整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 触診セミナー

触診セミナー

読了までの目安時間:約 3分

今日は触診セミナーでした。
人数を集めるので開催して欲しいと声があったので、クローズドのセミナーになりました。
参加されたのは既に手技をされている先生と、今まで学んだ手技をするにあたって手の感覚を高めたいと言う方でした。
触診はそれぞれに考え方があって様々な方法がありますが、殆どの方法で共通していることもあります。


触診する側が整っていることが大切。
強く押しつけるのではなく、軽く触れること。


これらのことにはどんな意味があるんでしょうか。
そんな話もしながら説明をして行きます。
説明をして実際に触れてみて、を何度か繰り返して行きます。
触診は一朝一夕に上手く出来るようになりません。
何度も何度も繰り返し練習することで、解像度が上がって行きます。
最初は殆ど分からなかったことが、少しずつ輪郭がはっきりしてきて、細かな違いも感じられるようになります。
そしてもう一つ、触診の練習をする時に気をつけなければいけないことがあります。


触診したらどうだったか判定を決める。
だいたい同じとか、ちょっと分からない、はありません。
だいたい同じは、ぴったり同じではないので、何か違っているということです。
ちょっと分からないは分からないと一緒で、一生決めることが出来ません。
触診の練習を始めて、一番大切なのは決めることです。
間違っていても、先ずは決める。
そこからしか始まりません。
右や左に変位していると決めれば、間違うことも出来ます。
でも、決めなければ間違うことが出来ません。
間違えなければ、そのままずっと分からないという結論しか出せず、ずっと判定も出来ないし調整もできなくなってしまいます。
練習の時には間違えても良いので、右だ左だぴったり同じだと、判定をすることが大切です。


後半に少し時間があったので、触診から分かることや推察出来ることについても話をしました。
左右の肩甲骨の位置から分かること。
胸郭の形から分かること。
骨盤の傾きから分かること。


触診セミナー・てあて整体スクール

要望があればいつでもやりますよ。
連絡下さい。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: