整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 健康情報 » 

筋肉痛について

読了までの目安時間:約 5分

年を取ると筋肉痛が翌日には出ないなんて言いますけど、そんなことないですよね。
たぶんいろいろな研究があって論文探せばいろいろ出てくるんでしょうが、これについては超個人的なイメージで話をしたいと思います。
少なくとも20台30台と40台と50台(も後半)では筋肉痛の種類が違うと思う。
筋肉痛の種類と言うよりは、その時々の筋肉の種類が違うんじゃないか。
筋肉の種類ってのはつまり状態のことですけど。

20台30台の筋肉の筋肉痛は張りがあります。
張りというのは筋肉の張り。
感覚的には漲(みなぎ)ってる感じ。
筋肉の質は良いですね。
良い感じがします。
使いやすいし反応も良い感じです。
そんな筋肉をトレーニングで痛めつけると、筋肉痛になります。
翌日にはすぐに。
翌日の筋肉はパンパンに張ります。
今思えば水分密度が高くなって硬くなる感じです。
ちょっと触れただけでも、痛っ!ああっ!いっつっ!!みたいな感じです。
表面を摩るだけでも痛い。
硬いのでストレッチもしにくかったと思います。
それでもたぶんストレッチしたり動いたりすると痛いけど動けるみたいな感じ。

40台はどうだったかなぁと思うと、張りはある程度はある。
それよりも熱を持っていた記憶があります。
当日の夜位から熱を持って重くなる。
重くなるのは寝るときかな。
寝てからも疲労物質が出てくるような、筋肉の状態が変わっていくような感じです。
翌日は筋肉痛よりも筋肉に熱があったり、筋肉の動きが悪く寝ぼけた筋肉みたいになっていることが多かった。
翌日に動かすと痛い。
かなり痛みがあるけど動くことは動く。
そして動いていると痛みがあるのにスムーズになって来る感じ。

50台そして後半になるとまた違う感じですね。
翌日の筋肉は張りがない。
筋肉が伸び縮みしにくくなっているような。
鳥のササミを持って動かしているような。
ストレッチしてみると奥にある痛みを少し感じるような。
ストレッチは伸びない素材を引っ張っているような感じだけど、やっていると伸びてはくる。
でも伸びて柔らかくなったと言うイメージにはならない。
伸びてそのまま的な感じ。
血流の改善に時間がかかる感じなのかなと。
痛み的なものが出るのは翌々日かその次の日。
筋肉が伸び縮みしない感じになって来ます。
で、筋膜の網が痛みをそこかしこから出していると言う。

でまあどうするかということですね。
筋肉痛になったらどうずるか。
これはもうどの年代でも同じです。
ゆっくり休む。
訳がない。(笑)
動かします。
激しい動きは40台位からはやめた方が良いと思います。
先ずはウォーキングから初めて腕を回したり屈伸したり。
そして何回かやること。
20台30台は翌日も普通に動かしても大丈夫だと思いますが、40台以降になるとそうもいかない感じです。
やってやれないことはないですが、長引く。
長引かせたって良いことはないので、少しずつ動かして血流を改善して、状態を変えていくことです。
筋肉の状態が変わっていけばまた動きますから。

はい。
超々個人的な筋肉痛のイメージでした。
整体師のくせに学術的な裏付けはありませんが、体験的な感想としてはこうです。
なのでそう思って読んどいて下さいね。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

お酒を飲むと肩が凝る!?

読了までの目安時間:約 3分

お酒を飲んだ翌日に肩がこることありませんか?
なんか疲れるなってことはあっても、肩こりと飲酒の関係は考えたことがないかもしれません。
でも意外に関係があったりします。


お酒を飲むと酔いますね。
酔った後はさめます。
体の中に入ったアルコールは分解されてアセトアルデヒドになり、アセトアルデヒドがまた分解されてアセテート(酢酸)に分解されて体の外に排出されます。
アルコールの分解はご存知のように肝臓で行われます。
お酒を飲むと肝臓が働くと言うことになる。
働くと疲れますね。
お酒を飲んだ翌日は肝臓が硬くなっていることがあります。
肝臓は右側が大きく左側が少し薄くなっています。
右側の季肋部(下の肋骨と腹の境目)から肋骨の裏に手指を入れてみて下さい。
そこに触れるのが肝臓です。
お酒を飲んだ翌日に肝臓に触れるとちょっと硬いことがある。


内蔵臓器が硬くなるとどうなるか。
動きにくくなりますね。
肝臓は胴体の中間位を横切っている臓器です。
肝臓が硬く動きにくくなると、胴体の真ん中辺りが動きにくくなると言うことです。
さて次にどうなるか。
呼吸が少し浅くなる可能性がありますね。
そして胴体の特に上部が動きにくくなる。
下部は肋骨がなく背骨だけですから、比較的動きは確保される可能性があります。
でも肋骨で包まれた胸郭の下が硬く動きにくいんですから、胸郭自体も動きにくくなる。


肩こりは胴体の上、僧帽筋と呼ばれる筋肉辺りが硬くなり動きにくくなり血流が悪くなった状態です。
(硬さなので感じる人と感じない人がいます。)
胸郭つまり胴体がが動きにくければ、その上に乗っている筋肉(僧帽筋など)も動きにくくなる。
で、肩こりになると。
そういうことが言えるんです。
じゃあどうするか!?
ま、飲まないか。
飲みすぎないか。
飲んだ翌日は体を動かすことですよご同輩!


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

雪の日には帰ったら足首を回す。

読了までの目安時間:約 3分

雪の日には長靴とかレインブーツなど履きますね。
ブーツは足首を隠すので暖かいし、足元が滑りやすかったり濡れたりするのを防いでくれます。
ところで。


ブーツを履いて家に帰ってくると、足が浮腫(むく)んでいませんか?


ブーツを履いて歩くと足首が動きません。
ブーツがL字になっているからですね。
動きが全くないって訳ではありませんが、普段よりもかなり少なくなる。
足首の曲げ伸ばしが少なくいと、フクラハギの筋肉を使いません
全然ではないですよ。
でも使わない。
フクラハギの筋肉(腓腹筋・ヒラメ筋)は心臓から遠くて大きな筋肉です。
血管は筋肉の中を通っていて、筋肉が伸び縮みすることで圧迫され、血液の流れが促されます。
ようするにフクラハギの筋肉を使うと血流が良くなるってことです。
同時にリンパの流れも改善されます。
それが足首が動かないと、あまり働かないってことになります。
血液って心臓の動きだけで流れている訳ではないですからね。
体を動かすことで流れが促されているんです。


最近の低体温化の傾向も運動不足が原因ではないかと言われたりしています。
体脂肪が多く筋肉量が少ないと冷え性になっている人が多いように思います。
で、浮腫(むくみ)です。
ブーツを履いて家に帰ってきた夜は浮腫が多い。
気がついている人もいると思いますけど、ブーツが原因の一つなんですね。
浮腫をなんとかしたい。
ですよね。
足首が動いていないと浮腫むってことは、足首を動かせば良いってことです。


足首を回して下さい。


座って手で持って回してもOKです。
脚を投げ出して足首だけ回してもOK。
その場で立って片足ずつ爪先立ちにするのもOK。
屈指運動もOKです。
アキレス腱伸ばしもOK。
10cmの台に足指付け根を乗せて立つだけでもOK。
足首を曲げ伸ばししているなら何でもOKです。


その後はゆっくりお風呂に入って、フクラハギをマッサージして上げて下さい。
少しやるだけでも浮腫が軽くなりますよ。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>