整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » アーカイブ

ターンアウトについて

読了までの目安時間:約 4分

ターンアウトってどうすれば良いんですか?
と質問をもらいました。
ちょっと練習してみましょうと、一つの動きをやってみてもらいました。


1.うつ伏せに寝ます。
2.右脚をパッセにします。(うつ伏せのまま)
3・パッセした膝を天井の方に持ち上げながら骨盤を立ててきます。
4.3でパッセした右脚と骨盤の角度は変えずに、膝を持ち上げ骨盤を立てて来ます。
  左腰の床に付いたところを支点にして、骨盤と右膝が一直線のまま90度立ち上がる感じです。


これをやってもらったら、大人バレエなクラスでは全く出来なかったと言われました。
全く出来ないってことはないでしょう!?と聞くと、いいえ全く出来ませんでした、とのこと。
どうしてだろうと考えました。
そして実際にやってみてもらい、どう出来ないのかを聞きました。


パッセを横にしたままに出来ないんですよねぇ!


とのこと。
そりゃあ出来ません。
パッセは膝を横にする動きじゃありません。
えっじゃあどうするんですか?パッセって!?
パッセは踵を持ち上げて、膝をターンアウトする動きです。
えぇ、横にするのとターンアウトって違うんですか?
そりゃ全然違います。
やってみましょう。


と言うことで、床にうつ伏せになったところから、パッセにした脚をターンアウトしてもらいました。
そうしたら少し膝が床から持ち上がった。
後は骨盤を立ててくるるだけです。
えぇぇ~こんなことてるんですか?
目をパチクリさせながらそんな風におっしゃっていました。
そう言うことなのかと思いましたね。
プリエは膝と爪先を同じ方向にするとか、一番に立ったら爪先を横に向けておくとか。
そんな風に習うことがあります。
そうすると、パッセは踵を持ち上げて膝が上がり、上がった膝を横にしておく形と考える人が多いようです。
それは違います。


パッセはターンアウトしながら踵を持ち上げてくる運動です。
膝を横に向けるのでも、そう言う形でもありません。
ターンアウトが続いているので結果的に膝は横に位置してしまいます。
ターンアウトは形ではなく動き・ムーブメントです。
そこでパッセからドゥバン(前)に脚を伸ばしてもらいました。


ターンアウト・てあて整体スクール

その時にターンアウトを感じてもらうために、踵を前から押さえてもらいました。
この指を踵で押すようにすると、臀部(お尻)や内転筋に力が入ります。
こんな風にして脚をいつもいつも回しているのがターンアウトです。
プリエもパッセも同じです。
形や位置ではなく動きだということを忘れないようにしたいものです。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

名古屋教室の忘年会

読了までの目安時間:約 2分

忘年会171214・てあて整体スクール

てあて整体スクール名古屋教室で忘年会でした。
今年は卒業生と在校生が半々で集まってくれました。
かなり懐かしい顔も見られて楽しいひと時でした。
東京の忘年会はクリスマスの日。
大掃除の後にやることになっています。

それにしても最近のお店は安くて美味しくて驚きます。
今回は千種にあるCHIKUSA GRILLと言うお店で、基本的にバイキングです。
イタリアンな感じのバイキングになっていてパスタとピザはお願いしてから焼いたり作ったりしてくれます。
写真を撮り忘れましたけど、かなりレベル高いです。
広いお店でパーティーや大人数の○○会に的を絞ったお店でした。

ごちそうさまでした。
来年もがんばって行きましょう!


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

名古屋で整体スクールでした。

読了までの目安時間:約 3分

名古屋で今年最後の授業をしてきました。
今月の授業はPNFと指針整体です。
皆さん二回目だったので確認をしながら進めました。


名古屋2・てあて整体スクール

PNFは固有受容性神経筋促通法と言われる運動療法の一つです。
患者さんに動いてもらいそれに抵抗を加えることで、動きを良くしたりストレッチしたりトレーニング効果を得たりもします。
てあて整体スクールでは患者さんの体の扱い方と言う側面もあって授業に取り入れています。
肩こりなら5分の調整でかなり首肩の状態が改善します。
上の写真は脚の操作をしているところですが、実はなかなか難しい。
患者さんにつま先を外に向けたり内に向けたりしてもらうのに、つま先に近いあたりを押さえて抵抗します。
この手の当て方や場所がうまくいかないと患者さんもやりにくいし整体師もやりにくい。
初めから出来る人もいますが、最初は全然出来ない人もいます。
最初に出来ない場合はコツのようなものを話ますが、それを何度も練習して感覚で覚えるようになるのには時間がかかったりします。
それでも一度覚えたからと言って次回出来るとは限りません。
試しながら繰り返し練習することが大切です。

新年は1月16日から始まります。
症例別の授業です。
勝利別は腰痛や肩こりや膝痛を題材に、人の体をどんな風に捉え痛みの原因を考えていくかを学ぶ授業です。
腰痛や肩こりの手順を練習するのではなく、どんな風に考えるのかを勉強して行きます。
面倒な感じですね。(笑)
でも、そうしておかないと見たこともないような症状の患者さんが来た時に、何もできなくなってしまいます。
痛いところや凝ったところは揉むものだ、と言うのは一昔前の考え方です。
自分で考えられる整体師を育成したいと思っています。


名古屋1・てあて整体スクール

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

チャコット名古屋スタジオでアレクサンダー・テクニーク特別講座でした。

読了までの目安時間:約 3分

13日14日とチャコット名古屋スタジオでアレクサンダー・テクニーク特別講座をやりました。


チャコット1712・てあて整体スクール (大人の事情で写ってない人がおります。)


去年から始まったこの講座も今年は隔月開催になり、今回が年内最後の開催でした。
初日は【カラダの座学】と題して、体の構造の話と体験をやりました。
体の中と外では形が違うので、それを知って体感しておくと動きが変わる事があります。

1.頭と首
2.上肢・鎖骨肩甲骨と腕
3.脊椎・頭蓋骨と脊椎と骨盤を1つのユニットとして
4.股関節の位置
5.足部

に分けて進めましたが、今回は股関節に時間が掛かりました。
参加された方の反応を見ながら進めていくので、毎回説明は違ってきます。
構造が変わる訳ではないので、興味のある所から説明したり、疑問を埋めながらだったりします。
2日目は【ハンズオンとアクティビティ】としていたんですが、結果はアクティビティはなしになりました。
計画していたのは3つの事で、ハンズオンワークと動きの中での方向性を感じる事、そしてアクティビティをする事でしたが、動きの中での方向性や繋がりを感じるワークが面白くなり、そこに時間を取ってしまいました。
体の伸びやかな状態や押しつぶされていない状態を感じても、それを動きの中で感じながら動くのは難しい事があります。
今回は簡単なステップを踏みながらそれを感じるようにしてみました。
ステップなので何種類かの音楽をかけてやりました。
音楽で変わる事もあるかもしれないので、そこも気付きのヒントになればと思いました。
何回か続けてやってみて、一人一人に触れたり言葉かけをしていくと、動きがかなり変わりました。
ナンカ楽!みたいな感想を頂いたので、ちょっと解説しりして終わりました。

最後はアレクサンダーとは関係なく、使った曲の話からコンテンポラリーダンスの話などしてしまいました。

来年も開催はしますが、隔月開催になるのかは決まっていません。
チャコットさんと企画中です。
これからも少しずつ継続していくので、中部東海地区の皆さんは宜しくお願いします。
単発でも何か発見があります。

膝痛にダンス

読了までの目安時間:約 2分

土曜日に工藤さんのWSに出て1日空いて今日は松本さんのダンスクラス。
正直どうしようかと悩んだ。
疲れはあるがそれではなく、膝の痛みが良くない。
いつもならやめておく感じの痛みと状態だったが、出た。
出てみた。

膝を伸ばすと痛い。
膝を曲げると痛い。
正座のようにすると、膝の周りの腫れ感で曲がりにくい。
踏ん張れるけれど曲げた時はどうなのか。

たぶん捻れなんだろうと思う。
工藤さんのWSで腰を落として横にスライドさせ、そこからヘッドスライディングに入っていく。
その時に膝を捻ったのではないか。
のではないかと言うのは、その時には痛みはなく動きにも問題はなかったので、直接的な繋がりがあるかどうか確証が持てない。
でもまあそれだろう。
他には捻るような動きはなかったから。

でまあ松本さんクラスには出た。
出てみた。
動く事は出来た。
違和感はあるけど動ける。
特に無理な動きはない。
ホントは明日にならないと分からない。
工藤さんのWSの事もあるから。

でも、やっぱり出ておくのは良い。
ように思う。
以前もいつだったか膝痛みがある時に、しばらく休んでいたけど。
痛みは特に変化はなく。
一月くらい経った後に動いてみたら(踊ったらってこと)、痛みが消えた。
動くことで膝周りの筋肉や筋膜や靭帯が緩み血流が良くなって状態が改善したんだと思う。
腰痛もそうだが安静ってのは良くて現状維持にしかならいと思う。

膝だろうが腰だろうが、動かす。
それが早く治るコツ。

それにしても土曜からの月曜クラスは体がきついですね。
分かりきっているけどきつい。
きついのはきついがそれが良い。
別に筋肉痛や肉体疲労が気持ち良いと言うことではない。
気持ち良くないが、良い。

それでイイのだ。
これでイイのだ。

モーションクオリア 工藤聡さんWS

読了までの目安時間:約 5分

ヨーロッパで活躍するダンサー・振付家・工藤聡さんワークショップに出た。
工藤さんのWSはこれで二回目。
前回は今年だったか去年の春。
もう、記憶力がアレでいつのことだったかも定かではない。
でも二回目というのは間違いない。
男性のダンサーで年齢も比較的近い。
ま、近いと言ってもたぶん10歳位は違うと思うが、それでも20代30代のダンサーと比べると全然近い。

工藤さんのやっている動き(踊り)はモーションクオリアと名付けられている。
モーション(動き)のクオリア(質・のようなもの!?)だと思う。
動き自体を考えるというようなことなのか。
いずれにしても面白い。
前回もそうだったが、今回もいろいろとやりました。

床の上で
クロール。
背泳。
匍匐後退。
でんぐり返し的な。
途中まででんぐり返しで、そこから戻ってくる的な。
などなど。
などなど。
などなど。
からのコンビネーション。

とにかく床の上でゴロゴロやります。
それも安全にやるためのノウハウというか方法がある。
普段やっていないとなかなか大変だと思う。
例えば工藤さんの動画を見るとこんな感じ.




20秒くらいからの森下スタジオの映像はちょうど前回参加したWSのもののようです。
こんな感じの動きをやります。
今回はフロアに前方から飛び込むようなものは、エクササイズとしてはなしでした。
今回はないのかぁと思っていたら、最後のコンビネーションで出てきましたけどね。

ここで思いついたことがありました。
参加しているダンサー達の動きについてです。
ま、偉そうなことは言えませんけど。

10代20代の参加ダンサー達は、フロアでの水泳的動きはかなり苦手そうでした。
腕や脚の力を床に伝えることや、手足を使って自分の体を動かすのが効率的にできていない感じ。
効率的ではないとは、うまく出来ないということで、慣れていないというかやったことないというか、ヘタなんです。つまり。
それに比べ30代40代のダンサーの方が体と手足のつながりというか、効率的な使い方が上手い感じがしました。
ダンスというのではなく。
10代20代のダンサーは可動域も広く筋力もあります。
なのに床の上ではうまく泳げない。
体を手足で動かしてやれない。
そう言う意味では僕の方がまだ動きはなめらかでした。

考えてみればそうかもしれない。
ようするにそう言うことをやってないんだろうと思います。
ハイハイの時期や期間や場所の問題だったり。
外で走り回るようなことだったり。
気に登ったり凸凹の野山を歩いたり走ったりと言うことだったり。
そして何よりも、無駄なことをしてきてない感じがしました。
練習すればすぐに出来るようになるんでしょうけどね。

これが一般の人だとどうか。
そんなことも考えました。
普通の人はもっと体を使っていない。
歩いたり立ったり座ったりはしてますよ。もちろん。
でも、足の下がランダムな高低差があったり硬い柔らかいがあったり草だったり岩だったり水が流れていたりと言うようなことに対応して来ることがなかった。
アスファルトでありコンクリートであり階段でありフロアである訳です。
そうなると、体に対しての刺激が少ない。
刺激とはつまり刺激の種類ですね。
アスファルトは平らで歩くには楽で便利ですけど、土の道は凸凹で硬さが違ったり草が生えてたりと言う、地面から受ける刺激の種類が無数に多くなる。
そのことに体は対応し神経系や筋肉系の反応は発達します。
それが少ない。
少ない世界で生きているうちは良いですけど、突然の出来事やいつもと違うことが起こってくると対応ができなくなる。

出来なくても良い。
なるべく同じ温度湿度の部屋の中で生活して、平坦な道を歩いていくからと言う考え方もあります。
逆に様々な外の環境に体を順応させて生きて行くという考え方もあります。
僕はまあやっぱり順応したいですね。
世の中をカスタマイズするよりは、自分が対応していく。
その方が僕は面白いと思っています。

なんだか話がでかくなりました。
ま、体が動くと言うのは楽しいものです。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

てあて整体 年末年始のスケジュール

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールは東京と名古屋に教室のある整体学校です。
強く押したり体重をかけない指針整体とボキボキしない骨格調整(MET)で、患者さんも整体師も安心な整体師を育成しています。
12月から1月にかけてのスケジュールは以下の通りです。
問い合わせなどありましたらご連絡ください。

てあて整体スクール・てあて整体院

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
tel 03-3922-7230
mail teate@nifty.com


12月

10日(日) 東京授業
11日(月) 東京授業
12日(火) 名古屋授業・コアストレッチ教室
13日(水) 名古屋授業・チャコット講座
14日(木) 名古屋授業・チャコット講座
15日(金) 名古屋授業
16日(土) 東京授業
17日(日) 東京授業
18日(月) 東京授業
19日(火) ストレッチ教室(東京)
 ・
23日(土) 東京授業
24日(日) 東京授業
25日(月) 東京授業
 ・
28日(木) スクール・整体体験会
29日(金) スクール・整体体験会
30日(土) お休み
31日(日) お休み

 1月

 1日(月) お休み
 2日(火) お休み
 3日(水) お休み
 4日(木) お休み
 5日(金) 2018年 営業開始
 6日(土) 東京授業
 7日(日) 東京授業
 8日(月) 東京授業


12月12日からは名古屋で授業をやっています。
今年最後の授業なので、興味のある方は来てください。
また、13・14日はチャコット名古屋スタジオさんでアレクサンダー・テクニークの講座をやります。
まだ空きはあるようなので、申込の方は直接お願いします。
東京でも名古屋でも授業がある時は、スクール説明・授業体験が出来ます。



手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

冷え性

読了までの目安時間:約 4分

寒いですね。
実は冷え性です。
小学生の時から。
この季節は手首から先、足首から先が冷たくなります。
血が通っているとは到底思えません。
男では珍しいと言われます。

冷え性には原因は幾つか考えられます。
一つは体脂肪が多くて体温が上がりにくくなる。
血管は筋肉の中にあります。
筋肉を動かすと熱が発生して、その熱が血管の中の血液に伝わり、血液が全身を流れることで体温が上がります。
筋肉が少なく体脂肪が多いと、自ずと血管が少なく、血流も少なく、体温が上がりにくい。
同じことで運動をしないと体温も上がりにくくなる
現代人の体温が平均して下がっているのはこれが原因とも言われています。
個人的には体脂肪率は15%前後で筋肉質でもあるので、これが原因だとは考えにくい。

もう一つは自律神経の問題です。
自律神経は血流をコントロールしています。
血管には血流をリサーチする内部機関があります。
血流が少ないところには血液を集めようとする。
手先や足先に血流が少ないと、そこに血液が集まってくるようになっている。
それをコントロールしているのが自律神経です。
これがうまくコントロールされていないと冷えが起こる可能性がある。
と思います。
個人的にはこれかなと思っています。
でも、どうしてそうなるのかは分からない。

大学生時代、剣道部でした。
寒稽古と言っても太陽が上がってからでしたが、朝の稽古は地獄でした。
最初こそ足の感覚はありますが、すぐにくるぶしから下の感覚がなくなります。
終わって着替えをして、喫茶店でお茶を飲んでいると、だんだんと血流が出てきて感覚も出てくる。
あの、正座をして痺れが取れてくる時の感じに似ています。
自分の足が出てくる感じ。

小学生の時はサッカーの試合でそんなことがありました。
途中かr足先の感覚がなくなってくる。

冷えや嫌ですね。
靴下履いて寝てます。
風呂にはゆっくり浸かります。
なるべく生姜を食べたりします。
そして体を動かすようにしています。

コーヒーやチョコレートが良くない感じがしてます。
全然関係ないかもしれないけど。
こう言うことは調べてから書かないといけない。
整体師なんだから。
でも、これは超々個人的な感覚なのでね。
でもやめられない。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

イメージの力 ~ 特に大人バレエな皆さんへ

読了までの目安時間:約 4分

イメージの力は絶大です。
特にバレエなど普段と違う体の使い方をする時には、イメージを上手く使うと体が簡単に動いてくれることがあります。

天井から吊るされたように。
背骨が上に伸びていく感覚で。
背中から腕が生えているように。
みぞおちから脚が生えているように。
大きなボールを抱えるように。

バレエの先生に言われたことがあるかもしれません。
そんな風にすることで、バレエの体の使い方が出来る人がいます。
でも、逆の場合もあります。
どんなに吊るされたようにしても、先生からは注意されたりします。

違う違う!
それだと胸が反ってるだけですよ!

それはつまり、先生と自分の「天井から吊るされた」が違うということです。
先生と自分のイメージの違いということです。
そんな場合は、他の上手な人がやっている格好を真似してみるという方法があります。
それが「背中に棒を入れたような格好だ」と思ったらそうしてみる。
それでOKなら、先生が天井から吊るされたような、と言ったら、自分の中で「背中に棒を入れよう!」と変換することです。
同じものを見ても人それぞれに違う言葉にすることがありますから。

もう一つ。
体のイメージがあります。
腕が背中から生えているイメージとか、脚がみぞおちから生えているイメージとか。
こう言うイメージは解剖学的には正しいものです。
上肢帯と言えば、鎖骨から始まります。
鎖骨→肩甲骨→上腕骨→前腕→手、と繋がる全体が上肢です。
鎖骨の始まりは、顎の下・胸の中心ですから、腕は体の中心から始まっています。
同じように筋肉は背中の骨から始まります。
腕を動かす筋肉は、腕にある筋肉だけでなく、僧帽筋や広背筋も含まれます。
僧帽筋や広背筋は背中の中心から始まっている。
だから腕は背中の中心から動かすものです。

それをイメージする。

そうすると動き易くなったり、動きが良くなったりスムーズになったりすることがあります。
ここまではOK。
イメージの力を使いましょう。
解剖学のテキストや誰かに聞くのも良いしセミナーなどに参加するもの良いです。
でも、その先があります。

イメージはイメージです。
イメージは現実ではありません。
腕の中心からと頭で考えたイメージと、実際の腕の中心が一致するかどうかは分かりません。
およそ同じ位にはなりますが、完全一致は難しい。
なぜならイメージだからです。
そうなって来たら、最後は自分の感覚を信じましょう。
自分が動かしている感覚や使っている感覚です。
かなり上級編ですけど、そのあたりまで頭の片隅に置いておくと面白いかもしれません。



手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

アレクサンダー応援カレンダー

読了までの目安時間:約 5分

カレンダー1・てあて整体スクール

2018年のカレンダーが届きました。
アレクサンダー・テクニーク東京スクールで作っているカレンダーです。
東京スクールはあら木の母校。
アレクサンダー・テクニークを8年も学びました。
途中で父が他界したりして、お休み期間もあって、一筋縄では行かない勉強でしたが、なんとか最後まで続けることが出来ました。
本来は4年位で卒業出来るんですけどね。
ちょっと長くかかりました。
でも必要な期間だったんだろうと今は思っています。

認定を受けて卒業してちょうど3年になりました。
4年目が始まっています。
最初の年からNHK文化センターで講座を持つことが出来ました。
アレクサンダーの恩師である石坪さんに来た話を、あら木よりも先に卒業した安田さんが受けて続けていた講座でした。
最初から荒木さんが近いから、将来は荒木さんにやってもらうと良いよと、石坪さんが安田さんに話をして受けた企画だったようです。
卒業する前から、NHKの講座を任せても良いと思ってくれていたということになるのか、と今更ながら思います。
凄いことです。
凄いとは荒木が凄いのではなく、自分の指導した卒業生に自分に来た依頼を任せられる石坪さんがです。
去年からはチャコット名古屋スタジオで講座も始まりました。
隔月で続けています。
こちらは整体スクール名古屋教室の卒業生が、チャコット名古屋スタジオでピラティスのインストラクターをやっている関係でお話をしてみました。
やってみませんか?
なんて営業を掛けてしまいましたね。
ちょうど、新しい講座を求めていた時期でもあったようで、最初は夏と冬だけでしたが、今年に入って隔月開催になりました。
個人レッスンはもちろんいつでもやっています。

アレクサンダー・テクニークはFMアレクサンダーさんが発見した自分の使い方と言われています。
発見したということは、元々あったものということです。
新しく作ったものではありません。
だから、何かのやり方や方法や手順やハウツーを教えるものではありません。
元々、その人が持っているやり方や使い方を再発見するためのメソドです。
習慣的になってしまった方法から開放される手順や感覚を学びます。
そのお手伝いをするのがアレクサンダー教師です。

音楽家やダンサーや俳優さんなど自分の体が資本の人が受けることが多いですが、会社員もOLさんもバイトさんも趣味の人も主婦も、自分の体を使って生きているという意味では同じです。
だから誰でもどんな時でも使うことが出来ます。
ただ、それを必要だと思っているか。
お金を掛けてもやろうと思うかということですね。
たぶんこれからはニーズが増えてくると思います。
体をあまり使わなくなって、どうやれば良いか、ぎくしゃくしたり上手く行かなかったりした時に、誰かに教えて欲しい人に必要とされると思います。
パーソナルトレーナーやそれぞれの競技のコーチや体の使い方指導者みたいな人たちと同じように、そうだ!アレクサンダー教師もいるよねと言われるようになったら良いなと思います。
今はちょっとネームバリューが低いですから。

アレクサンダー応援カレンダーにはアレクサンダー・テクニーク的なことが書かれていたりします。
アレクサンダー教師に解説してもらわなくても、見ているだけで何となく体が軽くなったり、自分の体に気づいたりすると思います。
4年位前から創っていますが、トイレ比率が高い。
皆さんトイレに貼ってくれているようです。
ちょっと座って目の前にあって、ちょっと見ていると、あそうかそうだった、なんて思いつく感じ。
その感じも良いと思います。


カレンダー2・てあて整体スクール

てあて整体スクールの生徒さん
てあて整体院の患者さん
にはお渡しします。
今日の患者さんにも渡すことが出来ました。

良いお年を。
と今年始めて言いました。
もうそんな時期なんですね。
そろそろ来年のことも考えます。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>