整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » アーカイブ

解剖学のページ

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクールでは解剖学の授業もあります。
当たり前です。
当たり前ですが、ちょっと普通とは違うような話が沢山出てきます。
例えば


・頭は茹で卵を横に寝かせた形。
・肩は腕の途中にある。
・頚椎と胸椎と腰椎の違い。
・股関節は曲がるのではなく回る関節。
・浮き指で何が悪い!


解剖学は骨や筋肉の名前を覚えるもの、と言うのは合っているようで合ってない。
骨や筋肉の名前を覚えることも大切な勉強ですが、それよりも骨の形から動きを知ることや、外から見えている形と内側の骨格や関節の違いを知ることが大切です。
その違い、実際の形から、実際の動きを知ることで、痛みや故障の原因が分かる可能性があるからです。
で、まあ、そう言うことについてこのサイトにもページを設けてあります。
解剖学のページと書いてありますが、骨格の名前や筋肉の名前が書いてある訳ではありません。
上に書いたようなことが書かれています。
整体師になったばかりの人や、これから整体師になろうかと考えている人。
ヨガやピラティスのインストラクターやパーソナルトレーナー。
各種のセラピストの皆さんには参考になるかもしれません。


解剖学のページ >>> http://teate.co.jp/anatomy>

もつ鍋帝王 ふるさと一号店

読了までの目安時間:約 2分

もつ鍋帝王・てあて整体スクール

カミサンの誕生日と言うこともあり、池袋の「もつ鍋帝王ふるさと一号店」でもつ鍋を食べました。
旨い!
もう圧倒的に旨い。
確実です。
最後についてくる麺も旨い。
必ずまた行きます。
アイルビーバックです。


店の雰囲気も最高です。
なんだか古い昭和な感じです。
テーブルは全部むくの一枚板でしかも木を斜めに切ってあります。
上手く説明出来ませんが、キュウリを斜めに切ったみたいな感じ。
だから四角くも楕円でも直線でもありません。
昨日座った席なんて斜めになってました。
立ち上がって頭のあたりに庇(ひさし)が出っ張ってます。
紙に書いたメニューが貼ってあります。
壁から出たホースでガスを引いたコンロが各テーブルに乗ってます。
隣の席との仕切りも丁度肩から上が出るくらいで何のためか分からない感じだけど全ての席の間にあります。
厨房を覗くカウンターの上にも庇があります。
で、お姉さんたちは割烹着的なユニフォームでスッピンでポニーテールです。
もう全てが最高です。
もちろん一階路面でガラガラの引き戸です。


今日、朝から患者さんだったので、大量に投入されているニンニクが食べられなかったのが残念。
次回は休日前の日に来てがっつり食べたいと思います。
生中も450円でリーズナブル。
ついでに食べたチクワの磯辺揚げも美味しゅうございました。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>

指針整体の特徴について

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体スクールでは指針整体(ししんせいたい)とMETを教えています。
あまり聞いたことがない整体だと思います。
だいたい整体と言えばこんな感じと言うものを皆さんお持ちですが、これが全然違う。
みんな同じ訳ではないんです。
なので、説明をします。
説明だけでは実感として分からないんですが、それでも説明をしないよりはマシです。


指針整体・てあて整体スクール


指先でなるべく軽い刺激を入れていく。

指針整体の刺激は「引く刺激」と言っています。
押すのではなく引くことによって、皮下に引圧の流れを作ります。
また、強く押さない体重をかけないことで、筋繊維や毛細血管にダメージを与えません。
体重を掛けたり揉んだりすると、筋繊維や毛細血管が切れたりすることがあると言われています。
指針整体はそれがないので、終わった後のダルさや翌日の揉み返しがない
逆に終わった後に、体が軽く翌日になってもそれが続きます。

ポンポンとリズミカルに刺激を入れていく。

低振幅の反復刺激を入れると筋肉は弛緩する。
これは筋肉の持っている特有の性質です。
軽くポンポンと指で刺激を入れていくことで、筋肉は緩むような反射をします。
またリズミカルな刺激が副交感神経に影響を与えると考えます。
副交感神経が優位になると、リラックスし筋肉は緩みます。
子供の肩たたきで体が楽になるのと似ています。

うつ伏せと仰向きの両方をセットで行う。

一般的な整体ではうつ伏せで施術をすることが殆どです。
でも指針整体ではうつ伏せ6割仰向け4割位の割合で整体を行います。
血管は全身で繋がっています。
うつ伏せだけでなく仰向けでも毛細血管に刺激を入れるので、全身の血流が良くなり、疲労物質が流れたり酸素やエネルギーとなる栄養素が供給され易くなります。
指針整体を受けた翌朝に体が軽くなったり調子が良くなるのは、血流が改善することによって自分の力(自然治癒力・回復力)で体が軽くなっていくと言うことです。

力を使わない。

力を使わないので患者さんも安心して受けられます。
やっている側の整体師も体力を使いません。
長く続けていくためには、なるべく力を使わない方法は有利です。

背骨に沿った刺激なので歪みが整う。

指で入れる刺激は背骨と四肢に沿った方向に入れます。
背骨の歪みなど小さなものは整い、動きの悪さも整って来ます。
体の芯(中心)の部分が整うことで、全身の姿勢や歩き方など基本的な動作が整います。

経絡に刺激を入れている。

経絡を使って治療をする訳ではありませんが、指針整体の刺激は経絡の流れに添って行われます。
経絡は全身に十二本流れている、気血水の流れです。
全身の経絡を刺激していくことで、知らず知らずのうちに気血水の流れも整い易くなります。

床の上でするので安心

指針整体は基本的には床で受けてもらいます。
ベッドだとどうしても落ちる心配がありますが、床ではそれがありません。
安心して受けてもらえます。
また、整体師として仕事をするのにも、ベッドも道具もいりません。
体ひとつでどこでも整体をすることが出来ます。


指針整体の特徴はこんなところです。
他にはないユニーク(独特)な手技です。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>

骨格調整専科 修了です。

読了までの目安時間:約 2分

骨格調整修了・てあて整体スクール

名古屋で骨格調整専科を受講された方が、無事に最後まで授業を受講修了しました。
Tさんは香川県から参加してくれました。
お嬢さんがバレエを習い始めて、奥さんからバレエのことや骨格調整法を勉強したらと言われ、てあて整体スクール名古屋までやって来てくれました。
普段はリラクゼーション・サロンで施術をしている整体の先生ですが、調整法は全く始めてとのこと。
手や体は出来ているので、飲み込みは早かったですね。


来春移行に個人で開業を考えていて、先ずは出張から少しずつ始めることになるそうです。
リラクゼーション系サロンで働いている人は、最初は週に1・2回の休日を使って出張や自宅で開業し、サロンの休みを一日ずつ増やしていくと言う方法で開業される方が多くいます。
それだと突然売上や収入がなくなると言うリスクを回避出来ますから。
通常の週休だけでも出張を始めれば、副業と言う形で収入が増えます。
それを資金に開業と言うことも考えられます。
そのためにはリラクゼーション系の手技だけでなく、調整手技も必要と言うことですね。


修了おめでとうございます。
開業めざしてがんばって下さい。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>

忘年会

読了までの目安時間:約 2分

今年最初の忘年会でした。


忘年会・てあて整体スクール

20年前に整体を勉強した学校の同窓会のような忘年会でした。
先生が音頭を取ってくれて、毎年やっています。
ぼつぼつために参加していたんですが、数年前からはなるべく毎回参加するようになっています。
ナンテコトはないんですが、何か来てしまう感じです。
自分よりも先輩は数人になってしまいましたが、後輩は20人以上来ています。
整体師になっている人もいるしなっていない人もいる。
整体師になっている人は、勤めている人もいるし自分でやっている人もいる。
それぞれに色々な思いがあって、イマココにいるって感じですね。


てあて整体スクールでも忘年会があります。
東京は12月25日で名古屋は12月14日。
卒業生在校性だったら誰でも参加OKです。
卒業生・在校性でもし、あら木からのメールが行っていなかったら、メール下さい。


最近、開業した人たちの話は面白いですね。
ここのところの業界の状況や考え方など。
考えていたものと違ったり、やっぱりそうだったかと言うことだったり。
情報収集と言うほどではないですが、参考になったりします。
今年は忘年会が多めのような感じです。
体調を崩さないようにしたいと思います。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>

ピラティス・スタジオ アロンジェ

読了までの目安時間:約 2分

2012年 7月訪問

【ピラティス&整体 アロンジェ】は心斎橋にあるピラティスと整体のサロンでした。
小林さんはシングルマザー。
お子さんを育てながら名古屋の教室に毎月通って来ていました。
現在は別の場所に引越しをしてピラティスの指導を続けています。
お子さんのために自宅近くで仕事が出来るようにと移転をしたそうです。
これも個人事業ならではのことですね。
女性が一人でやるにはピラティスやヨガのインストラクター、もしくはパーソナルトレーナーとして仕事をするのは良い方法のひとつだと思います。
整体や解剖学の知識、カラダの使い方の知識があれば尚更です。

彼女はピラティスだけでなく整体もやっています。
調子の良くない人を調子良くなってもらうために、ピラティスだけでなく整体も使ってアプローチしているそうです。
最近はバレエの指導も始めたようです。
大阪心斎橋にスタジオがあったので、何回かセミナーをやりに行きました。
手技のセミナーだったりクライアントさん・お客さん向けの、カラダの使い方のセミナーだったり。
これからもたぶん行くことになると思います。


ピラティス指導・整体・バレエマンツーマン指導
BODY WORKS Allonge
https://pilates-bodyworks-a.jimdo.com/



アロンジェ1・てあて整体スクール

アロンジェ2・てあて整体スクール

アロンジェ3・てあて整体スクール

アロンジェ4・てあて整体スクール

明日からまた東京です。

読了までの目安時間:約 3分

名古屋171117・てあて整体スクール

てあて整体スクール・あら木です。
東京に戻りました。
明日からまた授業です。
明日の東京は骨格調整、その後の日曜月曜は指針整体とストレッチやPNFの手技を勉強します。
今月の名古屋には香川県から授業を受けに来てくれた方がいました。
リラクゼーション系サロンで働いている整体師で、来年位には開業しようと考えて骨格調整の授業を受けに来ました。
仕事では調整の手技は使っていないし習ったこともないとのことでした。
やったことがないとは言え毎日手を使っているので、飲み込みは早くすぐに出来るようになりました。
明日から少しずつ練習をして、来年の開業に向けてがんばってもらいたいと思います。


どんな風に開業するのか聞くと、先ずは出張からと言うことでした。
サロンでの仕事の休みの日に出張を入れて行き、予約が増えてきてら少しずつサロンの仕事を減らしていくと言う方法です。
今は完全歩合で働いているので、段階を追って移行していく予定のようです。
上手く行くと良いなぁと思っています。
それが上手くいきそうなら、四国ではなく別の地域に移住したいともおっしゃっていました。
勤め人との違いはそこかもしれないですね。
てあて整体スクールの卒業生でも、広島出身で東京の大学に行き東京で就職して、20年位働き、整体を勉強して札幌で開業した先生がいます。
もう開業して6年位になりますが、続けてくれています。


てあて整体スクール 東京校はいつでも入学出来る整体学校です。
先ずは授業の見学に来て、内容と手技を確認して下さい。
11月25日(土)は授業はありませんが、10:00から12:00まで、指針整体の体験が出来ます。
整体スクールを探している人は、先ずはどんな手技なのかを体験して下さい。
学校によって教えている手技はみんな違います。
こんなハズじゃなかったと思わないために、自分の体で体験して下さい。
体験はもちろん無料です。
連絡お待ちしています。

てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

卵が私になるまで 発生の物語

読了までの目安時間:約 3分

卵が私になるまで・てあて整体スクール

「卵が私になるまで 発生の物語」(柳澤桂子著)を読みました。
先日は三木成夫先生の「胎児の世界」を読んで、その延長で発生学の本でしたね。
発生学は(たぶん)どうやって成体になっていくのか、についての学問です。
ヤゴはどうやってトンボになるのか、芋虫はどうやって蝶になるのか、受精卵はどうやって胎児になり成人していくのか。
不思議ですよね。
と言うかとても興味がある。


個体発生は系統発生を繰り返す、と言うのは三木先生の本で知りました。
個別の生物の発生過程は、その生物の系統(魚類・両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類)の発生を順番になぞるように経過していく。
例えば人の受精卵も最初は魚類のような形になり、そこから両生類や爬虫類の形を経て哺乳類の形にまで辿り着きます。
進化の過程を追体験しているような感じです。
そこにロマンを感じ表現されているのが三木先生で、何故どうしてを解明していく研究をしていたのが柳澤さんのようです。


学術的な研究内容を自身の研究生活と合わせて記述されており、無機質なただの研究論文とは違う面白さがありました。
それにしても1990年代でこの辺りまでしか研究は進んでいなかったんですね。
そこのところは驚きです。
もっと解明されていると思っていた。
受精卵がどうやって胚になって行き、そこから分化していくのか、途中さっぱり分からなくなりそうでしたが、何となく最後まで繋がりました。
だいたいこんな感じと言うのは分かりました。


個人的には膝の前十字靭帯と後十字靭帯がどうして前後に交差しているのか、が不思議でなりません。
それについて何かヒントはないかなと思いましたが、もっと全体的な話でしたね。
どこかで記述されてないかなと思っています。
面白い本です。


1つだけ気になることがありました。
無脊椎動物は脊椎動物よりも下等だとか、人類は進化の頂点だとかの記述がとにかく多い。
単純と複雑ではなく下等と 上等だと言うような書き方です。
書いているという事はそう言う考えがベースになっていると言う事でしょう。
時代的にはそうだったのかもしれませんが、ちょっと気になります。
気にしすぎなのかもしれませんが、神様がいた時代には全ての生き物や宇宙は神様が作ったと言う前提でした。
前提に反する事は考えにくくなります。
出来るだけ事実をそのままに見るようにしたいなと思います。

長沢芦雪展

読了までの目安時間:約 2分

愛知県美術館でやっていた【長沢芦雪展】に行きました。
てあて整体スクール名古屋教室のある時も、授業が終わったら整体の患者さんをみています。
でも予約で一杯と言う訳ではないので、余った時間でいろいろな事をします。
美術館は何か見たいモノがやっていれば行きますね。


長沢芦雪展・てあて整体スクール

長沢芦雪は虎の絵が有名であれを見たいと思って行きました。
以前、上野の美術館で掛け軸になっていたモノを見た記憶がありましたが、芦雪だけと言うのは初めてです。
面白かったですねぇ。
先日は北斎を原宿太田美術館で見ましたけど、江戸の画家は本当に面白い。
師匠がいて模写みたいに似た絵から、どんどん個性が出てくる。
画風も同じ人が描いたのかと思うくらい多様で、全く違うイメージのものが多くあります。
名前は覚えていませんが、「朝顔に蛙」を襖絵にしているものや、師匠の円山応挙と同じような「美人画(⁉︎)」、写真にある「虎」や「龍」の他に、「童子」や「犬」「水牛」「象」などもありました。
「岩の上に座る猿」の絵の岩の描写は、もう完全に現代美術ですね。
「水牛」や他の何枚かを見ていて、スペインの現代画みたいだと思ったり、最後の方にあった「山姥図」はクリムトの筆遣いと言うかイメージがありました。
若冲などもそうですが、とても自由な発想でいろいろな事を試しているようでした。
今の方が色々と縛られているような、常識が頭の底にあるような気がします。


絵も彫刻もダンスも舞台も映画もそうですけど、観て帰ってくると元気になるのが良いです。
次は何に行きましょうかね。

アラカン

読了までの目安時間:約 3分

アラカン


アラウンド還暦の事で、アラサーとかアラフォーと同じように使ってる、ように思うんだけど実はあまり聞かない。
それこそアラカン自身しか使わなかったりして。
ま、そう言う年齢です。
それを感じる事がどんどん増えてきますね。
信じたくない⁉︎なんて思う事なく来ましたが、最近は痛感します。
以前はあれっ?ナンダコレ⁉︎みたいな感じで、別の理由や原因を考えていた事が、実はそれだったって事に気がつき始めました。


年なんです。


あはは
だから正しい状況なんですね。
すぐ疲れるとか目がかすむとかご飯を沢山食べられなくなるとか。
最近は突然どこかが痛くなる!ってのが来ました。
整体している時に急に右前腕に痛みが走ったり、ただ歩いていただけなのに膝が痛み出したり。
人は成長期には骨や筋肉や内臓や神経系がバラバラに成長します。
だから衰退期⁉︎にもバラバラに筋肉や骨も弱くなるんでしょう。
バランスが崩れた筋肉で動いていると、どこかに負担が来る。
それが痛みに繋がるんだろうと思います。


トレーニングを始めました。
と言っても気がついたらトレーニング。
1日に数回スクワットしたり腕立てしたり腹筋したりし始めました。
あとは週一くらいのダンス。


経験的には2回大きな転換期がありました。
40歳前後と60歳前後です。
体が変わります。
自分を見ていても他人を見ていてもそうです。
この2回の時期にどうするかで、見た目が大きく変わります。
見た目という事は中身もだと思います。
見た目は筋力ですから。


人は成長するにつれ動きは洗練されソフィスティケートされます。
歩き始めの子供は手足をバタバタさせながら歩きますね。
でも巣鴨を歩く先輩達は、まるでお能のような静かさで地面の上を移動します。
手足はまるで動きを止めたように、必要最小限しか動きません。
それでもバタバタな子供と同じ距離を移動し、目的を達成します。
それでイイんですけどね。
でもこの40・60で体を動かす事をしておくと、随分と違った結果になる事になります。
快適な50代60代が迎えられる。
前にも書いたけど、アンチエイジングではありません。
エイジングは自然の摂理だから アンチは無理。
その時のベストな状態にする為に動いておく。


先ずは歩く事から。
歩いている人なら、歩幅を広げる事から。
歩幅を広げておる人なら、少しスピードを上げる事からです。

1 2 3 6