整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

やっぱり思いだよなぁ。

読了までの目安時間:約 5分

バレエホリデイ・てあて整体スクール

4月29日30日は上野の森バレエホリデイで【バレエの”からだ”診断】をやりました。
当日の様子などについては別に書きました。
・上野の森バレエホリデイ【バレエの”からだ”診断】>>>
・やって良いこと悪いこと >>>


今回は内容とは別に思い知ったことです。
自分自身の話です。
オン・ポワントという会社から連絡があったのは2ヶ月以上前だったと思います。
バレエ関係の書籍を出版している出版社の子会社として、出版だけでなく様々な企画をしている会社です。
会社とは言っても社員は2人。
うち一人が実は昔の患者さんでした。


先生、ごぶさたしてます。
実はこんな企画がありまして。。。


そこで今回の上野の森バレエホリデイの話を聞きました。
昨年もゴールデンウィークにやっていたそうですが、そのことは知りませんでした。
バレエにまつわる様々なことを集めて、最近の言葉で言えば”フェス”のようなものを開催するということでした。
舞台上では東京バレエ団とノイズムの公演があり、そのバックステージツアーや公開ゲネだけでなく、練習風景を見せたり、バレエレッスンがあったり。
ホワイエ(エントランスなど)では小物やウェアや稽古着などの販売。
だけでなく、バレエ似顔絵やバレエ占い、カラーセラピーやバレエ集団のグッズ販売まであります。
そこの一区画で【バレエの体診断】のようなものが出来ないかということでした。
一人一人にあったストレッチや体の使い方など、話を聞いてその場で指導するようなものです。
いつも整体院でやっている個人セッションのようなものだと思いました。
どうしようか。
考えました。
営業時間は10:00から18:00まで。
休憩を入れれば実質7時間しかありません。
催事場のような場所に一区画に小さなベッドと簡易バー(バレエバー)を持ち込んで、30分くらいで話を聞いてその場で答えを出す。
話をしたりストレッチなど指導することは問題なさそう。
でも人が集まるのか。
そこがポイントでした。
20分から30分くらいで2000円から3000円くらい。
稼働7時間として時間稼働率50%と考えると、7人くらいしか見られません。
細かい計算は別にして、売上から出店料と交通費やベッドなどの宅送費など費用を考えると、どんなに計算しても売上と経費が拮抗します。
ようするに金銭的な儲けが全くない。
人が集まらなければ赤字も覚悟ということになります。


どうしようか。


正直な話をしました。
昔の患者さんで話やすいと言うこともあったと思います。
そこから色々な話をしました。
どうして似顔絵や占いまであるんですか?とか。
どうしてバックステージツアーがあるんですか?とか。
バレエ大学ってどんなものなんですか?
バレエとワインって・・・


バレエの良さバレエの楽しさをもっと知ってもらいたい。
どんなことがきっかけでもバレエに近づいてもらいたい。


その熱量がものすごかった。
占いとか似顔絵なんてって思うんですけど、去年やってみてお子さんたちが楽しそうに書いてもらったりしているんです。
そこからまたバレエが好きになってくれたら。
みたいな話です。
だから先生のバレエ診断は大人バレエな人たちに絶対に受けて欲しい。
そんな話もされました。


やっぱり思いだよなぁ。


そう思いました。
損益計算やマーケッティングやそういうことも大切。
だけど強い思いがあれば何とかなるんじゃないか。
強い思いがなけりゃ、何かをやったって意味がないんじゃないか。
で、いろいろと考えた結果、いろいろと考えるのをやめてやってみようと言うことにしました。
ちょっと出店契約の相談はしましたけど。。
結果は20人の人に受けてもらいました。
初日は13名。
二日目は7名でした。
初日は休憩を除けばほぼ満席。
二日目は後半失速しましたが、これはたぶん休憩の取り方の失敗です。
小売を長くやっていたのに、そこを外したのは僕の個人的な間違い。
一般的な計算とは違って盛況だったことになります。
オンポワントさんにも赤字にはならない数字だったと思います。


忘れていました。
思い。
大切です。
これがやりたい。
これを伝えたい。
そこを忘れないようにしなければと思います。

上野の森バレエホリディ 【バレエの”からだ”診断】

読了までの目安時間:約 5分

4月29日30日の両日、上野の東京文化会館大小ホールのホワイエで、上野の森バレエホリデイというイベントがありました。
その中で【 バレエの”からだ”診断 】というブースの担当をしていました。
バレエをやっている人たちの体や体の使い方、テクニックや日頃の悩みを聞いてアドバイスするというものです。
大ホールで出店していたお店の殆どはバレエウエアや小物を販売していました。
小ホールでは似顔絵コーナーやバレエ占い、カラー診断やカラーポワントというグループもいました。
そんな中で体を扱うブースは異色だったと思います。


バレエホリデイ・てあて整体スクール

イベント自体は東京バレエ団やコンテンポラリーダンスのノイズムの公演を中心に、バックステージツアーや公開リハーサル、初めてのバレエレッスンなどもあり本当に沢山の方がいらっしゃっていました。
【バレエの”からだ”診断】は二日間で大人も子供も合わせて20名の方々に来て頂きました。
約30分時間を取ってお話を聞き、その人に必要なストレッチ方法や体の使い方、日常的なケアや注意事項などをアドバイスさせていただきまました。
概ね喜んで頂けたと思っています。
ご来場頂いた皆さん
ありがとうございました。
大人と子供を半々くらい見させて頂きましが、大人には大人の子供には子供の傾向があったように思います。
少しだけ書いておこうと思います。


大人バレエな人の故障やテクニックの問題について。
腰や脚などどこかが痛い人とターンアウトが出来ないという人が殆どでした。
痛みの原因・遠因は疲れ。
疲労が蓄積していて体が固くなり、同時にターンアウトが出来ていないためにテクニック的な問題が起きていました。
疲労については出来ることを出来るだけやってもらう。


・レッスン後のストレッチ。
・レッスンのない日に軽い運動とストレッチ。
・睡眠時間を取る。
・湯船に浸かる。
・アイシング。


ターンアウトは文字にはなかなかしずらいんですが、爪先を横にした形ではないということです。
ターンアウトは運動で全てのパの前提になっています。
ターンアウトをしながら脚は動くし、体も動きます。
タンデュもロンドゥジャンプもパッセもアラベスクも大きな動きも全てです。
いつやるかではなくて、バレエはターンアウトをしながら何かをしているものです。
そこの確認と実際にターンアウトをしたらどうなるかと体験してもらいました。
全員が「えええ~っ!こんなに大変なんですかっ!?」と言っていました。
そうです。
そんなに大変です。
最初はそうし続けることが大変ですが、そうなるようになってしまえば気になることはありません。
スタジオでバーを持ったりフロアに立つとスイッチが入るようになります。


子供の問題はいくつかありました。
ひとつはお母さんがバレエと子供の一般的な発育を知らないために心配している。
例えばスタジオに行くと他の子供は軽々と開脚していると思ってしまったり、自分の子供だけが何かを出来ないと思ってしまったり。
子供の発育は年次や月次でかなり差があります。
10歳前後までは同じ学年でもかなり大きな違いが出て普通だと思っていないようでした。
背の高さも誕生月で全然違うのと同じです。
軸やターンアウトについて説明をされていない子供が多かった。
多くのスタジオでは説明をしていると思いますが、今回来た子供さんたちはターンアウトは「爪先をもっと外」くらいしか言われていないようでした。
また、少し早くトウシューズ(ポアント)を履いているように感じる子供が多かった。
トウシューズ(ポアント)は成長や筋力がある程度出来てから、というのが国際的に言われていることですが、日本では国際ダンス医科学学会のガイドラインを大きく逸脱した年齢履かせていることが増えているようです。
他の教室では何歳から履いている、ということで教室選びをするような傾向があるのかもしれませんが、筋力に見合った年齢で履かせてあげないと、正しく立つことが出来なくなります。


バレエホリディ2・てあて整体スクール

バレエをやっている方だけを二日間20人ずっと見続けて、いろいろと考えるところもありました。
やらなきゃいかんことがあるなぁと思っています。
大人バレエだけでなく子供バレエについても少し考えます。
ありがとうございました。

打ち合わせ

読了までの目安時間:約 2分

4月29日30日と上野の森バレエホリディの「おとなマルシェ」に、【バレエのカラダ相談(仮)】としてブースを出します。
その打ち合わせで東京大学の前にある事務所まで行ってきました。


ブースのレイアウトはどうなのか。
パーテーソションや備品はどうするか。
搬入は? 搬出は?
セッティングはどうする?
お金の受け渡しは。
そして当日はどんなことをどんな風にするのか。
内容についても打ち合わせをしました。
なかなかです。
なかなか良い感じです。
ワクワクすると言っていただきました。
面白いものになると思います。


普段、整体院に来てもらってやっている個人セッションのようなものになると思います。
ストレッチや体の使い方。
プリエやターンアウトの話。
軸はどこかどうやって感じるのか。
先生の言っていることをどう解釈すれば良いのか。
アノ人は出来ているのにワタシは出来ないのは何故か。
故障を防ぐには。
故障をしたらどうするか。
などなど。


ブースの名前がカッコ仮(仮)になっているので、決まり次第お知らせしようと思います。
4月29日30日10:00から18:00まで。
およそ25分くらいで3000円前後の金額。
悩んでいることの相談を受けます。


オンポワント・てあて整体スクール

打ち合わせをしながら驚いたのは、まるでペアルックのように色と素材とテイストが似た服を着ていました。
紺とカーキ!
これなら話も合いますね。
良い企画になればと思います。
がんばります。