てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » バレエ » ターンアウトが出来ない理由

ターンアウトが出来ない理由

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体院にバレエを習っている中学二年女子が、ターンアウトが上手く出来ないやって来ました。
検査など色々やってみると、出来ない原因が分かってきました。


・股関節の開きが足りない。(外旋)
・アキレス腱が硬い。(腓腹筋・ヒラメ筋の短縮)


体が硬いと言う訳ではありません。
床に座って開脚すると180度脚は開いて、胸と床がぴったりつきます。
普通なら憧れの開脚180度ですね。
閉脚で前屈すればガラケーみたいになって、胸が太ももとぴったりつきます。
前屈で胸と太ももがつく位に真っ直ぐ二つに折れると言うことでう。
でも。
開脚180度で胸が床についている時、膝とつま先は前に倒れています。
そして閉脚してかかとを床につけたままだと、しゃがむことが出来ません。
10歳から15歳位のお嬢さんに多い状態です。
見た目は体が柔らかいので注意されることはありませんが、肝心な所が柔らかくない。
上に書いた二点に問題があります。


股関節の開き(外旋)が足りないと、どんなにターンアウトしてプリエしても、開く角度が少ないために前腿で体重を支えるようになります。
極端に言うと、腰が引けて前腿に乗った(力が入った)プリエになっています。
アキレス腱が硬い場合、プリエの早いタイミングで踵が浮きます。
踵が浮くと前腿に力が入ります。
踵が浮くと踵を踏むことが出来なくなり、脚の後ろ側を使いにくくなります。
同じように前腿に力が入ると、脚はターンインの向きに動くように出来ています。
そうやって、どんどんターンアウトが出来なくなって行きます。


中学生くらいだとみんな一生懸命レッスンをします。
一生懸命レッスンすることで、前腿を使う体の使い方の神経回路が出来上がり、何度も繰り返すことどどんどんそれが強化され、なかなか直りにくくなります。


先ずは開脚ストレッチの時に膝とつま先を天井に向けること。
そうすると体が前に倒れにくくなりますけど、それがターンアウトの為です。
そうやって少しずつ股関節の前をストレッチして下さい。
開脚180度で脚が真横に出ることだけが目的ではなく、股関節の前側が開くことが目的です。
(開脚180度で膝とつま先が天井を向くこと。)
そしてアキレス腱のストレッチ。
ストレッチ・ボード(5-10cmの台に足先を載せる)など使って、毎日少しずつ続けて下さい。
それと開脚ストレッチや閉脚で前屈する時には、つま先を伸ばさずフレックスにしてやって下さい。
そうしないとアキレス腱は伸びません。
股関節が開き、アキレス腱が緩めば、ターンアウトはしやすくなります。
その状態を作って、それから少しずつターンアウトの練習です。
ターンアウトは股関節から。
踵を踏んで脚の後ろと内側を使って。
そうやってターンアウトに脚を使うトレーニングをしていきます。
地道ですけど少しずつ。
頑張りましょう。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: