てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » 院長ブログ » コミュニケーション能力

コミュニケーション能力

読了までの目安時間:約 4分

「整体師はディープな接客業」
これ、15年ほど前に見たブログに書かれていた言葉です。
言い得て妙。
確かにそう思います。
接客業もそうですが整体師や手技療法家はコミュニケーション能力が必要です。
患者さんの状態を知るためにも。
患者さんの状態を変えるにも。
コミュニケーションは必須です。


コミュニケーションはキャッチボールと言われます。
キャッチボール(受ける球)はスローボール(投げる球)とは言いません。
受けることがゲームになるからだろうと思います。
そして、受けることが関係を作る。
コミュニケーションではだから、頷き(うなずき)から始まると思います。
何かを伝えるためには。
相手を受け入れている。
相手のことを知っている。
相手の存在を認めている。
相手の言葉を受け止めている。
そんなことが前提となっていると思います。
それを伝えることから始まります。


てあて整体スクールでは見学に来た人に、見学後に一回だけ連絡しています。
分かりにくいところがなかったか、疑問があったら質問してほしい、と言うようなことだけ書いたメールや手紙を送ります。


その殆どに返事がありません。
信じられない。
あなたは何に成りたいのか。
入学するつもりがないのなら、その旨書かなければコミュニケーションは成り立ちません。
入学しないから連絡する必要がないと思うなら、人とのコミュニケーションは難しいと思います。
(ただ情報を伝えるだけしか出来ない。)
自分の言葉を発するだけというのはコミュニケーションとは言いません。
そこのところが分かっていない人は、コミュニケーション能力が欠落していると思います。
整体師はディープな接客業。
相手が患者さんでなくてもコミュニケーションが円滑に出来るようにした方が良いと思います。


※スクールに入学しないと言う連絡は必要とは思いません。
 態度を留保するというのが大切な時もあります。
 ただ、個別のメールや手紙には受信を伝えるべきだろうと思います。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: