整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » バレエ » スポクラバレエで気がついた、動きが始まると注意を忘れるアレについて。

スポクラバレエで気がついた、動きが始まると注意を忘れるアレについて。

読了までの目安時間:約 4分

年が明けて始めてのバレエレッスンに行きました。
バレエはたまにしか行けないので偉そうなことは言えませんが、それでも周りの御姐様方を見ていると感じることがありました。
スポーツクラブでレッスンをしている方の特徴かなと思います。
以前にも何度か書きましたが、ポールドブラ(腕)の問題です。
肘が下がる。
手首が曲がる。
あれです。


バーレッスン・てあて整体スクール

大人からバレエを始めると大変なことが沢山あります。
先ず第一は動きを覚えること。
動きと言っても一つの動きではなく順番を覚えることですね。
バーに捕まって脚を動かす。




なのか。




なのか。
それだけだって大変です。
それに腕までつけなきゃいけなくなる。
そうなるともう頭が混乱して、つい足元を見てしまったりする。
頭を下げないで下を見ない!
なんて注意されたりしますね。

今回、書きたいのはその次の段階です。

動きはなんとか覚えられるようになった。
そこからです。
動きの次は体の使い方です。
背筋を伸ばして。
脚は開いて(ターンアウト)。
肘は下げない。
膝は外。
なんて言われます。
これがなかなか出来ませんね。
どうしてでしょう。
動きが始まると注意を忘れる、と言うアレです。

注意を一つ一つ別々にしているから。

だろうと思っています。
だって無理です。
背筋を伸ばしながら。
頭を天井に引きながら。
肩を下げながら。
肘を後ろにしながら。
指先は伸ばしながら。
お腹を締めながら。
お尻を締めながら。
脚はターンアウトにしながら。
爪先と膝の向きを同じにしながら。
プリエ。

無理です。
スマホ見ながら歩くだけだって無理なのに、こんなに沢山別々に注意は出来ません。
ならばどうするか。

一つにします。
全部一つにする。
一つにするってどういうことか。
全部気をつけた時の感じを言葉にします。
腕は胸の付け根から肘を通って指先まで伸びていくアノ感じ。
骨盤から背骨の前を通って頭が天井の方に伸びていくアノ感じ。
足裏が床をキャッチして押しながら膝が外に出ていくアノ感じ。
脚がお尻からターンアウトして外回りに回っていくアノ感じ。
これらを全て合わせた言葉を創ります。
自分だけの言葉です。
何でも良いです。
ズババババ~ン!
でも
にゅ~~!
でも
ボワ~ン!
でも。
何でも構いません。
それをやります。
背中や肩や肘やお腹やお尻を全部含んだ言葉。

探してみましょう。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: