てあて整体スクール 東京で開業を目指すなら » 院長ブログ » アレクサンダー・テクニーク » アレクサンダー・テクニーク 宗教

アレクサンダー・テクニーク 宗教

読了までの目安時間:約 5分

アレクサンダー・テクニークは宗教なのか?と言う疑問に対し記事を書きました。


アレクサンダー・テクニークは宗教じゃないんですか? >>> http://teate.co.jp/blog/blog1604073.html


もちろん宗教ではありません。
エネルギーワークでもスピリチュアル・ワークでもセラピーでも整体などの手技療法でもありません。
そしてボディ・ワークでもない。
では何か、と言うことについては上の記事を読んで下さい。


上の記事に書いてなかったことがあるので、少し書いておきます。
そもそもどうして始まったかと言う話。
100年ほど前にFMアレクサンダー(1869-1955)さんという方がいました。
この方は若い頃にシェイクスピアの朗読劇の俳優をされていました。
ある時、舞台上で声が出にくくなると言うことがありました。
お医者さんに行くと、舞台を休んで声を出さないようにと言われました。
そうして暫く休んでいると、声はまた出るようになる。
でもまた暫くすると舞台上で声が出なくなる。
そこで、アレクサンダーさんは考えました。
舞台上で何かしているのではないか。
自分自身が何かしているのではと、自分自身を観察しはじめました。


ずいぶん長い期間がかかって、いくつかのことが分かりました。
頭を押し下げ、背が低くなっている時に上手く声が出ていない。
そこから自分の使い方についていろいろ工夫し試しているうちにたどり着いたのが、アレクサンダー・テクニークです。
(本人はアレクサンダー・テクニークとは言っていなかったようです。)
アレクサンダーさんが自分の使い方が上手く行くようになったことで、いろいろな人が見てもらいに来たそうです。
その中で頭を押し下げることや背が低くなることが、自分だけの特徴ではなく皆に共通だと言うことが分かったとのことです。
そうやって、いろいろな人の自分の使い方を指導しているうちに、出来上がってきたのがこのテクニークです。


以前の記事でも書きましたが、このテクニークはコレをこうするとか、この時にはこうやってと言うノウハウや手順を教えるものではありません。
また揉んだり押したりするようなものでもありません。
本人が自分のやっていることに気付いて、やっていることを止めていくことで、本来の自分の質のようなものを再獲得していく。
出来てしまうと何と簡単、と言うことになるんですが、出来るまではとても難しく感じることもあります。
一言で言えず色々な言い方をされるので、ぼんやりした感じがして宗教なの?なんて勘繰られることもあるようです。


何かをやっていた違和感を感じた時。
いつもは出来ていたのに上手くいかなくなった時。
苦手だなぁと思うこと。
もう少し楽にやりたいと思ったら。
今よりも優雅にスムーズにやりたいと思ったら。
アレクサンダー・テクニークはそんな時に使えます。


アレクサンダー・テクニークを教えられるのは、アレクサンダー教師として認められた人だけです。
国際的に認められた教育機関で約1600時間を基準とした教育を受け、教師として認められた人が教師として認定されます。
それぞれのスタイルは少しずつ違うことはありますが、基本はアレクサンダーさんの教えを伝えています。
いろいろな先生やいろいろなワークショップで受けると面白いと思います。
てあて整体院ではアレクサンダー・テクニークを受けることが出来ます。
てあて整体スクールではアレクサンダー・テクニークを授業の一環として取り入れています。
(アレクサンダー教師の育成ではなく、アレクサンダー・テクニークを受ける授業です。)




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: