てあて整体スクール 東京で開業を目指すなら » バレエ » バレエ(ダンス)の故障は特別なのか?

バレエ(ダンス)の故障は特別なのか?

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体院にはバレエやダンス関係の患者さんが多く来院されます。
患者さんでなくても体の使い方やストレッチやレッスン方法について質問をしに来る方もいます。
あら木自身が長くダンスをやっているからだろうと思います。


バレエやダンスの故障は特別なものなのか?


実際の故障は特別なものではないと思います。
人の体は基本的には同じものです。
使い方が違うことはありますが、全く違う体を持った人がやっている訳ではありません。
可動域が普通と違って大きかったり、普通の人よりも多く体を使っていたり、同じ場所を良く使っていたりしますが、それはどんなスポーツでも同じです。
プロ野球選手やプロサッカー選手の故障が特別なものかと言われれば、やっぱりことさらに特別なものではなく、なるべくしてなったものだろうと思うのと同じです。
ただ、特別ではありませんが、他の人があまりならないような故障や、他の人には見られないような使い方から来る故障だったりはします。
それは上に書いたように、普通の人と使い方が違ったり可動域や使う部位が限られていたりすることがあるからです。


最近は専門性を売りにする整体院やサロンが増えてきているので、バレエやダンス専門の治療院も増えました。
実はそう言うところでも普通の人の腰痛や肩凝り・膝痛なども診ることが出来ます。
逆に普通の整体院やサロンでバレエやダンスの人を診られるかと言うと、ちょっと違う。
診られることもありますが、診られないこともある。
これはちょっとだけ微妙です。


診られることもあるとはどういうことかと言うと、きちんと体を見られる整体師であれば、どんな人でも体を見れば状態が分かるので、使い方はどうであれ見ることは出来ます。
人の体は同じだから。
バレエやダンスをやっているから・・・と言うような予断を持たなければ大丈夫です。
では診られないことがあるとはどういうことか。
バレエ用語は普通の人には分からない言葉があります。
プリエやターンアウトやポアントなど、基本的な言葉でさえあまり使いません。
1番ポジションだとか5番だとか、アンオーやアンバー、ドゥバンやアラセゴン(アラスゴン)など方向や位置や姿勢となると、全く分からないことが多い。
それを患者側はいちいち説明しないといけない。
その説明が面倒と言うことはあります。
説明しても理解してもらえない場合もあるし。
患者さん側からすれば、バレエ用語やダンス用語を知っている整体師の方が安心と言うことはあるんだろうと思います。
でも、上にも書いたように診られないと言うことはありません。
きちんと体を診られる整体師であればですけど。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: