整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 意識と無意識

意識と無意識

読了までの目安時間:約 4分

このところは意識で無意識をコントロールすることを考えている。
意識と無意識。
そんなに簡単に分けられるものではない。
無意識は知らず知らず、自ずと、そんな風に考える、あるいは考えないでそうしているコト。
意識は心に浮かぶこと、考えて何かをするときの考え。
では、色々と考えて、こう言うときはこうすると利益が増えるあるいは利益が出る、優位に働くあるいは楽が出来る。
と言うときに、そういう風にするという意識的な考えや行動もある。
でも、それは分かっているがそういう風にはしないと言う意識的な考えや行動もある。
と思っているが、実は、そうすれば良いのにそうしないと言う意識は、無意識に支配されている?のかしら。

意識は無意識をコントロール出来るような気がする。
ご飯を食べるとお腹が一杯になるように、脚を開いて立ち右手を天井に伸ばし左手を腰にすると何だか元気が出てしまう。
笑う筋肉を使い笑うように息を吐き出しながらハッハッハと言っていると、少し気が楽になってしまう。
そんな気がする。

しかし逆に、天井に腕を伸ばし反対の手を腰にしても、どうしても胸を下げようとする体の意思(無意識)のようなものが現れることがある、ような気がする。
これは無意識が意識をコントロールしている?のか。
どうも考えていくと分からない。

ひょっとして意識と無意識に境目はないのかもしれない。
こんなこと心理学や精神医学では自明になっている話なのかしら。
でも、自分で考えるところに面白みがある。
考えて考えて考えた後に、誰かの本を読んで、おおこれは僕の考えと同じだと思うことが良くある。
誰しも考えることは同じか。
この考えることは同じかと言うことにも興味がある。
共通自我と言うのだろうか、たぶん言葉は違う。
でもヒトに共通する通底する自我。
それは自我とは違う感覚であるような気がする。
と言うか個人の自由意思について懐疑的と言うことなのかもしれない。

意識で無意識はコントロール出来るのか。
無意識で意識はコントロール出来るのか。
あっこりゃ無理か。
無意識なんだからコントロールしていても分からない。
無意識で意識はコントロールされているのか、が正しい設問だな。

こんな話は仕事やプライベートに関係がない、とは思わない。
仕事もプライベートも全て自分だから。
それにしても、こんな文章読んで整体院に期待とか、整体スクールに入りたいなんて思う人いるのか?
いや、それは関係ないか。
これはこれ、それはそれ。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: