てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » 院長ブログ » アレクサンダー・テクニーク » アレクサンダー・テクニーク

アレクサンダー・テクニーク

読了までの目安時間:約 4分

アレクサンダー・テクニークはどうしてアレキサンダー・テクニックではないのか!?
たまに聞かれたりします。
日本に最初に翻訳されたアレクサンダー・テクニークの本の訳者の片桐ユズルさんが、アレクサンダー・テクニークを訳をつけたことから、その後はこんな風に呼ばれるようになったと聞いています。
ま、それはそうとして。


アレクサンダー・テクニークでは心身を別のものと考えません。
FMアレクサンダーさんの生きた時代は、心と体は別のものと考えられていた時代だったそうで、心身が一つと言う考え方は受け入れられるのに時間がかかったようです。
心は脳の機能と言われたりします。
脳は体の中にあります。
だから心と体は一つのもの。
そう言う事なんだろうと思います。
機能と本体を分けて考えるのはむつかしですね。
構造と機能と考えれば、解剖学と生理学です。
どちらも人のコトですね。


アレクサンダー・テクニークで痛みが取れた話を書きました。
胸郭出口症候群と診断され肩口から手にかけて痛みと痺れがあった人に、体のイメージを変えてもらうことで変化が起きました。
体のイメージを変えることがアレクサンダー・テクニークではありませんが、手法として使ったりします。


てあて整体院に来るアレクサンダー・テクニークの生徒さん(受ける人のこと)は、楽器演奏をする人が多い傾向があります。
と言っても、まだそんなに多くの生徒さんを見ている訳ではないので、傾向とまで言えないのかもしれませんけど。
以前に来た方たちの中には、ボルダリングでうまく体が使えないと言う人や、ダンスの振りが覚えられないと言う人、人前で上がってしまうと言う人、声楽で声が出にくくなったと言う人、などなど。
本当はと言うか実は、普通の人に来てもらいたいなぁと思っています。
何となく体がギクシャクするとか、最近うまくいかないことがあるとか。
それくらいのことにお金を払うのは・・・と思う人が多いのも分かります。
でも実はソレ位のことではないんですよね。


体の使い方・心の使い方・自分の使い方を変えると、全てが変わることになります。
今までと違う方法ややり方が、自分の選択肢に増えます。
これしか出来ないと思っていたこと、どうしてもこうなってしまうと思っていたことが、実は自分の選択で別の方法も取れる可能性がある。
それはコペルニクス的な転換かもしれません。
まそこまで大げさに言わなくても、体の使い方が楽になったりスムーズになったりすると、体の調子が良くなります。
無駄な力が抜けると、筋肉使わなくて良い分楽でしょ。(笑)


自分と向き合う時間と言う意味でも面白いですよ。
普段、なかなか自分のことなんか考えないのが日常です。
仕事や家事や付き合いで、自分がなくなることが多い日々だと思います。
たまには自分のことを考えたり感じたりするのも良いことだろうと思います。


名古屋・てあて整体スクール

alex1・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
10
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: