てあて整体スクール 東京で開業を目指すなら » 院長ブログ » 日々好日 » 夏の冷え性

夏の冷え性

読了までの目安時間:約 5分

もう何度も書いていますが、あら木は冷え性です。
小学生の時からの冷え性ですから気合の入り方が違います。
男性には珍しいので、女性の方が話が合います。
先日も患者さんと冷え性話に花が咲きました。
いや咲かなくてもイイけど。


冷え性は夏が辛い!


冷え症でない男性などは驚くかもしれません。
冷え症には夏は最悪です。
暖かいんだから冷える人にはイイでしょうと言われますが、んなこたぁありません。
先ず分かりやすいとこころで言うと、クーラーです。
エアコンです。
あの、冷えっ冷えになるアレです。
これに扇風機なんか登場しようものなら最悪です。
汗をかいている時に、クーラーで冷えた空気が体に当たるとどんどん肌から体が冷えてきます。
体の表面から中心に向かってどんどんどんどん冷えていきます。
放っておくとどうなるか。



骨まで冷える。



この感覚。
分からないでしょ。
冷え症じゃないあなた。
でも体の中心が冷えていく感じ。
どうしようもないんです。


話をした女性はダンサーでもあるので、リハーサルの時の話しなんかも同じでした。
スタジオに入ってエアコンを入れる。
最初は良いけど次第に寒くなってきて、エアコンを切る。
しばらくして汗が噴き出すので、水分補給をする。
また汗が出てくる。
落ち着いたのでまたエアコンを入れる。
肌が寒くなり骨が冷える。
長袖を来たりする。
しかたなくエアコンを切る。
また汗が出る。
面倒なのでそのままにする。
汗は出過ぎるし暑くなるので、頭がボーっとしてくる。
しかたがなくまたエアコンを軽めに入れる。
汗でミネラルが出てしまうのか、自然塩とか甘いものとかを口にする。
この繰り返し。
スポーツドリンクとかアミノ酸飲料では足りないんですよね。
何かが。
だから塩とか甘味を入れたりします。


あら木の場合は夜が大変です。
いい気になって半袖で裸足で寝たりしていると、腕や足の表面から体温が奪われて調子が悪くなる。
頭が痛くなったり悪寒がしたりします。
しかたがないので、長袖に靴下を履いて寝る。
寒いから長袖・靴下じゃなくて、肌から熱を奪われないようにするためなので、結局、汗をかきます。
朝は汗で目が覚めると言う日々。


汗については患者さんとも同じでした。
常に汗をかくような状態でないと、冷えてしまう。
なので水分を補給して汗をかきながら、しかも出来るだけ長袖で肌を出さないようにする。
いつも汗でしっとり(実はじっとり)した状態を保つことで、調子が最悪になるのを防いでいる状態です。
でも、汗は上にも書いた通り、ミネラル分も外に出します。
なので、何かを補給しないといけない。


いつもお腹がチャポチャポで、汗をうっすらかきつつ長袖を来ている。
そんな夏です。
分かってとは言わないが、笑わないようにして下さい。


■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: