整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 

正しいことと正しくないこと

読了までの目安時間:約 5分

世の中には正しいことと正しくないことがあると思ってました。
コレはコウ、と言うような決まりごとと言うか。
時代がそういうものだったんかもしれません。
男はこうあるべきとか女はこうあるべきとか、聞いていたような気がします。


社会人になったらネクタイを締めてスーツを来て。
ラーメンは醤油で。
味噌汁は赤味噌で(東海地方なもので・・・)。
餃子はあの三日月形で。
大人は大人。
子供は子供。


昭和40年代(1960年前後)に四日市に餃子屋さんが出来ました。
名前は覚えていません。
カウンターだけの餃子やさんで、丸い揚げ餃子のような餃子が出てきました。
こんなのイイの!?
父が好きだったのか毎週のように連れて行ってもらいましたが、餃子なのに丸いって・・・焼くのに水入れてるみたいだけど・・・そんなことを考えてました。
1990年前後だったかにローザスを観ました。
渋谷文化村のコクーンだったかで初めて見たローザスは、スーツを着た女性が舞台上で寝転んで始まりました。
こんなことしてイイの!?
当時、ジャズダンスを始めていた僕は、舞台上でお客さんにお尻を向けてはいけないなどと言われていた記憶があります。
それが寝転んでいるなんて!?
しかもスーツで!?
カルチャーショックと言うか何というか。
本当に驚いた記憶があります。


社会人になったら会社に勤める。
そんな風にも思っていたかもしれません。
日曜はお休みで平日は会社で仕事をして。
その思いは強かったと思います。
会社員以外の仕事に就くことは、自分の常識と言うか考えの前提を外すことで、自分にはコントロールが効かないことだと。
元々、コントロール出来るって思っているのがおかしい訳ですけど、そんな風に感じていたように思います。


15年経って少し変わってきました。
何でもイイんだ。
別に決まりごとがあるわけじゃない。
言葉や常識は沢山の人が同じような場所に生活していく上で、便利なツール。
でも、それはあくまでツールであって、それに縛られる必要はまったくない。


暫く前に養老先生がこんなことを言っていました。
「昭和の時代は、ああすればこうなる、時代だった。でも今は違う。」
平成に入って少しずつ変わってきたんだろうと思います。
昭和の時代はみんなが同じ方向を向いていた時代。
それは経済や文化が進展していく途中で、必ずあるそういう時期。
そこを通り抜けて、経済や文化がある程度充足してくると、次は自分の個人の方に目が向いてくる。
個人や自分に目が向けば、今まであった方が良かったと思われるルールや常識は、あってもなくても自分で考えれば必要ないかもしれない。
もちろん沢山の人が同じような場所で生活するためのルールは守らないといけないけど。


そんなことを考える日曜日の仕事前。


■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

京都に行ってました。

読了までの目安時間:約 3分

6月4日と5日の土日に京都に行ってました。
日本アレクサンダー・テクニーク協会の総会(仮称)に参加するためです。
こんなに沢山のアレクサンダー教師が集まっている所に参加するのは始めてで、とても面白く刺激的な経験でした。
会議中は写真を殆ど撮っていないので乗せられませんが、京都で3時間位自由な時間があったので散歩をした様子をシェアします。


初日の朝、早くついて知恩院の山門に行ってきました。
ここ大好きです。
山門から見た奥の階段が特に好き。
階段に座ってちょっと一休みして来ました。
京都1606041・てあて整体スクール

京都と言えばココですが、写真が良くないですよね。
このそばにある観山堂(だったと思う)という蕎麦猪口専門の古物商に行こうと思ってたんですが、見つけられませんでした。
京都1606051・てあて整体スクール

四条の橋の上から。
床が出てますね。
一度行ってみたいと思います。
日曜なのですごい人出でした。
京都1606052・てあて整体スクール

四条から加茂川沿いを上がって行きました。
下加茂神社まで散歩です。
1時間位かかってしまった。
途中に何箇所か飛び石があるんですが、亀石もあります。
京都1606053・てあて整体スクール

これは下加茂神社のすぐ下にいた亀石。
向こう側まで石つたいに渡ることが出来ます。
石の上に座って読書している女子がおりました。
京都1606054・てあて整体スクール

下加茂神社にある「糺の森」
本当に自然の森です。
ここに入るだけで何かが変わる、ような気がする。
良いです。
京都1606055・てあて整体スクール

下加茂神社です。
京都1606056・てあて整体スクール

ここ良いですね。
向こうの森、そしてその上の空が良いです。
元気が出る感じでした。
京都1606057・てあて整体スクール

そこに行くと気分が良くなる場所があります。
京都は僕にとってそう言う場所の一つです。
全部ではないですけど、そこここにそう言う場所があります。
おつかれさまでした。


■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

手に職と資格について

読了までの目安時間:約 4分

手に職と資格って違うんでしょうか。
本来的には同じことだと思います。
何かをするための技術や知識を身に付けることが、手に職を付けると言うことで、手に職がついていると言うことは、その何かをする資格があると言うことだと思います。
もちろんこれとは違う意味もあります。
資格認定や公的に発行される資格については、その資格を持っていないとその職業をすることが出来ないと言うこともあります。
ただ、世の中には資格がある職業とない職業があります。
サラリーマンは殆どの場合、資格はありません。
寿司職人は資格が必要です。
華道や茶道を教えるのには、特定の華道や茶道でなければ、資格はありません。
(その人の流派の華道・茶道ならと言う意味)
でもまあ、資格がなくても技術がなければ教えられませんけど。


仕事を変えて新しい仕事をする時、資格は安心になることがあります。
何かの資格を持っていると、その仕事が出来る訳ですから。
でも、資格があるからと言って、その仕事は出来ますが成功するかどうかは分かりません。
同じように新しい仕事をする時、手に職(何かをするための技術・知識)を持っていると安心です。
その仕事をするための技術や知識を持っている訳ですから。
でも、資格の時と同じで、技術や知識があるからと言って成功するかどうかは分かりません。


なかなか難しいですね。


整体師は民間の資格と言われています。
国家資格になっていないと言う意味で、民間の資格と呼んだりします。
資格は持っていなくても、開業することは出来ます。
当然ですが、技術・知識を持たずに開業しても必ず失敗します。
問題は整体の技術や知識です。
では資格は関係ないかと言うとそうも言えません。
資格を取るためには、それ相応の時間と労力を必要とします。
技術・知識を身に付けるための時間と労力です。
その時間と労力を自分ではなく、教えた人や団体が証明しているのが資格だろうと思います。
また資格を持っていると言うことは、どこかでそれを学んだ経験があると言うことが客観的に分かると言うことです。
これは患者さんにとって、分かりやすく安心につながることだと思います。
そう言う意味で資格も大切。
資格を発行したり認定をしたりする人や機関は責任が重いと言うことですね。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

土日は京都です。

読了までの目安時間:約 2分

6月4日5日
土日に京都に行きます。
日本アレクサンダー・テクニーク協会(JATS)の総会に参加するためです。
JATSは日本でアレクサンダー・テクニークを教えている教師の協会で、日本でアレクサンダー・テクニークの研究と普及を目的とする資格のある教師のネットワークです。
その総会が京都であります。
で、京都です。


京都好きです。
でも最近行ってませんでした。
なのでちょっと楽しみです。
とは言え会議なので、空いた時間はそんなにありません。
ありませんが、やっぱり散歩くらいしたいと思います。
ミーハーなので知恩院の山門あたりとか建仁寺の〇△□の庭とか哲学の道とか。
でも土日なので混んでいるんでしょう。
混んでるところを歩くのはちょっと苦手です。
どうしようか考え中です。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

患者さんはアラテンからアラサン

読了までの目安時間:約 5分

アラテンからアラサンじゃ何いってんだかわかりませんね。
10歳前後(アラウンド・テン)から80歳前後(アラウンド・サンジュ=傘寿)までの患者さんが来ていると言う話です。


てあて整体院には7・8歳のお子さんから80歳台の方までが来院されています。
年配の方は近くに住んでる方が多いですが、お子さんは遠くからでも来てくれます。
もちろん7・8歳の子供が一人で来る訳ではありません、お母さんかお父さんが一緒に来ます。
小売店的な言い方をすれば客層が広い。
間口が広いと言うことになります。
と言いたいところですが、実は間口は狭いんです。


逆に狭い間口が広い年齢層に受け入れられている、と思っています。


流通小売(衣料品販売)にいた時に痛感したことがありました。
店の売上が下がってきた時に、いろいろと分析をしました。
午前中から午後にかけての時間は、店の前を主婦が通っている。
午後から夕方にかけては若者が通っている。
夕方から夜、そして休日はサラリーマンがスーツを買いに来る。
そこで。
店頭に当時の主婦が買うような、Tシャツやトレーナーの買いやすい金額のものを起きました。
つまり安いTシャツやトレーナー。
店の中央にはカジュアルの衣料品を置きました。
店の奥にはジャケットを二階にはスーツを置きました。
店の前を通っているのは男性だけではなかったので、女性用の服も店の中央半分に置くことにしました。
本当の話です。
何が起こったか。
主婦は買い物をしたようです。
若者は店の奥や二階にスーツを見て、自分の店ではないと来なくなったようです。
サラリーマンは店頭のTシャツや店中央半分の女性物を見て、スーツやジャケットの店ではない、品揃えが中途半端だと来なくなりました。
女性は当然ですが、男性服が沢山置いてある店なので、入っては来ませんでした。
ウソのような本当の話です。


来て欲しい人の層を多くしすぎると、どの層の人にとっても自分とは関係のない所だと判断されます。
「まずいメシ屋はメニューが増える。」とは僕の師匠の至言です。


てあて整体院は大人バレエな整体院、と打ち出しをしています。
ダンスに詳しい整体師が待っていると言う意味です。
そのことがお客さんの年齢を広げている要因だと思っています。
差別化と言う言葉が流行った時代がありました。
他との違いを明確にしていくことが競争に勝つための条件と言うようなことです。
差別化をすることは、来て欲しい方を絞り込むことにつながると見えがちです。
でも、そのことで逆に間口を広げることにもつながります。


GAPと言う衣料品店があります。
今はどうかは分かりませんが、この店は多くの年齢層のお客さんが来ています。
この店のテーマは「エバーグリーン」と聞いたことがあります。
いつまでも青春と言うような意味かと思います。
元々は誰でも履けるチノパンにデニムのシャツやボタンダウン、今は殆どないと思いますがネイビーブレザーなどを売っていました。
誰もが思い描く若々しいカジュアルです。
年齢ではなく服の持つイメージを訴求していたようです。
元々、親子商店で年齢のギャップを埋められるような、どちらの年齢でも着られるようなものという考えもあったのかもしれません。


自分の整体院やサロンの目指すものは何なのか。
年齢や性別で決める必要はありません。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

コンテンポラリー・ダンスは難しいのか

読了までの目安時間:約 4分

コンテンポラリー・ダンスをやっています。
コンテンポラリー・ダンスをやっているなんて、自分で言うのもおかしな話と思ったりもしますが、分類すればそう言うことになるんだろうと思います。
和訳すれば「現代の舞踊」です。
では現代舞踊をやっているとは言わないのか。
言わないですね。
現代舞踊とコンテンポラリー・ダンスは別物のように扱われています。(たぶん)
コンテンポラリー・ダンスが出てきたのは、たぶん1980年代だろうと思います。
詳しくないので間違っていたら申し訳ありませんが、ピナバウシュさんやアン・テレサさんらの時代ではないかと思います。
それまではコンテンポラリー・ダンスとは言われず現代舞踊と言っていたと思います。
だから現代舞踊の方が古い。
言葉としては変ですね。
古いのが現代舞踊なんて。
でも、クラシック音楽もそれが出てきた時には最先端の音楽だった訳で、最初からクラシックなんてことはありません。
現代音楽なんてありますが、それも100年も経てばクラシックに分類されるんだろうと思います。
今でもアイチューンの分類だとジョン・ケージがクラシックに分類されたりします。


コンテンポラリー・ダンスは難しくて分からない。
と言う人がいます。


現代美術を見て難しいと言う人もいます。
ストーリーや物語が見えてこないので、何を言っているか分からないってことなんでしょうか。
クラシックバレエにしても他のダンスにしても、何か表現したいものがあって、それを物語やストーリーに乗せて踊るものが多いように思います。
それがコンテンポラリー・ダンスは物語仕立てになっていないことが多い。
ストーリーがなくてただ動いているようにしか見えないとか。
抽象絵画のように何が書いてあるか分からない、ってことかもしれません。
表現方法や原理が違うってことだろうと思います。
抽象絵画はそれまでの写実主義や印象派みたいに、見てそのまま実態あるものと対比出来る訳ではない。
別のモノサシと言うか別の基準で描いている。(と思います。)
コンテンポラリー・ダンスもバレエやそれまでのダンスと違い、別のモノサシや別の基準で踊りを作っている。
それだけのことだろうと思います。


この作品は
好きか
嫌いか
でイイんじゃないかな。


男と女とピラニスト2

昨日(5/31)「午後8時 -男と女とピアニスト-」(池田素子作品・写真)が、時代を創る現代舞踊展2015の奨励賞として表彰されました。
この作品に参加できてとても嬉しく思っています。
ありがとうございました。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

【5月の祭典】 ダンス公演が終わりました。

読了までの目安時間:約 3分

5月19日 めぐろパーシモン大ホールで【5月の祭典】の舞台で踊りました。
「5月の祭典」は現代舞踊協会主催のダンス公演で全国から多くのダンススタジオやダンサーが集まって行います。
今年は2日間に分けて30団体が参加しました。
あら木が出たのは池田素子作品「午後8時 -男と女とピアニスト-」と言う作品。
この作品は2015年時代を創る現代舞踊展で奨励賞を頂いたことから、今回の再演となりました。
あはは
たまには自慢ぽくなってもイイでしょう。(笑)


昨年は作品作りからでしたので5ヶ月近くリハーサルをしていましたが、今回は再演と言うことで手直しもなく2ヶ月位の期間で本番を迎えました。
男二人と女二人。
男性の年齢は二人共50歳台。
大人のダンスになったと思います。
二つの四角を舞台上に作ることで、場面を二つに区切り、同じ舞台上で二つの物語が流れていくような効果が見られる舞台作りでした。
ダンサーは二つの場面・世界を行き来したり、その中で生きたり、関係が生まれたり解けたり、また場面・世界を表す四角が消えたり現れたりと、見ていて次の展開を食い入るような力を感じたと思います。


振り付けの池田さんにとっても、とてもチャレンジングな人選だったと思います。
あら木はダンサーとしてのキャリアは殆どありませんが、もう一人の男性はバリバリのプロダンサー。
池田さんも海外でも活躍するダンサーです。
そんな中に呼んでもらえて踊ることが出来たのは一生物の価値があったと思います。
こういう時って頑張ると言うよりは、選んだ池田さんを信じ、自分の持てるものを全部出すことが自分の役割なんだろうと思います。
物怖じしたって尻込みしたって頑張ったって仕方がないんです。
それよりも自分自身を出すことを求められているんだろうと思いました。
とてもありがたいことです。
真面目にダンスやってて良かったと思います。
50台も後半になりましたけどね、これからもどんどん踊りたいと思います。


5月の祭典・てあて整体スクール

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

続・昨日の一日 ~仕事編~

読了までの目安時間:約 3分

先日、整体師の一日を書きました。
あの日は仕事だか仕事じゃないんだか分からない日でした。
朝からのスケジュールは、午前中に知人のセラピストのセミナーに顔を出し、午後から舞台のリハーサルで踊り、夜はアレクサンダー・テクニークの授業に参加すると言うものでした。
で、今日は仕事の一日を書いてみようと思います。


午前中はNHK文化センター光が丘教室の責任者の方と打ち合わせでした。
今月に入って責任者が替わったのでご挨拶を兼ねて行ってきました。
以前から文化センターのサイトの改善をお願いしたいなと思っていたのでその話と、翌期からのアレクサンダーの講座の案内文や内容についての提案でした。
直接話をすると伝わることも多く、いろいろなことを考えてくれていることが分かりました。


午後は戻って整体の予約。
ちょうど男性と女性でした。
男性は毎月1回定期的に体のメンテナンスに来ている方。
女性は最近通ってきてくれているボイストレーナーの卵の方でした。
どちらも始めてではないので、殆どしゃべりっぱなしの整体でした。


そして夜。
夜は六本木でコア・ストレッチ教室。
以前は大泉学園でやっていましたが、卒業生が場所を紹介してくれて六本木でやることになりました。
再開して半年位になります。
檜の床がとても気持ちよく、床でゴロゴロするには最適の場所です。
六本木と言っても一本裏通りに入ったところにあるので、とても静か。
この日はいつも来ている人たちではなく、ダンサーと整体師が来てくれました。


整体師と言えば整体院の中で整体をやっている、のが普通かもしれません。
でも、それだけが仕事ではない。
外でセミナーをやったり講師をやったりする整体師も増えてきたし、ストレッチ教室などは自治体などから声がかかることもあります。
最初から二本三本の柱をもって開業する整体師も増えてきているように思います。
いつもは整体院中で仕事をしているので、外に出るのは気分転換にもなり楽しい時間です。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

アイドル舐めんなよ!

読了までの目安時間:約 3分

先日、亡くなられた蜷川さんの言葉です。
インタビューかなにかで答えているのを聞きました。
どんな経緯だったかは分かりませんが、舞台にアイドルと呼ばれる若手を使っていることに対する質問に対する答えだろうと思います。


アイドル舐めんなよ!


続けて言っていた言葉が思い出されます。
「アイドル舐めんなよ!って言いたいんですよ。そこらのいい加減な俳優なんかよりずっと努力していますよ彼らは。」
そんな言葉だったと思います。
アイドルと言えばどんなことを思い出すか。
可愛い容姿で楽しげに歌ったり踊ったり。
インタビューを受けても笑顔を絶やさず一生懸命。
だけど例えば歌唱力や演技力や芸術性については疑問符を抱かれる。
商業的なマスを狙った絵に描いたようなカワイコチャン的なものを思い出すかもしれません。
でも実際は生き残りをかけて、本当に一生懸命努力をし勉強もし練習もしているんだろうと思います。
蜷川さんはそこのところを見て引っ張り上げようとしていたのかもしれません。


整体師を15年もやってると、新しく出てくる人たちや療法や開業スタイルを、一種アイドルのように見ている時があります。
見た目だけなんじゃないか。
ちゃんとした技術がないんじゃないか。
宣伝ばっかりじゃないか。
ただの流行りじゃないか。
そんな風に見てしまう思ってしまうことがあるように思います。
恥ずかしい限りです。
彼らは見た目も良いし技術もある。
そして日々努力している。
だから生き残ってきているんだ、と言うことを忘れてはいけません。
肝に命じなければいけません。
なんてことを思った昨日今日でした。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

今週と来週の予定 (5/16-29)

読了までの目安時間:約 4分

今週から来週にかけての予定です。


5月17日(火)19:00~
コア・ストレッチ教室 >>>
 http://teate.co.jp/blog/blog1605081.html

六本木ホールDOZでコア・ストレッチ教室をやります。
まだ受けたことのないかたはいらして下さい。
体が硬い!と言う人でも、ダンスをがんがんやっている人でも
体の芯から緩めていくストレッチです。
待ってます。
※24日には名古屋でもコア・ストレッチ教室やります。


5月19日(木)16:45~
現代舞踊協会主催の【5月の祭典】で踊ります。

『午後8時 -男と女とピアニスト-』(池田素子作品)
昨年の「時代を創る現代舞踊展」で奨励賞を頂いた作品の再演です。
自分で言うのもなんですが、素敵な作品です。
お時間あったらいらしてください。


5月22日(日)11:00~12:30
【神楽坂ダンス学校】(セッションハウス)『カラダの座学』
>>> http://www.session-house.net/dance_school.html
神楽坂にあるダンススタジオで行われるワークショップ週間で、講座を担当します。
体の構造を簡単な解剖学と触れることを通じて感じてもらいます。
ダンスをする体にはとても良いと思います。
まだ、申込出来ますよ。


5月24日(火)~27日(金)10:00~14:00
てあて整体スクール・名古屋教室授業
 >>> http://teate.co.jp/nagoyaschool
24日からは名古屋教室の授業があります。
今月の授業は骨格調整です。
骨格調整専科の受付もまだ大丈夫です。
見学ももちろん。
連絡お待ちしています。(電話 03-3922-7230 mail teate@nifty.com)


今週と来週はなんだか色々とあります。
ギリギリになったけど大丈夫かなぁ?
と思ったら、とりあえず連絡下さい。
セミナーやスクールの参加は前日でも大丈夫です。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"