てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » 院長ブログ » 整体スクール » マッスルエナジー・テクニック

マッスルエナジー・テクニック

読了までの目安時間:約 3分

今日はマッスルエナジー・テクニック(MET)セミナーでした。
METは「関節モビライゼーションとファシリテーションを併せた手技」と言われます。
関節を動かしてく骨格調整と筋肉の持つ独特の性質を利用した筋肉調整が出来る手技と言うことです。


MET1607281・てあて整体スクール

骨格調整にはサブラクセーションとフィクセーションを扱います。
サブラクセーションは亜脱臼などとも言われますが、骨格の歪みやズレと言われるものです。
フィクセーションは関節の動きの悪さについてです。
この歪みと動きの悪さを調整するのが、骨格調整でやっていることです。
歪みやズレがなくても調整するのか?と思われる方もいると思いますが、調整します。
あら木はサブラクセーションよりもフィクセーションの方が問題が大きいだろうと思っています。
(もちろんサブラクセーションがある場合は、その位置でフィクセーションを起こしているとも考えられるので、サブラクセーションも問題なんですけど。)
例えば胸椎。
胸椎は頚椎(首)の下に繋がる椎骨ですが、これの動きが悪い人がいます。
左右にズレてはいないのに、全く動きが感じられないような人です。
胸椎の動きは胸郭の動きに連動します。
そうなると呼吸が浅くなります。
呼吸が浅くなると、様々なことが起こってきます。
だからズレがなくても動きを出していくことは大切だと思っています。


マッスルエナジー・テクニックは患者さんに小さな力で筋肉を使ってもらい、それに抵抗することで調整します。
2・30%の筋力なので安全で、術者にも負担が少ない。
それでいて効果は目に見えるものがあります。
マニュアル通りにすれば結果が出る。
ちょっと不思議な療法です。
これからも続けていこうと思うので、興味のある方はお問い合わせ下さい。


MET1607282・てあて整体スクール

■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: