てあて整体スクール 東京で開業を目指すなら » バレエ » コンテンポラリー・ダンスは難しいのか

コンテンポラリー・ダンスは難しいのか

読了までの目安時間:約 4分

コンテンポラリー・ダンスをやっています。
コンテンポラリー・ダンスをやっているなんて、自分で言うのもおかしな話と思ったりもしますが、分類すればそう言うことになるんだろうと思います。
和訳すれば「現代の舞踊」です。
では現代舞踊をやっているとは言わないのか。
言わないですね。
現代舞踊とコンテンポラリー・ダンスは別物のように扱われています。(たぶん)
コンテンポラリー・ダンスが出てきたのは、たぶん1980年代だろうと思います。
詳しくないので間違っていたら申し訳ありませんが、ピナバウシュさんやアン・テレサさんらの時代ではないかと思います。
それまではコンテンポラリー・ダンスとは言われず現代舞踊と言っていたと思います。
だから現代舞踊の方が古い。
言葉としては変ですね。
古いのが現代舞踊なんて。
でも、クラシック音楽もそれが出てきた時には最先端の音楽だった訳で、最初からクラシックなんてことはありません。
現代音楽なんてありますが、それも100年も経てばクラシックに分類されるんだろうと思います。
今でもアイチューンの分類だとジョン・ケージがクラシックに分類されたりします。


コンテンポラリー・ダンスは難しくて分からない。
と言う人がいます。


現代美術を見て難しいと言う人もいます。
ストーリーや物語が見えてこないので、何を言っているか分からないってことなんでしょうか。
クラシックバレエにしても他のダンスにしても、何か表現したいものがあって、それを物語やストーリーに乗せて踊るものが多いように思います。
それがコンテンポラリー・ダンスは物語仕立てになっていないことが多い。
ストーリーがなくてただ動いているようにしか見えないとか。
抽象絵画のように何が書いてあるか分からない、ってことかもしれません。
表現方法や原理が違うってことだろうと思います。
抽象絵画はそれまでの写実主義や印象派みたいに、見てそのまま実態あるものと対比出来る訳ではない。
別のモノサシと言うか別の基準で描いている。(と思います。)
コンテンポラリー・ダンスもバレエやそれまでのダンスと違い、別のモノサシや別の基準で踊りを作っている。
それだけのことだろうと思います。


この作品は
好きか
嫌いか
でイイんじゃないかな。


男と女とピラニスト2

昨日(5/31)「午後8時 -男と女とピアニスト-」(池田素子作品・写真)が、時代を創る現代舞踊展2015の奨励賞として表彰されました。
この作品に参加できてとても嬉しく思っています。
ありがとうございました。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: