整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 

雪の日には帰ったら足首を回す。

読了までの目安時間:約 3分

雪の日には長靴とかレインブーツなど履きますね。
ブーツは足首を隠すので暖かいし、足元が滑りやすかったり濡れたりするのを防いでくれます。
ところで。


ブーツを履いて家に帰ってくると、足が浮腫(むく)んでいませんか?


ブーツを履いて歩くと足首が動きません。
ブーツがL字になっているからですね。
動きが全くないって訳ではありませんが、普段よりもかなり少なくなる。
足首の曲げ伸ばしが少なくいと、フクラハギの筋肉を使いません
全然ではないですよ。
でも使わない。
フクラハギの筋肉(腓腹筋・ヒラメ筋)は心臓から遠くて大きな筋肉です。
血管は筋肉の中を通っていて、筋肉が伸び縮みすることで圧迫され、血液の流れが促されます。
ようするにフクラハギの筋肉を使うと血流が良くなるってことです。
同時にリンパの流れも改善されます。
それが足首が動かないと、あまり働かないってことになります。
血液って心臓の動きだけで流れている訳ではないですからね。
体を動かすことで流れが促されているんです。


最近の低体温化の傾向も運動不足が原因ではないかと言われたりしています。
体脂肪が多く筋肉量が少ないと冷え性になっている人が多いように思います。
で、浮腫(むくみ)です。
ブーツを履いて家に帰ってきた夜は浮腫が多い。
気がついている人もいると思いますけど、ブーツが原因の一つなんですね。
浮腫をなんとかしたい。
ですよね。
足首が動いていないと浮腫むってことは、足首を動かせば良いってことです。


足首を回して下さい。


座って手で持って回してもOKです。
脚を投げ出して足首だけ回してもOK。
その場で立って片足ずつ爪先立ちにするのもOK。
屈指運動もOKです。
アキレス腱伸ばしもOK。
10cmの台に足指付け根を乗せて立つだけでもOK。
足首を曲げ伸ばししているなら何でもOKです。


その後はゆっくりお風呂に入って、フクラハギをマッサージして上げて下さい。
少しやるだけでも浮腫が軽くなりますよ。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

技術も大切ですが、患者さんをみることの方がもっと大切です。

読了までの目安時間:約 3分

整体やセラピーをやっていると、様々な情報が入ってきます。
最近はブログやホームページだけでなくSNSなどでも多くの情報が流れてきます。
中でも技術系セミナーはどんどん増えてきているように思います。


たったこれだけのことで云々
ほんの数秒で痛みが云々
簡単な手技で云々
ほんの数ヶ月で云々


どの手技も魅力的に写ると思います。
それぞれの手技やテクニックについては学んでみたことがないので分かりません。
たぶんそれぞれに調整が出来、患者さんに変化を起こし、痛みが解消することもあると思います。
(どんな手技も完璧と言うことはありませんから。)
てあて整体スクールで指導している調整手技も、METや面圧法など難しく複雑な手技ではありません。
一連の流れを手順通りにやれば効果が上がります。
つまり調整される。
でも
です。
調整手技が出来ることと、調整出来ることは別です。
調整手技も大切で技術は大切なんですが、それよりももっと大切なことがあります。


患者さんの状態が分かること。


骨格の歪みや体全体の歪み。
筋肉の硬さや動き。
血流の良さ悪さ。
リンパや間質液の状態。
これらが分からないと技術を持っていても調整することは出来ません。
だって右に動かすのか左に動かすのか分からないでしょ。
調整は無闇にするものではありません。


触診と調整が一体になったような調整法もあります。
触れているだけのような調整法です。
施術者・セラピストの側は動かず(動かない言うイメージ)、患者さんの内的な動きを感知することで調整されて行きます。
でもこの場合も患者さんの状態が分からなければ出来ません。
状態に合わせてあるいは合わせないでいることを選択しなければいけないからです。


どんな手技であれ患者さんの状態をみることが出来ること。
これが大切です。


触診171225・てあて整体スクール

(てあて整体スクールでは触診を徹底的にやることでそれを養っています。)


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

雇われない生き方。

読了までの目安時間:約 4分

整体師に限らず会社員ではない仕事の仕方。
誰かに雇われない。
自分で仕事をする。
個人事業でも会社を創るにしても。
最初から最後まで自分の裁量でやっていく。

何となく考えたことありますか。

一度は考えたことがある人が多いと思います。
出来ればやってみたい。
そんなこと出来るのか。
やっぱり難しいんだろう。
なかなか食っていけないようだし。

あら木は一人で仕事をするようになってから17年目に入りました。
新卒で入った会社にも17年いたので、同じ位の期間を一人で仕事をすることになりました。
こんなに長く続くとは思わなかった・・・とは思いません。
だって続くと思わなければ、わざわざ会社を辞めて一人になる必要はない訳ですから。

ただ少し予定と違っていたことがあります。

年を取ることです。
アラフォー(42歳)で一人になって、20年後のことも考えました。
たぶん整体だけをやっていることはないと、最初から思っていました。
整体の他にセミナーや講座を仕事の二本目の柱にすることは、開業する前から決めていたことです。
ただ、頭の中で思い描く20年後の自分は、もう少し若いイメージでした。
若いイメージと言うとニュアンスが少し違いますが、今現在の状態とは違うイメージでした。
その時(17年前)は遠い先のことで、まだなった事のない年齢を想像していたのでイメージは違って当然です。
もう少し専門家然としていて患者さんを簡単に治しているようなイメージですかね。

でも実際はそうでもありません。
技術も知識も経験も増えましたけど、診る患者さんも変わってきています。
例えば30歳の患者さんも17年前と今とでは、生まれた時代が違います。
17年前に30歳の人は1970年生まれ。
今日、30歳の人は1990年生まれです。
時代が違えば社会状況も違い、運動量も違い仕事も違い考え方も違います。
だから様々な経験だけを振りかざして整体していては追いつかない。
人の体は同じですけど、アドバイスの内容や施術の方法についてもアレンジをしています。

12年前にアレクサンダー・テクニークを学び始めました。
患者さんの痛みや症状の原因として、体の使い方に問題があるのではと思い始めたからです。
体の使い方を指導出来るようになりたいと思い、様々なボディワーク的なことを探して行き着いたのがアレクサンダー・テクニークでした。
それに50代後半くらいからは自分の体力のことも考え、指導やアドバイスの比率を増やしていくことを考えました。
生涯現役なんて言いますが、実際にそうなるために少しずつ今も考えています。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

腹が出る問題 ~ おじさん的人生について

読了までの目安時間:約 3分

腹が出てきました。
これはもうはっきりと出ました。
どうしようもない。
と言う訳ではない。
がしかし今は出ている。
そ~と~出ていると言う訳ではない。
しかし出ている。

許せない。

ええ。
許せません。
なので慣れないトレーニングなんかやってます。
やってますが効果はすぐには出ない。
当たり前です。
代謝は下がっているし筋力は付きにくい。
地道な努力が必要です。

腹が出る問題について気になり始めたのはもう随分と前です。
たぶん20代からではないかと思います。
少し出ると気になる。
そこでちょっと運動したりして。
または食事を軽く制限したりして。
ある時期は缶コーヒーをやめるだけで引っ込んだりもしました。
しかしそんな対処でなんとかなっているのは30代位まででした。
40代に入ると脂肪問題が同時に湧き上がってきます。
体脂肪が増える。
勝手にです。
なんの許可もなく増えやがります。
そして腹筋が見えなくなります。

シックスパックと言うのがありますね。
あれは体脂肪率と関係しています。
体脂肪10%前後になれば男子なら勝手に見えます。
何もしなくてもです。
若いゲーノージンの腹が割れているのは体脂肪が少ないからです。
トレーニングはさほどしていないはずです。
それが40代頃からあるいは50代に入って急に増えます。
体脂肪。
記憶によれば40前後までは10%から12%位だったと思います。
それが最近は16%位になっている。
そうなると腹も締まらないし、当たり前ですが腹筋なんて見えません。
どこに隠れたのか。
いや最初からないのか。

でね。
嫌なんです。
腹が出ているのが。
もう少し何とかしたい。
服の上からだと目立たないので、体型が変わらないなんて言われますが、んなこたありません。

あとは食べ物だなぁと思います。
間食。
いかんんですね。
ま、年齢的には普通だろうと言うことは知ってます。
でもヤなんです。
だからもう少し。

はぁ~
がんばります。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

ストレッチのための準備運動

読了までの目安時間:約 5分

整体院でよくストレッチの指導をします。
腰痛や肩こりなど症状がある方や、ダンスやバレエで股関節を広げたい可動域を広げたいと言う方などです。
以前は気にしていなかったんですが、最近は気をつけていることがあります。


最初からストレッチをしても良いかどうか。


16年ほど前に開業した当時は、最初からストレッチの指導をしていました。
それが10年位前からでしょうか、ストレッチをしても調子が良くならない人が出てきた。
どうしてだろうと思って色々聞くと、ストレッチをすると痛みが出たりすると言う人がいます。
ナンダロウと色々と聞いていて気がついたことがありました。


運動不足


運動不足なんですね。
加速度的に運動不足が増えてきている。
先ず交通手段が増えたことがあります。
電車の新しい路線が増え、車の保有台数も増えました。
道路も拡張されています。
最近の幼稚園保育園はバスで送り迎えのところも増えました。
地方では殆どの人が車を使うようになり、車は一家に2台とか人数分あると言うところも増えてきています。
これにインターネットや携帯電話・スマートフォンなどの通信手段の普及もあります。
固定電話なら電話をする時には固定電話のある場所まで移動しなければいけませんが、スマホならその場で電話が出来ます。
パソコンで通信していたメールも今はスマホを使うのが主流でしょう。
誰かと連絡するのなら、ラインもメールもSNSもあり、それと繋がるツールはいつも手元にあります。
歩くことも動くこともなく、誰とでも繋がることが出来る。
とても便利になったと言うのは、つまり動かなくても何でも出来るようになったと言うことです。
まだそれほどでもないかもしれませんが、外出先から自宅のエアコンを入れることも出来たりします。


そうやって圧倒的に運動量が減っています。


そうなるといきなりストレッチをすると、筋肉は硬いままなので怪我をしてしまう可能性がある。
今はそんな状況になっていると思います。
まあ人によってはですけど。
だからストレッチをする前に、患者さんや相手の運動量を聞くようにします。
どれくらい運動しますか?
なんて聞き方では分かりません。
通勤手段、通勤にかかる時間、就業後の過ごし方、休日の過ごし方などなど。
通勤に2時間かかっていたとしても、自転車と電車なら殆ど歩くことはありません。
自分のことを思い出しても、通勤に自転車と電車と徒歩で1時間10分位かかっていましたが、デスクワークだったこともあり会社員時代の一日の歩数は3500歩位でした。
3500歩だと約2キロです。
2キロを直線距離で歩くとだいたい30分。
一日に大の大人が30分しか歩いていない。
そんな状態でした。


ストレッチをする前に準備運動をしてもらうと言いましたが、大変な運動ではありません。
例えば15分位歩いてもらう。
例えば屈伸運動をしてもらう。
例えばラジヲ体操をしてもらう。
これくらいの運動です。
筋肉を曲げ伸ばしして血流を良くし、関節の動きやすい状態を作ってやる。
それから少しストレッチをする。
そんな指導をするようにしています。


そしてストレッチは最初は一種類だけ。
沢山やろうとしても上手くいきません。
先ずは出来ることを一種類。
そしていつやるか。
一日のうちでいつなら出来るか。
一週間のうちでいつなら出来るかまで話をし確認します。


ストレッチして下さいね。
だけでは殆ど上手くいきません。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

いつも気をつけている。

読了までの目安時間:約 4分

ブルース・ファートマンのワークショップを受けてきました。
すみません。
ブルースのことはどうしてもブルースと言ってしまいます。
ブルース先生とかブルースさんという呼び方がふさわしく正しいんだろうと思いますが、最初に会った時からブルースなのでブルースと呼ばせていただきます。
ブルースはアレクサンダー・テクニーク教師で教師育成も行っているマスターティーチャーです。
日本はもとよりアメリカやドイツなどでも教える先生です。
僕のアレクサンダーの直接の先生でもあり、僕にアレクサンダーを教えてくれた先生の先生でもあります。
もう10年以上学んでいるが、いつも新しいことを学ぶことが出来ます。
それはこちら側が変わることもあるからだろうと思います。
思うがどこが変わったのかはあまり分かりません。
これまで分からなかったことは、分からなかったので分かっていないから。
すみませんね説明がヘタなもので。(笑)

今回のブルースからは二つのことを学んだつもりです。
二つのこととはテクニック的なことなのでここでは書きませんが、以前にも学んでいたことだろうに再確認し再度学んだことになります。
まあ、そういうこともあります。
他にブルースがもう一つ強調していたことがありました。

いつも気をつけていること。

自分のユース(使い方)について気をつけること。
気をつけると言うとちょっとニュアンスが違うかもしれません。
フォースと共にあれ!と言ったのはヨーダでしたっけ。
ユースと共にあれって感じでした。
あなたのユース(使い方)に気付いていて共にあること。
それを毎日いつも必ず気付くタイミングや時間を持っていること。
それがないとアレクサンダー教師にはなれませんよ。
そんなことだったろうと思いました。

僕の場合は気付いて共に居やすい状況があります。
整体師の仕事をしていると、患者さんを目の前にすると自分の状態に気づき共にいることになります。
そういう先生は少ないのかもしれませんが。
僕の場合はアレクサンダー・テクニークを学んだこともあるのか、患者さんをお迎えする前に自分のユースのことに気づきます。
そうしないと良い状態で迎えられない。
当然、アレクサンダー・テクニークのレッスンで生徒さんを迎える時も同じです。
そういう意味では他の仕事をしながらアレクサンダー・テクニークを学んでいる人よりも恵まれていると思います。

それでもやっぱり少し浅かったかもしれません。
ブルースのワークショップを受けて、ゆっくり時間をとって納得いくまでユースを考えていると、感じるものが少し違います。
そこは大きな発見でした。

ユースと共にあれ!


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

てあて整体スクールは2月も生徒募集中!

読了までの目安時間:約 2分

東京と名古屋で授業が受けられる、てあて整体スクールでは2月も生徒募集をしています。
整体師やセラピストやボディーワーカーと呼ばれている人に興味がある人は問い合わせ下さい。
授業の見学や整体の体験は無料です。
やってみたいけどどんなものか心配だと言う人は、考えていないで見に来て下さい。
自分で体験してみれば大丈夫そうなのか自分には無理なのかが分かると思います。
整体業界のことや様々なセラピーについての情報もお知らせします。
うまいことばっかりは言いません。
厳しいこともあります。
先ずは見学お待ちしています。


【 てあて整体スクール 】

東京 : 東京都練馬区東大泉 5-27-18ーA
愛知 ; 愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

東京見学日 :
2月
 3日・ 4日・ 5日
10日・11日・12日
17日・18日・19日
24日・25日・26日

愛知見学日 :
 2月
13日・14日・15日・16日

※見学は授業の30分前からです。


二点療法3・てあて整体スクール

指針整体・てあて整体スクール

授業171218・てあて整体スクール

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

雀宮でいろいろ考える。

読了までの目安時間:約 3分

昨日は整体塾で宇都宮市雀宮に行きました。
ちょっと変わった名前ですね。
雀のお宿を思い出します。
駅につくと寒い。
東京よりも随分と寒かった。
集まってくれた人と話をしていたら、その日はマイナス8度になったとかで、東京は予報で確かマイナス2度だったので随分と
寒いんだなぁと思いました。

ここからいふ広場は開業助産師の上田さんが始めた家です。
ここで整体塾を始めて5年近くになります。
ここからいふ広場は何をやっているか一言ではなかなか伝えられない。
サイトに出来ることが書いてありました。

・妊婦さん・産後のママのケア
・ジャイロキネシス・バランスボール・ブレインジム・プレイセラピー・ヨガ
・整体
・ベビーマッサージ教室
・リトミック教室
・ヒーリング系のケア
・鍼灸ケア
・ここからいふセラピスト養成講座
・ランチ会 お料理教室
・オーガニックの野菜や調味料等の出張販売
・上映会
・講演会
・オーガニックな手作りな物たちの販売
・ソーイング教室
・楽々おっぱい体操教室
・いのちのお話し会
・各種講座、教室開催希望者へのスペースレンタル

ほら何だか凄いでしょ。
セラピー・ルームであり学研の教室でもあり子供食堂であることもありセミナー会場でもレンタルルームでもある。
セラピーをやっているかと思うと手技やセラピスト向けのセミナーや講座があったり、たまに占いの講座があったり時には幸せのメイクなんてこともやっている。
つまりは人が集まる家です。
上田さんが助産師さんなので、お母さんと子供達が安心して暮らせるようにという想いが詰まっているようです。
目的がはっきりしているので、形にはとらわれない。
お母さんと子供達が幸せになることなら何でもOKというスタンスだと思います。
そこがまた男から見るとというか僕から見ると凄いと思ってしまいます。
つい何か名前をつけたくなったり、型にハメタクなったりします。
ここは何何をやっているところと決めてしまうと安心なんです。僕は。
でもここにはそんな決め事はない。
どんどん素敵なことを集め吸収していく。
そして変化していく。

自分で型を決めてしまうのは勿体ないですね。
何をやっても大丈夫。
既成概念や既存の考えにとらわれないようにしたいと思います。

※ ここからいふ広場 >>>

てあて整体塾@宇都宮

読了までの目安時間:約 3分

24日に宇都宮に行って整体塾をやって来ました。

宇都宮・てあて整体スクール

てあて整体塾@宇都宮ももう5年位になります。
東日本大震災のボランティアで福島に行った時に、福島出身で宇都宮でセラピストと助産師として仕事をしている上田さんに声をかけてもらい、宇都宮でセラピーのスキルを持っているのに仕事につながっていない主婦やOLさんに解剖学や臨床での患者さんの見方などセミナーをすることになりました。
2年ほど前からはアレクサンダー・テクニークを取り入れて、セラピスト自身の体の使い方も一緒に学んで頂いています。
今回も午前中はアレクサンダー・テクニークのグループレッスンで午後からは触れるワークショップにしました。


宇都宮2・てあて整体スクール

宇都宮3・てあて整体スクール

アレクサンダー・テクニークは初めての方と二回目の方、そして何回か受けたことがある方たちだったので、少し歴史的な話をしてから進めました。
先ずはハンズオンワークで自分の体の状態に気づいてもらう。
気づくと言っても頭でアッ分かった!みたいな感じではないかもしれません。
そこから少し歩いたりしました。
そしてまた少し解説。
自分で出来る練習法などもお伝えして終わりました。


宇都宮4・てあて整体スクール

午後は触れるワークショップ。
でしたが、最初だけ体の使い方の伝え方について話をしました。
理学療法士でクラニオをしている方が参加していて、後輩に体の使い方を教える時のポイントはないかと聞かれました。
アレクサンダー・テクニークでも触れるワークショップでもありませんでしたが、他の参加者も興味があるようだったので、いつも整体院で患者さんに伝えている使い方などのエッセンスを話をし、体を使って実感してもらいました。
そして触れるワークショップ。
様々な触れ方や同じ触れ方でも想いを変えることで、自分がどうなるか相手がどう感じるかなどやりました。
全く同じに触れていると思っていても、考えていることを変えるだけで相手に伝わるものが変わります。
変わり方は人それぞれですが、変わるということを実感出来たことが大切だと思っています。


宇都宮5・てあて整体スクール

次回は3月末か4月最初にまたやります。
宇都宮ここからいふ広場で解剖学になりそうです。
興味のある方はなんとなく問合せ下さい。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

整体スクールの見学で分かること。

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体スクールは整体師を育てている整体学校です。
学校と言っても小さなスクール。
普通の家のようなところで授業をしています。
入学前に検討する前に考える前にスクールの見学をお勧めしています。

どうしてスクール見学を勧めるのか。

てあて整体スクールで教えているのは指針整体とMETを中心とした骨格調整の手技です。
この二つの手技を体験してもらいたい。
受けてみないとどんな感じなのかが実感出来ない。
やっているところを見ないと本当に楽なのかが分からない。
だから見学をお願いしています。


骨格調整1604182・てあて整体スクール

指針整体は押さない揉まない体重をかけない整体です。
全身を流れる経絡に沿ってトントンと軽い刺激を入れていきます。
うつ伏せも仰向けも首の回りも頭(顔以外)もです。
全身の皮膚や筋膜や筋肉を繋がりのある全体として捉えて、刺激をいれることで筋肉を軽く動き易くします。
血流も良くします。
これで腰痛や肩こりになりやすいなってしまった状態から抜け出すことが出来ます。

METはファシリテーションテクニック(促通手技)の一つと言われています。
ファシリテーション(促通)とは筋肉と神経の繋がりを良くするテクニック(技術・手技)です。
強い力や何度も繰り返すことなく、METの場合は患者の2・3割りの力を利用して調整していきます。
骨格調整は強い力でズレを調整したり、ボキボキ音がするような調整と一般的には思われているかもしれませんが、なるべく弱い力で調整する方法です。

これら二つの手技は他では学ぶことが出来ません。
またこの手技を使っている整体院やサロンや施術所が少ない。
受けたことがない手技やテクニックは想像しようにも出来ません。
だから自分の体で体験してもらいたい。
そう思って見学をお勧めしています。

2月の見学日も決まりました。
お待ちしています。

てあて整体スクール
東京校:東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

1月
27日・28日・29日
2月
 3日・ 4日・ 5日
10日・11日・12日
17日・18日・19日
24日・25日・26日

名古屋教室:愛知県名古屋市東区葵3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

2月
13日・14日・15日・16日

※見学は授業30分前からOK


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>