てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » アーカイブ

ぎっくり腰になったことのない整体師

読了までの目安時間:約 4分

整体スクールの授業で症例別という授業があります。
肩こり・腰痛・膝痛などの症例やその他の症状に対して、どんな風に原因を考えていくかを学ぶ授業です。
いつも授業の最初に聞くことがあります。
腰痛になったことある?
ぎっくり腰になったことある?
聞いてみると半分くらいの生徒さんが腰痛やぎっくり腰になったことがないことが分かります。
腰痛にはなったことはあるけど、ぎっくり腰にはなったことないと言う人もいます。


ぎっくり腰になったことのない整体師ってどうでしょうか?


体調管理ばっちりで健康な整体師は良いことだと思う人もいるでしょう。
逆にぎっくり腰の痛みが分からない整体師にぎっくり腰が治せるのかと思う人もいると思います。
腰痛やぎっくり腰になったことのない人が整体師にれるんだろうか?と思う人もいます。
どうなんでしょうか。


触診1601311

ぎっくり腰や腰痛になったことがなくても整体師にはなれます。
ただ、なったことがある人よりも少し想像力と時間を要すると思います。


例えば小説家という人たちがいます。
小説家は様々な人物や職業を書きます。
小説家は様々な人物や職業を経験していなくても小説を書く事が出来ます。
と言うかほとんどの小説は自分が経験したことのない職業や人物です。
芥川賞作家の又吉さんは『火花』で漫才師の小説を書きました。
彼が今後「火花」の続編あるいはスピンアウトのような漫才師やお笑い業界の小説しか書かないか。
その可能性はあるかもしれませんが、たぶん全く別の仕事や年齢性別の小説を書くでしょう。
それに彼が書いた漫才師は彼自身ではなく、彼が創造した人物です。
整体師も同じ。
ぎっくり腰や腰痛になったことがなくても、ぎっくり腰や腰痛を診られる整体師になれます。
ただ、痛みや状況を想像することは必要です。
想像の時間はなったことがある人よりも少し時間がかかるかもしれない。


逆もあります。
ぎっくり腰や腰痛になったことのある整体師が、ぎっくり腰とはこういうものだ、あの人のぎっくり腰もこの人のぎっくり腰も、ぎっくり腰というものはこう言うものだ、と思い込んだとしたら。
これは逆に、それまでの固定概念がじゃまをするということになります。
人の症状は千差万別。
年齢も性別も症状も様々です。
自分が経験したことがあるからと言って、それが全てに共通することだというのは思い過ごしのことが多い。
これはこれで勘違いしないようにしなければいけない問題です。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>