てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » 院長ブログ » 整体 » 骨がズレる歪むと言うことについて。

骨がズレる歪むと言うことについて。

読了までの目安時間:約 5分

整体院に行くと「骨がズレているから治します。(直します。)」とか、「痛みの原因は骨盤の歪みですね。」などと言われます。
何となくそうなんだろうと思ってはいるものの、実際にどうなっているのか具体的には分かりにくいですね。
だいたい、骨の歪みが触れただけで分かるのか、診ただけで分かるのかと思います。
レントゲンを撮った訳でもないのに、どうして整体師はそんな事を言うんでしょう。
それにどうして歪みやズレを治そうとするんでしょう。


骨の歪みやズレとは、いつもとは違う位置で固定されている状態です。
例えば、顔を右にして右側の何かを見れば、7つある首の骨(頚椎)はズレます。
一つ一つが少しつズレることによって、首の上にある頭は右を向くことが出来る。
これは異常でもないし問題でもありません。
でも、骨が右を向いてズレたまま固定されたら問題です。
整体師が言っているのはそういうことです。
本来は戻ってくるはずのズレが、ズレたまま固定されていると言うことです。


ではズレは触れただけで分かるのか。
分かります。
実はズレだけじゃなくて他にもいろいろと分かります。
でも最初からは分かりません。
入学したばかりの生徒さんは触診でちょっと苦労します。
最初は骨があると言うことが分かれば良い。
ズレは数ヶ月かかると思った方が良いです。
ま、本当は最初から分かっているんですが、それを言語化できない。
そうだ、と言い切れない。
判断や決めることができないのが最初の頃です。
それを判断していく練習が触診の練習と言うことになります。


ズレが固定されると何が問題なんでしょう。


骨がズレても歪んでも、その骨に付着している靭帯や筋肉・筋膜・腱は同じ部位に付着しています。
そうなると靭帯や筋肉・筋膜・腱などは歪んでしまうことになります。
歪んでしまうと筋肉・筋膜・腱などに分布している毛細血管も歪みます。
血管が歪むとホースを歪めたように、中が細くなったり捻れたりして血流が悪くなってしまいます。
血流が悪くなると、酸素や栄養素の供給が悪くなり、疲労物質の流れも悪くなります。
結果、筋肉や筋膜・腱は硬くなることがある。
全てが全てとは言いませんが、それが腰痛・肩こり・膝痛などの原因になっていたりする。
また、靭帯は引っ張られたままや縮んだまま固定されるので、動きが悪くなって行きます。
靭帯や筋肉・筋膜・腱などの動きが、一部ズレた場所だけ悪くなると、体の動きのバランスが崩れます。
今まで使っていなかった筋肉を使ったり、普段と違う筋肉を使ったりします。
そのことが疲労を増やしたり、痛みの原因になったりします。


だから調整して元に戻す。


元に戻すのは、ズレよりも動きのことを考えます。
ズレていても動きがあれば、問題は小さくてすみます。
だから動きを調整することを考えながらやります。


以前、大田区の旋盤工の方の話を聞いたことがあります。
下町ロケットの世界ですね。
手指の感覚の話です。
金型を削った最後は、手指を滑らせて確認するそうです。
手指の感覚は1000分の1ミリが分かるそうです。
体のズレは1000分の1まで分かる必要はないかもしれません。
10分の1ミリならトレーニグすれば誰だって分かるようになるでしょう。
触診は練習をすれば、かなりな精度で分かるようになります。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ 
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: