てあて整体スクール 東京で開業を目指すなら » 院長ブログ » 日々好日 » なにが普通なのか 

なにが普通なのか 

読了までの目安時間:約 5分

このところ仕事もしないでダンスのリハーサルをやる時間が増えています。
11月26日にTOKYOZAと言うダンススタジオでスタジオパフォーマンスがあり、それに自作品と客演で一作品出ることになっています。
見たい方は連絡下さい。
西武池袋線富士見台にあるスタジオで、15:00からと18:30からの2回やります。
リハーサルは自分のものが週に2回と別作品のリハーサルが1回です。
合計で最低でも3回で、1回の時間が2時間位かかります。
そして自作品の方は自分で創るので、振り付けや構成を考えないといけない。


何ヤッテンダ・・・
と思うこともあります。
普通、仕事中にそんなに趣味と言うか、仕事以外のことに時間を取ることはないよな。
と思ったりします。
それで飯食える訳でもないし。
と思ったりします。
営業時間削ってるし。
と思ったりもします。
もっと仕事しろよ!
と思ったりもします。
こんなに時間取られて大丈夫かなぁ。
と思ったりします。
でも
ヤメナイ。


普通、って何だろうなと思います。
自分の中の常識ではサラリーマンで会社に勤めて、と言うのが常識的だろうなと思っていました。
会社を辞める時はだから覚悟はいりました。
常識的じゃないんだろうなぁと思いましたから。
個人で仕事をするようになって、24時間仕事のことを考えるのが普通だと思っていました。
だって全部自分でするんだから。
今も24時間365日仕事のことは考えています。
でも、体は別のことをするようになってきました。
そもそも。
整体院だけでなく整体スクールもやっているし。
スクールだけでなくセミナーやワークショプもやっている。
呼ばれてカルチャースクールで講座をやったりもする。
東京だけでなく名古屋でも毎月整体の授業をしている。
いつも同じ場所にいることはなくなって、いろいろなところで色々な仕事をさせてもらっている。
自分としては整体師でアレクサンダー教師だと思っていますが、人から見ればそうではないと思っている人も多いと思います。
ダンスは本番がある時は時間が増えていくし、本番がなければ時間が少し減っていく。


そもそも仕事って何のためにやるんだろうとか。
仕事とプライベートって区切りはあるのかとか。
区切る必要があるのかとか。
そんなことも考えます。


普通って何なんですかね。
自分の行動や考えを見ていると、知らないうちに同調圧力が掛かっているような気がしてしまいます。
たしかに生まれた時代や生まれた場所や生まれた家庭は選べないので、それが前提になって行動や考えが出てくるのはあたりまえだけど。
これが普通ってことはあんまり考えない方が良いかなぁと思います。
一度の人生なんだから。
ってこともあるし。(これ本当だし。)
出来るだけ自分の好きなように。
やりたいように。
やれたら良いなと。


樹木希林さんが出てるCMが似たようなことを言ってる気がします。
窮屈な常識はいらない >>>


*****
歳をとったら、歳相応の服を着なさいとか、妻や母親、祖母という役割に自分を合わせなさいとか、周りの人と同じように振る舞いなさいとか。
そんな窮屈な常識は、もういらない。
あなたはもっと、個性的であっていい。
それが派手でも、大胆であっても、堂々と着たい服を着る。
そうして、何万通りもの個性が花開いたとき、誰も見たことのない時代が、一歩前に進み出す。
年齢を脱ぐ。
冒険を着る。

アドバンストモード
*****
(ある百貨店のCM)




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: