整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » アレクサンダー教師が集まりました。

アレクサンダー教師が集まりました。

読了までの目安時間:約 3分

AGM2018・てあて整体スクール

神戸で6月2日と3日にアレクサンダー教師の集まりがありました。
このところ数年は毎年一回集まっているので、時間を作って行ってきました。
全員がアレクサンダー教師!と言うちょっとあまりない集まりです。
毎年、いろいろなことを考えます。
集まり自体で話し合われたことは、別にご報告することがあるかもしれませんが、個人的に感じたことなどを書いておこうと思います。

2年前京都で集まりがあった時に、アレクサンダー・テクニークってと言う話をしたことがありました。
どなたが言ったのか忘れてしまいましたが、「習慣的になってしまった考え方や動き方から一旦離れてみるトレーニングをしてきた。」と言うような話がありました。
なるほどなぁと。
うまいこと言うなぁと。
思いましたね。

習慣的なるものから離れる。

この離れるって表現が好きでした。
なかなか難しいことです。
人は習慣の中に生きています。
習慣自体は悪いと決まった訳ではない。
それがないと困ることもある。
でも習慣的になってしまって困ることもある。

話し合いをしていて思ったことがありました。

自分の言葉で話している。

皆さんそうでした。
凄いことだと思います。
自分の言葉、は意外に難しいものです。
厳密に言えば言葉も習慣ですから、そこから離れることは出来ない。
情報に流されたり常識に流されたり。
そこを一旦立ち止まって自分自身の頭で考える。
いつもならそうだけど本当にそうなのか。
出来そうで出来ないのが自分の頭で考えると言うことです。
それが皆さん本当に自分の頭で考え自分の言葉を使おうとしている。
時間がかかったり手間だったりしますね。
なぜならいつもと同じにはならないからです。
こう言う場合はこうです、とはならない。
いやなるかもしれないけど、こう言う場合は本当にこうなの?と一旦考える。
そこなんですよね。

とても気持ちの良い時間でした。

ついでに、と言うのはなんですがエクスチェンジと言うのをやりました。
アレクサンダー・テクニークのレッスンの交換です。
ハンズオンワークと言う方法があるので、それをやったりやられたりしました。
関西で活躍されている先生の手を受けました。
いつも自分がやっているのとは違う感覚で、違う触れ方をしていました。
あああそうなんだぁ。
こう言う方法もあるんだなぁ。
と。
そして自分は自分で自分の方法でやりました。
あああそうなんですねぁ。
こう言う方法もあるんですねぇ。
と。

とても楽しく素敵な時間でした。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: