整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 

関東関西

読了までの目安時間:約 3分

近鉄・てあて整体スクール

名古屋は関西なんだろうか関東なんだろうか。
イントネーションは関東だけど語彙は関西ぽい。
うどんの出汁はちょうど中間くらい。
独特と言えば独特な感じになる。


四日市から東京に出て来た時に驚いたのは、うどん屋さんとお好み焼き屋さんがなかった事。
東京では蕎麦屋ばかりが目立っていた。
お好み焼きはなくもんじゃ焼きというのがあった。
同じものではなく全く別の食べ物だと気がつくまでは食える気がしなかった。
もんじゃ焼好きには申し訳ないけど。
高校時代まで過ごした四日市は関西に分類されると思う。
東海地方と言われているけど、言葉は関西。
東京で四日市弁で喋ってみたら、京都の言葉に聞こえると言われた。
京都とはかなり違うがイントネーションは似ている。
ついでに言うと、1980年代の東京では京都弁と大阪弁違いが分からない人が多かった。


名古屋以西に行くとタンメンに出会わない。
野菜たっぷり塩ラーメンて感じだが、塩ラーメンとは違う。
刺身は関西ではなんとなくハマチだけど、東京ではマグロという事になる。
あんかけスパゲティは名古屋だけだと思うが、鉄板に乗ったケチャップで炒めたスパゲティは全国共通だと思っていた。
木の台に乗った楕円の黒い鉄板の上に、トマトケチャップで炒めたスパゲティが乗っていて、その周りの鉄板に卵が掛かっている。
東京なら喫茶店で出てくる懐かしのスパゲティが、鉄板に乗っていて周りに卵がかかった感じだ。
パスタとスパゲティは違うものだと思っていた昭和の話かもしれない。


カントニ(関東煮)とかカントダキ(関東炊き)と言うのも関西でしか聞かない。
多分おでんの事だと思うが、おでんと言えば串に刺した三角のコンニャクに味噌ダレをつけて食べるアレだと思っていた。
キツネとタヌキの違いもある。
関西でキツネと言えばキツネうどんで、お揚げの乗った蕎麦は「たぬき」です。
でも関東ではキツネと言えばお揚げが乗っているもので、キツネうどんもキツネ蕎麦もある。
たぬきは天かすが乗っているもので、たぬきうどんもたぬき蕎麦もある。
じゃあ関西で天かすが乗ったうどんとか蕎麦は何というか、知らなかったので調べたら「はいから」って言うらしいですね。
なか卯のはいからうどんは確かに天かすが乗っている。
他にも醤油とか味噌とか違うものはあります。


まあだからどうって事はないですけどね。
ちょっと面白いですね。

205円切手を下さいと言うと200円の収入印紙ならありますとコンビニのレジで言われて店員を二度見したのは私です。

読了までの目安時間:約 2分

コンビニ・てあて整体スクール (写真のコンビニは本文中のコンビニではありません。)


コンビニのレジではいろいろな事を思う。
彼らはどうしてそうなのか。
確かに205円切手を下さいと言うと200円の収入印紙ならありますとコンビニのレジで言われて店員を二度見したのは私です。
それだけではなく本当にいろいろな事があります。


商品受け渡しです。
どうしてなんでしょう。
幾つかのパターンがあります。


レジカウンターで商品を店員さんに渡す。
レジ打ちをする。
袋に詰めるあるいはそのまま。
お金を渡す。
受け取る。
商品あるいは商品の入ったレジ袋をレジカウンターの自分の側(店員さん側)に置く。
どうして⁉︎
こちら側に置かない⁉︎
店員さんの顔を見る。
遠い目をしている。


レジカウンターで商品を店員さんに渡す。
レジ打ちをする。
袋に詰める。
お金を渡す。
受け取る。
釣り銭を渡される。
商品の入ったレジ袋の持ち手と下を持って差し出す。
釣り銭を財布にしまうまでレジ袋を持って待っている。
レジ袋の持ち手に手を差し込んで受け取るまで待っている。
どうして⁉︎
置かない⁉︎
店員さんの顔を見る。
にっこり笑っている。


この話をするとマニュアルですよと言われる。
確かにそうなんでしょう。
でもなぁ。
やっぱり。
アレだよ。
いや、どうなんだろうね。

渋谷すばるの決断

読了までの目安時間:約 3分

富州原

渋谷すばるさんはシブタニスバルだと言うのは随分後になって知りました。
関ジャニ∞の渋谷さんがグループを脱退しジャニーズ事務所も辞めるという話を聞きました。
会見を見聞きして同じような時期の自分の決断と重なる部分が多いことに気がつきました。


36歳になって人生もうあと半分だなと思った。
そんなことを仰っていました。
自分も確か35歳になった時に同じことを思いました。
もう半分まで来たんだ。
向かい道じゃなくて帰り道。
夕焼けの中を歩いている感じ。
夏休みの最後の数日ような気分がしたことも記憶しています。
実際はそんなことはなくて、もっと長い人生が待っている訳ですけど、その時期にはそんな風に感じました。
そして人生なんてもののことを考えるようになりました。


このまま今までの延長で行くのか、それとも何か別の生き方もあるのか。


もう一つ仰っていた事がありました。
今までありがたいことに、ジャニーズ事務所や関ジャニ∞と言うものに守られて来た。
そうです。
組織の中で生きてきた。
自分一人の力ではなく誰かの力を借りていた。
これも同じでした。
自分一人力で生きて行けるんだろうか。
そんな事が出来るものなんだろうか。
考えてみてば沢山の人が自分一人で生きています。
でもそれまでの自分にとっては、組織の中にいる事が全部で普通の事でした。
他のこと自分一人で生きる事なんて、想定されていなかった。
知らないうちにそう言う前提の中で生きていた。
それが別の生き方を思いついたら、考えてみざるを得なくなった。


途中から前提を変えるのは大変な事です。
大きなエネルギーがいります。
でも、最初から別の前提に乗っかっていたと考えてみれば、どって事ありません。
今までの苦労と同じ苦労があるだけです。
今までの楽しみと同じ楽しみがあるだけです。


渋谷すばるさんは数年前、ソロアルバムの曲を聞きました。
若い頃の忌野清志郎さんを彷彿とさせる味のある良い歌い手さんだと思いました。
歳を取ってどんどん良くなる歌い手さんだと思いました。
渋谷すばるさん
応援してます。

春の電車

読了までの目安時間:約 2分

最近はもう全然そん場面には出合わない訳ですけど。
4月から5月の連休くらいまでの通勤電車は大変ですね。


下手な人が多い。


あれなんですよ。
アレ。
新入生とか新入社員とか一年生とか。
電車の乗り方に慣れてない人が多くて、色々と大変です。


先ずそのぉ乗り方そのものに慣れてない。
満員の電車の中で自分を主張すると。
俺は私はここよ!的な乗り方になると。
自己のぶつかり合いと言うんですか!?
周りとつい戦ってしまう。
自分の領域と言うか範囲を言う領土権を主張されるようなあの感じですね。
疲れます。
ご本人もですが周りも疲れる。
主張しなくてイイんですこんなところで。
主張は会社で学校でして欲しい。
満員電車では与えられた領分だけを全うすればそれでヨシと。
そう思って頂きたい。


そして乗り換え。


乗り換えに慣れていない。
なので降りる時に奥から出てくる。
いや出ようとする。
最初からそこまで入らなきゃイイのに。
つい乗っちゃうんですね流れに乗って。
主張しちゃいけないと思うんでしょう。
あるいは分からない。
あれっ⁉︎ あれれ⁉︎ あれれれれっれれれれれれれれ⁉︎
てなもんです。
逆に入口から動かない。
俺は私はここだ⁉︎的に動かない。
乗り方と一緒です。
ここはひとつ流されてもイイんです。
次で降りるなら一旦外に出てまた入ればイイんです。
それが出来ない。


でもまあ連休までです。
学習しますから。
新入生だし一年生だし新入社員ですから。
頑張って行きましょう。

7月に踊ることになりまして。。。

読了までの目安時間:約 3分

正確には、踊ることになりまして。。。ではなく、踊ります。なんですけどね。
7月15日(日)に神楽坂セッションハウスで【シアター21フェス】と言うのに出場します。


21フェス・てあて整体スクール

セッションハウスは週末だけ小劇場になるダンススタジオです。
21フェスは元々は”若手”のための舞台経験の場として始まったようですが、公募形式でダンスや舞台の作品を誰でも出来ると言うものです。
僕は過去にソロで2回、大人数のショーイングワークショップの集大成として1回出場しています。
今回で3回目。
どうしてまた出場することになったのか。
いや正確には、出場しようと思ったのか。


今年、60歳になるんです。

記念と言うか。
区切りと言うか。
試しと言うか。
挑戦と言うか。
確認と言うか。
現状、自分は踊る人としてはどんな風になっているのかと言うのを知りたくて出ようと思いました。
普通、60のおじさんが踊るかね!?
と思いますよね。
いや、僕はそう思います。
60と言えば還暦です。
還暦でダンスやってて、しかも整体師と言う仕事もあって、なのに踊ると。
人前でと。
でもやっぱりやっておこうと。
区切りだし。
そんな感じです。


作品はおよそ出来ています。
実は4年ほどまえにソロで踊った時の作品です。
【 BE 】
これを再度踊ります。
リメイクになるか全く同じようにするかはまだ決まっていません。
決まっているのは年齢が確実に4歳年取ってると言うことです。
50代後半の4年はけっこうなもんです。
ね、ご同輩。


4月に入って練習を始めました。
今のところ振りの思い出しです。
この作品は音(カウント)に合わせた振りにしていないので、音があってないようなものです。
動きも一つ一つチェックしながらやりますが、やっぱりアレです。
繋げてみると意外にきつい。
いや正確には思った通りきつい。
前回の練習で一応、最後まで振りは思い出しました。
ただ、まだ動けません。
音が余っちゃう。
これだと踊りになりません。
作品として見られない。
ここからが勝負ですね。
5月中には音の中で踊れるように。
6月にはリメイクするところはして構成を考える。
そうやって7月まで行けたら良いなと思っています。


見に来て下さい。
続けてればこれ位は動けるんだというところを見て下さい。


【 シアター21フェス vol.114 ”夏編” 】

日時 : 2018年7月15日(日)18:00~
場所 : 神楽坂セッションハウス
     新宿区矢来町 158(地下鉄神楽坂駅1分)
料金 : 前売/当日 2,000円
問合 : teate@nifty.com


21フェス3・てあて整体スクール

21フェス2・てあて整体スクール

21フェス1・てあて整体スクール

人の体

読了までの目安時間:約 3分

最近、自分の体の体に触れたことありますか。
体がどんな感じなのか時間をとって感じてみたことありますか。
多くの人はあまり気にしていないのではないかと思います。
忙しくて気にする時間がないのかもしれないし、そんなこと考えたこともないと言う人もいるかもしれません。

現代は脳化された時代だと養老先生は言いました。
思考や論理が大きくなって、体の感覚が薄れてしまっていると言うようなことです。
特に日本に住んでいるとそれが激しいような気がします。
体がどんな状態なのか感じなのかを”忘れて”、頭で考え思考することをする。
お腹が減ったから食べるのではなく、時間が来たから食べる。
あるいはお腹が減っても、体型維持のために食べない。
疲れて動くのが辛いけれど、仕事なので会社に行く。

これで良いのでしょうか!

な~んて激を飛ばすつもりはありません。
それもまた仕方がないこともあります。
現代は現代。
今を生きるためには現代を生きる必要もあります。
自分だけ縄文時代を生きるのであれば、それ相応の覚悟と準備が必要です。
そこまでは言わない。
でも。
全く体を無視するのは良くない。
それくらいは思っておく必要があると思います。
思考や論理もまた、脳と言う体の機能の一つですから。
体の状態が良くなければ脳の状態も良くない訳で、思考や論理も影響を受けてしまいます。
結局、思考も論理も体に影響を受ける。
だったら体の状態も知っておく感じておくことが大切だろうと思う訳です。

むつかしくはありません。

朝、起きる時に、ちょっとだけ布団の中で感じてみる。
今日はどんな感じなのか。
息は?
体は?
会社への通勤の時に歩き方を感じてみる。
筋肉は硬いのか?柔らかいのか?
左右の差はあるのか?
呼吸は?
膝や股関節は?
お腹は張っている?

先ずは気にすることから始めてはどうだろうと思います。

アラフィフからの挑戦

読了までの目安時間:約 3分

元NHKアナウンサーの有働さんが退社しました。
現場取材をしたい。
ジャーナリストとして活動したい。
自分のやりたいことをやりたい。
記事を読んで、そうか今は50代前後でそうなのかと思いました。


自分自身はアラフォーで転職をしました。
35くらいから少しずつ考え始め、38歳で整体の勉強を始め42歳で整体院をオープンさせました。
新卒で入社した1980年代はまだ終身雇用の時代。
定年退職まで同じ会社で仕事をするのかと漠然と思っていました。
実際のところそんなことは深く考えていませんでしたけど、一般的にそうなのかと言うことでした。
常識をわざわざ考え直すほど衝動はなく、それよりも日々の仕事をやることの方が大切でした。
いや、大変でした。


90年代になってバブルが崩壊。
リストラが始まる時期とヘッドハンティングや人材登録なんて言葉が出てきた時期が同じでした。
このまま雇われて一生やってくのかな、と考え始めたのが35歳くらいだったと思います。
それが有働さんは40代後半。
最近、整体スクールに問合せをしてくる方々も、半分位は50歳前後のアラフィフの人たちです。
そう言う時代になったんでしょうか。


人生100年時代と言う言葉を聞くようになりました。
調べてみたら昨年、「人生100年時代国葬会議」と言うのを国が作りました。
と言うことは働き方改革の一環。
と言うことは60代で仕事を辞めるのではなく、70代位までみんなが働くことを構想していくということでしょうか。
国に言われることではないけどね、とちょっと斜め上を見たくなったりします。
でもまあ大切なことだろうと思います。


国がどうこう言おうが言うまいが、平均寿命は伸びています。
男性でも80歳位、女性は90歳位まで生きることになる。
そうなると60歳65歳で定年退職と言うことになると、ちょっと先が長い。
遊んで暮らせれば良いですけど、そうもいかないですよね。
と言うことで、以前は30歳代半ばで考える人が多かったのが、40歳代半ばまで転職や独立起業や第二の人生を考えるようになったのではないかと思ったりします。


退職
転職
独立
起業
開業


大変ですけどね。
面白いですよ。
以外にね。

春の旅行

読了までの目安時間:約 2分

できるだけ毎年、春になるとカミサンとどこかに旅行しています。
ここ最近は温泉が増えました。
そりゃまあそうですね。
体を休めつつ英気を養うと言うアレですから。
今年は秩父の蕎麦の美味しい宿をみつけて行って来ました。
いつも計画をあまり立てないんですが、事前に頭の中にあった神社を巡ることにしました。
で、最初に寄ったのが聖神社さん。
和銅開放のモニュメントが近くにある神社です。
拝殿など写したと思ったんですが、写真がないので狛犬だけでも。


春旅行1・てあて整体スクール

ここは銭神様と呼ばれているらしい。
おみくじを引いたら大吉。
ちょっと良い気分です。


春旅行2・てあて整体スクール

次に行ったのが愛宕神社。
秩父に行くなら愛宕神社、秩父神社、そして三峯神社に行くべしと誰かが言っていたとカミサンが言っておりました。


春旅行3・てあて整体スクール

そして秩父神社に行きました。
こちらでは、わらじカツ丼を食べました。


春旅行4・てあて整体スクール

翌日、三峯神社に向かいました。
途中、あと2キロで秩父神社と言うところで、野生の鹿三匹と遭遇。
これもちょっと気分が良いですね。


春旅行5・てあて整体スクール

そして三峯神社。
凄いですね。
こんな山奥にここまでの神社があるということが凄いです。


春旅行6・てあて整体スクール

春旅行7・てあて整体スクール

春旅行8・てあて整体スクール

春旅行9・てあて整体スクール

神社巡りになることは珍しいですが、今回はいろいろと回りました。
神社は土地の良いところに立っていることが多いので、気分が良くなります。
ゆっくり出来たので、今日からまたがんばります。

リハーサル

読了までの目安時間:約 2分

リハ1・てあて整体スクール

7月15日に神楽坂セッションハウスで開催される【シアター21フェス】に参加します。
そのリハーサルを始めました。
シアター21フェスは公募形式のダンス公演で、セッションハウスと言う週末にはミニシアター(小劇場)になるダンススタジオで行われるダンス公演で過去に3回位出ました。

ソロです。

今回も自分で振り付けをした作品を踊りますが、過去に一度踊ったことのある作品です。
再演ですね。
そのままやるかどうかは分かりません。
たぶん少し手をいれてリメイクすることになると思います。
初演は5年前なので体力が・・・
的なこともあるしね。笑

地域集会所の集会室を借りて練習します。
集会室に横になって冷えた床を感じ天井の小さな柄?を見て静かにしていると、なんだか面白いなぁと思ってきます。
イイおじさんが平日の昼間に集会所を借りてダンスの練習をしている。
どういうことなんだろうねぇみたいな。
しかしまあ面白いことだなぁとしみじみしたりしています。

4月中には以前の振り付けを全部思い出し、5月には少し変更をいれて6月には衣装なども見直しをしようと思っています。
初演の動画はこんな感じです。
お暇な方はご覧下さい。
尚、苦情は受け付けておりません。笑


花見

読了までの目安時間:約 2分

花見1・てあて整体スクール

花見を特にする訳ではないですが、なんとはなしに花を見ることはあります。

先日、日中の気温が20度を越えると言うので、石神井公園まで散歩に行ってお昼を食べることにしました。
昼は弁当のことが多いんです。
てあて整体スクールから石神井公園に歩いていくと、先に三宝寺池につきます。
三宝寺池を前にして左に曲がっていくと、上の写真のような広場があります。
ベンチが空いていたので、座る場所を探しました。
いくつかあるベンチに空きが無かったので、三宝寺池に降りてみましたが、やっぱりベンチの空きはなく、どうしようかと思って上がってきました。
空きました。
さっきまで誰かが座っていたベンチに空きが出来たので座ってお昼を食べることにしました。

遠く、と言っても少し先に桜があります。
そちらはけっこう賑やか。
こちらは目の前に何もない広場が広がります。
たまに、外で食べるお昼は贅沢です。


花見2・てあて整体スクール

娘姉妹(たぶん)を散歩に連れてお母さんが歩いていきます。
大型犬に引きずられていく女性がいます。
自転車で通過するハンチングのおじさんがいます。

3割増に美味い弁当を食べて、午後の仕事に戻りました。

1 2 3 31