整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 草間彌生美術館

草間彌生美術館

読了までの目安時間:約 3分

草間彌生美術館1

午前中の時間を利用して、草間彌生美術館に行ってきました。
昨年10月に開館していましたが、なかなかチケットが取れず、やっと行くことが出来ました。
チケットは毎月1日に翌々月分が売り出され予約定員制となっています。
開館当初からチケットを入手しようと、1日10時になるとインターネットの前でトライしましたが、午前中にはソールドアウト。
午後になると1000円のチケットが1枚7000円位で転売されていました。
これはダメです。
定価で買って行こうと、暫くまって5月1日にやっと取ることが出来ました。


草間彌生美術館2

場所は地下鉄東西線早稲田駅から10分位。
青山のワタリウム美術館と同じ位の規模の美術館でした。
1階が入口とミュージアムショップ。
2階と3階に絵画の展示があって、4階はインスタレーション、5階は屋上にオブジェが展示されていました。
2階は20代前半の渡米前の絵画でしたが、これが素晴らしい。
言葉が適切ではないと思いますが、とても綺麗で美しい線と色。
これが1950年代に描かれていたと思うと驚愕ですい。
3階は現在の絵画の展示。
最近、よく見るようになった正方形の板に書かれたものたちでした。
こちらはやはり迫力が凄い。
4階はカボチャのインスタレーション。
暗い部屋に入ると、マジックミラーをつかってカボチャが無限に繋がるというものでした。
5階の屋上にはカボチャのオブジェでした。


草間彌生美術館3

順路に沿って見ていくと、最初は少し並んで見るような状況になりますが、定員入れ替え制なので暫くすると人がばらけて来ます。
何度目かに降りると2階の絵画を暫く一人でじっくり見ることが出来ました。
4階のインスタレーションも2分で入れ替わるので、何回か見ることが出来ました。


20代の作品が素晴らしいなぁと思いました。
以前、上野で見た時には少ししかありませんでしたが、今回は20枚ほども見ることが出来ました。
今につながる視点もありましたが、全く違う表現で。
見続けていても飽きることのない作品達でした。
草間彌生さんは戦っている。
70年以上もの間。
戦っている。
素晴らしいことだと思いました。

草間彌生美術館
https://yayoikusamamuseum.jp/

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: