てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » 院長ブログ » 整体 » 身体の捉え方

身体の捉え方

読了までの目安時間:約 4分

身体の捉え方について以前書いたと思います。
少しずつまとまってきているので、途中経過を書いておきます。
身体をいくつかの部分に分けて捉えるようになりました。


・上肢
・下肢
・頭部から脊柱に繋がる上半身(上肢以外の胸郭・骨盤まで)
・内蔵(胸腔・腹腔)


これらをそれぞれにどんな状態のものなのかを感じるようにしています。
上肢と下肢は大きな筋肉の集まった部位で、筋膜の動きが状態を大きく左右しています。
筋肉自体の硬さや柔軟性と、それぞれの筋膜と筋膜同士のズレる動き。
鶏肉が袋のようなものに包まれて束になっているようなイメージです。
下肢には長脛靭帯、上肢は上腕三頭筋の停止部近くの腱があります。
これが硬くなってそれ自体が動きにくくなり、他とのすべりが悪くなっていることが多い。
また、大腿四頭筋は大腿直筋と外側内側中間広筋のすべりも気になります。
下腿では腓腹筋・ヒラメ筋と長拇指屈筋や後脛骨筋などのスベリが気になります。


上半身は胸郭・脊椎・骨盤の動き。
関節の動きと筋肉の硬さなどが問題のようです。
自分にとってこの部位はもう少し感じ考える必要がある部位です。
臨床的には頭部・脊椎・骨盤のそれぞれの関節の動きを出すこと、位置のズレを戻すこと。
椎間や骨盤帯にある小さな筋肉の動きを出すことが課題です。
それと第二次呼吸。
肺呼吸とは別の呼吸を見ていくこと。
この呼吸と頭部・脊椎・骨盤のそれぞれの動きや位置関係の相関について考えたいところです。


内蔵は捻じれ。
骨格や筋肉とは違い捻じれが気になります。
内蔵の張りや位置とは別に、全体の捻じれが四肢(上肢・下肢)に影響を与えているようです。
同時に血流やリンパの流れにも影響があるように思います。


ざっくりとはこんな感じ。
それぞれの生理的な状態が体感として分かっていれば、調整はむつかしくなくなるように思います。
引き続き考え感じて行きたいと思っています。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: