整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

吉野家で鯵の開き

読了までの目安時間:約 3分

牛丼の吉野家の前を通ったら、ポスターが何枚か貼ってありました。
魚の開きの定食と鶏の丼物です。
以前は吉野家と言えば牛丼でした。
競合他社も最初は牛丼だけでした。
そして価格戦争に突入。
暫くするとメニューが多様化して来ました。
吉野家は割合と頑固に牛丼にこだわりがあったように見受けられましたが、最近はそうでもないようです。
ハンバーガーショップのチェーン店も、少し多様化を模索し始めている印象があります。
立ち食い蕎麦のチェーンはずいぶん早くからメニューの多様化に突き進みました。
回転寿しも同じような様相です。


では牛丼専門店やハンバーガー専門店や蕎麦専門店は、みんなそうなのかと言うとそうではない。
鰻屋さんや(回らない)寿司店を想定すると分かるように、ある程度以上の料金体系のところは単品目で勝負しています。
低価格帯で勝負していたチェーンが、メニューの多様化を模索していると言う事のようです。


どうしてでしょうねぇ。


つい考えてしまいます。
飽きられたと見る向きもあると思いますが、僕はちょっと違います。
何というかお客さんに余裕が出てきたのではないかと思います。
金銭的にと言うことと、考え方的にと言う事があるように思います。
それと一般的な業界の動き。
どんな業界もそうですが、新しい業態が出てくると先ずは同じような競合他社が出て来ます。
市場が飽和し始めると、低価格化進みます。
その過程で同じ業態で高価格帯を狙う所も出て来ます。
低価格化していった側の業態では、低価格化が限界まで来そうになるとメニューの多様化が始まります。
その中で残っていく店が決まってくる。
それを横目で見て、また新しい業態が出てくると。
牛丼チェーンは最初から高価格帯の老舗がありましたから、高価格帯の専門店が出る前にメニューの多様化に進んでいるような気がします。


60分2980円のリラクゼーションサロンはどうでしょう。
整体とお客さん側は思っているお店です。
今はたぶんメニューの多様化に進み始めている時期だと思います。
一般的な整体院は高価格帯の専門店かリラクゼーションと競合しない別の機能を持った専門店化が必要なのかと思います。
見ていても残っているサロンやお店はそんな感じですね。
個人で経営している整体院が、自分の所は60分2980円のサロンと競合していると思ってしまったら、先は厳しいと思います。
低価格化には体力(資金・規模)が必要ですから。

胸椎の触診

読了までの目安時間:約 2分

頚椎触診・てあて整体スクール

胸椎の触診をしている写真です。
整体の勉強を始めた頃は、患者さんにうつ伏せになってもらって頚椎の触診をして歪みを触知してから、仰向けになってもらって再度触診をするようにします。
最初から仰向けで胸椎の触診は難しいからです。
当たりをつけると言うんでしょうか、およそこの辺りが歪んでいたいと分かった上で触診すると分かり易いからです。
とは言えそんなことをずっと続けてもいられません。
暫くすると仰向けで触診をするようにします。
生徒さんはうつ伏せからの仰向けにしたいんですが、あら木が指示します。
今日から仰向け。
最初は困りますね。
でも必要なことです。
今日は卒業生が来ていたので、当然、仰向けで触診をしてから骨格調整をしてもらいました。
見ているとちょっとやりにくそう。
仰向けになった患者さんの頭方から、背中に手を入れるんですが、それがスムーズに出来ない。
慣れていないとたまにあります。


手は患者さんの背中につけて入れるんじゃなくて、手の甲をベッドに押し付けるようにしてズズズッと入れるんです。


え~そ~なんですか。
と言いながら手を差し入れた時の写真が上の写真です。
あはは~ウソみたい。
いつもは手を差し入れるのが大変だったようです。


こういう単に体の使い方については、割と簡単にアドバイスします。
でも自分で感じなければいけないことは教えません。
と言うか教えられません。
自分で感じることですから。
触診で分かることは本人にしか分かりません。
でも触診の方法については教えます。

5月15日から18日は名古屋で骨格調整授業です。

読了までの目安時間:約 1分

てあて整体スクール・あら木です。
てあて整体スクールには東京と名古屋に教室があります。
名古屋は毎月4日連続で集中的に授業をやっています。
今月は5月15日から18日が授業の日で内容は骨格調整です。
骨格調整だけを受ける専科もあります。
今からでも申込は大丈夫です。
問合せお待ちしています。


てあて整体スクール 名古屋教室

愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
2階 整体ハスハナ内
teate@nifty.com
03-3922-7230

授業日程 :
5月15日~18日 10:00~14:00


名古屋教室171114・てあて整体スクール

1711151・てあて整体スクール

ボディ コンディショニング講座

読了までの目安時間:約 2分

現代舞踊協会さんから依頼されて、今年もやることが決まりました。
選抜新人舞踊公演オーディション会場で実践体験型ワークショップ【ボディコンディショニング講座】をやります。
調べてみたら2011年から始まった企画で、文化庁からの委託事業として現代舞踊協会さんが若手の芸術家の育成事業として行っているものの一環です。
こう書くとなんだかものものしいですね。
もう少し分かりやすく書きます。

これからダンサーとして頑張る人たちに向けて、ダンスを続けて故障をしないためのセミナーをやるということです。
主催が現代舞踊協会で新人舞踊公演のオーディションをやっている会場の、バックヤードだったりリハーサル室だったりでやります。
オーディションが終わったダンサーで希望者が受けられるというものです。
それともう一つ。
個別の故障や体の相談をする個人セッションの時間もあります。

ダンサーは意外に情報が少ない。
ダンスについてはとても詳しい人が多いんですが、体のケアのことや故障のことについて基礎的な情報も知らない人が多くいます。
知っているだけでも聞いただけでも、行動が変わったりするので、話をする方としても楽しみです。

今年は6月26日(火)渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールでやるようです。
当日、オーディションに参加するダンサーの方は個人セッションでお会いしましょう。

整体って怪しくないですか!?

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。
てあて整体スクール・あら木です。


「整体って怪しくないですか!?」
いきなりですね。(笑)
たまに聞きます。
昔はもっとよく聞きました。
昔と言っても20年くらい前です。
ここ5年くらいはそうでもないかと思っていましたが、意外に怪しいと思っている人は多いようです。


どうして怪しいんでしょう。
いや、怪しいと思われるんでしょうか。
そもそもの根源は国家資格ではないというところかもしれません。
接骨の先生は柔道整復師という国家資格を持っています。
針灸の先生もはりきゅう師という国家資格です。
あん摩マッサージの先生もあん摩マッサージ指圧師という国家資格があります。
でも、整体には国家資格がありません。
アメリカではカイロプラクティックが国家資格になっていると聞きます。
でも日本では国家資格にはなっていない。
民間資格というのが一つの怪しい原因なんではないかと思います。
もちろん怪しくないですよ。
モグリ(無資格・無許可)なんじゃないか、なんて思われるのかもしれません。
でもモグリではありません。
整体師は柔道整復師の資格を持たないで柔道整復(接骨)をしている訳でも、針灸の資格を持たないで針灸をしている訳でも、あん摩マッサージ指圧の資格を持たないであん摩マッサージ指圧をしている訳でもありません。
整体をしているんです。
だから我々整体師は怪しいなんて思ってませんし、怪しくありません。
でも怪しいと思われている原因の一つはそれかと思います。


国家資格になっていないと、そのものを規制する法律がないので色々なものが含まれてしまいます。
骨格調整をする先生も筋肉調整をする先生も、例えば内蔵で調整する先生も、頭だけを触れて調整する先生もいます。
どれが整体なんだ!?
と思うこともあると思います。
いろいろなところに行くと色々なやり方をしている訳ですから。


でも、実際は怪しくないです。
整体は言葉の通り、体を整える、ことをしています。
そのために様々なアプローチがあるということです。
色々なやり方が整体という言葉の中に含まれています。
それは先生毎に違っています。
もちろん危ないことはやりません。
健康に害を及ぼすおそれのあることもやりません。
それはもちろん他の一般的なことと一緒です。


民間療法という意味では、エステティシャンやリフレクソロジストやパーソナルトレーナーなども一緒です。
敢えて言うなら整体は漢字。
漢字だってのも怪しく感じる一因なんでしょうか。
でも。エステやリフレやトレーナーも同じ範疇です。


選ぶのが難しいですね。
そう思います。
でもそれは病院でも接骨でも同じです。
整形外科だからと言って同じことをされる訳ではありません。
やっぱり先生によって違います。
今ならホームページなどに書かれていることを読むことです。
あまり内容が書かれていないのは、技術に自信があるとも取れますが、説明が面倒なのかもしれません。
電話をして聞いてみたり、メールでどんなことをするか問合わせたりすると良いと思います。
もしくは知っている人から聞くこと。
紹介してもらうのは安心だと思います。


整体は人の体を整えること。
そのことで痛みや症状を改善するさせるのが目的です。
先生によっては、痛みの出ない体作りや日常的に気をつけることなどのアドバイスもくれます。

・今の痛みの原因を説明してくれる。
・それを調整。
・痛みが出ない体のケアの方法を教えてくれる。

最低でもこれくらいのことは、今の整体の先生はやってくれます。
もし今受けている先生がやってくれないようなら、他にも良い先生は沢山います。

アレクサンダー・テクニークとコンタクト・インプロビゼーション

読了までの目安時間:約 3分

CINN・てあて整体スクール

連休の中の二日間。
東京コンタクトインプロ・フェスティバルに参加して来ました。
参加したのはコンタクト・インプロビゼーションのクラスとアレクサンダー・テクニークのクラスです。
コンタクトは参加者として、アレクサンダーは講師の石坪さんのアシスタントとしての参加でした。
アシスタントと言っても押しかけと言うか押し売りと言うか、アレクサンダー・テクニークとコンタクト・インプロビゼーションのコラボに参加したかったので、講師役の石坪さん(あら木のアレクサンダーの師匠)にお願いをして出ることになりました。
実はこれで二回目。
コンタクトの方もダンスの知り合いが企画してやっていることなので、ダンスをするものとして参加しました。

コンタクト・インプロビゼーションはダンスの即興形式で、相手と触れたり体重のやりとりをしながら動きや流れにまかせて動いていくものです。
ダンスの一つのジャンルになったのはまだ数十年の歴史で、今でも様々な方法や考え方で研究や実践がされているようです。
日本人は人に触れることが少なく、一般的には臆病な方が多いように思いますが、コンタクトの場に来ると一変します。
触れ合うことで分かることや感じあえることもあることが、実体験として分かります。
テクニック的には相手に体を任せることや、相手の体を受けること。
そこに起きるコミュニケーション。

アレクサンダー・テクニークは自分を感じ全体を使うことなどをすることから、コンタクト・インプロビゼーションとは相性が良いように思いました。
アレクサンダーのクラスでは体の構造の話をしたり、イメージや方向性を話をすることで、自分の感じ方が変わったり動きが変わったりする経験をすることが出来ました。
触れることで人は大きく変わります。
整体師もアレクサンダー教師も人に触れます。
そういう意味でも良い経験をさせて頂きました。

参加者の中に15年くらい前からの知り合いで、しばらく会っていないダンサーが来ていました。
彼女もコンタクト・インプロビゼーションのWSなど企画しています。
今度一緒に何かやろう!と意気投合して帰ってきました。

コンタクトに興味のある方は今回主催していたCINNに連絡してみて下さい。
CINN >>> http://contactimprov-nn.com/

一生勉強

読了までの目安時間:約 2分

本二冊・てあて整体スクール

整体師に限らず一生勉強だと良く言われます。
確かにそうです。
そうだと思います。
とは言え勉強にも色々あります。

整体師になってしばらくの間、セミナーやワークショップに沢山通う人がいます。
大切です。
でも10年15年と経つと手技のセミナーにはあまり行かなくなります。
勉強しなくなった訳ではありません。
手技ではないセミナーやワークショップなどには出ることがあります。
少し畑違いのようなところに出没したりします。
自分の場合は開業して5年経ったくらいからアレクサンダー・テクニークを学び始めました。
アレクサンダー・テクニークはセラピーではありません。
相手に触れますが治療も調整も、もちろん押したり揉んだりもしません。
相手の体や頭の使い方を指導するワークだと言われています。
整体に使えるかと言うと、全く別のものとして使ったりはしますが、まぜこぜにしては使えません。

ダンスやバレエのレッスンに行きます。
整体とは関係ないと思われるかもしれませんが、これはかなり関係があります。
体の使い方や動かし方の探求のようなことです。
本を読みます。
手技関係の本はもう殆ど読みません。
脳科学や生物学や発生に関係するもの、解剖学や生理学の本も読みます。
直接関係はありませんが、人をみる時に役に立つと思っています。

手技のレベルはどうなるんだと思われるかもしれません。
それは今持っている手技の精度を上げていくことになると思います。
手で患者さんを感じる感覚も変わってきます。
触診もそうですが、毎日、昨日と同じことを繰り返すのでは変わりません。
同じ手順でやっていますが、何か昨日と違うことさっきと違うことを感じようとして触れていたり調整していたりすると、新しい何かを感じます。

一生勉強はそこにあるのかもしれません。

出会いとタイミング

読了までの目安時間:約 3分

フケ・てあて整体スクール

知り合いのセラピストが開業します。
以前に一度自分のサロンを持っていたことはありましたが、事情があって一旦それを閉め、それからは癒し系サロンで働いていました。
てあて整体院に来たのはスクールの生徒さんに紹介されてでした。
話をしていたら自分が卒業した整体学校と同窓だったことが分かりました。
今は何をしているの?とか、将来はどうするの?とか、そんな話をしました。


それならうちの一階を使えば良いのに。


将来的には開業をしたいことや、今は整体ではなくリンパマッサージ系のセラピーをやっていることなどを聞きました。
キャリアもあるしやる気もありそうなのに、何か一歩踏み出せない感じがしました。
じゃあ、週に数回でも良いから試しにやってみたら良い。
レンタルサロンでも何でも借りたら良いのに。
と話をしていて件の言葉が出ました。
「それならうちの一階を使えば良いのに。」
てあて整体院や整体スクールは通常は二階の二部屋を使っています。
一階は夏の暑い時やよほど人が多い時に使うだけで開けてあります。
セラピー用のベッドもあるし、空いているんだから使えばイイ。
そんな話をしました。
そうですか、それじゃあ考えてみます。
と言って帰ってから一週間もしないうちにメールがあったと思います。


それが去年の11月くらいだったと思います。
最初は週に1人だったのが、年明けには週に2人になり春には3人になり。
どんどん増えて行きました。
そろそろどうなんですか?
聞くと患者さんの一人の紹介で部屋を借りられそうだと言います。
それはきっとタイミングです。
だから外さないほうが良い。
と言うことで今回、てあて整体スクールに置いてある七つ道具(写真)を持って新しいサロンをオープンすることになりました。


出会いとタイミング。


開業や独立や勉強を始めるにしても。
出会いとタイミングが大切です。
言葉では上手く説明出来ませんが、タイミングを外して良いことはありません。
考えすぎて立ち止まっていると、タイミングも出会いも外して逃げていってしまいます。
考えることはタイミングが来る前にしておくことです。
考えていなかったら、タイミングが来たとしても、それはタイミングではないかもしれない。
(ここらあたり言葉としては矛盾しますが、そんな感じなんです。)
考えて考えていることが、タイミングを呼ぶことになるかもしれない。


タイミングは準備とはまた違うんです。
準備万端整っていてもタイミングが来ないこともある。
でも、タイミングが来たら、もし来てしまったと思ったら、前のめりでも進むことです。
次のタイミングはいつ来るか分からない。

やっぱり思いだよなぁ。

読了までの目安時間:約 5分

バレエホリデイ・てあて整体スクール

4月29日30日は上野の森バレエホリデイで【バレエの”からだ”診断】をやりました。
当日の様子などについては別に書きました。
・上野の森バレエホリデイ【バレエの”からだ”診断】>>>
・やって良いこと悪いこと >>>


今回は内容とは別に思い知ったことです。
自分自身の話です。
オン・ポワントという会社から連絡があったのは2ヶ月以上前だったと思います。
バレエ関係の書籍を出版している出版社の子会社として、出版だけでなく様々な企画をしている会社です。
会社とは言っても社員は2人。
うち一人が実は昔の患者さんでした。


先生、ごぶさたしてます。
実はこんな企画がありまして。。。


そこで今回の上野の森バレエホリデイの話を聞きました。
昨年もゴールデンウィークにやっていたそうですが、そのことは知りませんでした。
バレエにまつわる様々なことを集めて、最近の言葉で言えば”フェス”のようなものを開催するということでした。
舞台上では東京バレエ団とノイズムの公演があり、そのバックステージツアーや公開ゲネだけでなく、練習風景を見せたり、バレエレッスンがあったり。
ホワイエ(エントランスなど)では小物やウェアや稽古着などの販売。
だけでなく、バレエ似顔絵やバレエ占い、カラーセラピーやバレエ集団のグッズ販売まであります。
そこの一区画で【バレエの体診断】のようなものが出来ないかということでした。
一人一人にあったストレッチや体の使い方など、話を聞いてその場で指導するようなものです。
いつも整体院でやっている個人セッションのようなものだと思いました。
どうしようか。
考えました。
営業時間は10:00から18:00まで。
休憩を入れれば実質7時間しかありません。
催事場のような場所に一区画に小さなベッドと簡易バー(バレエバー)を持ち込んで、30分くらいで話を聞いてその場で答えを出す。
話をしたりストレッチなど指導することは問題なさそう。
でも人が集まるのか。
そこがポイントでした。
20分から30分くらいで2000円から3000円くらい。
稼働7時間として時間稼働率50%と考えると、7人くらいしか見られません。
細かい計算は別にして、売上から出店料と交通費やベッドなどの宅送費など費用を考えると、どんなに計算しても売上と経費が拮抗します。
ようするに金銭的な儲けが全くない。
人が集まらなければ赤字も覚悟ということになります。


どうしようか。


正直な話をしました。
昔の患者さんで話やすいと言うこともあったと思います。
そこから色々な話をしました。
どうして似顔絵や占いまであるんですか?とか。
どうしてバックステージツアーがあるんですか?とか。
バレエ大学ってどんなものなんですか?
バレエとワインって・・・


バレエの良さバレエの楽しさをもっと知ってもらいたい。
どんなことがきっかけでもバレエに近づいてもらいたい。


その熱量がものすごかった。
占いとか似顔絵なんてって思うんですけど、去年やってみてお子さんたちが楽しそうに書いてもらったりしているんです。
そこからまたバレエが好きになってくれたら。
みたいな話です。
だから先生のバレエ診断は大人バレエな人たちに絶対に受けて欲しい。
そんな話もされました。


やっぱり思いだよなぁ。


そう思いました。
損益計算やマーケッティングやそういうことも大切。
だけど強い思いがあれば何とかなるんじゃないか。
強い思いがなけりゃ、何かをやったって意味がないんじゃないか。
で、いろいろと考えた結果、いろいろと考えるのをやめてやってみようと言うことにしました。
ちょっと出店契約の相談はしましたけど。。
結果は20人の人に受けてもらいました。
初日は13名。
二日目は7名でした。
初日は休憩を除けばほぼ満席。
二日目は後半失速しましたが、これはたぶん休憩の取り方の失敗です。
小売を長くやっていたのに、そこを外したのは僕の個人的な間違い。
一般的な計算とは違って盛況だったことになります。
オンポワントさんにも赤字にはならない数字だったと思います。


忘れていました。
思い。
大切です。
これがやりたい。
これを伝えたい。
そこを忘れないようにしなければと思います。

いよいよ開業

読了までの目安時間:約 2分

東京整体・てあて整体スクール

先日、卒業生の森本先生がベッドを受け取りに来ました。
5月には整体院を開業します。
ベッドをいろいろ探していると聞いて、一階で使っていないベッドを譲ることにしました。
10数年前に買ったベッドですが、とても状態は良くがっしりと落ち着いているので、開業する整体院にちょうど良いとのこと。
車で3・40分のところに開業するので、大きなバンを運転してやって来ました。
ついでと言ってはなんですが、大きな骨格のパネルも差し上げました。


整体院の名前は聞いていますが、こちらではやめておきましょう。
森本先生がホームページなどを立ち上げた時に、こちらでお知らせ出来ればと思っています。
とても良い名前です。
顔を見ると分かりますが、開業前の高揚感が伝わって来ます。
数ヶ月前からはスクールのリピート受講も毎週になり、手も育ってきています。
はやく地域の方にご紹介出来ればと思います。