整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 

ストレッチ ~ ウォームアップとクールダウン ~

読了までの目安時間:約 4分

何度か色々なところで書いていますが、寒くなって来たのでまた書きます。
ウォームアップとクールダウンは別です。



バレエ・レッスン前や運動をする時のウォームアップと言えば、入念なストレッチだと思っている方が多いと思います。
でもそれちょっと違う。
ウォームアップはウォームアップです。
筋肉の温度を上げて血流を良くし、筋肉を柔らかくして伸び縮みしやすい状態にする。
ついで心肺機能も上げておくと言うものです。
例えば昼寝をしていて起きた途端にジャンプを飛べって言われたって危なくてしょうがないですよね。
飛ぶ前に筋肉と関節を動かして、飛んでも大丈夫にしておくと言うことです。
短時間でウォーミングアップしたければ、縄跳びや近く走ったり、その場でジャンプをしたりも良い運動です。
スポーツクラブでのレッスンや運動なら膝下にシャワーを当てるだけでも全然違います。



でも、大人からバレエや何かの運動を始めた人はストレッチも併用して下さい。
一日座って仕事をした帰りや、朝早くからお弁当と旦那の朝食・洗い物が終わったら洗濯して干して飛んできた。
みたいな後はウォームアップの後にストレッチもしておいて下さい。
いきなり動くのはちょっと危ない。
でも、子供のバレエは別です。
あんまり長い時間ストレッチで筋肉を引っ張り過ぎると、筋肉の反応速度が遅くなってレッスンに良くなかったりします。


クールダウンはその逆です。
筋肉の温度を下げること。
筋温を下げることによって疲労物質の新たな産生が減ります。
それとストレッチ。
ストレッチすることでレッスン中の疲労物質が流れます。
次の日に疲労が残りにくくなる。
そして関節可動域を広げる効果もあります。
レッスンや運動中の筋肉への刺激(伸ばしたり縮めたり)によって、レッスンや運動後は筋肉の反応速度が遅くなっています。
その上筋肉は暖かく伸び縮みしやすい状態にある。
レッスンや運動が終わったらゆっくりストレッチすることで、いつもより筋肉が伸びやすくなっている。
ゆっくり伸ばして可動域を広くして下さい。


ただし、伸ばしすぎは禁物です。
筋繊維を傷つけるほど引っ張ってはいけません。
ゆっくり痛気持ちイイくらいまで伸ばして下さい。
特にバレエをしている大人の方は、お尻の筋肉と内股の筋肉は、ターンアウトでよく使っているので固くなっていることがあります。
少しずつ伸ばすことで、筋肉の状態もよく保つことが出来ます。


※この記事は大人からバレエを始めた人向けに書いたものです。
 整体師やこれから整体師を目指す方は参考にどうぞ。


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

マッサージと整体って違うんですか?

読了までの目安時間:約 4分

昨日、患者さんに聞かれました。
いつもは60分2980円の整体(!?)に行っていると言う方。
マッサージは何をやっていて整体は何をやっているんですか?とも聞かれました。
確かに受けている人には分かりにくいかもしれません。
一言で言うと。



「体」を「整」える。



これが整体です。
マッサージは体をマッサージするものです。
(法律的には手技は規定されていません。)
整体は体を整える時に、主に骨の位置や動きの悪さを調整します。
その方法は様々で、世の中には本当に沢山の整体があります。
触れるだけのような方法もあるし、ボキボキと骨格調整をするような方法もある。
骨の位置や動きの調整と書きましたが、骨の位置や動きは骨の周りにある靭帯や筋肉や筋膜や柔らかい組織(軟部組織)の状態によって変わります。
靭帯や筋肉や筋膜が硬くなって動きが悪くなっていると、骨の歪み(位置のズレ)はそのままその位置にあることになります。
骨の歪みやズレは、周りの筋肉や靭帯や筋膜の状態を変え、血流や神経のつながりに問題を起こしたり、筋肉の中に疲労物質を貯めたりします。
また、血流が悪くなることで、細胞の新陳代謝が進みにくくなり、細胞た形作っている器官の働きが悪くなったりします。



体は繋がっています。
手や足だけ別のところにあると言うことはありません。
繋がっていると言うことは、関係があると言うことです。
足指に問題があって肩こりになったり、お尻に問題があって腰痛になったりすることは良くあることです。
全体をみて体を調整する(整える)のが整体です。



マッサージだけでも調子は良くなります。
筋肉の中の疲労物質が流れ、筋肉のバランスが取れる。
それにマッサージをしてもらうこと自体が気持ちが良く、リラックス効果もあります。
でも、整体とは目的が違う。
どちらも良いことなので、目的によって選ぶのは患者さんです。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

産後の骨盤ケア

読了までの目安時間:約 3分

別に産後だけと言う訳ではありません。
先日、骨格調整の授業で骨盤の調整をしていました。
その時に産後の女性の骨盤ケアについて質問があったので、自分で出来るケアについてお話をしました。
これ、誰でも出来るのでやってみてください。



仰向けに寝て自分の恥骨に触れて下さい。
恥骨は左右2本の骨が真ん中で合わさっています。
左右のどちらが前に出ているかを調べて下さい。

恥骨調整①


どちらかが前に出ていたら、後ろにある側の大転子の下(床側)に何かモノを入れて挟んで下さい。
ここではスリッパを入れています。
大転子とは脚の付け根・お尻の横に出っ張った骨のことで、腕を体側に垂らすと手首当たりにあります。

恥骨調整②

2分位そのままにして寝ていて下さい。
恥骨に触れると痛みが取れていると思います。
これで出来上がり。
スリッパはこんな風にして使うと使いやすいです。
調整はご自身の裁量で行って下さい。
スリッパを入れて痛みが出たり違和感がある場合はすぐにやめて下さい。

恥骨調整③



骨盤の調整は意外に簡単に出来ます。
晒しを巻いて歩くだけでも調整されることがあります。


骨盤前面


骨盤は中央の仙骨と左右の寛骨で出来ています。
女性は男性と比べ仙骨と寛骨の間の関節(仙腸関節)が動きやすくなっています。
歪みは仙腸関節だけでなく、恥骨結合(左右の恥骨が中央で合わさっているところ)でも起こります。
それを調整することで、骨盤の歪みが整って来ます。

※図の脚の骨(大腿骨)の上で横に出っ張っているのが大転子です。




■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

ターンアウトとプリエ

読了までの目安時間:約 1分

ターンアウトもプリエもクラシックバレエの用語です。
ターンアウトは下肢の外旋でプリエは足関節・膝関節・股関節を屈曲していくことです。
整体師をやっていると色々なことを聞かれます。
特に整体院や整体師の得意分野では尚更です。
そしてその得意分野があることが患者さんを呼ぶと言うこともあります。

ターンアウトとプリエ >>>

1 40 41 42