整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » アーカイブ

女性で整体を始められる理由で多いのは何ですか?

読了までの目安時間:約 4分

整体スクール見学の方に聞かれたことシリーズです。
「女性で整体を始められる理由で多いのは何ですか? また、何歳位までの方が勉強しにいらっしゃいますか?」です。


年齢は62歳が一番上だったと思います。(たしか男性も同じ)
多いのは30・40・50歳代です。
派遣や契約で仕事をしている方が多いですが、フルタイムで働いている方や主婦の方もいます。


勉強の目的は「仕事にしたい。」と言う方が一番だと思います。
でも男性みたいに「開業するぞっ!」って感じではなく、今の仕事を続けながらだとか、自宅で少しずつ始められたらだとかが殆どです。
店舗を契約して開業すると言うイメージを描いている方は殆どいませんが、話を聞くと勉強して身体に関する仕事をして行きたいと言うことになります。
と言うことは開業ですね、といつも確認したりします。(笑)
次に多いのは、ピラティスやヨガやマスターストレッチなど「他のスキルと合わせて使いたい。(開業したい。仕事にしたい。)」です。
OLさんでピラティス・インストラクターを週1回だけやっているだとか、派遣社員でヨガのインストラクターをしたいだとか、マスター・ストレッチや他のスキルと合わせて使いたい、出来ればそれでスタジオを開いて仕事にしたい。
既にピラティスやヨガのスタジオを持っていて仕事にしているインストラクターの方が勉強にくることもありますが、今はこれからと言う人の方が多いですね。
そして、家族のためと言う方。
バレエをやっているお嬢さんのためにとか、家族や周りに腰痛・肩こりなど調子の悪い人が多いだとか言う方々です。
でも、よくよく聞いてみると、勉強して卒業して少しずつやってみて、いつかお金を頂いて出来るようになるかもしれないなぁ、なんて思っている方もいらっしゃいます。
最後に身体に興味があると言う方もいます。
開業や仕事にすることは本当に考えていないけど、自分の身体も含めて身体に興味があるので、手技を習ってみたいと言う方です。


女性の場合は、はっきりと開業と言う方は少ないですが、ふんわりとそんな風になれたらいいなぁと思っている方が多いように思います。
店舗や白衣を着ているイメージは出来ないが、身体のことを学んだり人に触れたりすることを学びたいと言う気持ちがあるようです。
ひょっとして時代の要請?と思うこともあります。
人には言葉や情報だけでなく、人が手で触れる必要が出てきているんじゃないか?と思ったりします。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

手に仕事をさせない

読了までの目安時間:約 3分

整体などの手仕事をする時、『手に仕事をさせるな。』と言います。
ドント・レット・ユア・ハンズ・ジョブ!
( Don't let your hands job! )
これ、どう言うことでしょうか。


整体の仕事を覚える時、何も考えなくても出来る位まで練習をします。
頭で考えなくても、手が勝手に動くまで練習する。
何度やっても同じように出来るようになるまで練習します。
その上で、手に勝手に仕事をさせない。
常に自分がしていることに気がついている状態で整体をします。
勝手に手が動くようにはしない。
何度やっても同じように出来る技術やスキルを。
自分がいま何をやっているかに気がついて。
どんな風にやっているかに気がついて。
コントロールしながら、コントロールしなくても出来る技術・スキルを使って整体します。


不思議ですね。
手が勝手にやってくれるんなら、任せばイイのに。
そうはさせません。
仮に毎日くる患者さんであっても、毎日違う状態です。
昨日と今日とは別の人です。
同様にする側の自分も別の人です。
昨日と同じ人かもしれないけど、同じ状態ではない。
それを知って感じた上で分かった上で整体をする。


そうしないと、驚くような失敗をすることがあります。
信じられない見落としをすることがあります。


だから。
手に仕事はさせません。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

触診で何が分かるのか。

読了までの目安時間:約 4分


触診は手技療法の基本と言われます。
骨格調整は触診で7割が決まるとも言われます。
長年手技をされている先生方には当然の事ばかりですが、触診する時に考えている事や注意することなど書いてみようと思います。


触診は変わります。
経験数や触れ方によってどんどん分かることが変わる。
「解像度が上がる。」感覚です。
最初は触知できなかったことが、少しずつ分かってくるようになる。
それは方法を変えたからと言うことではなく、数、です。
どうしても数をこなさないといけない。


でも、数、だけではない。
触れている時に、何に触れているのか、何を知ろうとしているのかを考えて触れることです。
カクテルパーティー効果って聞いたことありますか。
カクテルパーティーでは目の前で喋っている人の声が良く聞こえます。
でも同じ場所に集音マイクを置いて録音すると、目の前で喋っている人の声は、他の人や雑踏と同じ音のレベルになっている。
雑音の中に埋もれてしまって、聞き取利にくくなります。
人は目の前の人や聞きたいと思っている人の声を、選択的に聞き取る能力や性質があります。


触診も同じ。


何に触れようとしているかを考えながら触れるようにします。
そうするとソレのことが触知しやすくなる。
例えば骨。
例えば筋膜。
例えば筋肉。
例えば内臓、血管(血流)、リンパ、水分、呼吸 ・・・
今、何に触れようとしているのか。
それを念頭に置いて練習します。


もう一つ。
洋服や皮膚以外は、直接触れられない。
ってことです。
触診の最初は、骨のズレを感じるようにしたりします。
骨は皮膚の下、筋肉お底の方にあります。
なのでどうしても強く押してしまう。
でも、直接は絶対に触れられないんです。
骨の上の骨膜の上の筋膜に包まれた筋肉の上の皮下組織の上の皮膚の上の洋服の上からしか触れることは出来ない。
強く押してしまうと、筋肉の反射によって筋肉が硬くなり分かりにくくなってしまうことさえある。
だからソフトに。
骨を感じようと思って。
海底の地形を探るソナーのように触れていきます。


触診イラスト

こんな感じです。(青が指、黒が骨)
強く押し付けない。
触診には他にも色々と注意があります。
それはまた別の機会に。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

怒る整体師

読了までの目安時間:約 3分

先日、来院された患者さんから問診をしていたら、「以前、受けていた整体師の先生に随分怒られた。」とおっしゃっていました。
どういうことか。
ストレッチの指導を受けていた時の話だそうです。



普通はこれくらい出来るはずだ。
出来ないのは一生懸命やっていないからだ。
痛いのはやり方が悪いからだ。
自分はこんなのはすぐに出来た。



と言うようなことだった。
たしかに、怒られている感じです。
整体院でストレッチ指導をすることは良くあります。
特にバレエやダンスをしている人が多いので、てあて整体院でも様々な方法を教えます。



でも怒りはしない。(笑)



どうして怒るんでしょうか。
患者さんが上手く出来ないことに腹を立てていると言うことでしょう。
真面目な先生なのかなと思います。
でも、怒らなくても良いと思います。
自分と相手(患者さん)の常識が違うことを認識していない可能性があります。
整体師は様々な年齢・性別・体格・生活習慣の患者さんを見ます。
自分と同じような属性(年齢・性別・体格・生活習慣)の人ばかりではありません。
どちらかと言うと、自分とは違う属性と常識を持っている人が多いように思います。



例えば。
運動に対する考え方。
痛みに対する考え方。
体に対する考え方。
整体に対する考え方。
治り方に対する考え方。
などなど



その違いを知った上で話をするのが整体師の仕事です。
自分の考えを押し付けるのが仕事ではないと思います。



■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

手仕事

読了までの目安時間:約 2分

整体は全て手でする手仕事です。
手の感覚が全てです。


手で感じ。
手で触れ。
手で整えます。


それなのに。
手に仕事をさせるな、と言います。
Don't let your hands job!
何故でしょう。


体が覚えてしまった動きを、無意識に反射的に出来るのは一つのスキルです。
何度やっても同じように出来ることは大切です。
でも相手はいつも違います。
同じ人であっても、同じ日であっても、日々刻々違います。
それを感じることが必要で、感じたことに対応することが必要です。


体が覚えている動きやスキルを、自分で使うのが手仕事です。
手に仕事をさせてしまっては、自分の仕事ではなくなります。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>