てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » 院長ブログ » 骨肉の調整

骨肉の調整

読了までの目安時間:約 3分

今日から月曜日は骨格調整。
骨格調整と聞くと何やらモノモノしい感じがします。
実際にやっていることは、動きにくくなった関節の動きをよくして動きやすく快適にし、硬くなってしまった筋肉を緩めて爽快にするってことです。
セラピストであれ整体師であれ、クライアントさんや患者さんの体を調整出来るスキルはとても大切です。
それがなければ始まらないとも言えます。


でも、では、スキルの中で一番大切なのは ・・・



骨格調整1509281


触診。


触診が一番大切です。
そして次に大切なのが解剖学です。
えっ
カイロプラテクティックやMETなどのテクニック的なことじゃないの!?と思う方が多いと思います。
もちろんテクニック的なものは大切です。
でも、テクニックがなくても、触診がきちんと出来て、解剖学の知識があれば調整は出来ます。
出っ張ってるところは押さえ、引っ込んでいるところは引っ張れば良いんですから。
(極端な言い方ですよ。あくまでも)



今日の授業の最後に質問がありました。
ひとつだけ「PSIS(上後腸骨棘)の位置が分かりにくい。どうやって探せば良いか?」と言う質問でした。
『数だね!』
いくつかのヒントやマニュアル的な答えもしましたが、結局は数です経験です。
多くの体に触れることで、自分の中に基準が出来てきます。
どっちが良いとか悪いとか、出っ張っているとか引っ込んでいると言う基準ではなく、触れる前に体の中の骨格が見えてしまうような基準。


それぞれの基準作りのため、今日も触診から始めます。



■ ■ ■ ■ ■ スクール案内 ■ ■ ■ ■ ■
てあて整体スクール 東京 >>>
てあて整体スクール 名古屋教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: