整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 

鍵を一つ一つ開けていく。

読了までの目安時間:約 4分

整体を受けに来た方の話です。
整体にはたまに行くことがあり、その日は指針整体に興味があるとのことでした。
背中が張っている、と言うのが主訴でした。


指針整体は全身を診ます。
全身に流れる十二の経絡を順に刺激して行きます。
刺激は「引く」刺激で、押したり体重をかけたり揉んだりしません。
軽くトントンと背中や足を指が跳ねていく感覚です。


背中の張りは脊椎周りの靭帯や筋膜の強張りの印象。
その原因の一つは歪み。
それが関係しているのかムクミもありました。
そして頭頂部と足の甲が固くなっていました。


指針整体を教える時には、「耕す」と言う言葉を使うことがあります。
背中や太ももの裏やフクラハギなど、筋肉を耕すようなイメージで刺激を入れていきます。
固くなってる土に空気を入れるような。
上と下の土を入れ替えるような。
ライン(経絡)を意識することで、流れを作るような。
太陽の光を当てて、暖かな豊かな土地になってもらうような。
そんな印象です。
筋肉が持っているポテンシャルを呼び起こすような。
筋膜の強張りやコンガラガリを解きほぐすような。
隠してしまった生命力を呼び出すような。
そんな感じです。


でも、耕すだけが指針整体ではありません。


一つ一つ鍵を開けててもらって、広がっていくのが分かった。
そう仰ってくれました。
そう、そうなんです。
耕す、でさえ実はトゥーマッチ(過剰)な時があります。
そこまでしなくても、浮き上がってくる、つながってくる、広がってくる。
だから、トントンと扉をノックするようにしたり、忘れている流れの跡をなぞったり。
そうやって少しきっかけを作るだけで、どんどん変わって来る。
そんな時はハミングしながら指を当てていくだけみたいな感じです。
その時はそんな感じでした。
背中の歪みと頭頂部と足の甲だけは少し時間を取って緩めて、あとはトントン刺激を入れていくだけ。
それで随分変わったようでした。


分かりにくいかもしれません。
でも、指針整体はそんな整体です。


■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

常識と同調圧力

読了までの目安時間:約 3分

そろそろ会社を辞めて自分で仕事してみようかな。
独立して個人でやってみたいな。
脱サラについて考えている。
会社に務める以外の働き方って。


社会人になって。
会社に勤めて。
あるいは派遣で。
あるいは契約で。
仕事をして。
給料を貰って。
それで生活をする。


普通のことです。
常識的なこと。


では
独立して。
開業して。
自分ひとりで。
仕事をして。
お金を頂いて。
それで生活する。


それは普通ではない?ことだろうか。
常識的ではない?ことだろうか。


何となくなんですけどね。
同調圧力を自分でかけていたようなイメージがあります。
ま、これは僕自身の場合です。
あるいは僕の世代なのかもしれません。
世の中の多くの人がそうかどうかは分からない。
学校を出て会社に勤めて給料を貰う。
これが普通、と思っていた。(ように思う。)
常識的すぎて疑いの余地がなかった。
体に染み付いていて、それ以外の考えの前提に立てなかった。
みたいな感じですかね。


それが、開業15年にもなると、そうでもないかと思い始めています。
別にどんな稼ぎ方をしても、それで良い。
どんな生き方もアリ。
特にこんなに労働環境が変わっている時代には、あまり従前の仕組みと思われていることに拘泥する必要はないかなと思います。


会社でバリバリ仕事をするもあり。
個人で好きなことを始めるもあり。
自分の会社を創るもあり。
全く違う仕事に就くもあり。
知らない土地で生きるもあり。


■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

50台での開業

読了までの目安時間:約 5分

先日、50台半ばの男性が整体スクールの見学にいらっしゃいました。
現在は会社員で僕と同年代の方です。
あら木が指針整体をして体験してもらいました。
体の状態は普通の50台の男性という感じでした。
聞くとたまにゴルフをやり野球をやっていたこともあるとのことでした。
この年代で開業しようと考えている方も沢山いると思ったので、50台での男性の開業について考えてみました。
(女性はまたちょっとイメージが違うので別の機会に。)


体は普通の50台と書きました。
50台はたぶん自分では、まだまだいけると思っている年代です。
40台とさほど体型も変わっていないし、体力もあんまり変わりない。
もちろん20台ほどには動けないけど、30台と比べたら少し落ちるくらいでしかないと思う。
整体師と言っても、そんなに飛んだり跳ねたり体力を使う訳でもないし、部屋の中でする仕事なんだから何とかなるだろう。
そんな風に思っているのではと思います。


ある意味あたってます。
でも、全然思い違いのこともある。


40台とはさほど体型は変わっていないというのはそうでしょう。
でも筋肉量はどうでしょう。
そして運動量。
50台ははっきり言って老齢期の入口です。
見た目はさほど40台と変わらなくても、確実に体力は落ちています。
40台と体力はあんまり変わりない、と思っていても、落ちていることは間違いありません。
そして実は、既に40台で体力はかなり落ちていたと言うことがあります。
20台30台と比べてかなり落ちていた体力(40台)よりも、少しだけしか落ちていないと感じている体力です。
しかも、実際に動かしている訳ではない。
自分の頭の中の思い込みだけです。


もう一つあります。
整体師は確かにそんなに体力を使う仕事ではありません。
腕力が特に必要だとか、大きな力が必要ということはない。
でも、座ってする仕事でもありません。
少なくとも1時間は継続して体を動かしながらする仕事です。
椅子に座ってパソコンを打つのとは違います。
それが一日に数人は来ます。
たぶん3・4人はこなさないと経営的には成り立ちにくい仕事です。
そうやって、毎日、3・4時間は体を動かし続ける仕事です。
腕力や筋力を使う訳ではなくても、疲れる可能性はありますね。


こんなんで整体師出来るんでしょうか?
どうすれば良いんでしょうか?


そんなに難しいことではありません。
もし整体師になりたいのなら、毎日、体を動かす準備を初めて下さい。
筋力や腕力を使う訳ではないので、筋トレをする必要はありません。
ただ、筋肉を楽に続けて動かすことが出来る状態を作りたい。
そのために、日々、体を少しずつ体を動かして筋肉を日常的に伸び縮みさせます、
そのことで血液が流れやすくなり筋肉が柔らかくなります。
それくらいのことで大丈夫だと思います。
例えば散歩。
例えば一駅分歩く。
例えば階段を使う。
土日には水泳やジョギングや趣味の運動。
これが継続出来れば、60台70台になっても日々体を動かすことが出来るようになるでしょう。
月に1・2回ゴルフに行ったり野球をしたりでは、実は筋肉痛を作っているだけです。
スポーツクラブに入会されているのなら、週に4回は行って下さい。
20分の運動で大丈夫。
月に数回行って、マシンで筋トレしてトレッドミルでジョギングでは、これもまた筋肉痛を作っているだけです。
整体師になってからでもダメではありませんが、出来ればなる前に体を変えていきましょう。





■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

カラダの座学 

読了までの目安時間:約 3分



バレエを踊っている人
ダンスしている人
ピラティス・インストラクター
ヨガの先生
パーソナル・トレーナーの方
整体の先生
セラピストの皆さん
自分の体に興味のある方


【 カラダの座学 】 やります。


カラダの座学は簡単な解剖学を使って、自分のカラダが本当はどこからどんな風に動くのかを認識しなおすワークショップです。
ボディ・マッピング(体の地図)なんて言われることもある内容ですが、「カラダの座学」で扱うのは僕はダンスをやってきて、またダンサーを見てきて必要と思われる場所に的を絞った内容になっています。
テキストを見て頭で知って覚えるだけの講座ではありません。
目で見て触れてみて感じる講座です。
昨年は銀座三越前にあるStudio RADAさんで、今年は神楽坂セッションハウスで行って沢山のダンサーやダンス好きの人たちが集まってくれました。
受けるとカラダの感じ方・使い方が変わって、楽に動けるようになるかもですよ!


■ カラダの座学

日時 : 8月11日(木・祝)10:00~12:00
場所 : てあて整体スクール・東京
     東京都練馬区東大泉 5-27-18ーA
料金 : 10,800円
問合 : mail teate@nifty.com
     電話 03-3922-7230


セッションハウスさんでの講座
神楽坂ダンス学校2・てあて整体スクール

神楽坂ダンス学校1・てあて整体スクール

studioRADAさんでの講座
https://www.facebook.com/events/1624351631186907/?active_tab=posts



■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

名古屋でアレクサンダー

読了までの目安時間:約 3分

7月19日から22日まで名古屋にいます。
期間中にアレクサンダー・テクニークの個人レッスンを受けることが出来ます。
場所は千種駅1分の「てあて整体スクール・名古屋教室(整体ハスハナ)」です。
ご興味のある方は連絡ください。


アレクサンダー・テクニークは自分の使い方。
今の自分の状態を感じることから初めて、やらなくても良いクセをやめてみたり、無駄な力を抜くことから、自分本来の使い方を思い出していく。
自分自信のクリアな方法を再発見するアプローチです。
いつもやっている方法ややり方で上手く行かなくなったら試してみると良いですよ。
いつも弾けてる楽器が上手くいかなくなった。
いつも出ている声が出にくくなった。
いつものダンスが上手く出来ない。
仕事をしていると肩がこるようになった。
歩き方が変だと言われる。
姿勢を見直したい。
どことなく何となくはっきりしない。
そんな時は試してみてください。


アレクサンダー・テクニークは整体やセラピーなど施術・治療とは違います。
身体に軽く触れたり、イメージを持ってもらったり、実際に立ったり歩いたりすることで、進めていきます。
着替えの必要はありません。
楽器演奏をしたかったら演奏しながらも出来ます。
ダンスなら動いてみることも大丈夫です。
欧米の表現芸術系学校では必須科目となっているところも多くあります。


■てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20 2F
mail teate@nifty.com
電話 03-3922-7230

アレクサンダー・テクニーク 1回=5、000円(4・50分)
※整体も受けられます。


玉浦サンとワーク1 バレエダンサーとの個人レッスン(東京シティバレエ 玉浦さん)


ハンズオン1604021・てあて整体院 ピアノの先生との個人レッスン


■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

いつまで踊る!?

読了までの目安時間:約 4分



「センセイは"まだ"踊ってるんですよね。」


良く聞かれます。


「ええ"まだ"踊ってますよ。」


そう答えます。
少し前までは、どうしてそんな風に聞くんだろうと思ってました。
ちょっとくらい年齢が行ってたって踊るもんは踊るだろう。
そんな風に思ってました。
でも最近はそうでもありません。
確かにそうだよなぁ、58で踊ってるってのは、結構珍しいかもしらんなぁと思い始めました。
ま、最近ですけどね。
少し前までは、皆は動けるのに動かないだけでしょ、なんて思ってた。
でも良く考えてみると、58ってのは客観的には老齢に近いことに気がついた。
飛んだり跳ねたり回ったり転がったりは、まあ、フツウあまりしない年齢です。
自分以外はあんまり見たことがない。
(でもあんまりってだけで、見たことがない訳ではない。)
だから、"まだ"踊ってます、だ。


自分的にはどうか。
別に歳だからどうこうは思わない。
歳を感じたことも・・・まあ・・・ない。
ただ
5年前よりも少し体が疲れる。
10年前よりも少し体が重い。
15年前よりも少し体が硬い。
20年前よりも少し体に弾力性がない。
それだけのことだ。
別に踊れない訳ではない。
新しい動きも踊りも練習すれば出来るようになる。
高くは飛べないが、飛ぶことは出来る。


だから"まだ"踊ります。
いつまで続くか分かりませんが、踊れるうちは踊ります。


年を取ると記憶力が落ちると思っている人が多いようです。
65歳以上の年齢の方に、2つのテストをした実験があります。
1つは「記憶力のテストです。」と言って、10の言葉が書かれた紙を渡して暗記してもらうそうです。
もう一つは「心理学のテストです。」と言って、10の言葉が書かれた紙を渡して暗記してもらうそうです。
他の条件は全く同じで、「記憶力のテスト」と言うか「心理学のテスト」と言うかの違いだけ。
で、結果は「記憶力のテスト」と言った方が、言葉を覚えられなかったそうです。
つまり、人は年齢に従って記憶力が落ちる、と思っているから記憶出来ないだけで、実際には年齢によって記憶力が落ちるということはない、と言うことらしい。


年齢は自分で決めているだけのことです。
体力があろうがなかろうが、筋力があろうがなかろうが、それは年齢のせいではありません。
その時その時の自分の状態です。
踊りも踊れます。
年齢のせいにしてもツマラナイと思います。


■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

整体師になって分かったこと

読了までの目安時間:約 4分

会社員として事務仕事をしていた時には分からなかったこと。
整体師になって分かったことがあります。
会社員時代はどこかに属して務める以外のお金の稼ぎ方を知らなかったので、自分一人で稼いで生活していくなんてどんなことか分かりませんでした。
でもやってみたら意外に食っていける。
と言うことも、やってみて分かったことでした。
と言うような話ではなく、整体師として仕事を続けて分かったこと。
患者さんのことです。


女性は大変


女性は大変です。
何が大変て身体も心も大変です。
故障や不調が多い。
男性に比べて圧倒的に多いと思います。
それは感受性が強く繊細な変化を感じる、と言うこともあるかしれません。
でも男性が故障をしたり不調を感じたりするより相当多く故障や不調があるように思います。


・生理痛
・頭痛
・冷え(性)
・寝つきが悪い(不眠)
・肩凝り
・むくみ
・のぼせ
・めまい
・他諸々


男性にもありますよ。
でも頻度が全然違うように思う。
そして殆どの女性が上に書いた症状のうち幾つかを同時に持っている。
その上、日本の現在は男性社会です。
男性がそう思っていなくても男性社会。
男性が社会で働くように出来ている社会です。
空調の温度設定も。
会社のレイアウトも。
仕事上での服装も。
家庭での家事分担も。
です。
だから男性に理解されない。
”少しくらい”の不調は普通だよ、なんて言われたりしてしまう。


少しずつ理解され始めているように思います。
でも、基本的なところではまだまだ全然です。
実は僕も分かったようなこと言ってますが、ホントのところは分かってないと思います。


女性はもっと大変だって言う方が良いように思います。
言い方は今のところは考えてもらって。
ちょっと辛いとか。
ちょっと大変とか。
ちょっと痛いとか。
ちょっと眠れないとか。
ちょっとはっきりしないとか。
ちょっと動きにくいとか。
ちょっと気になっていることがあるとか。
ちょっとちょっとを聞いていると、最近の男性はわかってくれる人も出てくると思います。


そして身体を休めてください。
そして少しサボってください。
そして少し運動してください。
そして少し寝坊してください。
そし少し贅沢してください。


それでもダメなら整体に来て下さいね。
待ってます。


■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

ナツイアツ

読了までの目安時間:約 3分

暑い
ホント~に暑い
暑い夏です
逆にすると
夏い暑です
ナツイアツ
逆にする必要ないか
いやあるか
あるかどうかも分からないくらいアツイです。
いやナツイアツです。


夏はどうやってやり過ごしますか。
僕は毎年変化します。
冷やし中華で乗り切った年もありました。
冷麺と言う年もありました。
白クマアイスってこともあったかな。
冷たいものがダメになってからは、トムヤムクンで乗り切ることもありました。
でも、ビールで乗り切ることはありません。
最近はビールを飲むと翌日が疲れます。
缶ビール一本でも疲れます。
ビールは旨い。
しかし疲れる。
しかたがないので患者さんが多い前日は飲みません。
レッスンの前日は飲みません。
そして、レッスン後も出来るだけ飲まないようにしています。
体を使った後のビールは旨い。
しかし翌日のことを考えると飲まないに越したことはない。
しかし旨い。
しかし疲れる。
葛藤です。
おじさんは悩みます。
いや、それほど悩みません。
抜くときはあっさり抜きます。
もう悩むのも面倒です。
だって暑いから。


今年は何で乗り切りましょうか。
ナツイアツ

暑い夏


2015夏・てあて整体スクール

去年はこれか。
プールに行くって手があった。


■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

スポーツクラブのバレエで上手くなれるのか?

読了までの目安時間:約 10分

大人からバレエを始める人が増えています。
バレエ教室やバレエ・スタジオだけでなくスポーツクラブで始める人も多くいます。


スポーツクラブのバレエで上手くなれるんでしょうか?


正直に言うと難しいと思います。
よほどのことがない限り難しい。
とは言っても上手くなりたい。
ではどうするか。
よほどのことってどんなことなのか。
知りたいところですよね。
その前にまずは幾つかの上手くなりにくい条件を確認してみましょう。


・レッスン時間が短い。
・レッスン回数と期間が少ない。
・全く初めてでも、ある程度動くクラスに出られる。
・クラスによって先生が変わる。
・周りの人を見てしまう。
・大人の経験が邪魔をする。
・レッスン後に女子会が。


これらを一つずつ潰していくと、上手くなる可能性があるのではと思います。


「レッスン時間が短い。」
これはどうしようもない、と言ってしまっては始まりません。
バレエ教室やスタジオではバレエのレッスンは90分から120分が通常です。
スポーツクラブだと短いと30分、長くても60分位のレッスン時間です。
これだと出来ることが限られます。
それでも先生は上手になって楽しんでもらいたいと、それぞれに工夫しながらされています。
そんな時はレッスン前後の時間を仮想レッスン時間にしてはどうかと思います。
レッスン前の15分位はウォーミングアップをします。
ウォーミングアップをすることで、レッスンが始まってすぐに体が動くようになります。
レッスン後の15分位は復習とクールダウンにあてます。
スタジオやスポーツクラブの端っこで、脚の動きや腕の動きを確認したら、ゆっくりストレッチをします。
クールダウンをすることで、翌日に残る筋疲労が少なくなり、翌日以降のレッスンの動きが変わります。


「レッスン回数と期間が短い。」
週に1回のレッスンではスポーツクラブでなくても上手にはなりません。
大人から始めたのであれば、最低でも3回以上レッスンを受けないと上手くなるのは難しいと思います。
小中学生までやっていた経験がある人なら別ですけど、大人から始めたのならそれくらいは必要と思います。
では、週3回は難しいと言う人はどうするか。
動画を見ましょう。
自分が受けたレッスン動画ではなく、バレエ団の舞台の動画や販売されているレッスン動画です。
人の脳にはミラー細胞があります。
動画を見ると、目で見た人の動きと同じ筋肉につながる運動神経(筋肉を動かす神経)が発火して信号が伝わります。
(ただし信号が小さいので実際には動かない。)
イメージトレーニングなどと同じですね。
いつも綺麗な動きや正しい動きを見ていると、同じように動きやすくなります。


アレセゴン・てあて整体スクール

「全く初めてでも、ある程度動くクラスに出られる。」
スポーツクラブでは全くの初心者でも初中級位のクラスに出られます。
これは実は悪いことではありません。
バレエを初めて始めた時に、動きが再現出来ないようなクラスに出ていると、いつのまにか動きだけは同じように出来るようになります。
運動は筋トレだけをしていれば出来るようになる訳ではありません。
必要な筋肉をトレーニングすることは、その運動独特の動きが出来るようになることとは別物です。
バレエは特に日常生活とは違う動きをするので、その独特の動きになれるには良いことです。
但し
間違った動きのまま、動きだけ出来るようになってしまう可能性があります。
自分の今のレベルよりも高いと思うクラスに出る時は、大きな動きの練習だと思って動いてみて下さい。
しばらくすると動きにだけはついていけるようになります。
そしたら次は、毎回、一つ課題を決めてレッスンするようにします。
例えば爪先を伸ばすことだけを考えてレッスンに出る。
その他のことは無視します。
肩が上がろうが、胸が反ろうが、手首が曲がろうが、ターンインしようが、関係ありません。
爪先だけを考えて60分過ごします。
そうやって爪先が伸びるようになったら、次の課題に取り組みます。
一度に沢山の課題を負うのは無理です。
とにかく一つだけやってみましょう。


「クラスによって先生が変わる。」
先生が変わっても注意されることが一緒なら問題ありません。
先生が変わって注意されることが違っていると混乱します。
アノ先生とコノ先生の言っていることが真逆!なんてこともあると思います。
そんな時は
毎回、そのクラスの先生の言っていることを再現しようと努力する。
それじゃあ全然オカシイと思うでしょ。
でも、実はそんなことはありません。
先生によって同じ事に対して違うアプローチをしている可能性があります。
肩を下げてと言うのと、肩甲骨を寄せてとか、首を長くとか、胸をあげてとか、軸を感じては、全部同じことを言っていることがあります。
人によって使う言葉は違います。
人によってポイントとする視点が違います。
人によって重要と思う部分が違いあす。
アノ先生はこう言っていたからとか、コノ先生はこういっているからとか、前の先生のことを考えずに、その時その時の注意に従ってみてはどうでしょう。


「周りの人を見てしまう。」
スポーツクラブでも、脚が肩のあたりまで上がる人や、開脚180度出来る人や、ピルエット3回転出来る人がいたりします。
そういった人を見ると、出来ない自分が変なんじゃないかと思う人がいます。
普通はあんな風に出来るもの、と思う人がいます。
あれくらい出来ないとおかしいんじゃないかと思ったりします。
そして、一足飛びに脚を上げたい、股関節を開きたい、ピルエットが回りたいと思ってしまうようです。
でも、脚が肩まで上がったり、開脚180度したり、ピルエット3回転出来たりするのは、普通ではありません。
一つ一つの課題を積み重ねた上で出来るようになっています。
例えば
片手バーで片脚パッセにしてルルベで立つ。
これはバランスのレッスンだと思っていると思います。
でもこれ、ピルエットの一番大切な基礎練習です。
ピルエットは立つ運動で、回る運動ではありません。
ルルベで立つことが出来れば何回も回れるようになります。
ウソだと思ったら、いつでもどれだけでも立てるようになってみて下さい。
そしたら分かりますから。(笑)
そんな風にバレエのレッスンは、基礎の上に難しい動き(パ)が出来上がっています。
バーレッスンの動きで、フロアの動きは殆ど説明が出来ます。
フロアでのトンベ・パドブレ・グリサード・パドシャも、バーレッスンの動きの組み合わせです。
周りを見ることも大切ですけど、それよりもバーレッスンの一つ一つの動きを自分を感じながらやってみてください。


「大人の経験が邪魔をする。」
バレエの動きは日常の動きに似ています。
歩いたり手を動かしたり、ジャンプしたり、動作的には同じように見えます。
でも、実は使っている筋肉が違います。
例えば歩く。
普段、歩いている時は前ももの筋肉(大腿四頭筋)は前を向いています。
でも、バレエではどんな時も前ももは外を向いています。
あるいは前ももが外を向くように使っています。
バレエで歩くときは、内側の筋肉が前を向くことになります。
歩くと言う動作は同じでも、使う筋肉が違うのがわかります。
全てのことにこれが言えます。
同じように大人には常識があります。
指は指、腕は腕、胴体は胴体、見えているように使っています。
でも、バレエでは例えば「腕は胸の中心から、背中の真ん中から伸びていると思って。」などと言われます。
そんなこと言っても、肩から先が腕でしょ、そんな風に見えているし。
いいえ、実際の骨格や筋肉は、体の中心から腕になっています。
だから先生が言うように、胸の中心から背中の真ん中から腕を使うと、とても効率的に動かせることになります。
大人の経験はバレエとは違う。
そんな風に思って、先生の言うようにやってみましょう。


「レッスン後に女子会が。」
大人から始めると様々な情報が入ってきます。
特にレッスン後のスタジオの仲間との話は楽しいものです。
でも、ちょっとキケンです。
どんなに上手くてもプロではありません。
上手なアマチュアです。
面白い先生やセミナーや雑誌の記事の情報を得るには良いと思います。
でも、体の使い方や動かし方などは、アマチュアのアドバイスと思っておく方が良いと思います。


他にもちょっと気をつけてみると良いことがあります。
出来ればスポーツクラブだけでなく、月謝制のようなダンスクラスに週に1回でも出てみる。
注意のされ方が変わると思います。
スポーツクラブではクラスのレベルを上げすぎないようにコントロールしているようなところもありますから。
週に3回以上クラスを取っているのなら、クラス毎に課題を決めておくと良いと思います。
このクラスはバーを徹底的に細かく注意しながらやるとか、逆にこのクラスは楽しむだけとか。
頑張って楽しんでください。




大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

やってて良かった ~ 整体師のシゴト ~

読了までの目安時間:約 4分

先日、メールを頂きました。
8年ほど前まで何年か来ていた患者さんからのメールです。
体の調子が思わしくなく、誰かに診てもらいたいと思って思い出してメールをくれました。
大丈夫ですよ、ご都合の良い日時をお知らせくださいと返信したらメールがまた帰ってきました。


先生、営業中で良かった。
やっててホッとしました。


もうやってないかと思ったとのことでした。
15年もやっているとこんなこともあります。(笑)
てあて整体院には10年以上通ってきている患者さんが沢山います。
30台前半で最初に来て40台になった主婦やOLさんやダンサーさん。
40台半ばで来て50台になった男性。
70台で来て80台になった男性。
それぞれ色々な経験をされていて、会社の中での位置が変わったり、別の会社に変わったり。
会社を変わる時期は、だいたいの方が一時期来なくなります。
転職ではいろいろとやることが多く、整体に時間を取っていられないみたいです。
でも、転職が落ち着くとまたいらっしゃいます。


整体院患者写真

殆どの患者さんには指針整体をやっています。
全身を調整と言うか整えて流れを良くします。
流れは血流やリンパの流れで、筋膜や筋肉の繋がりと言う意味での流れも考えます。
動きの悪いところ滞っているところを流して行く。
流れが良くなれば、状態も変化して良くなって行きます。
詰まっているところを動かして。
固まっているところを緩めて。
歪んでいるところを整えて。
元ある状態に戻りやすい状態にして行きます。
そこからは出来れば患者さんにやってもらう。
自分の足で歩くことで、血流やリンパの流れを良くし、筋肉や筋膜の状態を良くし、カラダの張りや呼吸を良くします。
応援団みたいに太鼓を鳴らしてエールを送って、と言うことは僕はしてません。
条件を整えて、自分で動ける状態にして、自分で動いてもらうことで、元に戻っていってもらう。


条件整えるだけで、痛みも動きも改善されるので、あとはお任せです。


整体の手技だけじゃないかもしれません。
毎月来ている患者さんの殆どとは、いつもお話をしています。
なんだか取りとめもない話。
季節の話。
音楽の話。
服装の話。
最近の若い人の話。
最近の年寄りの話。
政治の話もたまに。
読んだ本の話。
カラダの話。
ストレッチの話。
スポーツの話。
それも良いのかもしれません。


やってて良かった。
ってのは嬉しい言葉です。


■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"