整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » アーカイブ

アレクサンダー・テクニークと血圧と

読了までの目安時間:約 3分

先日のアレクサンダー・テクニークの講座でのことです。
クラスの最初に参加している生徒さんに一ヶ月のことなど話を伺います。
その中で病院で血圧を測る話がありました。

病院で血圧を測るといつも高く出てしまう。
何度か測り直すと少し下がるが、いつも最初は高く出てしまうと言うことでした。
それがアレクサンダー・テクニークを使ったら最初から血圧が下がったと言うことでした。

前回のクラスでディレクションの話をしました。
ディレクションはアレクサンダー・テクニークで使う言葉ですが、人が本来持っている体の方向性のようなものです。
縮んでいたり固まっていたりすると、外側に広がっていくようなもの。
日常的に体を縮めて使っている時には忘れてしまっていることが多く、それを頭にイメージだけしてもらいます。
背骨が長く背中は広くと言うようなイメージですが、それだと分かりにくい人もいるので、背骨を通って頭のてっぺんから噴水が飛び出しているイメージの話をしました。
病院で血圧を測る時、頭から噴水のことを思い出したとのことでした。
病院でつい緊張してしまうので、頭から噴水を思い出し首が自由になっているのを思い出して血圧を測ったら、いつもより下がっていて正常な数値が出たそうです。

アレクサンダー・テクニークは自律神経系が整うこともあると思います。
緊張したり興奮したりして交感神経が優位になると、血圧が上がることがあります。
それがアレクサンダー・テクニークを思い出すことで副交感神経が優位になり、落ち着いて少しリラックスしたような状態になると血圧が下がる。
そんな風に効果のような形となって現れたんだろうと思います。

アレクサンダー・テクニークが直接的に高血圧に効果があると言うことではありません。
自分の使い方を整えると、自律神経の働きが整うことがあるんだろうと思います。
自分の使い方が生来の状態になると、上がっていた血圧も下がることがあるし、不要な緊張や無駄な力を使わずに動いたりすることが出来ることになるんだと思います。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

アレクサンダー・テクニーク

読了までの目安時間:約 3分

アレクサンダー・てあて整体スクール

今日は久しぶりにアレクサンダー・テクニーク個人レッスンを受けてきました。
あら木はアレクサンダー教師ですが、アレクサンダー教師も個人レッスンを受けます。
やってばかりじゃないんですね。
お願いしたのはアレクサンダー・テクニーク東京スクール ディレクターの石坪佐季子さん。
あら木のアレクサンダー・テクニークの恩師・親分です。
佐季子さんの元で10年掛かって、いや掛けてアレクサンダー教師になりました。
だから頭が上がらない ・・・ と言うことは全然ない。(笑)
そこのところが面白いところですね。

個人レッスンはひと月かふた月に一回は受けるようにしています。
いろいろと確認したり聞いてみたり情報交換の意味もあります。
今日のテーマは「首の自由さ」と「歩く止まる(立つ)」でした。
テーマは決めていくこともあるし、決めないこともあります。
テーマがなくてアレクサンダー・テクニークを受けるとどうなるか、何もなくても様々な変化や気づきがあります。
気づきと言うか思い出したり発見したりすることです。
今日は確認の意味と再確認の意味と感じることと感じなおすことをやろうと決めて来ました。

佐季子さんの手は何かを示唆する手でも指示する手でもありません。
でも意図はある。
こちら側にも意図はある。
でも、何かをするのではなく、どうなるのかを見守る。
やろうとしてしまうこと、気付かずにやってしまうことを、やめておく。
そのことで何かが起こるのか、もしくは起きてくるのか。
そこの確認や再確認でした。

全く新しく気がついたこともありました。
10年以上やっているのに、気がついていないことがまだまだあるんですね。
確認と再確認も出来ました。

終わってから少し話をしました。
これからのことや今のこと。
来年、カルチャーでの指導が始まるらしく、カルチャーの指導では先輩の僕から少し話をしたりして。
年の終わりに来ておいて良かった。
来年のことを考えるのに少し整理がついた気がします。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

前脚と後脚 どちらで歩いてますか?

読了までの目安時間:約 3分



歩く時にどちらの脚に意識がありますか?

歩く時に脚のことなんか考えてないよ!
はい。
そうですよね。
普通そうです。
では、あえて言うならどちらですか?
前脚に意識がある?
それとも後脚?
聞き方を変えるなら。
前脚を前に出して歩いてますか?
それとも後脚で地面を押してる感じがしますか?
どっちでしょう。

歩く時にどちらかと言うと前脚に意識がある人が多いかもしれません。
でも後脚に意識がある人もいる。
どちらの人もちょっとイメージ変えてみると面白いですよ。

両脚を同時に使って歩いてみましょう。

どんな感じでしょうか。
いつもと違う?
でも、実際に良く観察してみると、歩いている時は両脚で歩いています。
当たり前ですね。
前脚を出すだけで歩こうとしても、後足に重心が乗っていて移動しません。
逆に後脚だけで歩こうとすると、前傾して前足に体重が乗ったところで止まります。
だって前に出た足は、その時まだ前足なので動けないからです。
面白いでしょ。
えっ!?
面白くないですか?
ま、試してみましょう。

上の写真はアレクサンダー・テクニークのグルーップレッスンをしている時の写真です。
日舞の歩き方をやってみようと言うことになり、日舞を習っている人に教えてもらいました。
腰を落とし摺り足で移動します。
これがなかなか上手くいかないんですとのこと。
ちょっと意識を変えて、いつもと違うイメージでやってみることを試しました。
それが「両脚を動かして歩く」でした。
普段、実は普通にやっていることですが、意識はしていなかった。
これだけで、歩き方も体感も変わりました。

違和感がある時や上手くいかない時には、習慣的な方法や習慣的な考え方から離れてみる、と言う方法もあります。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>

名古屋でアレクサンダー・テクニーク グループレッスンやります。

読了までの目安時間:約 3分

9月19日(火)18:00から19:00まで、伏見にある名古屋市短歌会館2階でアレクサンダー・テクニーク グループレッスンをやります。
栄のチャコットさんで隔月で講座をやっているので、その間の月に募集をするようにしようと思っています。


アレクサンダー・テクニークはFMアレクサンダーさんが発見した、頭と首と背中の関係が自分の使い方に大切だということと、その指導方です。
姿勢だとか歩き方だとか立ち方だとか。
その人のクセや習慣的になってうまくいかなくなったことを、何とかする時に役に立ったりします。
欧米では音楽家やダンサーや俳優さんなど、自分を使って表現したり仕事をしたりしている人には必須となっています。
自分の使い方がうまくいかなくなると、困る人たちだからですね。
とは言えアレクサンダー・テクニークはピアノの弾き方とかダンスの踊り方などを教える訳ではありません。
ピアノを引くその人、ダンスを踊るその人の自分の使い方。
だから音楽家でもないダンサーでもないアレクサンダー教師(※1)が、楽器演奏やダンスを題材に指導することができるんです。


何だか上手くいかないことがある人
体がギクシャクしている。
歩き方が気になる。
座っていると疲れる。
パソコンしてると肩がこる。
ダンスが上手くいかない。
楽器演奏が変な時がある。
ちょっと体のことに興味がある。
アレクサンダーって何!?


1時間のグループレッスンなので、人が受けているところも見られます。
どんな変化があるのかも発見しやすいかもしれません。
受けやすい金額なので気軽に来て下さい。
特に何も問題なく、ただアレクサンダー・テクニークに興味があるって人でも大丈夫です。
おまちしています。


【 アレクサンダー・テクニーク グループレッスン 】

日時 : 9月19日(火)18:00~19:00
場所 : 名古屋市短歌会館2階(伏見駅1分)
料金 : 3,000円/人
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230


川崎8・てあて整体スク-ル



手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

AT グループレッスン

読了までの目安時間:約 3分

ATグループレッスン・てあて整体スクール

アレクサンダー・テクニークのグループレッスンの募集を始めたら、夏休みだったのでバレエをやっている男子高校生が来てくれました。
グループと言いつつ彼しか参加者がいなかったので個人レッスンでしたけど。
高校生だったんですが卒業研究があり、「アレクサンダー・テクニークと怪我」について考えたいと言うことでした。
卒業研究と言うことだったので、これからまた何度か来ることになりそうです。
とは言え、彼自身のバレエとアレクサンダー・テクニークと言うところで、レッスンを始めました。


バーレッスをする時にクセがあるようで、そのことを題材にしました。
自分がやっていることに気がつかない、と言うことに気がついてくれました。
そこは大きなポイント。
でもそこからは・・・
幾つかの発見があり、自分としても気をつけながら、あるいは気がついた状態でレッスンをしてみるということにしました。


9月15日と29日の金曜日にもグループレッスンを募集しています。
彼のように一人でも開催します。
また、スタジオでやりたいと言う場合は相談に乗ります。
何人か集まれば、そこでレッスンをしますよ。
連絡してください。
場所は日本全国どこでも大丈夫。
特に関東と名古屋近郊なら交通費もかからないので行き易いです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

AT グループレッスン 9月

読了までの目安時間:約 3分

9月のアレクサンダー・テクニークのグループレッスンです。
まだという人はぜひどうぞ。


体の使い方に興味がある人。
クセや変な習慣から抜け出したい人。
姿勢や歩き方を見直したい人。
自分を感じる時間をもって見たい人。


先ずはグループレッスンからどうぞ。
アレクサンダー・テクニークは習慣的になった行動や考えや反射みたいなものを、一度立ち止まって見直し自分本来の動きや考えを取り戻すためのワークです。
手で触れるハンズオンワークという方法や、体を動かしながら試すアクティビティーやゲームなど、いろいろな方法で学んで行きます。


【 AT ウィークリー グループレッスン@東京 】

日時 : 9月15日(金)11:00~12:00
       29日(金)11:00~12:00
場所 : てあて整体院(大泉学園駅7分)
     練馬区東大泉 5-27-18-A
料金 : 3,000円
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230


【 AT ウィークリー グループレッスン@名古屋 】

日時 : 9月19日(火)18:00~19:00
場所 : 名古屋市短歌会館(伏見駅1分) 地図 >>>
     名古屋市中区錦 2-13-22
料金 : 3,000円
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230


名古屋チャコット1608251・てあて整体スクール

セッション5・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

アレクサンダー・テクニーク

読了までの目安時間:約 4分


先日、アレクサンダー教師の大大大先輩の細井史江さんのワークショップに参加して来ました。


細井WS/てあて整体スクール

細井さんは英国のSTATでアレクサンダー・テクニークを学ばれ、日本においてはアジアで唯一のSTAT公認アレクサンダー・テクニーク教師養成校の校長先生でもあります。
とは言えとてもチャーミングな女性。
STATとは英国に設立されたアレクサンダー・テクニーク教師養成校です。
もう一つATIと言うアメリカに設立された国際認定団体がありますが、あら木はそちらの系列の日本国内の教師養成校で学んで卒業してアレクサンダー・テクニーク教師になりました。
日本ではSTATの先生とATI系の先生がどちらも入っている日本アレクサンダーテクニーク協会があり、その繋がりから情報を頂いて行くことにしました。


今回のワークショップは「ATって何?私の考え」と言うお題でしたので、座って聞く講義だとばかり思って行きましたが、蓋を開けてみるとアレクサンダー・テクニークのイントロ(導入)ワークショップのようなものでした。
話を聞くだけではなく、椅子に座ってのワークや床に寝てのワークがありとても得した気分になって帰ってきました。
お話を聞きワークを受けてみて、やっぱり同じアレクサンダー・テクニークなんだなぁとしみじみ思いました。
英国と米国だからやっぱり違いはあるんだろうかと思っていましたが、本質的な違いはなく、話されてる内容も共通するものでした。
参加された方から、「これを外さなければアレクサンダー・テクニーク」ってどんなものですかと質問があり、これに答えていたものが明確だったのでメモしておきます。


・習慣の強い力に対する認識
・インヒビションとnon-doing(何かをしないこと)
・感覚的評価の不確かさに対する認識
・方向づけ(ダイレクション)を送ること。
・プライマリーコントロール


これは細井さんが翻訳し最近出版された「アレクサンダー・テクニーク ある教師の思索」の第五章p159に書いてあるものです。
この本は細井さんの先生の先生でFMアレクサンダーさんから直接テクニークを学んだパトリック・マクドナルドさんの本。
アレクサンダー教師が忘れてはならないことを、とても明確に表現されています。
良い勉強をさせて頂きました。

※詳しいことを知りたい方は、個人レッスン受けに来て下さい!(笑)




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

アレクサンダー・テクニーク ウィークリー・グループレッスン (AT WGL)

読了までの目安時間:約 3分

今月からアレクサンダー・テクニークのグループレッスンを定期的に行います。
定期的と言っても断続的と言った方が良いのかもしれません。
毎月、平日の数日を決めて募集します。
待ってますよ~


アレクサンダー・テクニークは聞いたことがあるけど、まだ受けたことはないと言う人や。
体のことに興味があって受けてみたいと思っていた人。
歩き方や姿勢が気になっている人。
上手くいかない動きがあって何とかしたいと思っている人。
楽器演奏や声を出す時につまずくことがある人。


そんな人は先ずはグループレッスンから始めてみませんか。
アレクサンダー・テクニークは習慣的になってしまった行動や考えや反射のようなものを、もう一度立ち止まって見直し、本来の動きや考えを取り戻すためのワークです。
ハンズオンワークと呼ばれている手で触れる方法や、実際に体を動かしてみるアクティビティーやゲームなど、時々に応じた方法で学んで行きます。
今月は『姿勢』をテーマに進めようと思います。
姿勢は自分の使い方の結果そうなったもの。
自分がしている姿勢を見直してみようと思います。


【 アレクサンダー・テクニーク ウィークリー グループレッスン 】
~ 8月のテーマは『姿勢』 ~

日時 : 8月17日31日(木)11:00~12:00
場所 : てあて整体院(大泉学園駅7分)
     練馬区東大泉 5-27-18-A
料金 : 3,000円
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230


名古屋チャコット1608251・てあて整体スクール

セッション5・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

第30回 日本臨床整形外科学会 学術集会

読了までの目安時間:約 4分

アレクサンダー仲間が日本臨床整形外科学会で演題発表すると言うので行ってきました。


日本臨床整形外科学会・てあて整体スクール

先月あったアレクサンダーの会合でこの話を聞きました。
アレクサンダー・テクニークについて医療関係の学会で発表するので、時間があったら見に来てね、と言うものでした。
どんなことをどんな風に発表するんだろうという、出歯亀根性と純粋な知的好奇心で、時間を作って行ってきました。
演題は


「咬合関連症候群に対する心身への効果測定 ~ 歯科による評価を参考にリハビリテーションを進めた例 ~」
「うつ病を併発した腰痛患者に対し心身教育法アレクサンダーテクニックを用いた例」


二つ連続しての発表で、一つ目は整形外科と歯科のコラボレーションによって、咬合関連症候群に対して効果が出たと言う報告でした。
この中でもアレクサンダー・テクニークについて触れられていましたが、軽く触れる程度で、次の演題への導入になっていたように思います。
二つ目はアレクサンダー・テクニークの紹介と(今回は)うつ病への対応についての発表でした。
こちらの演題ではアレクサンダー・テクニークが欧米の芸術大学で教育の一環として使われいることや、アレクサンダー・テクニークとはどういうものかと言うこと、臨床でのアプローチ方法などについて報告されていましたた。
うつ病の方へのアレクサンダー・テクニークによるリハビリテーション(と言う表現でした)によって、臨床でどんな結果があったかと言う部分では、①症状②活動性③精神的安定性についてそれぞれ全ての項目で効果があったことが報告されていました。


アレクサンダー・テクニークは心と体の双方にアプローチする方法として、これから必要性がましてくることだろうと締めくくられていました。
司会を勧めていた座長が理解がある方だったからか、好意的な質問や提案があり、とても有意義な発表だったとアレクサンダー教師として思いました。


たまたまだったんですが、次の演題が「腰椎椎間板ヘルニアにおける職業内容によるODIを用いた運動療法の効果の検討」だったので聞いてきました。
おおまかに言うと、椎間板ヘルニアに対して運動療法をすることで、デスクワーク群と重労働群でSLR角度に変化が出るかと言う発表でした。
下肢屈曲角度の大きさで柔軟性を見ているようでした。
結論は『腰椎椎間板ヘルニア患者の運動療法では、職業内容に応じた個別のプログラムを設定することが重要である。』と言うものでした。
いろいろありますけど、この内容をアレクサンダー・テクニークを利用したリハビリで検証してみたいなぁと思いました。
考察として、「重量物に耐えうる固有筋力強化を目的とした体幹トレーニングや職業内容に応じた動作練習を実施する云々」とありましたが、この部分にアレクサンダー・テクニークが活かされる可能性が大きいのではと思いました。





整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

アレクサンダー・テクニーク 個人レッスン

読了までの目安時間:約 4分


毎月一回アレクサンダー・テクニーク個人レッスンを受けに来てくれている方がいます。


アレクサンダー・てあて整体スクール

普段は写真右のように座っています。
どんな感じですか?と聞くと、普通ですとの答えです。
そりゃそうです。
いつも座っているのがどんな感じかと言われれば普通ですよね。
質問の仕方が間違っていました。
どこか詰まっているような硬くなっているような感じしますか?と聞いてみました。
ああぁ・・・ 特にないですかね。と言う答えでした。
そうですよね。
普通に座っているんだから、特に固くなっているところや辛いところがある訳ではない。


そこで座り方を少し見直しました。
骨盤の下にある坐骨を感じてもらいました。
坐骨・骨盤から背骨が出ていて、背骨は腰・胸・首と繋がって、その上に頭が乗っている。
頭は横に寝かせた茹で卵の形。
そして少しハンズオンワークをしました。
ハンズオンワークはアレクサンダー教師が手で触れるワークです。
そのまま坐骨を前後に揺らしてみてもらいました。
そうすると写真左みたいになった。
右と比べると背中が伸びているように見えます。
首の辺りも力画抜けている。
でも、胸を張ってもらった訳でも、背筋を伸ばしてもらった訳でもありません。
どこかに力を入れて姿勢を直してもらった訳ではないんです。
(ここら辺りはワークを受けてもらわないと分かりにくいかもしれません。)


どうですか?どんな感じがしますか?とまた聞きました。
ああぁ・・・普通です、でもいつもよりも少し軽いかも。
そうですか、では今の感じ、首や胸や腰や股関節当たりや脚の感じを覚えておいてくださいね。
は・・・はい。
では、こんどはいつもの普通の座り方に戻りましょうか。
はい。


そうしてまた写真右のような座り方に戻りました。
今度はどうですか?いつもの普通の感じの座り方ですけど?
ああ、そうですねちょっと固いところがあるかも。
どの辺りですか?
ええっと首と肩かな。


そうなんですよね。
いつもの姿勢はいつもの姿勢だから普通なんです、いつもは。
でもそうではない姿勢をしてみた後に、注意して観察してみると、ちょっと違和感があるところが浮き上がってくる。
そんな体験をしてもらいました。


いつもの姿勢が良いとか悪いとかではないんです。
いつもの姿勢が実はどんな感じなのか。
分かりにくくなっているいつもの自分や、知らず知らずのうちにそうなっている自分を感じてもらうことから始めます。
左みたいに力が抜けているのが、いつもの自分になれたら良いですね。
お疲れ様でした。


患者さん・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

1 2 3 9