整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 

膝痛にダンス

読了までの目安時間:約 2分

土曜日に工藤さんのWSに出て1日空いて今日は松本さんのダンスクラス。
正直どうしようかと悩んだ。
疲れはあるがそれではなく、膝の痛みが良くない。
いつもならやめておく感じの痛みと状態だったが、出た。
出てみた。

膝を伸ばすと痛い。
膝を曲げると痛い。
正座のようにすると、膝の周りの腫れ感で曲がりにくい。
踏ん張れるけれど曲げた時はどうなのか。

たぶん捻れなんだろうと思う。
工藤さんのWSで腰を落として横にスライドさせ、そこからヘッドスライディングに入っていく。
その時に膝を捻ったのではないか。
のではないかと言うのは、その時には痛みはなく動きにも問題はなかったので、直接的な繋がりがあるかどうか確証が持てない。
でもまあそれだろう。
他には捻るような動きはなかったから。

でまあ松本さんクラスには出た。
出てみた。
動く事は出来た。
違和感はあるけど動ける。
特に無理な動きはない。
ホントは明日にならないと分からない。
工藤さんのWSの事もあるから。

でも、やっぱり出ておくのは良い。
ように思う。
以前もいつだったか膝痛みがある時に、しばらく休んでいたけど。
痛みは特に変化はなく。
一月くらい経った後に動いてみたら(踊ったらってこと)、痛みが消えた。
動くことで膝周りの筋肉や筋膜や靭帯が緩み血流が良くなって状態が改善したんだと思う。
腰痛もそうだが安静ってのは良くて現状維持にしかならいと思う。

膝だろうが腰だろうが、動かす。
それが早く治るコツ。

それにしても土曜からの月曜クラスは体がきついですね。
分かりきっているけどきつい。
きついのはきついがそれが良い。
別に筋肉痛や肉体疲労が気持ち良いと言うことではない。
気持ち良くないが、良い。

それでイイのだ。
これでイイのだ。

モーションクオリア 工藤聡さんWS

読了までの目安時間:約 5分

ヨーロッパで活躍するダンサー・振付家・工藤聡さんワークショップに出た。
工藤さんのWSはこれで二回目。
前回は今年だったか去年の春。
もう、記憶力がアレでいつのことだったかも定かではない。
でも二回目というのは間違いない。
男性のダンサーで年齢も比較的近い。
ま、近いと言ってもたぶん10歳位は違うと思うが、それでも20代30代のダンサーと比べると全然近い。

工藤さんのやっている動き(踊り)はモーションクオリアと名付けられている。
モーション(動き)のクオリア(質・のようなもの!?)だと思う。
動き自体を考えるというようなことなのか。
いずれにしても面白い。
前回もそうだったが、今回もいろいろとやりました。

床の上で
クロール。
背泳。
匍匐後退。
でんぐり返し的な。
途中まででんぐり返しで、そこから戻ってくる的な。
などなど。
などなど。
などなど。
からのコンビネーション。

とにかく床の上でゴロゴロやります。
それも安全にやるためのノウハウというか方法がある。
普段やっていないとなかなか大変だと思う。
例えば工藤さんの動画を見るとこんな感じ.




20秒くらいからの森下スタジオの映像はちょうど前回参加したWSのもののようです。
こんな感じの動きをやります。
今回はフロアに前方から飛び込むようなものは、エクササイズとしてはなしでした。
今回はないのかぁと思っていたら、最後のコンビネーションで出てきましたけどね。

ここで思いついたことがありました。
参加しているダンサー達の動きについてです。
ま、偉そうなことは言えませんけど。

10代20代の参加ダンサー達は、フロアでの水泳的動きはかなり苦手そうでした。
腕や脚の力を床に伝えることや、手足を使って自分の体を動かすのが効率的にできていない感じ。
効率的ではないとは、うまく出来ないということで、慣れていないというかやったことないというか、ヘタなんです。つまり。
それに比べ30代40代のダンサーの方が体と手足のつながりというか、効率的な使い方が上手い感じがしました。
ダンスというのではなく。
10代20代のダンサーは可動域も広く筋力もあります。
なのに床の上ではうまく泳げない。
体を手足で動かしてやれない。
そう言う意味では僕の方がまだ動きはなめらかでした。

考えてみればそうかもしれない。
ようするにそう言うことをやってないんだろうと思います。
ハイハイの時期や期間や場所の問題だったり。
外で走り回るようなことだったり。
気に登ったり凸凹の野山を歩いたり走ったりと言うことだったり。
そして何よりも、無駄なことをしてきてない感じがしました。
練習すればすぐに出来るようになるんでしょうけどね。

これが一般の人だとどうか。
そんなことも考えました。
普通の人はもっと体を使っていない。
歩いたり立ったり座ったりはしてますよ。もちろん。
でも、足の下がランダムな高低差があったり硬い柔らかいがあったり草だったり岩だったり水が流れていたりと言うようなことに対応して来ることがなかった。
アスファルトでありコンクリートであり階段でありフロアである訳です。
そうなると、体に対しての刺激が少ない。
刺激とはつまり刺激の種類ですね。
アスファルトは平らで歩くには楽で便利ですけど、土の道は凸凹で硬さが違ったり草が生えてたりと言う、地面から受ける刺激の種類が無数に多くなる。
そのことに体は対応し神経系や筋肉系の反応は発達します。
それが少ない。
少ない世界で生きているうちは良いですけど、突然の出来事やいつもと違うことが起こってくると対応ができなくなる。

出来なくても良い。
なるべく同じ温度湿度の部屋の中で生活して、平坦な道を歩いていくからと言う考え方もあります。
逆に様々な外の環境に体を順応させて生きて行くという考え方もあります。
僕はまあやっぱり順応したいですね。
世の中をカスタマイズするよりは、自分が対応していく。
その方が僕は面白いと思っています。

なんだか話がでかくなりました。
ま、体が動くと言うのは楽しいものです。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

冷え性

読了までの目安時間:約 4分

寒いですね。
実は冷え性です。
小学生の時から。
この季節は手首から先、足首から先が冷たくなります。
血が通っているとは到底思えません。
男では珍しいと言われます。

冷え性には原因は幾つか考えられます。
一つは体脂肪が多くて体温が上がりにくくなる。
血管は筋肉の中にあります。
筋肉を動かすと熱が発生して、その熱が血管の中の血液に伝わり、血液が全身を流れることで体温が上がります。
筋肉が少なく体脂肪が多いと、自ずと血管が少なく、血流も少なく、体温が上がりにくい。
同じことで運動をしないと体温も上がりにくくなる
現代人の体温が平均して下がっているのはこれが原因とも言われています。
個人的には体脂肪率は15%前後で筋肉質でもあるので、これが原因だとは考えにくい。

もう一つは自律神経の問題です。
自律神経は血流をコントロールしています。
血管には血流をリサーチする内部機関があります。
血流が少ないところには血液を集めようとする。
手先や足先に血流が少ないと、そこに血液が集まってくるようになっている。
それをコントロールしているのが自律神経です。
これがうまくコントロールされていないと冷えが起こる可能性がある。
と思います。
個人的にはこれかなと思っています。
でも、どうしてそうなるのかは分からない。

大学生時代、剣道部でした。
寒稽古と言っても太陽が上がってからでしたが、朝の稽古は地獄でした。
最初こそ足の感覚はありますが、すぐにくるぶしから下の感覚がなくなります。
終わって着替えをして、喫茶店でお茶を飲んでいると、だんだんと血流が出てきて感覚も出てくる。
あの、正座をして痺れが取れてくる時の感じに似ています。
自分の足が出てくる感じ。

小学生の時はサッカーの試合でそんなことがありました。
途中かr足先の感覚がなくなってくる。

冷えや嫌ですね。
靴下履いて寝てます。
風呂にはゆっくり浸かります。
なるべく生姜を食べたりします。
そして体を動かすようにしています。

コーヒーやチョコレートが良くない感じがしてます。
全然関係ないかもしれないけど。
こう言うことは調べてから書かないといけない。
整体師なんだから。
でも、これは超々個人的な感覚なのでね。
でもやめられない。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

アレクサンダー応援カレンダー

読了までの目安時間:約 5分

カレンダー1・てあて整体スクール

2018年のカレンダーが届きました。
アレクサンダー・テクニーク東京スクールで作っているカレンダーです。
東京スクールはあら木の母校。
アレクサンダー・テクニークを8年も学びました。
途中で父が他界したりして、お休み期間もあって、一筋縄では行かない勉強でしたが、なんとか最後まで続けることが出来ました。
本来は4年位で卒業出来るんですけどね。
ちょっと長くかかりました。
でも必要な期間だったんだろうと今は思っています。

認定を受けて卒業してちょうど3年になりました。
4年目が始まっています。
最初の年からNHK文化センターで講座を持つことが出来ました。
アレクサンダーの恩師である石坪さんに来た話を、あら木よりも先に卒業した安田さんが受けて続けていた講座でした。
最初から荒木さんが近いから、将来は荒木さんにやってもらうと良いよと、石坪さんが安田さんに話をして受けた企画だったようです。
卒業する前から、NHKの講座を任せても良いと思ってくれていたということになるのか、と今更ながら思います。
凄いことです。
凄いとは荒木が凄いのではなく、自分の指導した卒業生に自分に来た依頼を任せられる石坪さんがです。
去年からはチャコット名古屋スタジオで講座も始まりました。
隔月で続けています。
こちらは整体スクール名古屋教室の卒業生が、チャコット名古屋スタジオでピラティスのインストラクターをやっている関係でお話をしてみました。
やってみませんか?
なんて営業を掛けてしまいましたね。
ちょうど、新しい講座を求めていた時期でもあったようで、最初は夏と冬だけでしたが、今年に入って隔月開催になりました。
個人レッスンはもちろんいつでもやっています。

アレクサンダー・テクニークはFMアレクサンダーさんが発見した自分の使い方と言われています。
発見したということは、元々あったものということです。
新しく作ったものではありません。
だから、何かのやり方や方法や手順やハウツーを教えるものではありません。
元々、その人が持っているやり方や使い方を再発見するためのメソドです。
習慣的になってしまった方法から開放される手順や感覚を学びます。
そのお手伝いをするのがアレクサンダー教師です。

音楽家やダンサーや俳優さんなど自分の体が資本の人が受けることが多いですが、会社員もOLさんもバイトさんも趣味の人も主婦も、自分の体を使って生きているという意味では同じです。
だから誰でもどんな時でも使うことが出来ます。
ただ、それを必要だと思っているか。
お金を掛けてもやろうと思うかということですね。
たぶんこれからはニーズが増えてくると思います。
体をあまり使わなくなって、どうやれば良いか、ぎくしゃくしたり上手く行かなかったりした時に、誰かに教えて欲しい人に必要とされると思います。
パーソナルトレーナーやそれぞれの競技のコーチや体の使い方指導者みたいな人たちと同じように、そうだ!アレクサンダー教師もいるよねと言われるようになったら良いなと思います。
今はちょっとネームバリューが低いですから。

アレクサンダー応援カレンダーにはアレクサンダー・テクニーク的なことが書かれていたりします。
アレクサンダー教師に解説してもらわなくても、見ているだけで何となく体が軽くなったり、自分の体に気づいたりすると思います。
4年位前から創っていますが、トイレ比率が高い。
皆さんトイレに貼ってくれているようです。
ちょっと座って目の前にあって、ちょっと見ていると、あそうかそうだった、なんて思いつく感じ。
その感じも良いと思います。


カレンダー2・てあて整体スクール

てあて整体スクールの生徒さん
てあて整体院の患者さん
にはお渡しします。
今日の患者さんにも渡すことが出来ました。

良いお年を。
と今年始めて言いました。
もうそんな時期なんですね。
そろそろ来年のことも考えます。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

結局は筋肉だ。

読了までの目安時間:約 4分

60歳も近くなってくると、いろいろと面倒になって来ます。
実を言うと、歩くのも面倒だし、街に出るのも面倒、遊ぶのも面倒だし、仕事をするのも面倒。
食べるのも面倒なら、本を読むのも面倒で、風呂に入るのも、寝るのも面倒。
まあ、そんなに激しく面倒な訳ではありませんが、20代30代と比べると、なんかこう行くぜっ!!っていう感じが出てこない。

そんなことありませんか!?
ご同輩。

まあ、昔から何かに付け面倒だなぁと思うような人で、だから会社にいる時は効率を追求していたりしたのかもしれません。
なるべく早くなるべく効率的に効果を出すべく仕事をする。
で最近になって、どうもその面倒が増えてきたような印象がありました。
あああああ~面倒だやりたくねぇ!ってことではないんですよ。奥さん。
あくまでね、ちょっと今ひとつな感じってんですかね。
そう言うことです。

それで色々と考えました。僕もね。
僕なんて言ってる場合じゃないと。
そんなに面倒だなぁなんて言いながらダラダラしてる場合じゃないと。
で、考えついたのが筋肉です。

筋肉。

筋肉って何ですか?
はい筋肉です。
脚とか手とかお尻とか腹とかについている筋肉です。
その筋肉が落ちていると。
なんかこうダラけていると。
そう言う訳です。
そのダラけた筋肉と面倒が関係があるのではないかと。
思った訳です。
元々、カラダでっかちで、運動だけは何も考えずとも人より出来ていた自信があります。
体は思うように動くもの。
軽々とジャンプ出来るもの。
そう言うものでした。
それが最近ちょっと重い。
重いだけじゃなくて疲れも抜けにくい。
あたりまえかもう60前です。
そんなの普通です。
普通なのは分かってるんですが、いつもと違う。
いつもと言っても過去の自分の感覚です。
過去の自分の感覚と言っても、実際は今まで感じてきたことな訳です。
それが最近変わったと。
そう言うことです。

で、筋トレ始めましたよ。
ものすごく簡単なアレですけどね。
腕立て50回
腹筋50回
ヒップアップ50回
こんなもんです。
それを2ヶ月くらい気がついたらやるようにしています。
一日一回はやってます。

変わったか?
いやまあそんなではありませんが、普通に出来るようにはなりました。
運動はしばらくやっていないと、その運動で使う筋肉を使っていない状態になっています。
少し動かし始めると、筋肉中に血液が流れやすくなり神経がつながりやすくなって、動きやすくなります。
今はその状態になった感じです。
トレーニング的にはこれからだろうと思います。

でも、違います。
面倒が少し減った感じです。
考え方が若くなったような感じ。
5歳位ですけどね。
面白い。

面白いですよ。
ご同輩。
筋トレは体のため筋肉のためもありますが、心や気持ちや考え方のためでもあります。
なんてことを思います。



手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

11月の頂き物

読了までの目安時間:約 2分

頂き物1711・てあて整体スクール

11月も頂き物をしました。
いつもありがとうございます。
美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

いつも食べ物をよく頂きます。
一口で食べられるものから、何日にも分けて生徒さんや他の患者さんや近所の人に配って回るようなものまであります。
ありがたいことです。
出張に行ったとか帰省していたとか遠くの神社やお寺さんに出かけたとお土産を頂いたりもします。
何もお返し出来ませんが、整体をきちんとやろうと思っています。

今年もあと1ヶ月足らずになりました。
寒い日が続いています。
暖かくしてインフルエンザなんかに罹らないように。
気をつけて乗り切りましょう。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

タイミングとか流れとか

読了までの目安時間:約 4分

整体の仕事を始めるとか整体院をオープンするとか。
何かを始める時にはタイミングがあります。
タイミングを逃すとちょっと良くない。
絶対にダメという訳ではないが、あまり良くない。
これはまぁ
そう言うことなんです。

整体スクールや整体学校で勉強をする。
スクールや学校を卒業する。
仕事が一区切りつく。
声が掛かってモニターで整体を始める。
モニターをやっていたら紹介で増えてくる。
良い物件があるよと患者さんから聞くようになる。

こんな状態になったら開業です。
開業の波に乗らないとマズイ。
まだ修行中だからとか。
ちょっと自信がないとか。
自分が考えていたスケジュールと違うとか。
そんなこと言ってられません。
波が来てます。
流れにのらないと、です。

止めようと思えば止まります。
物件を探さなければ良いんです。
見に行かなければ良いし、紹介してくれるというモニターさんにまだ先ですと言えば良い。
ただそれだけ。
簡単なことです。
でも、自分の計画やスケジュールに乗って物件探しを始めると、良い物件が見つかりません。
何故か分かりませんが見つからない。
見つかりそうになっても条件が合わない。
もしくは条件が悪い。
イマイチなところで妥協してスケジュールを通すと、苦労します。
苦労したって最終的に上手く行けば良いんですが、でも苦労は少ない方が良いでしょう。

波とか流れがあるなら乗ることです。

波とか流れが見えなければ聞いて下さい。
周りの人に聞く。
今こんな状況になっている。
これを聞いてどう思うか。
大丈夫なんじゃない!?くらいの答えがあればGOです。

あえて理由を考えると。
タイミングや流れは、その時々の状況が合っているかどうか。
整体やセラピーなら、持っているスキル(技術・知識・経験)がどれくらいか、患者さんやクライアントさんが集まるような状態なのか、仕事や私生活の状態(会社を辞める・家族の年齢や状態)、社会や自分の周りの環境(景気や失業率や給与水準や物件数や季節や)。
そんなことが絡み合って、何となくイイ感じが醸造されている時にタイミングや流れが出てきます。
だからたぶん、条件がある程度整っているんだろうと思います。
具体的にどれがと言うことではないような、言葉に出来ないような数値に出来ないような条件が整っている。
それはなかなか難しいことです。
だから逃さない。

流れに乗って下さい。
タイミングを放さないで下さい。


諏訪の蕎麦・てあて整体スクール

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

どうして整体師になったんですか?

読了までの目安時間:約 3分

年に数回聞かれます。


どうして整体師になったんですか?


年に数回で16年も聞かれていると、50回位答えていることになります。
16年にわたり50回も答えていると少しずつ変化があります。
変化はありますが、共通しているところもあります。
人の脳は整合性を取りますからね。
その時々で考えていることと辻褄があうように過去を変えてしまう。
最初の頃は田舎に帰らなきゃいけないかもしれないからとか、自分の力で仕事をしてみたいとか、いろいろ言っていました。
今思っていることは。


人生は一回だから。


です。
これについては昔からそう思っていました。
でも40代の頃はこれは口にはしていなかった。
何だか小っ恥ずかしくて言えなかったんだろうと思います。
でもまあ最近は立派なおじさんになって来たので、口にもしてます。

センセイどうして整体師になったんですか?
人生は一回だからなぁ。(笑)
はぁ!?
ま、そう言うことです。

いろいろな人生があります。
サラリーマンを勤め上げる人生もあります。
芸術や芸能に生きる人生もあります。
職人として生きる人生もあります。
で、僕の場合は整体師でしたけど、自分一人でやっていくということを選んでみました。
転職脱サラ開業起業してみてどうですか?
なんて聞かれたりもします。
やってみてどうかと言われれば、まぁ面白い。
大変は大変です。
だって一人ですから。
誰にも相談出来ません。
でもまあ面白い。
最近は相談をするような集まりとかコミュニティーを作るのが流行りで、相談される人も増えてきました。
でも、最終的には一人です。
その一人が良いかどうか好きかどうかがポイントですね。
どんなに相談したって入れ替わってくれる訳じゃないんだから。

人生は一回なんだから。
やってみようと思ったことは、出来るだけやってみると良いと思います。
全部出来る訳じゃないですけど。
出来るだけやってみる。
その方が後から考えると面白いですよ。
だって人生は一回なんだから。
br>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

諏訪大社も今日は凶だった。

読了までの目安時間:約 3分

諏訪大社1・てあて整体スクール

卒業生の整体院に行った帰りに諏訪大社本宮に行ってきました。
良い。
とても良いところです。
良い気が流れている、って言うんでしょうか。
落ち着きます。
静かです。
しっとりしています。
地面も空気も森も深い落ち着きを持っています。
濃度密度が濃く深い感じです。
でも滞っていない。
で、おみくじです。


諏訪大社2・てあて整体スクール

はい、凶!

凶です。
久しぶりです。
でも、見て何だか嬉しくなりました。
悔し紛れとかヤケクソとか負け惜しみとか。
そう言うことではなく純粋に嬉しかった。
実は凶を良く引きます。
以前にもどこかで書きましたが、京都の清水寺では大凶→大凶→大凶→凶と続いています。
ここ30年位のことです。
大凶や凶を引ける時は、調子が上がったり良かったりする時です。
そう言う時に限って引きます。
だから今回は本当にちょっと嬉しかった。
書いてあることを写します。

23番 凶

夕立の
雨も
おやまず
日はくれて
行きなやみ
たる
山の坂道

運勢
あせればあせる程苦しみ多く 騒げば騒ぐ程損が加わり災が増し来る運
何事も控え目にして 心静かに身を守り 心信怠りなくすれば幸運来る

はい!
幸運来る、で終わっています。
今は大変だけど静かにやることをやっていれば良いよと。
そう読めます。
ちょっと密かに心あたりがあったりして。(笑)
ありがたいなぁと思いながら、諏訪大社を後にしました。
自宅から3時間で来られることが分かったので、本宮だけでなく4箇所全部を回りたいと思います。


諏訪大社3・てあて整体スクール

諏訪大社に行く前に蕎麦を食べました。
おいしゅうございました。
ごちそうさまでした。

季楽庵
長野県諏訪郡富士見町富士見4654-971
http://www.town.fujimi.lg.jp/kanko/data/rs08.html


諏訪の蕎麦・てあて整体スクール

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

かもめブックスでパフォーマンス

読了までの目安時間:約 5分

神楽坂にある『かもめブックス』に行った。


かもめブックス・てあて整体スクール

朝と昼から患者さん二人の整体をした後。
夜までの時間が空いたので行ってきた。
おじさん仲間というかダンス仲間というかダンスおじさん仲間がパフォーマンスをすると言う。
もう50代も半ばの立派なおじさんです。
ま、見た目はそうは見えないけど。
でもおじさん。
それが。
神楽坂のブックカフェですよ、奥さん。
時間があったら来てねとメッセージをもらっていたので、スケジュール帳を睨んで行くことにしました。

ブックカフェというのは実は少し苦手意識がありました。
だってアレでしょ。
若い人向けでしょ。
おじさんとか居るとちょっと痛い感じじゃないの!?
的な思いがあったんだろうと思います。
それにコーヒーとかこぼしたらどうしようと言うこともありました。
飲まなきゃイイだけなのに、ブックカフェというとカフェだからとか考えたり。
でも、ブックなんだから本の立ち読みだって良いはずだと思ったり。
中途ハンパな感じがしてしまったんだろうと思います。

そう言えばこの前、代官山ヒルサイドテラスで123億のバスキアを見た帰りに、代官山蔦屋書店に迷い込んだことがありました。
あれもたぶんブックカフェ的なんでしょうね。
詳しくは分かりませんけど。
そう言えばバスキアのZOZOタウンの前澤さんのブランドは面白そうです。
世界中に体のサイズを測れるZOZOSUITを無料配布するとか。
ファッション業界はどうなっていくんでしょうか。
昔々、足を突っ込んでいたことがあるので、ちょっと気になります。
いや気になるのはブックカフェでした。
でも、入ってみて驚いた。
面白い。
ヤバイ。
信じられない。
何故だろう。
読みたい本しか置いてない。
全部欲しい。
でも、買っても読めないので読みそうな二冊を買った。
久しぶりの椎名さんと養老先生。

いやそう言う話ではなかった。

パフォーマンス面白かった。
おじさん仲間だけではなく女性3名と青年1名も加わって、ちょっと面白げなユニットになっていました。
ブックカフェという場所柄を意識した振り付け構成でしたが、途中からはけっこう動きも出したりして。
見ごたえのあるものでした。
おじさん的には「さよなら人類」(たま)からの「古い日記」(和田アキ子)のクダリが、もう感涙で爆笑ものでした。
さよなら人類は聞いているだけだと、何とかして使ってみたい曲ではありますが、自分の外見や年齢を考えるとハマラナイと思っていました。
女子二人が繰り出す世界観はビッタリ合っていて、とても楽しく見させてもらいました。

個人的には今年は2月に1回だけしか舞台には出てません。
あかんなぁと。
やらなあかんでと。
なにやってんねんと。
どこからともなく聞こえて来ました。

整体の先生ではなく、ダンスをこじらせたおじさん頭になっておりました。

おつかれさまでした!

かもめブックス
東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル1階
Tel 03-5228-5490
月曜日~日曜日 11:00 ~ 21:00
水曜日定休(祝日の場合は営業)
http://kamomebooks.jp/
※地下鉄東西線 神楽坂駅 0.5分


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

1 2 3 25