てあて整体スクール 東京で開業を目指すなら » 院長ブログ » アレクサンダー・テクニーク » アレクサンダー・テクニーク 個人レッスン

アレクサンダー・テクニーク 個人レッスン

読了までの目安時間:約 4分

毎月一回、アレクサンダー・テクニークの個人レッスンを受けに来てくれている生徒さんがいます。
整体も受けてアレクサンダーもと言うコース。
毎回、いろいろなテーマを持って来てくれます。
今回は「手を広げて鍵盤に置くと、胸が前に出て窮屈になる。」と言うものでした。


アレクサンダー1・てあて整体スクール

ビフォー・アフターの写真です。
見ると随分変化があります。
先ず自分で普通にやるとどんな感じになるんですか、とやってみてもらったのが左のビフォー写真です。
で、いろいろ試してみて右のアフターになる訳です。
写真で見る限り、覆いかぶさっていたのがなくなって、腕が長く背中(と胸)が広くなった印象があります。


手順ややり方(ノウハウ)を教えた訳ではありません。
覆いかぶさらないでとか、腕の力を抜いてとか、頭を突っ込まないとか、そんなことは言いません。
先ず自分が何をやっているかに気がついてもらう。
それはなかなか難しいことですけど、気が付くよう努力はしてみます。
そして、首が自由にあること、背中が長く広くあること、などをイメージしてもらいます。
その感覚のまま体全体で動いてもらう。
そんなことをやります。
言葉だけでは難しいので、手で触れたり(ハンズオン・ワーク)体のイメージの話をしたりします。
そんなことをしながら進めて行きます。


アレクサンダー・テクニークは音楽家や俳優さんやダンサーの皆さんには浸透し始めて来ました。
海外で勉強された方などが受けた経験から、日本でアレクサンダー教師を探して受ける人が増えています。
芸術家の人たちのものか・・・と思っている人も多いかもしれません。
でも、アレクサンダー・テクニークは自分の使い方のワーク・レッスンです。
どんな人でも気になることに使ってみることが出来ます。
殆どどんなことでもです。


パソコンを打つと肩がこる。
姿勢が悪いかもしれない。
歩き方が気になる。
フライパンを持つ手がしっくりこない。
子供を抱くのが上手くいかない。
ヒールを履いて歩くとみっともない。
人前に出ると上がる。
腰痛・肩こり。
ボルダリングが上手くなりたい。
本を読むと疲れる。


解決するかどうかは分かりませんけどね。(笑)
でも、自分が本当はどんな風にそれをやるのか、を知るのには良いかもしれません。
アレクサンダー・テクニークは何かをする・やる方法ではなくて、今やってしまっている何かをやめてみると言う方法です。
無駄な力やクセを抜いてみたら、どんな風に出来るのか。
そんなアプローチも面白いと思います。
最後に上のビフォー・アフターの写真にもう一枚加えたものを。
途中で普通に座ってもらった時のものを足してみました。


アレクサンダー2・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: