整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 自分の人生を生きることについて。

自分の人生を生きることについて。

読了までの目安時間:約 3分

2月21日、大杉漣さんが亡くなられました。
ちょうどその日、午前中から整体の勉強会をしていて、昔の整体仲間が50代で亡くなったと聞いたばかりでした。
最近、急に亡くなられる方が多いように思います。
きっとそんなことはないんでしょうけど、そんな風に感じます。
自分も考えてみれば随分な年齢になって来て、少しずつ死ぬことや人生について考えることがあります。
ま、そんなに思いつめるような考え込むようなことにはなりませんが、静かに考えを整理するような時があります。


人の死に出会うと、いつ死んでも悔いが残らないようにしようと思わなくもありません。
でも、いつ死んでも悔いは残らないでしょう。
死んでしまったら悔いを感じる自分がおらず、悔いを感じることもない訳ですから。
そう考えると悔いだけでなく、幸せも残らないのでしょう。
いえ、そんな、寂しい話をしている訳ではありません。
死んでしまえば自分はこの世にはいませんから。
生きているうちに考えていることを、死んだらどうしようと考えているだけということなんだと思っています。
それだけのことでしょう。


悔いにしろ幸せにしろ残るものがないのなら、いつ死んでも自分の人生を生きている最中でありたいと思います。
日々を過ごしていると、今日は何をやってたっけ?なんて日があります。
同じように今今の今を誰かの考えに乗って過ごしてしまっていることがあります。
瞬間瞬間刹那刹那を出来るだけ自分の考えで、自分を感じながら生きていたいと思います。
それは意外に難しいことなのかもしれません。
そうやって自分の人生を生きている、その最中に死ねたらそれはもう良い人生だったんではないかと思ったりします。


それにしても早すぎますね。
冥福をお祈りいたします。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: