整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 体感する時間

体感する時間

読了までの目安時間:約 4分

整体師になって20年になります。
開業して17年目です。
整体の勉強を始めたのは30台の後半でした。
社会人として15年位仕事をして来た経験がありました。
社会人になってから学んだものと、学生時代に学んだものでは違いがあるかもしれません。


社会人になってから学んだものは、先ずは頭で理解します。
身につき染み込む前に理解が先に来るように思います。
整体もそうだったと思います。
触診をすればこんなことが分かる、と言うことを知っていて触診をします。
そうやって触診すると、分かるべきことが分かります。
これを元に調整をする。
それで患者さんの状態は良くなります。
骨格の歪みや筋肉の硬さの調整もそうです。
手順を踏んできちんとセット(調整準備)をすれば、効率よく調整されて行きます。
無駄な力を使わずに調整出来るので、楽に安心して歪みや硬さが取れていきます。


何時くらいからだったか分かりませんが、頭の理解とは別に体に染み込んでくるものがありました。
触診であれば患者さんの体の動きや状態が、自分の体や頭の奥底に直接入ってくるような感覚です。
歪みや硬さの調整もそうです。
決まった手順を踏まずとも、調整が出来るような時があります。
誤解を恐れずに書くと、患者さんの体が呼んでいるような、患者さんの体の動きに従って道しるべを辿るような感覚です。
エネルギーワーク的な話ではありません。
はっきりとした物理現象です。
ただ、言葉にしづらいこと。
上手く表現出来ないようなことを感じるようになりました。


学生時代は人間としてまだ未熟な段階で完成されていません。
その段階で身につけたものは、体の感覚として身についているように感じます。
社会人になってから身に付けるものは、先ずは頭の理解として身につくあるいは入ってくるように思います。
それが暫く経つと体の感覚に入ってくるような気がします。


社会人になった後に整体やセラピーの勉強をする人は、先ずは頭で理解出来ることの方が入りやすいように思います。
最初から体に染み込むと言うのはなかなかに難しいところがあるかもしれません。
でも頭で理解出来たことが全てではないと言うことを知っておく必要があります。
そこで終わると楽しい世界の半分しか見ていないことになります。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: