整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » セミナー依頼は即答で。

セミナー依頼は即答で。

読了までの目安時間:約 4分

セミナー受付・てあて整体スクール

てあて整体スクールでは外部からの依頼でセミナーや講座をすることがあります。
これ、スクールへの依頼というより荒木個人への依頼です。
初めて依頼を受けたのはもう15年近く前だったと思います。
港区の自転車同好会からで、ストレッチや練習前後のケアについて講座をやって欲しいと言うものでした。
これは知人から。
知人からでしたが、整体院を開業してまだ数年しか経っていない時でした。
やばいなぁあ。
一瞬迷いました。
ほんの数秒。
でも受けました。
ほぼ即答です。

自信があった訳ではありません。
今だってそんなにないくらいなんですから。
開業して数年の当時、自信なんてなかった。
それでも、一瞬で依頼を受けました。
内容はその後で考えた。
無謀なのかなぁと言うのも。
出来るのかなぁと言うのも。
ウケるかなぁと言うのも。
失敗しないかなぁと言うのも。
内容どうするかなぁと言うのも。
人前で話すのかと言うのも。
考えました。
一瞬のうちでした。
そして、色々なことを考えて、一瞬で受けた。
当然、冷や汗をかいて答えましたけど、正解だったと思います。
これ大切なことだと思っています。
自慢してんじゃないんです。

開業して間もない先生は、セミナーや講座の依頼が来たら、迷わず即答すること。
「セミナーお願いしたいんですけど。」
『はい、もちろん。』
即答です。
それしかない。

開業して暫くしてセミナーを依頼されるのは、患者さんからのクチコミだったり評判だったりを聞いてのことです。
あの先生良いみたいだよ。
なんか話が面白そう。
聞いてみたいことが聞けそう。
面白い話を知ってそう。
○○に詳しそう。
分かりやすく話てくれそう。
そんな風に思ってくれています。
自分としてはやったことがないので、自信がない時期かもしれない。
悩む気持ちも分かります。
荒木もそうでした。

上手く出来るんだろうか。
内容はどうすれば良い。
人前で話が出来るのか。
全然、通じなかったらどうしよう。
人が集まらなかったら。

セミナーをやったことがないと、依頼されてもつい「少し時間を下さい。」なんて言ってしまいます。
何か考えることがあると思っているのかもしれません。
時間を取る必要はありません。
全然ない。
即答で受けることです。
自分には分かっていなくても、依頼する人にとっては分かっています。
この先生は出来る。
だからセミナーをする準備は整っているんです。
自分で気がついていないだけです。

時間を取ってから依頼を受けると、依頼者もいろいろなことを考えるしこちら側もいろいろ考えます。
整体師としてだけやっていくと決めているのなら別ですが、最終的に受けるのであれば時間を取るのは無駄です。
時間を取って考えてから断ると、二度と依頼は来ません。
依頼をするのにもタイミングがあります。
依頼を受けるのにもタイミングがあります。
どうせ受けるのなら即答です。

準備はそこから考えて下さい。
依頼主はあなたに来てほしと思っています。
それに答えるのが今の仕事。
それが自分の将来を作っていくことになります。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: