体スクール 東京で開業を目指すなら » アーカイブ

【解剖生理学】講座の感想をブログに書いて頂きました。

読了までの目安時間:約 2分

先日行った解剖生理学の講座について、参加された方がブログに書いてくれました。


頭から煙が吹き出す6時間半 >>>


書いてくれたのはお母さんたちのためにバランスボールトレーニングを指導している はたのやすこさんです。
バランスボールは屋内で出来る運動で、様々な方法があるようです。
個人的には開業当初に椅子の代わりに使っていたことがあります。
外から見える大きな筋肉を鍛えることもできますが、股関節周りや脊椎周りの小さな筋肉群(コア・深層の筋肉群)をトレーニング出来るものだと思います。
見た目よりも運動量が多く、やり方さえ間違えなければ安全な運動になる。

当然、知っていることばかりだったようですが、あら木の解剖生理学は普通とはちょっと違います。
骨格や関節や筋肉から動き方の話になったりします。
どうしてそう言う関節になったのかとか、どうしてこの向きなんだみたいな話も。
バランスボールを指導する時の参考になったようで良かったです。

全国、どこでも行きますよ。
気になったら問合せ下さい。
体の指導をされている方。
体を使っている方。
ダンスなど指導されている先生。
何教えることが出来るの?何教えてくれるの?みたいに聞いて頂ければ相談します!




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】ばれえNHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

来週(8/22-25)は名古屋です。

読了までの目安時間:約 4分

8月22日から25日は名古屋で整体スクールの授業です。
名古屋教室は千種駅徒歩1分のマンション2階です。
整体ハスハナと言う整体スクール卒業生の整体院を借りてやっています。
以前は金山にあった卒業生整体院を借りていましたが、引っ越してしまったので変わりました。
整体ハスハナの上の階には【 Room CREA 】と言う、これまた卒業生がやっているレンタルスペースがあります。
セラピーなどに特化したレンタルスペースで、様々な人が色々なセラピーをやっています。
その2階で毎月4日間、整体の授業をやっています。


今月の授業は指針整体とストレッチです。
指針整体はてあて整体スクールのメインの手技。
他では殆ど学ぶことの出来ない安全で効果の高いしかもユニークな整体です。
ストレッチは体を緩める方法ですが、患者さんに教えるためのノウハウを指導します。
腰痛や肩こりの時には、それぞれどんなストレッチを指導するのか、指導するときの注意は何かなどです。


名古屋・てあて整体スクール

授業の後は整体やセミナーをやっています。
今月は23日と24日にチャコット名古屋スタジオさんで、アレクサンダー・テクニークのグループレッスンをやります。
昨年から隔月で行っている特別講座で一年が経過しました。
毎回、参加される方もいますが、初めての方も沢山います。
申込はまだ間に合うので直接お願いします。( 詳細 >>> )
また、22日の夜には伏見の短歌会館でストレッチ教室をやります。
この教室は毎月やっているものです。
ストレッチと言っても普通のものとは少し違います。
床の上をゴロゴロしながら体のコアを緩めていくものです。
興味のある方は上の「セミナー・ワークショップ・講座」のメニューからコア・ストレッチをご覧下さい。


バレエレッスン・てあて整体スクール

名古屋で整体スクールやセミナーをやるのは、毎月実家に帰るためもあります。
実家が三重県四日市にあります。
出身は隣の桑名高校。
名古屋は昔から身近な都会でした。
将来的に拠点を東京から名古屋に移すかもしれない、と言う思いもあります。
とかなんとか言いながら既に10年が経ちました。(笑)
いつになることやらですね。

名古屋では映画を観たり美術館に行ったりもします。
伏見ミリオン座や栄のセンチュリーシネマ、新栄の名演小劇場などに行ったりします。
今池のキノシタホールにもたまに行きますね。
単館上映のものが好きなのかもしれません。
東京だと渋谷のアップリンクによく出没します。

今月は時間がないので映画は無理ですね。
仕事帰りに名駅の近くで一杯やるくらいかなと思います。
どこかでお会い出来ればと思います。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】ばれえNHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

ターンアウトは踵を内側にする運動です。

読了までの目安時間:約 4分

爪先を外にして!
脚を回すように!
前ももは使わないで!



バレエのレッスンで良く言われることです。
ターンアウトはバレエの基本中の基本。
これがなければバレエとは言えないと言うくらい大切な運動です。
ターンアウト(股関節外旋)をすると、結果的に爪先は外側に向かいます。
脚を伸ばしたまま外回しにするとそうなります。
でもこれがなかなか出来ない。
爪先は外になるんですが、使い方が上手くいかない。
つい前もも(大腿四頭筋)を使ってしまいます。
そこで言い方を変えてみました。


ターンアウトは踵を内側にする運動です!


踵が内側に回れば、爪先は外側に回ります。
爪先が外と言うのと同じことを言っているように感じます。
では。
「右を見て下さい。」
と言われて頭を動かした時と。
「後頭部(頭の後ろ)を左に回して下さい。」
と言われて頭を動かした時はどうでしょう。
ちょっと違った感覚がありませんか。
違う動かし方をした感じ、もしくは違う動きをした感じがしませんか。


体を動かすのは筋肉です。
筋肉は体の前後左右についています。
脚を右に回すときに、前側外側を使う方法と、後ろ側内側を使う方法があります。
バレエでは前外よりも後ろ内を使う方法と筋肉を使います。
だから、踵を内側に回す、と言うことになります。
厳密に言うと微妙なところもありますが、踵を内側に回すと考えてやってみると、いつもと違った動きの感覚を得られるかもしれません。


ancle・てあて整体スクール

足部の写真を見て下さい。
踝(くるぶし)の下は前後に斜め下に骨が伸びています。
踵(かかと)の骨はくるぶしから斜め後ろ、足の甲と指の骨はくるぶしから斜め前に伸びています。
足部はL字ではなくY字を引っくり返したような形になっています。
指は親指方向と小指方向に出ているので、三脚のようになっているとも言えます。
この踝(くるぶし)から上を股関節からまっすぐ回すのがターンアウトです。
くるぶしを中心に回すと、かかとは内側に爪先は外側になるのが分かります。
ワインのコルク栓を回すワインオープナーをイメージすると分かりますが、コルクに突き刺したT字になったオープナーは前後を両方反対側に回しています。
それと同じこと。

爪先だけを外に向かわせるターンアウトは、くるぶしから前の甲と指のところを回す筋肉だけを使っていて、脚の前側を強く使ってしまう使い方なんですね。


ターンアウトはかかとを内側に回す運動です。
そう思って体を使ってみると、いつもと違う使い方が出来るかもしれません。






アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】ばれえNHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

てあて整体スクール 8月後半の見学日

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールは東京と名古屋に教室のある整体学校です。
8月の後半にも授業見学・説明会があります。
自分の手で人を癒す仕事で独立開業・週末開業や副業を考えている方、周りの家族や友人知人の体のケアから始めてみようかという方は問合せ下さい。
新しいことを始める心配や疑問、自分にも出来るのかという不安にお答えします。
見学も体験も無料です。
安心していらして下さい。


名古屋授業・てあて整体スクール

【 てあて整体スクール 予定 】

8月
19日(土)  9:30~ 説明会 授業体験
20日(日) 15:30~ 説明会 授業体験
21日(月) 10:00~ 指針整体・MET体験会

22日(火)
 ~      9:30~ 名古屋教室 説明会 授業体験
25日(金)

26日(土)  9:30~ 説明会 授業体験
27日(日) 15:30~ 説明会 授業体験
28日(月) 10:00~ 指針整体・MET体験会

東京校 : 練馬区東大泉 5-27-18-A
名古屋 : 名古屋市東区葵 3-14-20

問合 : teate@nifty.com
03-3922-7230


てあて整体スクールの特徴は少人数性と他にはない手技です。
院長あら木が原則一人で指導をしています。
16年間整体師としてアレクサンダー教師として実際に患者さんを見てきた経験をそのまま伝えます。
また、指針整体・METやPNFの手技は他では殆ど学ぶことが出来ません。
強い力や急激な力を使わず、軽い力とリズミカルな刺激で調整して行く整体です。
患者さんに安全に受けて頂けるだけでなく、やっている術者も安心して出来る整体です。
その上やっていて疲れない。
整体師・セラピストとしてやっていくためには、何人もの患者さんをみることになります。
疲れないというのは意外に大切な要素になって来ます。

先ずは整体スクールに来て受けてみて下さい。
自分の体で体験してもらうのが一番です。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

終戦の日に思うこと。

読了までの目安時間:約 4分

終戦の日です。
以前から終戦記念日というのが気になっていました。
どうして敗戦記念日じゃないんだろうと思っていました。
たぶん小学生の頃からです。
嫌なんだろうかなぁ敗戦て言うのが、と思ってましたけど、誰が嫌で敗戦が終戦になったのかまでは頭が回りませんでした。
まあ、嫌なだけで敗戦を終戦とはしないと思いますが。
終戦と敗戦は全く違う捉え方なんだろうと思ったりもしています。


人類ていうのは言葉を持たない時代から、言葉を持ち社会を作り文明を築いて来た訳ですけど、そのどの時代でも戦争をやってきた訳です。
国というシステムが出来るもっともっと前は、個人対個人でやっていた訳で喧嘩のようなものだったのかもしれません。
それが集団を作るようになると集団と集団の間の諍いになり、社会が出来れば社会と社会の争いになり、国が出来れば国と国の戦争になるということなのかと思います。
人類も動物なので生存のためには出来る限りの手立てを尽くす訳で、それ(生存)が脅かされれば相手をなんとかするということになります。
自分が死ぬ位なら相手を倒すということになって、力(武力)で何とかすると、喧嘩や諍いや争いや戦争になるってことなんだろうと思います。


戦争はある時期増えていたんだろうと思います。
人類の文明と呼ばれているものの進化のある一時期に増えるものなんだろうと。
今が増えている局面なのか減っている局面なのかは分かりません。
でもまあ、隣の地域の人と顔を合わさない時には、戦争のしようがないですから。


社会の進展と情報流通の発達のある時期には、進展の早い遅いや情報流通の多い少ないで、争いが起きてくるのは分かりやすいことです。
先に色々なことを知って先に色々なことを手に入れている人たちは、いつまでも自分たちだけ先に知ったり手に入れたり出来ている訳ではないですから。
先に行った人たちは、後から自分たちと同じような社会の進展と情報流通の発達が訪れる人たちがいるということを認めたがらないですからね。
でも後からの人も、先に行った人たちと同じような状況に、遅かれ早かれなる訳ですね。
同じ人類ですから。
同じように進展し情報は流れるようになります。


日本ではこの前の戦争から70年以上、戦争をしていません。
これはかなりレアケースのようです。
70年ちょっと前からも、世界のどこかで戦争をやっていた訳です。
日本は避けてきたという言い方が良いか悪いか分かりませんが、もうしません絶対手を出さないって言い続けて、やらないで済んで来ました。
自分たちだけやらないで良いのかぁ!!あっぁ~んっ!!!
皆そうやってんだゾっ!!おいっ!!!
と怒鳴られても、まあ、やらないに越したことはないと思います。


そうやって何十年も戦争をしない国が一つでもあるということは、人類の希望なんじゃないかと、ふと思ったりします。
そんな
終戦の日です。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

昼寝

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクール

たまに昼寝をすることがあります。
仕事中です。
仕事中と言っても整体をしている最中だとか、整体スクールの指導中ではありません。
当たり前ですね。
休憩時間というか暇な時です。(笑)

昼寝には良い効果があると言われます。
体と頭が休まってリフレッシュするらしい。
確かに。
ほんの15分でも気分が代わり体が楽になったりします。
そのための昼寝です。

会社員ではそうは行かないなと思います。
でもそう言う会社もあるんだろうか。
取り入れられると良いですね。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

指針整体は体がぽかぽか

読了までの目安時間:約 3分


指針整体(ししんせいたい)

てあて整体スクールでは指針整体という手技を教えています。
この手技は16年間実際に整体院で使っている手技で、多くの患者さんに効果を出しています。
他では指導するところが殆どなく、とても珍しい手技です。
どんな効果があるんでしょうか。


体がぽかぽかと暖かくなる。
指針整体を受けている途中から、患者さんの殆どが体がぽかぽかして来たとおっしゃいます。
指で軽くトントンと刺激を入れているだけなのに、全身が暖かくなる。
経絡に沿って刺激を入れることが、体幹だけでなく四肢の隅々にまで刺激を入れることになっていると思われます。
また、強く押すのではなく軽いリズミカルな刺激が、緊張をほぐしリラックスを得る効果があるようです。
そのことで全身の血流が改善されています。

体の歪みが整う。
部分的に骨格調整や筋肉調整をしている訳でもないのに、体の歪みが取れてきます。
脊椎や四肢の長軸方向に沿って刺激を入れることで、筋膜との筋膜の繋がりが緩むことで歪みが取れてくると思われます。
緊張が抜け硬さが取れていくことによって、歪みが整います。
筋膜の緊張が抜けることで、全身の筋膜の繋がりからも緊張が抜け、体の動きにも影響が出ます。

体が軽くなる。
体重が減る訳ではありませんが、受け終わると体を軽く感じます。
筋肉の緊張が抜けることと疲労物質が流れることで、筋肉の状態が良くなります。

動きが軽くなる。
一つ一つの筋肉だけでなく筋膜の緊張が抜けます。
筋膜と筋膜は繋がっているので、全身を通ってるいくつかの筋膜の繋がりが緩みます。
動きのギコチナサは関節や筋肉も関係しますが、筋膜の繋がりも関係があります。
筋膜の繋がりが緩むことで、全身の動きがなめらかになります。


この他にも翌日の朝の目覚めが良かったとか、肌のツヤが出たとか、良く眠れたなどの声をいただきます。
全身の緊張が抜けて血流が良くなることで、様々な効果が出てくるんですね。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

整体師という仕事

読了までの目安時間:約 4分

整体師という言葉は最近になって認知されるようになりました。
てあて整体院をオープンした2001年位の時期は、まだまだ怪しい仕事というイメージがあったと思います。
最初は1990年代だったと思います。
バブル期に20分40分60分と時間で区切ったメニューで、会社勤めをしている人の体を癒す。
クイック整体だとかクイックマッサージだとか。
言葉は悪いですが雨後の筍のように出店がありました。
その頃は整体と言っても、マッサージ的なことが殆どで、細かな調整や体を整えるようなことをしているところは少なかった。
調整や体を整えることをしていたのは、それ以前に開業していた昔からある整体院。
そこでも全身を緩めた後に、電気をかけたり(低周波治療器や干渉波治療器など)して、最後に頚椎・腰椎など数箇所をアジャストする。
今でも残っている、ボキボキ調整される整体というイメージはこういうところからだと思います。


ここ10年5年位は様子が変わってきました。
手技や療法も増えて、本当に様々なやり方があります。
また、開業の形態も一様ではありません。
ボキボキ調整する先生は少なくなって、軽いタッチで触れる先生。
短時間で調整してしまう先生。
少し時間をかけて軽く触れるような先生。
整体院・スタジオも店舗のようなところばかりではなく、マンションやアパート・自宅の一室を改修してサロンにしている人も増えています。
出張形態で患者さんやクライアントさんのところに行く先生もいます。
最近はレンタルサロンやレンタルスペースも増えてきて、そういったところを使う先生もいます。
パーソナルトレーニングジムのレンタルもあるんですね。


個人で仕事をしていくのには便利な環境になりました。
ノマドワーカーと呼ばれる人のように、パソコンやタブレットやスマートフォンなどを使ってブログやSNSで発信・集客し、レンタルスペースで個人レッスンやパーソナルなコーチングなどを行うことも出来ます。
それは東京や大阪など大都会だけでしょ。
なんて思ってますか?
そんなことないんですよ。
地方都市でも田舎と呼ばれるような地域でも、レンタルスペースは増えています。
時間貸しをしてくれるところは探せば沢山あります。
場所はあるけど、そこをどう使えば良いか。
そこに気が付くかどうかで色々変わってくると思います。


男性は知らないことが多いと思いますが、子育てママやお母さんたちのコミュニティーが使っている集まる場所。
地域の集会所やレンタルスペースでは、様々な勉強会やワークショップが行われています。
今はまだ同じような使い方がされていますが、今後はどうなっていくのか。
上手く使えば場所代を抑えて起業・開業することが出来るようになりました。
男性が形やスタイルに囚われているうちに、女性はどんどん新しい形を試し始めています。
色んな働き方があります。
色んな開業方法があります。
整体師という仕事は、面白い広がりを始めていると思います。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

ウサイン・ボルトとサニブラウン・ハキーム

読了までの目安時間:約 4分

毎晩、世界陸上を見ています。
昨日は男子4×100メートルで日本チームが銅メダルを獲りました。
そのレースが現役最後の走りとなるウサイン・ボルト選手は第四走者として出場しましたが、バトンを受けた直後にハムストリングスの故障で転倒。
そこで現役が終わってしまいました。
残念ですね。
でも、ボルト選手の残した記録、特に100メートルの9秒58は僕が生きている内には破られることはない記録だろうと思います。
これから人類は越えられないかもしれないと思わせてくれるような記録です。


そのウサイン・ボルト選手と日本のサニブラウン・ハキーム選手の走法が似ていると指摘している方がいました。
確かに似てますね。
体幹を左右に揺らしながら走って行きます。
太ももを持ち上げるのに強く働くのは腸腰筋という筋肉です。
腸腰筋は腰の骨(腰椎)と左右の骨盤(寛骨・腸骨)の内側から、太ももの骨(大腿骨)の内側につながる筋肉です。
この筋肉が縮むと太ももの筋肉が骨盤や腰の骨に引きつけられ、結果として膝が持ち上がります。
短距離走ではそこから膝下を前に伸ばして地面を捉え、後ろに押すことで体を前に押し進めていきます。
腸腰筋の引きつけをすると太ももと体幹が近づきます。
その時に体幹が左右に揺れているのがボルト選手とハキーム選手の特徴的な走法ということになります。
ボルト選手は背骨(脊柱)に軽い側湾があると聞きます。
確かに走る姿を後ろから見ると、腰部から胸部にかけてに少し左右の湾曲が感じられます。
これが体幹の左右の揺れに影響しているのかと思っていましたが、腸腰筋の引きつけも関係しているんだろうと思います。


ハキーム選手には一つ気になることがあります。
走っている時に顎が上がって、頭の後ろが下がっていることです。
こうなると後頭部の筋肉群が収縮します。
後頭部の筋肉群が収縮すると、頚椎一番や二番の動きが制限されるようになります。
首の回旋(横を向く動き)の45%は頚椎一番で起こっていると言われています。
そうなると、顎が上がった状態だと、首の動きが半分近く制限されてしまいます。
首の動きが制限されると、それを代替するのに胸椎(胸の骨)など体幹部分や健康帯などが使われる可能性が出てきます。
ようするに動く部分の一部が固くなると、他のどこかがそれに変わって動かなければいけない。
顎が上がらない状態で走ることが出来れば、首の周りはもっと自由に動くことが出来、体を左右に揺らすにしても自由度がますように思います。


ただ、もう一つ考えられることもあります。
黒人の選手は白人や黄色人種と比べて、骨盤が前傾している人が多い。
これは体の使い方の特徴かもしれないし、骨格的な特徴なのかもしれません。
骨盤が前傾気味になると、それとカウンターバランスを取るように後頭部は後ろに下がる可能性があります。
もしそうであれば、ハキーム選手も骨盤前傾と対応して後頭部が後傾しているのかもしれません。
それなら元々の骨格の位置関係なので問題はないのかも。
でも、少し後傾しすぎかなぁとは思います。
彼は首頭と肩に緊張が見られますから。


整体師が見る世界陸上の感想です。
こんなこと思いながら見てます。
また、寝不足です。


世界陸上・てあて整体スクール



アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

解剖生理学入門 ~ てあて整体塾@川崎(仮)

読了までの目安時間:約 5分

連休セミナー第三弾
【 解剖生理学入門 】 てあて整体塾@川崎(仮)
なんだかモノモノしい題名です。
何とかならないもんなんでしょうか。
実際はこんな感じでした。


川崎1・てあて整体スクール

この講座の始まりは東日本大震災後の福島へのボランティアから始まっています。
クラニオという手技を一緒にボランティアした宇都宮の上田さんと、宇都宮や福島で整体塾を始めました。
地元の主婦を中心とした手に職を持っているのに仕事にするのを躊躇している人たちや手技の興味のある人たちに、解剖学や手技の講座を教えることで自信を持ってもらい後押しをする。
また、自分の周りの人たちの健康やカラダのケアをする。
その上田さんの繋がりが川崎の浜川さんに繋がって、今回は川崎で開催することになりました。
【解剖生理学入門】なんてすごく堅苦しい題名になってしまいましたが、体のことを知る、仕組みを知るという内容です。
整体スクールの先生、整体師、アレクサンダー教師、ダンスをしている人、ストレッチ教室の指導者として、色々な側面から話ができたかと思います。


川崎2・てあて整体スクール

最初に話をしたのはクラニオの前提となる呼吸や体の膨張収縮や動きの話でした。
そこから骨や筋肉の話になります。
個人的に、脊椎と胸椎12番の話と股関節の話が大好きなので、ついついそこに時間を取られてしまいました。
参加された人たちは手技を勉強し始めたという方と、興味はあるけどこれから勉強しようかどうか考えている方、家族の健康のことを考えて体の話を聞いてみたいという人や、ヨガの先生だったりしました。
途中、昼食休憩を挟んで結果的に6時間半のセミナーになりました。
昼食は持ち寄りプレートとおにぎりを頂きました。
参加者一人一人が作ってくれたお惣菜とおにぎりは、会場と会場周りの雰囲気とも相まってとても美味しく感じました。
とにかく静かで豊かな時間でした。


川崎3・てあて整体スクール

川崎4・てあて整体スクール

「クラニオを受けて体が軽くなって、これは何ですか?と聞いたら、ハンドパワーですって答えられたんです。クラニオはハンドパワーなんですか?」という質問がありました。
せっかく体が楽になったのに、ハンドパワーなんて言われると怪しい感じがして受けられなくなる、とおっしゃっていました。
クラニオは脳脊髄液の流れをよくするために、頭にある23個の骨の歪みをとり仙骨までの動きを改善する方法です。
脳や精髄の調子が良くなることで、ホルモンバランスや体の働きがよくなることと、体の中心をストレッチ的に調整していくので、左右のバランスも取れます。
なんて話をしました。
それでかなり安心してもらえたようです。
ハンドパワーという表現は、一部の人には納得し安心されるかもしれませんが、怪しいと感じる人は多いと思います。
解剖学や生理学は物理的に説明が出来るので、多くの人に安心してもらえるんだろうと思います。
ハンドパワーは否定しませんが、ハンドパワーではなく解剖学や生理学的に説明出来ることが大切で、自分はそう言う説明の出来る手技や療法をやりたいと思っています。


最後半ではアレクサンダー・テクニークの紹介もさせて頂きました。
時間があまりありませんでしたが、ハンズオンワークを全員に受けていただき、体感して頂きました。
アレクサンダー・テクニークは何度か受けてもらった方が分かりやすいので、またワークショップなどできたらと思っています。

このセミナー(てあて整体塾)も呼んで頂ければどこでも行きます。
連絡待ってます!


川崎8・てあて整体スク-ル

川崎6・てあて整体スクール

川崎7・てあて整体スクール



アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>