てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » バレエ » ターンアウトは、「爪先を横にして、膝を爪先と同じ方向にすること。」ではありません。

ターンアウトは、「爪先を横にして、膝を爪先と同じ方向にすること。」ではありません。

読了までの目安時間:約 5分

今回はバレエの話です。
よくバレエの先生がレッスン中におっしゃることがあります。


肩を下げて。
もっと引き上げて。
軸を感じて。
プリエで座らない。
爪先を開いて(横にして)膝は爪先と同じ方向 等々


分かるようで分からない。
分からないようで分かったりする。
でも、誤解が多いのも事実です。
特に最近気になっているのがこれです。


爪先を開いて(横にして)膝を爪先と同じ方向にして。


バレエでは脚は常にターンアウトするように言われます。
ターンアウトとは股関節を外旋(外に回し)することです。
結果として爪先は外に向き膝も外に向きます。
1番や5番で立っている時もターンアウトはしています。
そこからプリエしたりする時に、「爪先を外に開いて膝と爪先は同じ方向」などと言われます。
大人からバレエを始めた人は、プリエをしていく時に爪先は外に開いていても、膝が前方向に動きやすいからです。
でもこの指示ちょっと誤解されやすいと思います。
実際、誤解したまま身体を使っている人が多い。


プリエする時などに膝を爪先同じ方向に出そうと意識しても、膝は爪先と同じ方向には行きません。


例えば普通に立った時に膝を曲げていくと、膝は爪先とだいたい同じ方向に出ます。
膝を爪先と同じ方向に出そうとしなくても、です。
と言うことは膝を真っ直ぐ出せば膝は爪先とだいたい同じ方向に出るようになっていると言うことです。
そりゃそうですね。
普通に歩いている時に爪先と膝はだいたい同じ方向です。
だから


爪先を外に向けた状態で立ってプリエする(膝を曲げる)時
膝を爪先と同じ方向に真っ直ぐ動かそうとすると
股関節のターンアウト(外旋)を気にしていないので
膝は前に出て行くことになります。


???ですね。


ではどうすれば良いのか。
ターンアウトするんです。
そのまんまです。


1番で立ってプリエしていく時
股関節をターンアウトに使いながら
股関節と膝関節を曲げていきます。
そうすると
結果として
膝は爪先と同じ方向に出ていきます。
根元(股関節)がターンアウト(外旋)していくんだから、爪先よりも膝が先に外に向きます。
爪先は、膝から下がそのまま捻らないで普通にまっすぐ使っていれば、膝と同じ方向を向きます。


言い方の問題なんだろうと思います。
膝を爪先と同じ方向に出して。
ではなく
「膝をターンアウトしながらプリエ。」
とか
「膝が外に回れば爪先と同じ向きになります。」
とか
「股関節が周りながらプリエ。」
とかです。


アラセゴン・てあて整体スクール
※ターンアウト=左右の下肢を股関節から外旋させる運動。
※1番・5番=バレエで脚を揃えて立っている時の足のポジション。
       1番は左右の踵がついて、爪先が外に開いている。
       5番は左右の爪先と踵がついて、横に並行になるような位置になっている。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
院長ブログ
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ