整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 

姿勢の授業

読了までの目安時間:約 4分

名古屋に続き東京でも姿勢の授業でした。
今年から、姿勢の授業は30分くらい説明をしたら、授業に出ている生徒さんをモデルにしてケーススタディをやることにしました。
その時に普通に立った姿勢を見て、どこがどんな風になっているか見立てをします。
見立てをしたら、そこをどうしていくのかの話をし、実際に生徒さんを相手に指導していきます。
指導前と後の写真があります。


左:ビフォー → 右:アフター
姿勢1693201・てあて整体

左:ビフォー → 右:アフター
姿勢1603202・てあて整体スクール

姿勢が悪くて相談に来た患者さんではないので、あまり大きな違いは見られないかもしれません。
それでも幾つか見るところがありました。
頭の位置・胸骨辺り(デコルテ)・膝 です。
それぞれ頭が前に出ていて、胸骨辺りが後ろに引かれ、膝が伸びていました。
調整した訳ではありません。
「頭を後ろに」
「胸を引かないように」
「膝を緩めて」
とは言っていません。
それだと、体が歪んでいる人に歪まないようにして下さい、って言うのと同じですから。


姿勢1603203・てあて整体スクール

こんな絵を見てもらったり体に触れたりしながら、自分の感覚を確認してもらいます。
普段の普通の姿勢は「いつもの姿勢」です。
人はいつもの姿勢で、自分がどこかに力を入れていると感じることは殆どありません。
でも実際は、猫背の人は自分で肩を前に出しているか、脊椎(背骨)を丸くしているか、です。
それに気がついていない。
もしくはそんな感覚がない。
気がついていないことを治してもらうように言うと、気がついていないことに新たに別のことをプラスすることになります。
肩を後ろに引くように言うと、肩を前に出していない(実際は出している)のに、前に出している筋肉をそのままに引くことになります。
アクセルを踏みながらブレーキをふむようなものです。
なので、まずは自分がやっていることに気がついてもらいます。
肩を前に出している、あるいは背中を丸くしている、ことに気がついてもらいます。
そのために絵を描いたり、姿勢をいろいろ変えたり、の指導や実際に体を動かして行きます。
そこからニュートラルな位置になった時の感覚を感じてもらいます。
分かりにくいですね。
言葉ではなかなか伝えにくい。
でも授業では目の前で実際に患者さんに対するようにやっていくので、とても分かりやすいことです。
それを後から解説して行きます。


左:ビフォー → 右:アフター
姿勢1603204・てあて整体スクール

これは別の角度からの写真です。
右肩が上がっていたので、上と同じように自分がやっていることに気がついてもらい、肩をニュートラルにしてみました。
本人が右肩を下げた訳ではありません。
フワフワして変な感じと言っていましたが、それでも左右の肩はある程度整いました。
直さなくても治る。
まずは相手がどうなっているか見るところから始まります。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

歩き方の二分類

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体スクールには「姿勢と歩き方」の授業があります。
「姿勢」の授業は姿勢の見方・捉え方と整え方についての授業。
「歩き方」の授業は歩き方の分類と指導方法についてです。
先日、名古屋でもその授業がありました。
歩き方の授業で近くの公園に行って、実際に歩いている写真です。


歩き方授業160318・てあて整体スクール

歩き方を二つに分類して、それぞれの歩き方をやってみます。
写真は『前もも歩き』です。
良くない方の歩き方。
脚を前ももを使って体の前に持ち上げるような歩き方です。
特徴があります。


前ももを体の前に持ち上げる。
足首が動かない・伸びない。(曲げ伸ばしされない。)


このことで、O脚の原因になったり、お尻が落ちたり、脚が太く見えるようになったりします。
冷え性や浮腫などの原因になることも考えられます。
写真ほど酷くない場合は、足首を使わないのではなく、拇指を使わないで歩く歩き方もあります。
拇指を持ち上げて歩くと、前脛骨筋(すねの前の筋肉)や前ももの筋肉を使うことになります。
これも疲れたり脚が太くなる原因だったりします。
前もも歩きと違うもう一つの歩き方は「爪先残し歩き」です。
語呂が悪いですね。
ハムスト歩きとかでも良いかもしれません。
脚を後ろに残し、爪先まで使って歩く歩き方です。
昔は爪先で地面を蹴ってと言っていましたが、それだと大変です。
体の後ろで足首を伸ばして爪先を残せば、前もも歩きとは逆の歩き方になります。
下肢後面を使うので、ヒップアップしやすく血流も改善しやすくなります。
こっちの方が良い歩き方と言えると思います。
ついでに、ヒールを履いた時の足の重心について。


ヒールでの立ち方・てあて整体スクール

爪先ばかりに乗る人が多いようですが、踵にも体重は載っています。
足の裏全体で体を支えるようにしないと、上手くヒールは履けません。
重心が爪先だけになっても踵だけになっても、前もも歩きになってしまいます。
授業では前もも歩きの指導方法もやります。
爪先を体の残してと言うだけでは、なかなか出来るようになりません。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

良い姿勢は姿勢では説明出来ない。

読了までの目安時間:約 3分

姿勢の授業をやりました。
今年に入って復活した授業です。
以前はテキストに沿って話を進めていましたが、今年からは授業の進め方を少し変えています。
最初に「何を良い姿勢と言うのか。」の話をし、次にどこを見ていくかの話をします。
その後はスクール生一人一人の姿勢を解説しながら見て、患者さんに話をするように一人一人の姿勢を変えていきます。
ケーススタディですね。
変えると言っても、「ここをこうして。」とか「力を抜いて。」とか「力を入れて。」と言うようなやり方ではありません。
イメージと体を動かすこと、それと本人の筋感覚を確認しながら進めます。


終わると、楽になる。
そこがポイントです。
胸を張ったり、首を伸ばしたりではなく、楽になる姿勢。
そこが目指すところです。
姿勢と言いながら、形で説明出来ないのが何ともなぁなんですが、良い姿勢は姿勢では説明出来ないと思います。
見た目は、自然、とか、優雅、とか、楽そう、とか、ナチュラル、とか。
そこを目指します。
写真を撮りました。
左がビフォーで右がアフター。
全員の出来上がりが違って見えるのがミソです。


姿勢0316181・てあて整体スクール

姿勢1603182・てあて整体スクール

姿勢1603183・てあて整体スクール

姿勢1603184・てあて整体スクール

背中をピンと伸ばしたモデルのような立ち姿勢なんかを希望して来る方はいませんか?と質問がありました。
てあて整体院にはそう言う方は来たことがありません。
たぶん、別の美しい歩き方とか美姿勢などを標榜しているサロンに行かれるんだろうと思います。
そちらはそちらに任せます。
整体的には楽さ自然さを追い求めます。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

スクールに通い始めたら肩こりが分かるようになってきた。

読了までの目安時間:約 3分

スクールに入学するまでは肩こりが分からなかった、と言う生徒さんがいました。
触診をしていると皆に肩が硬い凝っていると言われるが、自分では全く感じていない。
そう言う患者さんも多いですね。
美容院で肩を触られて肩こってますね!といつも言われると言う人です。
肩が凝っている自覚がないと言うだけで、肩は硬くなっていると言うことです。
肩が凝ったと感じていなければ、肩が硬くても凝っているとは言わないのかもしれませんが。
肩が凝ったことを感じていない人は、肩が硬いと言うのも知らないと言うことです。
硬いことは知らないよりは知っている方が良いように思います。
ま、知らない方が幸せだろうとは思います。
肩が凝っていない、と思っている、んだから。


スクールに通って指針整体や骨格調整を受けていると、肩は緩んできます。
血流が改善して筋肉が柔らかくなる。
筋肉が柔らかくなると、肩こりを感じるようになるようです。
不幸せ!?(笑)かもしれません。
その時はね。
でも、しばらく通っているとまた感じなくなります。
つまり、肩が柔らかくなって肩凝りがなくなってくるからです。


腰も同じです。
腰が硬い人は暫くすると腰の硬さを感じ、暫くすると柔らかくなる。
腰痛がある人は通ってる内に腰痛がなくなってしまいます。
卒業すると腰痛を思い出すと言う人もいます。
これは医者の不養生のようなものですね。
腰痛のない状態になったら、それをキープしたいもんです。
そのためのストレッチなんかは教えているんですけどね。
なかなかストレッチは続けられない。
酷い腰痛にならないと対処しないようです。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

15日から18日まで名古屋でスクールと整体とアレクサンダー・テクニークをやります。

読了までの目安時間:約 2分

今月も15日から名古屋で整体スクールの授業です。
今月は指針整体とアレクサンダー・テクニーク・グループレッスン、姿勢と歩き方の授業をやります。
期間中は授業の見学が出来ます。
授業前にスクールの説明を聞いて、授業には生徒さんと一緒に参加していただけます。
アレクサンダー・テクニークや姿勢と歩き方の講義を無料で聞けるチャンスです。
興味のある方は問合せ下さい。
(電話 03-3922-7230 mail teate@nifty.com)


■てあて整体スクール@名古屋

日時 : 3月15~18日 10:00~14:00
場所 : てあて整体スクール 名古屋教室
     愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
問合 : 電話 03-3922-7230
     mail teate@nifty.com


授業
名古屋授業

アレクサンダー
アレクサンダー

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

やはりプレイヤーであることが好きです。

読了までの目安時間:約 3分

整体師になって18年になります。
整体院をオープンして15年近くになります。
整体スクールで教え始めて12年くらいになります。
でもやっぱり患者さんを整体しているのが好きですね。
スクールで後進を指導するのももちろん好きです。
指導は面白いし、やりがいもあります。


でもやっぱり直接整体の患者さんやアレクサンダーの生徒さんと相対しているのが好きです。


目の前で結果が出る。
良いも悪いもその場で分かる。
人が生きているのが分かる。
変わっていくのが分かる。


人は単純なのか複雑なのか。
単純な構造を臨機応変に使っていくことで複雑な結果が出るような。
よくよく見ると単純なモノが見えてくるような気がします。
でも複雑。


自分を複雑にすると分からない。
単純な自分を見つけて患者さんや生徒さんの前に置く。
すると患者さんの単純が見えてくる。
それが見えないと複雑を相手にしないといけなくなる。


やっぱり面白いですね。
整体やアレクサンダー。
三日やったら辞められない。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

今日の授業

読了までの目安時間:約 4分

今日の授業は男性ばかり4名。
珍しいですねぇ。
整体スクール創業当初は男性が多い時期もありましたが、最近は女性の方が少し多めの授業ばかりになっていました。
授業はアレクサンダー・テクニークグループレッスン。
アレクサンダー・テクニークは自分の使い方。
これを勉強する理由は。
自分が整っていると患者さんへの整体の効果が大きくなる。
整った状態を知っていると患者さんにも教えやすい。
と言うものです。


自分を整えるために、先ずは自分の状態を感じて行きます。
そのため今日はコンストラクティブ・レスト(建設的休息)と言うのをやりました。
仰向けに寝て膝を立て、自分の状態を確認していくと言うものです。
傍から見るとただ寝ているだけのようにも見えますが、ただ寝ているのとは違い自分の状態を知覚し確認していくことで、無駄な力や硬さなどがわかってきます。
そこで何をすると言う訳ではありませんが、そこにそれがあるんだと思うことだけで、緩んできたりします。
たぶん、身体の持っているフィードバック機構や反射や恒常性の維持機能などが働くんだろうと思われます。


整体授業1603051・てあて整体スクール

次に四つん這いになって歩くことをしました。
哺乳類の身体の基本的な動きを追体験することで、身体の自由な動きを感じます。
(実はこれあら木のアレクサンダーの師匠である石坪さんの得意技です。笑)


整体授業1603052・てあて整体スクール

首と背骨の自由な関係を意識しながら歩くと、自然な歩きにつながります。
ちょうど赤ん坊が這い這いをするような格好になります。
そして図解。


整体授業1603053・てあて整体スクール

今日は「頭と首」「胴体と腕と脚」の図解をしました。
外から見えている形と骨格が違うことがあります。
関節など動く場所を間違って認識していると、実は無理な動かし方をしていることもある。
それを患者さんに説明出来ると、腰痛や肩こりなどの改善に繋がることがあります。
よく各のは頭と首ですが、他にも胴体と腕や足部の形なども描くます。
図解出来ると言うことは、構造を理解していると言うことです。
詳しく描く必要はありません。
ポイントを説明出来るように簡略化して描けたらと思います。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

シングル・マザー

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体スクールには様々な人が入学します。
この一年位の年齢や性別を見ると


男性 : 女性 = 45 : 55

女性の方が少し多く入学しています。
他校では男性の方が多いと聞くこともありますが、てあて整体スクールでは以前から女性が少し沢山入学していました。
年齢別には

男性 : 20代15%、30代35%、40%50%
女性 : 20代30%、30代30%、40代30%、50代10%
合計 : 20代23%、30代31%、40代38%、50代 8%

男女ともに30代40代の人が多く入学されています。
これは以前からあまり変わりありません。


あら木は一般的なサラリーマンでした。
会社を辞め自分だけで開業出来るものなのか?
脱サラ起業と言ってもどうなんだろう。
でもやってみたい。
と言う気持ちで整体の勉強を始めました。
自分自身が子供の頃から運動バカのようなもので、身体に関することにだけは自身があったのとダンスをしていたのが整体師になる要因でありました。
女性で入学される方にはいろいろな理由があります。
派遣OLや契約社員をしているが、自分でサロンを持ちたいと言う人が割合とおおかったように思います。
あとはピラティスやヨガなどのインストラクターをしていて、新しいスキルとして勉強すると言う人もいます。
中でそうかぁ大変だよなぁと思うのは。


シングルマザー


です。
お子さんのいる女性ですが、旦那さんはいないと言う。
母ひとり子一人と言うパターンだけでなく、子供が3人いると言う女性も何人かいました。
子供が成人したので晴れてシングルになる!と言う女性もいました。
いずれにしても女性でひとりで仕事をしていくのに、整体やセラピーという選択肢もあると勉強をされる方々です。
女性は発想が豊かです。
開業や仕事にしていく上でも、男の考えている既成の常識はあまり関係ありません。
開業形態も種々雑多です。
ピラティス・スタジオに整体のメニューがあったり、整体と占いを合わせてみたり。
そして身体の感覚がやっぱり鋭い。
男性と比べて身体の感覚が繊細なのは整体師にとって、やっぱりメリットです。


整体やサロンで食べていくという選択もあります。
応援します。
聞きたいことがあればいつでも連絡下さい。
待ってます。


てあて整体スクール
電話 03-3922-7230
mail teate@nifty.com


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

身体を整える技術

読了までの目安時間:約 4分

整体とは何か?
一言で言えば「体を整える。」
だから整体です。
では身体を整える技術(整体)とは何か?


授業風景2015


指針整体
マッスルエナジー・テクニック(骨格・筋肉調整)
クラニオ(頭蓋仙骨療法)


てあて整体スクールでは主にこの三つの療法(手技)で身体を整える方法を教えています。



指針整体は日本古来の身体調整法です。
身体を巡る12本の経絡に順に刺激を入れていきます。
押さない、揉ままい、体重を掛けない方法なので、患者さんに対する負担が小さいのが特徴です。
これは安全管理と言う意味でも大きな意味がありますが、効果を高めると言う意味でも大切な要素となっています。
患者さんに対する負担が小さいことが、凝り固まっている筋肉を開放し動きを軽くしていきます。
背中も腹側も全身に刺激を入れていくので、全身の血流が促され浮腫がとれ身体が軽くなります。
また背骨の周りを長軸方向に刺激していくので、身体の歪みが整っていきます。


マッスルエナジー・テクニックは骨格調整・筋肉調整の方法です。
筋肉と骨格の持つ独特の性質を利用して調整します。
患者さんの2・3割の力を使って調整していくので、ボキボキすることなくゆっくり優しく調整することが出来ます。
歪みや硬さの検査と調整が一体化しているので、始めての人でも安心して練習し効果を上げることが出来ます。


クラニオは頭蓋仙骨療法のこと。
身体の動きや生命活動を司る中枢(脳脊髄)は、脳脊髄液で栄養されています。
脳脊髄液は膜(硬膜・クモ膜・軟膜)に覆われた上を、頭蓋骨や脊椎・仙骨などの骨で覆われています。
その骨の動きや歪みを調整することで、脳脊髄液の流れを改善させ、身体全体を整えると言うのがクラニオでやっていることです。
5グラムタッチと呼ばれるほどとても弱い力で触れていくので、ただ触れられているだけと思う患者さんもいらっしゃいます。


身体を整える技術は身体の状態を見られて始めて使えます。
そのため触診はスクール授業のベースとなるものとして、繰り返し練習をするようにしています。
整体師だけでなく様々なセラピストやピラティスインストラクター、パーソナルトレーナーも勉強に来ています。




■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

10歳過ぎたら自分で説明してもらう。

読了までの目安時間:約 4分

整体院に小学生でバレエをやっている子が来ることがあります。
お母さんと一緒に来て、レッスンのことやバレエのことを聞いて行きます。
個人セッションと言うメニューがあって、体の歪みを見たり、股関節の硬さを見たり、ストレッチの方法を教えたり、ターンアウトやプリエや肩をあげないことなどの指導をしたりします。
もちろん僕はバレエの先生ではないので、違うアプローチになります。


「はい引き上げて」とか
「軸を感じて」とか
「爪先を外に」とか
「膝と爪先を同じ方向に」とか


そんなバレエの先生と同じような言い方はしません。
一人一人の体の使い方の特徴(習慣・クセ)を見て、アドバイスや指導をするようにしています。
そんな時一つとても気にしていることがあります。


自分のことを自分で説明してもらう。


と言うことです。
特に10歳以上になったら、必ず自分の言葉で話をしてもらいます。
親御さんが一緒に来ると、半分位のお母さんは子供の説明を始めます。
この子はこんな風になるとか、こんな風に体を使っているとか、レッスンの時はこんな風に指導されているとかです。
それはそれで熱心で良いことです。
でも、10歳になったらもう自分で自分の言葉で説明してもらいます。
そこから始まりだからです。
そこからしか始まらないからです。


バレエは自分で自分の体をコントロールする体を使う芸術です。
大切なのは自分でコントロールするというところです。
自分でコントロールするためには、自分で感じなければ始まりません。
今出来ていないことを、自分としてはどんな風に感じているのか。
そしてそれを先生はどんな風に言っているのか。あるいは言われたと聞いたのか。
お母さんがどう理解したかではなく、本人がどう理解したかなんです。
そんなこと先生は言ってないわよ、と言っても意味がないんです。
そう本人に聞こえたのなら、どうしてそう聞こえたのか、それはこういうことを言っているという解説をしなければいけません。
本人が受け取ったことしか、本人には知覚も体感もできないんですから。
そしてもう一つは。
自分で考える力をつけていくことが大切と言うことです。
スタジオでももちろん、舞台の上ではダンサーは一人です。
自分で自分がどうなっているのか、どうすれば良いのかどうしないといけないのか。
それを考えるのは自分です。
自分で考える習慣をつけていかないといけません。


だから自分で話をしてもらいます。


話を聞いて絶対に怒ったりしません。
それは変だと言ったりしません。
なるほどぉ、そう言われたんだねと確認する所から始めます。
そして動いてもらう。
動きと自分の感覚が合っているのか、まだ合っていないのか。
そこからアドバイスも始まります。




■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>