整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 解剖学のページ

解剖学のページ

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクールでは解剖学の授業もあります。
当たり前です。
当たり前ですが、ちょっと普通とは違うような話が沢山出てきます。
例えば


・頭は茹で卵を横に寝かせた形。
・肩は腕の途中にある。
・頚椎と胸椎と腰椎の違い。
・股関節は曲がるのではなく回る関節。
・浮き指で何が悪い!


解剖学は骨や筋肉の名前を覚えるもの、と言うのは合っているようで合ってない。
骨や筋肉の名前を覚えることも大切な勉強ですが、それよりも骨の形から動きを知ることや、外から見えている形と内側の骨格や関節の違いを知ることが大切です。
その違い、実際の形から、実際の動きを知ることで、痛みや故障の原因が分かる可能性があるからです。
で、まあ、そう言うことについてこのサイトにもページを設けてあります。
解剖学のページと書いてありますが、骨格の名前や筋肉の名前が書いてある訳ではありません。
上に書いたようなことが書かれています。
整体師になったばかりの人や、これから整体師になろうかと考えている人。
ヨガやピラティスのインストラクターやパーソナルトレーナー。
各種のセラピストの皆さんには参考になるかもしれません。


解剖学のページ >>> http://teate.co.jp/anatomy>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: