整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 姿勢 » 姿勢は、体感9割・見た目1割

姿勢は、体感9割・見た目1割

読了までの目安時間:約 3分

姿勢の本を書きたいなと思う今日このごろです。
『姿勢は、体感9割・見た目1割』的な内容を思いつけば書けるのかもしれないけど、これじゃ9割1割の題名にしたところで売れない感じですね。(笑)


姿勢のポイントは体感だと思います。
でも、その体感がない。
ない、と言うとちょっと言い過ぎかもしれませんけど、あまり自分の体を感じにくくなているのは確かだろうと思います。
だから体感9割と言い切ってしまうと、実は多くの人に分からないということになりかねないような気もします。
逆に体感を得るための方法が書ければ、多くの人の役に立つかも知れないと思います。
とするとこの題名は意外に良いのか・・・


姿勢を良くするためには、良い姿勢の定義が必要です。
先ずはそこから。
楽なのが良いのか、見た目に格好良いのが良いのか。
楽なのと見た目が良いのは違うのか。
それとも同じなのか。
実は同じなんだろうと思いますが、楽で見た目が良いのの他に、楽ではないのに格好良いという姿勢があるように思います。
格好良いというのは、時代や年代や国や性別などで違う可能性があるからです。
自分の考えている楽な姿勢が良い姿勢で、楽ではない姿勢は良くない姿勢、と言い切ってしまうのは簡単ですけど、それで良いのかとも思います。
昔、自分の子供のころを思い出すと、軍隊式に脚を閉じて膝を伸ばし両手を体側につけて胸を張り背中側の背中を伸ばした格好が良い格好と思っていました。
子供が思っていたということは、大人が思わせたと言うことでしょう。
これが良い姿勢と指導を受けた気がします。
今となってはそれは苦痛を伴う姿勢と言われることもありますが、50歳代以上にとっては良い姿勢と言えばアレだろうと思います。


呼吸が楽に出来る。
血流の滞りがどこにもない。
筋肉が緊張しすぎていない。
関節がすぐに動く状態。
などなど


そういったことが合わさって出来上がる、結果としての良い姿勢。
その上見た目も格好良かったら最高だと思います。
そんなのを考えています。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: