整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。

唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。

読了までの目安時間:約 4分



最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き伸びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化出来るものである。


『種の起源』をものしたダーウィンの言葉と言われています。(実は言ってなかったかもとも言われています!?)
進化論では変化に対応出来た種だけが、現在ただいま生き残っている種であると言うことでしょう。
結果的にそうなんだろうと思います。
強者生存ではなく適者生存と言うこと。
これをビジネスに当てはめると、世の中の変化に対応出来たところだけが生き残ると言うことにつながるんでしょうか。
変化に対応出来なければ、淘汰されてなくなってしまう。
つまり廃業ってことになる、と言うこと。
本当にそうでしょうか。


不易流行


松尾芭蕉の言葉と言われています。
不易とは時代を超越して変わらないもの、流行とはその時々に変化していく新しいもの、と言うようなことでしょうか。
変わることが変わらないこと、と取られる向きもあるし、変化しないものの中に変化するものを取り入れると言う向きもあると思う。
ダーウィンの言葉とは対象としているものが違うので、比べるべきものではないのかもしれません。


整体師として開業して、変化したのか変化していないのか。
変化しないものの中に変化しているものが含まれているのか。
変化を常として時代に寄り添うようにやってきたのか。
それは分かりません。
ただ、整体をすると言うことは変えていません。
でも、手技にしろ見立てにしろ、臨床でやっていることは毎回違うことをやっています。
指針整体とMETと言う同じ手技を使っていても、患者さんの体は一人一人違うし、やっている自分自身が開業当時とは15歳も年を取ってしまいました。
その代わりに経験値は増えてきています。
そう言う意味では同じにしようとしても同じには出来ない。
でも同じことをやろうとしているのかもしれません。


昔の人の言葉の解釈は自分の年齢によって変わります。
一つのことを続けていくには、どうすれば良いのか。
そんなこと考えたことは一度もありません。
目の前の患者さんが良くなれば良い、それだけを考えています。
違うとすれば宣伝方法とかですかね。
ま、いろいろと考えます。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>
手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>
アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: