てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » バレエ » プリエで腰を引くとターンインになります。

プリエで腰を引くとターンインになります。

読了までの目安時間:約 4分

大人からクラシックバレエを習い始めると色々と注意されることがあります。
多くの人が同じようなことを言われることが多いんですが、中でもプリエに関することが多い。
(プリエとは股関節・膝関節・足関節を曲げていくことです。)
「膝は爪先と同じ方向に」については書きました。
今日は「プリエでは腰を引かない。」とか「プリエで座らない。」などについて書いてみます。


プリエで腰を引かないとはどういうことでしょうか。


立っている時の場所から骨盤を真下に下げていくと、体を支えられないことがあります。
バレエを習い始めた頃は尚更です。
普段、股関節と膝関節と足関節を曲げてしゃがんで行くと、骨盤は後ろに向かい膝は前に向かいます。
この時(普段)、体を支えるのは前ももの筋肉(大腿四頭筋)で、お尻の筋肉(臀筋群)は緩んでいきます。
ところがバレエでは膝は真横に向かおうとします。
この時(バレエの時)、骨盤は後ろではなく真下に向かって降りていくことになります。
真下に骨盤を降ろすために、臀筋群が使われます。
(臀筋群はターンアウトのために使われている。)
臀筋群が使われてターンアウトしながら骨盤が降りていくのがプリエなのに、骨盤を後ろに引きお尻を引いてしゃがんでいくと、脚はターンアウトではなくターンインしてしまいます。


つまり腰を後ろに引くと爪先と膝を外に向けた状態から、ターンインして骨盤を降ろしてしまうことになります。


バレエの基本はターンアウトです。
全ての動きは股関節をターンアウト(外旋)させて使っています。
そのことが脚を高く上げるためにも構造的に必要だし、脚を美しく見せるためにも必要です。
ところが腰を引いてプリエすると、脚はターンアウトではなくターンイン(内旋)してしまう。
全く逆の動きをしてしまうことになります。
これだとバレエにならないと言うことで、腰を引かないといつも言われてしまうことになります。


腰を引かずにプリエするのは最初は難しいと思います。
先ずは踵にも重心を載せて、ドゥミプリエ(途中までのプリエ)を練習することです。
ドゥミプリエでは踵側の筋肉を使いやすいので、臀筋にも力が伝わりやすくなっています。
ドゥミプリエの時に踵をあげてしまうと、ドゥミプリエにならないばかりか、前ももばかりに力がはいってターンアウトしずらい使い方になります。
気をつけて下さい。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: