てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » アーカイブ

「食」「旅行」「車」「洋服・ファッション」「健康」「エンタメ」

読了までの目安時間:約 4分

TUTAYAやTカードのカルチャア・コンビニエンス・クラブがファッションに関するアンケートを発表しました。
この内容が面白い。
( ニュースリリース >>> http://www.ccc.co.jp/news/2017/20170613_005245.html )
男性の一ヶ月の洋服代は3,000円未満が一番多く、いつ買ったか分からないレベルで、すり切れるまで切ると言う人が多いらしい。
と言う読み方をされるようです。
でももうちょっと気になったことがあります。
興味関心があることについて男女の結果です。


●興味・関心があることは?
 男性1位「食」 2位「旅行」 3位「車」 4位「健康」 5位「エンタメ」
 女性1位「食」 2位「旅行」 3位「洋服・ファッション」 4位「健康」 5位「エンタメ」


これを見ると男女とも1・2・4・5位は同じで、男性の3位が「車」で女性は「洋服・ファッション」となっています。
意外に似たようなもんなんだ、と思うと実はこれがかなり違います。
男女のそれぞれの回答率はこうなっています。


男性の「食」(28.8%)、「旅行」(25.5%)、「車」(22.1%)、「健康」(21.6%)、「エンタメ」(19.3%)。

女性は「食」(45.0%)、「旅行」(38.6%)、「洋服・ファッション」(34.4%)、「健康」(31.0%)、「エンタメ」(25.3%)。


数字を見ると男性が興味を表す割合が女性と比べて格段に低い。
ほとんどで15%位興味を表す数字が低く出ています。
男性で「洋服・ファッション」に興味・関心を抱いている人は16.4%で女性の半分です。
これどういうことでしょう。


男性は仕事以外のことについて、あまり興味がないと言うことではないかと思います。
女性はそうではない。
これを男性が真面目に仕事に取り組んでいると解釈するか、仕事しか目になくてプライベートや趣味に無関心で面白みがないとか可哀想と思うのか。
女性は男性に比べて仕事の比重が低いと捉えるか、仕事もプライベートも含めて人生を謳歌していると思うのか。
意外だったのは「健康」が男女とも4位だったと言うことです。
整体師は「健康」関連の仕事です。
「食」も関係があると言えばあります。


Tカードを使っている人に対して、インターネットでアンケートをした、と言う前提を考慮する必要はありますけど、色々面白いことを考えてしまいますね。
旅行と食と健康を組み合わせたエンタメを、整体師が企画するとどうなるのか。
それをインターネットを使って告知したら・・・
なんてことを考えたりします。
そう言えばリトリートなんてまさしくそれですね。
長野や山梨の山荘で、ストレッチや軽い運動、それに整体やアロマなどのボディケアと健康関連の講座。
そして自然食。
そんな妄想が膨らみます。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

今今の今

読了までの目安時間:約 3分

小林麻央さんが3日前に亡くなられました。
歌舞伎俳優市川海老蔵さんの奥さんでしたね。
ご冥福をお祈りいたします。


彼女が残した沢山の言葉をニュースで見聞きします。
34歳でしたが、その言葉には長く人生を歩んで来た人のような響きがありました。
彼女の人生は癌で闘病した人生ではなく、学生時代からキャスターとして活躍し、海老蔵さんと巡り合い二人の子供に恵まれた人生だった。
たまたま34年間分の時間で終わってしまったけれど、自分の人生を自分のものとして生きた。
そんな風に思います。


思えば人生は『今今の”今”』です。
昨日も明日も人生ではありません。
今日ですら人生ではないかもしれない。
厳密には今今の今。
この刹那しかないんだろうと思います。
昨日も今日も明日も記憶が作った幻想なのかもしれません。
時間と言う概念すらそうなのかもしれないと思います。
安心したいからなんでしょうか。
実際には今今の今しかないと言う、瞬間性の中では生きにくい動物なのかもしれないと思います。
それほど頭が発達してしまったのかもしれません。


いずれにしても人生は今今の今。
他にはなにもありません。
長く生きたところで、自分の人生を自分のものとして生きていないのであれば、たまたま短い人生ではあっても自分の人生を生きた人とは比べ物にならない。
人生は結果ではありません。
人生は経過。
今今の今なんだろうと思います。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

会社を辞めて整体師になって良かったと思うことありますか?

読了までの目安時間:約 3分

整体の授業中に生徒さんに聞かれました。


先生は会社を辞めて、整体師になって良かったと思うことはありますか?
まあ、あるとは思うんですけど、どんな時に思いますか?



聞かれてハッとしました。
そう言えば最近そんなに「良かったぁ~っ!!!」って思わないように感じたからです。
ナンデダロウ。
そしてどんなことに良かった!って思ってたんだろう。


そりゃあることはあるけどさ。
やっぱり開業して5年位までは多かったけど。
最近は慣れちゃったのかな。
例えば、ダンススタジオや現代舞踊協会さんから、ダンサーに向けてセミナーやって欲しいなんて声が掛かると嬉しいってのはあるよね。
そんなこと最初はなかったし。
それにそれも目的の一つとして開業した訳だから。


なんて答えていました。
いっかんなぁ~
と思いますね。
感謝が足りん。
開業当初は整体が終わって患者さんがニッコリして「ありがとうございました。」なんて言われる度に喜んでいたのに、最近は当然とまでは行かないけど、そんなに嬉しいっ!とはなっていない。


例えば自分で自分の予定が決められるとか、自分のやりたいことが全部出来るとか、平日にどっか行けるとかもですけど、そんなのは良いですよね~


確かに。
会社にいる時は時間も決められていたし、やることも限られていたけど、今は全部自分。
それは凄いこと。
もちろん全部自分で出来ると言うことは、全部自分に結果が返ってくるってことでもある。
結果が伴わなくても責任は自分。
でも試したいことや思いついたことは全部やってみることが出来ると言う楽しみがある。


まあでも、考えるまでもなく、整体師になって良かったってことなんだろう。
飛び上がるほどのことはないのは、それが普通になってしまっているから。
普通に感謝しないとと思った授業でした。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

私たちは整体で何をしているんだろう。

読了までの目安時間:約 3分

先日、アレクサンダー・テクニークの集まりがあって、教師の大先輩が聞いてみたいことがあると切り出しました。


私たしはワークで何をしているんだろうか。


ワークとはアレクサンダー教師が生徒(受ける人)に対して行うこと全般のことだろうと思う。
もしくはハンズオンワークと呼ばれている、手で触れるアレクサンダー・テクニークの手法のことだ。
その集まりは昨年に続き年に一度、全国のアレクサンダー教師が集まる会でした。
日本のアレクサンダー・テクニーク教師の集まりとしては珍しく、様々な出自の教師が集まる会です。
ロンドンに本部を置く国際組織関係の教師と、アメリカに本部を置く国際組織関係の教師。
そして日本で教育を受けた教師。
それぞれアレクサンダー・テクニークを標榜し指導しているけれど、少しずつ教え方は違っている。
方法は違っていても、指導しているのはアレクサンダー・テクニークと言う点では一致している。


その問いかけを聞いて、会が終わり、帰ってきて改めて考えました。
整体師として自分は「整体で何をしているんだろう。」
もちろん、痛みを取ることを目的に来る患者さんがいるので、痛みを取ることを目的としていることはある。
何か症状があって来る患者さんには、その症状をどうにかすることを目的にしていることもある。
では、痛みや症状を取ることだけを目的としているのかというと、最近はそうでもないように思う。
何をやっているのか。
何を目指してやっているのか。
難しい問題、ではないと思う。
でも簡単に言葉には出来ないようにも思う。
いつも考えながら続けていきたい。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

花戦さ

読了までの目安時間:約 2分

映画を観ました。

【 花戦さ(はないくさ) 】

池坊専好(いけのぼうせんこう)と言う戦国時代の華道家元で僧侶の話。
豊臣秀吉、千利休の関係と専好の関係。
華を活けることで様々なことを表現する。
とても良い映画でした。
( 花戦さ映画サイト >>> )
僕は好きです。


実は中高校生の6年間、華道を習っていました。
それも実は池坊でした。
変な学生でしたね。
京都の六角堂には数回伺ったことがあります。
一度は池坊を習っている中高校生の時代。
華展(かてん)を見に行きました。
映画の中で千利休の四十九日に花を生けている場面がありますが、あれはたぶん本当にあんな感じだったんだろうと思います。
お寺中に花器が置かれ沢山の生花がありました。


花がある生活は良いですね。


映画の中のセリフがいくつか心に残りました。
正確には忘れましたけど。
一つの花でも沢山の花に勝ることがある、と言うようなこと。
黒には黒の金には金の美しさがある、と言うようなこと。


花を探しに行こう。


花・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

卒業生からの声 ~ 元バレエダンサー

読了までの目安時間:約 7分

新田さん・てあて整体スクール

【バレエダンサー】


バレエダンサー・教師 新田知洋さん


「てあて整体スクールで学んで」


私はこれまでバレエダンサーとしての舞台活動や夫婦で主宰しているバレエスタジオでの指導、 そして所属するバレエ団での後進の指導という仕事も少ししてきました。


現役を引退し、バレエ団も退団した現在、主宰するバレエスタジオでは幼児から大人の生徒の指導の他、 ストレッチ指導を中心とした健康クラスなどを開催しています。
そんな私が「てあて整体スクール」で整体や身体の事を学ぼうと思った理由は主に三つあります。


まず一つは私が現役で踊っていた頃、数え切れないほど様々な治療家の先生方の助けやサポートを受けてきたように、 今度は私自身が強靭に鍛えられつつも非常に繊細な身体感覚を持つバレエダンサーの身体の調整や抱える問題のサポートが出来たら・・・ (バレエダンサーの身体の事や、抱える悩みを理解できる施療家はまだまだ圧倒的に少ないので) そんな想いを数年前から持っていた事です。
そしてもう一つは、生徒のバレエでの故障やコンディショニングについて、自分の経験値だけに頼らない、 適切な対応と正しい指導が出来るようになりたいという事。


そしもう一つはどのような時代に於いても誰に対しても手ぬぐい一本あれば身体の痛みや不調に悩む方を 少しでも楽にしてあげられる可能性を秘めた<指鍼整体>に以前から興味を抱いてたのと、現役ダンサー時代にかなり受けていた<オステオパシー>のテクニックの一つである「マッスルエナジーテクニック」も バレエに本当に詳しいあら木先生からじっくり学べるという事が大きな魅力でした。


スクールのサイトだけでなく、あら木先生の様々な想いや気持ちが詰まったHPやブログの内容にも共感する事がとても多く、 早くこのスクール、あら木先生から色々な事を学びたい!と強い想いを抱くようになったのです。
そしてこれからの私自身の仕事の可能性やバレエスタジオでの指導スタイルへのプラスの効果などを想像しながら、 はやる気持ちを抑えきれず思いきって妻に相談し、まずは目の前にある今やるべき仕事に全力を尽くし、一区切りつけてから見学し、入学しようということに決めました。
初めてスクール見学、体験に来た時は「やっとここまでたどり着いた!」そんな気持ちとバレエ団の舞台で踊っていた時のような ワクワクする感情がこみ上げていました。


その事も自分の中では実は心底嬉しく、体験授業の時からすでにスクール生になったつもりで授業に参加させていただきました(笑)。


スクールでのあら木先生は見た目の気取った感が一切無く(スクールのHPも含め)、常に自然体でありながら、 プロとしての揺るぎない態度で安心感を与えてくれ、正直で誠実であるのと同時にユーモア溢れる楽しい授業をしてくれます。


素晴らしい<師>にめぐり会えたと思いました。
私もバレエの指導者として、そしてこれからは人の身体を観る(診る)専門家としても常にそうありたいと感じています。
一緒に学ばせて頂いたスクール生の仲間や卒業生の方々からも多くの刺激をもらったり、和気あいあいと和やかな雰囲気の中、 リラックスしながら楽しく授業を受ける事が出来、本当にこのスクールを選んで大正解でした。


在学中は学んだ事をちゃんと使える自分のスキルとして定着させる事、技術の向上と経験を積む目的で、基本手技やマッスルエナジーテクニック、 PNFやコアストレッチなどを身内にはもちろん、スタジオの生徒達にも希望者にはどんどん使っていました。


スクールで学んでいる内容が、ただ手順を覚えるだけでなく考え方が重視されているおかげでとても実践的で施術の組み立てがしやすく、 実際に効果を出せている事に正直驚いています。


そのようにまだぺーぺーの私でも上手くいくのは「てあて整体スクール」で学べる内容が安全で再現性の高い手技であるのと同時に、 一つ一つの手技の考え方を伝えるあら木先生の説明がとても解りやすく、納得しながら身に付けられる事、 少人数の授業の為、あら木先生が生徒一人一人の特性をよく把握されていて、適切なタイミングで的確なアドバイスをして下さるからだと思います。


卒業後のこれからは身に付けたスキルをこれまでの自分のキャリア、経験に取り込みながら生徒の指導にも生かしつつ、 整体の施術をする頻度も増やして少しずつ経験を積みながら腕を磨いていこうと思います。


私は「整体も出来る特殊なバレエ指導者」、そして「バレエダンサーにとっての特別な整体師」でもありたいと思います。
これからも時々リピート受講やセミナーなどであら木先生、「てあて整体スクール」にはお世話になると思います。
また、卒業生の方々や同志となる在校生の皆様方、これからスクールに入学される方もどうぞ宜しくお願いいたします。


***********************************************
■新田知洋
新田・川本バレエスタジオ >>>
神奈川県秦野市今川町8-1K&Y秦野ビル2F
電話0463-83-8313

新田さんは約1年前(2014年位)までスターダンサーズ・バレエ団でバレエダンサーとして活躍されていた方です。
殆ど現役バリバリの時に見学に来て、半年位先になって突然「あの時の新田です。入学します」と連絡がありました。
授業はとても真面目。
一つ一つのことを体に落とし込みながら学んでいらっしゃいました。
バレエ・スタジオも経営されているとのことで、これれからスタジオでの指導や調整などにも活かしていくとのことで、本当に嬉しく思っています。
僕自身がダンサーの治療をしたいと言う気持ちがあって整体師になったので、新田さんのようなダンサーが整体師になってうれるのは感慨深いものがあります。
***********************************************




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

先生と生徒

読了までの目安時間:約 3分

勉強会・てあて整体スクール

今日は整体仲間と勉強会。
この勉強会は濃い。
会場と期日と時間とおよその内容だけが決まっている。
前回までは主に話をする人が決まっていたが、今回ははっきり決まらないままだった。
でも始まる。
今日はクラニオと頭について。
それぞれのやっているクラニオについて手技を見せたり解説したりの2時間だった。
一番若手と言うか開業して短い人で13年位。
16年のあら木が真ん中位のキャリアになる。
そして全員が同じ先生の下で勉強したことがある。
なので話は早い。
共通言語があるから説明は最小限で通じる。
それに手や体の使い方を見れば何をやっているかは想像がつくくらいには臨床経験もある。


終わってあら木が整体を学んだことがある先生が、整体やってよ今日!と言う。
じゃあ40分だけ。
と予約の前に整体をすることになる。
いろいろと調子が悪いけど、今日は浮腫が気になると言うことで指針整体を軽めに。
あああ軽くなった、ありがとう、でもやっぱり定期的に受けないとダメだね、やっぱりこの歳になると。
みたいな話をして別れた。


今日の予約の一人目は、てあて整体スクールの卒業生。
7・8年くらい前に卒業して、今は接骨院で働いている。
あら木の元生徒さんと言うことになる。
ちょっと不思議。
一人目が先生で二人目が生徒さん。
やっていることは基本的に同じ。
基本的に同じことを先生と生徒さんに出来るようになったんだなぁと改めて思う。
そういえば開業2日目に今日の先生が整体院に来てくれた。
その時はちょっとまだ整体は受けないでくださいとお願いした記憶がある。
お恥ずかしい限りですけどね。


そんな一日でした。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

強い駒・弱い駒

読了までの目安時間:約 5分

将棋の藤井四段凄いですね。
プロデビューから28連勝だそうです。
そんな藤井四段の対局と解説を先日見ました。
その中で気になる言葉がありました。


これ(「歩(ふ)」)は一番弱い駒なんですね。


将棋は戦争ゲームのようなものです。
相手方の王将をとれば勝ちです。
相手とこちらには同じ種類で同じ数だけ駒を持っています。
それを動かしながら王将を狙っていきます。
駒はそれぞれに動ける方向や数(コマ数)が決まっていて、駒の性格のようなものになっています。
「歩(ふ)」は一コマだけ前に進むことが出来る駒です。
将棋が出来た時代であれば、「歩」は歩兵のような存在で、一歩ずつ敵に向かって前に歩いて進む兵隊のような存在です。
これに対して例えば「飛車(ひしゃ)」は、前と横にはどこまでも進むことが出来ます。
将棋盤は9×9のマス目になっているので、端っこから端っこまで一回で動けます。
「歩」なら8回かかるところも1回で到達出来ると言う訳です。
一コマでも進めるし5コマでも進めます。
同じように横にもどこまでも進むことが出来ます。
「歩」以外の駒は一歩前に進める以外の動きが出来ます。
だからたぶん「これは一番弱い駒ですね。」と言う言葉が出たんだろうと思います。
動きが最小限に限られていて、一番少ないコマ数しか動けない駒だから。


これを言ったのはたぶん20代の八段くらいの棋士だったと思います。
とても強い今が旬の棋士の一人だと思います。
また別の番組では藤井四段をAI(人工知能)的だとも言っていました。
AIには恐怖や緊張がないので、大胆な将棋が打てるというようなことでした。
定石や過去の棋譜よりも、より良い手・より可能性の高い手を打つとも言っていました。


将棋の駒が一つだけ前に進めるのも、いくつでも前に進めるのも、それは一つの性格で特徴です。
それを強い駒・弱い駒と言う性格付けをしてしまうのは、脳がつけるバイアスかもしれません。
例えば前に1コマしか進めない場所に、前に進もうと思って打つのであれば、「歩」でも「飛車」でも同じ動きしか結果的には出来ません。
繰り返しになりますけど、駒がどんな風に動けるのかと言うのは、単に駒の性質でしかありません。
その性質をどこでどんな風に使うのか。
使う場面によっては「飛車」よりも「歩」の方が効果的に使える場面があるかもしれません。
少なくとも同じような効果しか出ない場面は想定されると思いいます。


藤井四段が相手方陣地に入って、「成ら」なかったと言う手のことも言っていました。
「成る」と言うのは、相手方陣地に入ったところで駒をひっくり返し、「金」と同じ動きが出来るようになることです。
それを藤井四段はしなかった。
必要がないということだったんでしょう。
普通は「歩」だと一歩しか前に出られないのに、「成金」になると前後左右と左右の斜め前に進むことが出来るようになります。
それでも藤井四段は、それが必要かどうかを考えたんだろうと思います。
もしくは必要不必要以外の何かを考えたか。


脳がかけるバイアスにはいろいろなものがあります。
例えば整体師が触診をする時には、良いところを悪いところを見定めていると思われがちです。
でも実際は体の歪みや暖かさや張りを感じているだけです。
曲がっているから悪いだろうとか、張りがあるから良くないだろうとか、そんな風に見ている訳ではありません。
例えばパソコンが出来る人と、魚捕りが出来る人では、パソコンが出来る人の方が優れているように思われることがあります。
でも実際は、ただパソコンが出来る、魚捕りが出来る、と言う、その人が持ってる違った能力と言うだけのことです。


それにしても藤井四段が28連勝したのが、加藤一二三九段の引退が決まった翌日と言うのは、何かを感じてしまいます。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

アレクサンダー・テクニーク入門 ~ 神楽坂セッションハウス ~ でした。

読了までの目安時間:約 5分

セション1・てあて整体スクール

セッションハウス地下スタジオで【アレクサンダー・テクニーク入門】セミナーをやりました。
5・6月の火曜木曜午前だけ地下スタジオが空く、と言うことで募集のあった企画です。
ダンサーやダンスしている人にアレクサンダー・テクニークを紹介しようと思って応募しました。
そしてて開催。
オープンクラス形式の募集だったので当日その時間になるまで何人参加するか分からない状況でした。
これはなかなかスリリング。(笑)
2・3人かもしれないし10人かもしれない、ひょっとして全く誰も来ないかもしれません。
一応、少人数でやることと大人数でやることを考えて行くことにしました。
テーマはアレクサンダー・テクニークの紹介ですが、紹介だけでなく自分を感じてもらって楽に使えるヒントを持って帰ってもらいたいと思いました。
結局、参加は7名でグループレッスンとしてはちょうど良い人数だったなと思います。


先ずアレクサンダー・テクニークの紹介。
FMアレクサンダーさんの話から、彼が発見したメソドについて。
その中で頭と首の関係などの話もしました。
そしてすぐにアクティビティー。
今回はダンスをする人たちだったので、何か振り付けを考えようかとも思いましたが、それだと得意不得意が出てしまうと思い、もっと単純なことにすることにしました。
「歩く。」
「寝る。」
です。


セッション2・てあて整体スクール

スタジオを歩いてもらい、どこかのタイミングで寝ます。
途中で音楽を掛けました。
寝ていくのに音がある方がやりやすいかと思ったからです。
この時のポイントは寝て横になることが目的ではなく、立っているところから寝ていくと言う途中が目的と言うところでした。
特に何の説明もせずに先ずは、歩いてみて寝てみて自分の体がこんな感じだったんだと言うことを感じてもらいました。
ここでは何もしていないので、普段と同じはずです。
ま、少しは緊張があるかもしれませんけど、基本は普段と同じ。
それを改めて感じてもらいました。


セッション3・てあて整体スクール

その後に解剖学的な話をしたり、体を動かしたりしました。
そしてまた歩いてみる。
寝てみる。
感覚が少し変わったと言う声が出てきます。
どうしてでしょうねぇ、なんて言いながらまた少し話をします。
そして今度は椅子を出して来て座ってもらう。
参加者には言いませんでしたけど、坐骨を感じてもらいたいためでした。
立っていると坐骨は感じにくい。
でも座ると坐骨を感じやすくなります。
そこから坐骨(骨盤)を前後に揺らすと、体幹がついてきます。
背骨の感覚が出てきて、アレクサンダー・テクニークで言う方向性(ディレクション)のイメージが出てくるかもしれません。


セッション4・てあて整体スクール

そして今度はハンズオン・ワークをしました。
ハンズオン・ワークはアレクサンダー教師が手で生徒さん(受けている人)の体に触れることです。
触れることで起きる変化を体験してもらいたいと思いました。
そしてまた歩く、寝る。
そんなことをやりました。
普段と同じように歩いた時と、体の仕組みを知った後に歩いた時と、ハンズオン・ワークを受けた後に歩いた時と、それぞれの感覚がいろいろと変わったようでした。


首が楽になったとか、潰されていないで歩けるなど感想を頂きました。
全員がダンスをやっている人だったからか、元々体の使い方は素晴らしものがありました。
人がハンズオン・ワークを受けているところを見てもらいましたが、見た目上で大きな変化は見られなかったかもしれません。
ダンスやってる人ばかりでしたからね。
それでもそれぞれの体の感覚の変化は随分あったと言って頂きました。


良い会になったと思います。
また機会があったらやりたいと思います。
ありがとうございました。

そう言えば8月にまたダンススタジオさんで似たようなことをやります。
8月12日に三越前の【Studio RADA】さんで、カラダの座学と言う講座をやります。
告知が始まったらまたお知らせします。


セッション5・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

どうしてコレをするんですか?

読了までの目安時間:約 5分

最近、ちょっと気になることがあります。
実は最近なのかもう随分前からなのかは分かりません。


先ず聞く、と言う人が増えている。


と言うことです。
これだけじゃ分かりにくいですね。
何を聞くのか。
どんな時に聞くのか。
てことです。


セミナーや整体の授業やストレッチ教室やワークショップで、何かを指導したりする時に、手技だったりアクティビティだったりストレッチの方法だったりを教えていると、「どうしてコレをするんですか?」的な質問があります。
すぐに知りたがるとか、答えだけが欲しいとか、何でも聞くなと言う訳ではありません。
以前と比べて増えてきたと思う訳です。
どうして増えたんだろう。
以前はセンセイ怖かったと言われたことがあります。
だから以前は聞くなオーラが出てたのかもしれません。
これ本当です。(笑)
それに最近はセンセイ何でも聞きやすいとか、何でも答えてくれそう、と言われることがあります。
これも本当。(笑)
と言うことは皆んな前から聞きたかったってことですよね。
それはまあ分からなくはない。
ここでもう一つ気になることが出てきます。


答えて良いものかどうか。


そんなの知ってるんだったら出し惜しみしないで答えればイイじゃないか。
確かにそうです。
でもそこに問題がある。
と思っています。


例えば脹脛(ふくらはぎ)のストレッチをします。
ここのストレッチはどうしてするんですか?
はいはい、脹脛のストレッチをすることで、脚の後ろ側の筋肉が伸びます。
脚の後ろ側の筋肉が伸びることで、骨盤を後ろから引っ張っている筋肉の張りが少なくなり、骨盤の動きが良くなります
骨盤の動きが良くなり、可動域に余裕が出来ることで腰痛予防や腰痛のケアになります。
脹脛の筋肉は心臓から遠くて大きな筋肉です。
心臓から遠くて大きな筋肉が柔らかくなることで、血流が促されます。
血流が良くなると、浮腫(むくみ)や冷え性や血圧にも良い影響がある可能性があります。
なんて答えます。
はいはいなるほど、そうですか、そう言うことなんですね、分かりました。


と、これで分かったような気になる。
でも脹脛をストレッチすることで起きる何かは、僕が答えたことだけではありません。
もっと多くのことがあると思います。
たぶん答えたのは3割くらいかもしれない。
そうなると、答えたことで残りの7割を捨ててしまうことになるかもしれない。
それに、脹脛のストレッチにはその外の意味もあるかもしれない。
意味ではない部分もあるかもしれない。


手技でも同じことが言えます。
整体をする時の手の触れ方や、調整の方法、患者さんとの位置関係や自分の姿勢など。
様々なことを聞かれます。
聞かれたことに答えますが、それはソノコトの意味の半分にも満たない部分です。
でもそれで分かったような気になる。
気になるのは悪いことではありません。
それで先に進めるし、ひょっとしてやる気につながるかもしれない。
別の興味につながるかもしれない。
でも。
脹脛と同じで、残りを捨ててしまうことになるかもしれない。


答え方には気をつけています。
全部答えない方が良いこともある。
答えてから、答え以外のことがあるかもしれないと言うこともある。
今はまあ、あまり考えなさんなと言うことも、たまにある。


昭和の時代はああすればこうなる時代だった、と養老先生は言っていました。
あらかじめ答えがあった時代。
でも今は違う。
ひょっとして平成は答えがない時代なのかもしれません。


少なくとも、答えを聞いて、分かったと思わないことの方が良いだろうと思います。


僕なんか答えを聞いたそばから殆ど全部疑っている。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

1 2 3 6