整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » マルチタスクでお願いします。

マルチタスクでお願いします。

読了までの目安時間:約 4分

整体師やセラピストが施術中・セラピーの最中に同時にやっていることが最低3つはあります。


1.施術・セラピーをする。(手や体を動かす。)
2.患者さんクライアントさんと話をする。(口を動かす。)
3.次に何をするかを考える。(頭を働かす。)


施術・セラピーをするのは単に手や体を動かすということではありません。
患者さんの状態がどうなっているかを鑑別(触診)し、どこを調整するか考え必要なところを調整する、どんな手技を使って手指の接点や角度や強さを考えて動くと言うようなことです。
話をするのは世間話のこともあるし、施術やセラピーの説明もあるし、今の体の状態の話や今後の方針のこともあります。
次に何をするかを考えるのは、施術の組立や次回以降の治療方針を考えるということもあるし、患者さんとの世間話のことを考えるということもあります。
これを同時に一緒に全部。
一つ一つバラバラに全部一緒に、というのはアレクサンダー・テクニークでも言ったりしますが、そう言うことをしています。


例えば、施術・セラピーをすることは、何度も何度も繰り返し練習して、頭で何も考えずに出来るようにして、話をしながらでも出来るようになる、ということではありません。
何度も何度も繰り返し練習して、頭で何も考えずに出来るようにして、今の患者さんの状態と自分の状態を知った上で、今の自分をコントロールしながら、施術・セラピーをします。
「ドント・レット・ユハ・ハンズ・ジョブ( Don't let your hands job)」
手に勝手に仕事をさせない、と言うことです。
話をすることも、次のことを考えることもそうです。
自動的に何も考えずに出来るようになることは必要ですけど、でもそうはさせない。
全部を別々に考えながら、同時に別々のことを走らせる。


もう20年以上前のことだから知らない人がほとんどだと思いますけど、ウィンドウズというOSは最初の頃は擬似マルチタスクだったと思います。
詳しくはないんですが確か、二つ以上のソフトが同時に走っているように見えて、実は一つのソフトだけが走っていて、他のソフトはやってるふりをしている感じ。
これが新しくなって来て今ではマルチタスクになっています。
マルチタスクは二つ以上のソフトが同時に別々に走っている。


施術しながら話ながら別のことも考えるというのは、書くと難しいことのようです。
でも、練習をすればそんなに難しいことではありません。
ようは慣れです。
そんなことしたら一つ一つがおろそかになってしまう、と言うことはありません。
一つ一つを別々にちゃんとやりながら、全部一緒にすることは出来ます。
てあて整体スクールではそれが出来るように授業を進めています。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: