整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 【5月の祭典】 ダンス公演が終わりました。

【5月の祭典】 ダンス公演が終わりました。

読了までの目安時間:約 3分

5月19日 めぐろパーシモン大ホールで【5月の祭典】の舞台で踊りました。
「5月の祭典」は現代舞踊協会主催のダンス公演で全国から多くのダンススタジオやダンサーが集まって行います。
今年は2日間に分けて30団体が参加しました。
あら木が出たのは池田素子作品「午後8時 -男と女とピアニスト-」と言う作品。
この作品は2015年時代を創る現代舞踊展で奨励賞を頂いたことから、今回の再演となりました。
あはは
たまには自慢ぽくなってもイイでしょう。(笑)


昨年は作品作りからでしたので5ヶ月近くリハーサルをしていましたが、今回は再演と言うことで手直しもなく2ヶ月位の期間で本番を迎えました。
男二人と女二人。
男性の年齢は二人共50歳台。
大人のダンスになったと思います。
二つの四角を舞台上に作ることで、場面を二つに区切り、同じ舞台上で二つの物語が流れていくような効果が見られる舞台作りでした。
ダンサーは二つの場面・世界を行き来したり、その中で生きたり、関係が生まれたり解けたり、また場面・世界を表す四角が消えたり現れたりと、見ていて次の展開を食い入るような力を感じたと思います。


振り付けの池田さんにとっても、とてもチャレンジングな人選だったと思います。
あら木はダンサーとしてのキャリアは殆どありませんが、もう一人の男性はバリバリのプロダンサー。
池田さんも海外でも活躍するダンサーです。
そんな中に呼んでもらえて踊ることが出来たのは一生物の価値があったと思います。
こういう時って頑張ると言うよりは、選んだ池田さんを信じ、自分の持てるものを全部出すことが自分の役割なんだろうと思います。
物怖じしたって尻込みしたって頑張ったって仕方がないんです。
それよりも自分自身を出すことを求められているんだろうと思いました。
とてもありがたいことです。
真面目にダンスやってて良かったと思います。
50台も後半になりましたけどね、これからもどんどん踊りたいと思います。


5月の祭典・てあて整体スクール

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: