整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » アーカイブ

ビールとウィスキー

読了までの目安時間:約 4分

最近、ビールが飲めなくなって来ました。
ビールは口をつけた瞬間にだいたい分かる訳ですけど。
それがどうもダメ。
風邪ひいた時に飲むビールって、何だか薄ら寂しい気の抜けた鉄っ気のある貧素な味がしますよね。
アレみたいな感じになることが増えました。
じゃ、風邪なんじゃない!?って思うでしょ。
でも違うんです。

ウィスキーなら飲めるから。

ウィスキーも最近流行りのハイボールじゃないですよ。
ロックかストレート。
チェイサーに炭酸飲むこともありますけど、最近はお茶なんかチェイサーにして飲んだりしてます。
だからアルコールが弱くなったって訳じゃないような気がします。
気がしますってのは、少ない量で酔うようになったので、そりゃやっぱりアルコールには弱くなってるんですかね。
でもビールはダメでもウィスキーなら大丈夫なんだから弱くはないのか。
でも量は飲めないんだからやっぱり弱いのか。
どうも良くわかりません。

昔、大学生の頃はザルと言われてました。
ザルみたいに飲んでたんですね。
でもそんなに強いとは思ってませんでした。
だって、「桶の底が抜けてる」って言われてたのが同級生でいましたから。
学生の頃だったらビールは中ジョッキなら10杯。
ウィスキーはボトルなら半分ちょっとは飲めました。
日本酒なら一升くらいかな。
その桶の底が抜けてた奴は、毎日ウィスキーのボトルの新しい栓を開けてました。
氷も水もナシでストレートで飲んでましたね。
それで、酔えないって言ってましたから、いろいろと大変でした。
金もかかるし。

ウィスキーはストレートが一番楽だと思います。
酔い方も次の日もです。
酔い方が楽ってのは、頭がクリアなまま酔えるみたいな感じ。
次の日の体の重さもストレートが一番楽です。
個人的には日本酒が一番重くて、ビールは次くらいに重い。
ハイボールとか水割りは飲みやすいのは飲みやすいですけど、何だかちょっと変な感じです。
日本のウィスキーは基本的に水やソーダで割ることが前提で出来ているものが多いような気がします。
たぶん安い酒はってことでしょう。
お高いのならストレートでも行けますよね。
山崎とか。
銘柄とかあまり知りませんが、スコッチ・ウィスキーが好きです。
クセが強いのが好きみたいで、ラフロイグとかボウモアが好きなので、たぶんアイラ島のウィスキーが好きみたいです。
この島以外はどこも知らないので、知ったかぶりは間違いありません。

ウィスキーと紅茶と葉巻とチョコレートは似ているなんていつも言ってます。
だから一緒にすると合うんだろうと思います。
この時期は無花果とかうまいですね。
これは似てるとは思いませんけど、何だかウィスキーには合います。

ビールが飲めなくなったとか言いながら、ウィスキーは飲みたくなって来た。
早く帰って一杯やります。

健康な体

読了までの目安時間:約 3分

先日、ツィッターだかインスタグラムだかフェイスブックだかで、誰かがつぶやいているのを見てちょっと考え込みました。


小腹が空いた時に食べても罪悪感がない・・・


きっとダイエットをしている女性なんだろうと思います。
整体仲間からの関係か、パーソナルトレーナーやピラティス・インストラクターからのつながりか、体型や体重が気になる方ではないかと思う。
でも。
ちょっとアレです。
やっぱり気になります。


小腹が空いた → 食べる → 罪悪感


てのはどうなんですか?
さっき食べたばかりなのにもう食べてるワタシ!
これって罪悪感!
てのなら分かるんですが、お腹が減って食べて罪悪感を感じるのは、ちょっと健康的な考え方とは思えません。
そこがね。
気になるんです。
おじさんとしては。


BMIと言う肥満度を表す指標があります。
「体重÷(身長×身長)」で計算されます。
ちなみに、あら木は65キロで174センチですから、65÷3.0276=21.47です。
160センチで45キロの女性だと45÷2.56=17.58
160センチで47.5キロの女性だと47.5÷2.56=18.55
160センチで50キロの女性だと50÷2.56=19.53


日本の厚生労働省では22を基準体重としていて、一番病気になりにくい体重としています。
世界保健機構(WHO)では18.5から25までを正常範囲と言っています。
160センチの女性だと47.5キロくらいからWHO的には正常で、病気になりにくいのは160センチだと56.3キロになります。
たぶん日本の女性には有り得ない体重ってことなのかもしれません。
先日、LVMH(ルイビトンなどの会社)がファッションショーにはBMI 18.5以上のモデルしか使わないと決めました。
ダイエットが悪いとは思わないんですけどね、自分の体がベストな体重を知ることも大切だと思います。
ついでに言えば体脂肪率と筋肉量も大切ですね。
同じBMIでも体脂肪率が高いと腰痛や肩こりや不調が起こりやすくなることがあります。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

オムツの取れない小学生

読了までの目安時間:約 3分

小学校に入学するのにオムツが取れない子がいる、そんな話を最初に聞いたのはもう10年位前だったかもしれません。
んなアホな。
と最初は俄かには信じられませんでしたが、色々と考えたり見たり聞いたりしているうちに、最近はそうなんだろうなと思っています。


ベビーカーに乗っている子供がだんだん大きくなってきています。
いや正確には大きくなっても乗っている子供が増えています。
たぶん3-4歳位までは乗せるんでしょう。
これに伴ってベビーカー自体も大きくなっているようです。
子供は1歳位で立って1歳半位では歩来ます。
2歳になったら多くの子供は歩くことが出来る。
それが3歳4歳になってもベビーカーで移動している。
たまに5-6歳と思しき子供を乗せたベビーカーもあります。
お母さんお父さんは大変です。
歩き始めの子供はどこに行くか分からない。
走り出したら止まらないなんてことはザラです。
勝手にどこかに行ったら危ないし、目を離した隙に見えなくなったら大変です。
ベビーカーに乗っていてくれれば安心。
分かります。


ベビーカーの時代が終わると保育園や幼稚園です。
最近はバスで送り迎えが増えました。
仕事をしていると助かります。
でなければ園まで親が送り迎え。
大変だけど1人で行かせるのは危なすぎる。


結局、小学校位までは子供は殆ど歩かなくなった。
当然、筋力が付いていません。
好むと好まざるとか、本人の資質とか関係なくです。
それが原因の1つだろうと思います。
オムツが気持ち良くなったのも関係してると思いますけど。
でもやっぱり歩いていない、体を動かしていないのが一番なんだろうと思います。


良いとか悪いとかではありません。
そう言う時代です。
体を動かすことが構造的に少なくなった社会。
それを知った上で、子供を育てないとなと思います。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

養老先生

読了までの目安時間:約 4分

養老孟司先生の本を読んだのは、たしか『唯脳論』が最初だったと思う。
会社員をしていた25年位前に同僚に勧められたのが最初だった。
世の中には信じられないほど本を読む人がいて、その同僚も僕には信じられないペースで読んでいた。
まだ『バカの壁』が出るずっと前の話。


養老先生は解剖学者という肩書きがある。
大学で解剖学を教えていたので当然だけど、およそ解剖学者という感じの内容ではないときが多い。
元々は解剖学をしながら考えていたことが、人間の本質というか現代人特有の行動や思考や社会の形成や組織や法律など、およそ世の中にあることは何でも語っている。
その語り口も面白い。
若い頃の語り口は尚更で、読んでいるとリズムが出来てきて考えが頭に入ってきやすいような気がすることがあった。
椎名誠さんのエッセイもそんな時期があった。
お二方とも最近は落ち着いて、ゆっくり読める。
自分も歳をとってきたのでちょうど良い。
と言いたいところだけど、もう少しあの口調を読んでみたい時もある。


この世は脳が作った。


唯脳論はそう言うことが書かれていた。
最近は体がなくなって脳ばかりになって来たというようなことが書かれていた。
と思う。
間違っていたら申し訳ない。
なにせ20年以上前に読んだ本のことだからね。
でも、そう理解している。
最近は体がなくなって脳(論理)ばかりになって来た。
それは憂うべきことなのか当然のことなのかは分からないけど、ま、現状はそんなことなんだろうと思う。
体がなくなったと言ったところで、本当に体がなくなる訳ではない。
体はあるし脳はあるし。
でも、体の声を聞かなくなって久しいということなんだろうと思う。
頭で考えれば分かるだろう!と言われたところで、体もある訳で、そこを忘れているといつかしっぺ返しを食らうかもしれない。
もうすでに食らっているのかもしれないけど。


僕が整体師になったのも、そのことと関係があるかもしれない。
元々、体の人だったので、頭ばかりで生きいていると変になりそうになったのかもしれない。
体に戻りたいと思ったのかもしれない。
『さんぽ部』なんて断続的にやってるのもそう言うことかもしれない。


たまに
窓を開け放して。
風を入れ。
畳の上に寝っ転がって。
ゆっくり深呼吸して。
体を畳に委ねて。
力を抜いて。
自分を感じるってのも良いのかなと。
いや良いのかと言うより必要なのかと。


そんなことを思っています。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

思ったとおりに動く体

読了までの目安時間:約 3分

自分の体は自分で動かしています。
思い通りに動かしている。
と思っている。


なのに何故、たまに階段に躓いたりするのか。
どうしてキャッチボールのボールが取れないのか。
箸で卵が持てないことがあるのか。
卓球やテニスで空振りすることがあるのか。
どうして同じダンスなのに、一斉に踊ると皆違う動きなのか。
精度の問題なんでしょうか。
陸上十種競技の元日本チャンピオンで陸上マスターズ大会で4×100メートルで優勝したこともある、というかあの百獣の王の武井壮さんが言ってました。
「運動を早く上手くなるには、その運動の動きが何度やっても同じように出来るように練習すると言うものでした。」
ようするに自分の思い通りに自分の体を使う練習です。
コップを持つのに、毎回全く同じように持てるようになるには実は練習が必要です。
細かな動きが何度やっても同じに出来るのは、実は難しいと言うことなんです。
つまり自分の体を自分の思い通りに使えないのが普通と言うことになる。


特に最近は体を使うことが少なくなりました。
歩くことも少なく、手足を使うことも少ない。
通勤は電車や車。
会社に行くと椅子に座る。
文字をかくにもパソコン。
連絡するのもメールなのでその場。
食べ物は近くのスーパーやコンビニ。
料理が面倒なら出来上がっているものを買ってくる。


自分の体が自分の思い通りに動くのか。
たまに確認してみると良いと思います。
以外に出来ない。
それに気がついたら、練習してみてください。
簡単なことです、歩くこと手を使うことです。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

自分の調子が悪い時の整体

読了までの目安時間:約 3分

「センセイは腰が痛くなったり調子が悪くなったらどうするんですか?」
たまに聞かれます。
そうですね、先ずはウォーキング、毎日歩きます、そして風呂に入って朝夕のストレッチボード(アキレス腱ストレッチ)ですね。
それで睡眠時間がある程度とれたらだいたいの腰痛は治ります。
なんて答えます。
でも、もう一つ答えがあります。


痛みや症状があっても、その時の自分で整体が出来るようにしてます。


アレクサンダー・てあて整体スクール

写真はアレクサンダー・テクニークの授業のものです。
このアレクサンダー・テクニークの授業もそうなんですが、てあて整体スクールでも自分を整える練習をします。
生徒さんにそれを覚えて欲しいからです。


整体師だったら腰痛や肩こりにはならない!とはなかなか言えません。
整体師だって人間ですから、調子の悪い時もあります。
そんな時、調子が悪いまま患者さんを診るとどうなるか。
これがなかなか結果が出にくい。
痛みや体の歪みに支配されたままで、普段の自分とは違う自分で整体をするからだろうと思います。
もちろん調子が悪い時は普段の自分とは違います。
体が歪んでいたり痛みがあったりします。
それをそのままやってしまうと結果につながらない。
ここ上手く説明しにくいんですけど。


自分の状態を受け入れて、今の自分を使って整体する。
痛みを感じないようにとか、歪みを自分で矯正してとかではないんです。
それを分かって、知った上で、その状態が今の自分で、今の自分を使っていつもの整体をする。
そんな感じです。


調子が悪くないに越したことはありません。
整体師なんだから調子が悪くなりそうになったら、整えます。
でも、調子悪くなっちゃった、って時にどうするか。
そこポイントだと思っています。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

入学断りの連絡があった人とは、その後も繋がっています。

読了までの目安時間:約 4分

当然と言えば当然なんですけど、入学断りの連絡をくれた方とは、その後もセミナーや勉強会や整体施術で繋がっています。


資料請求をいただいた方や見学に来た方でも、「考えていた感じとちょっと違ったので入学はやめておきます。でも入学はしないけどセミナーや勉強会には興味があります。」という方がいます。
入学しないのに勉強会やセミナーには興味があるというのは、虫が良すぎると考える整体学校や整体スクールもあるようですけど、僕はそうは全然思いません。
そりゃぁ出来れば入学してもらいたいなと思いますけど、考えていたものと違うのに入学は出来ないし、でも興味のある手技はある、ということは当然です。
だから言ってもらえるとさっぱりする。
そう言う方々には勉強会やセミナーの連絡をするようにしています。
連絡をすれば来る方もいるし来ない方もいます。
セミナーや勉強会に参加してもらえば、それからは同業者として付き合いが始まることになります。


逆に入学するのかしないのか連絡を頂けない方とは、その後は繋がりはなくなります。
そりゃまあそうですね、連絡がないんだから、こちらから連絡をするのは憚られます。
連絡を頂けない方は入学しないんだから繋がらなくても良いと考えて、連絡をされないんだろうと言うことでしょう。
確かに別の整体学校に入って勉強をすることになったとすれば、見学や資料請求をしたからと言って繋がりがなくても問題はありません。
同じ業界とは言え、整体師は沢山いますから、直接繋がっていない方の方が多いものです。


でもちょっとやっぱり気になります。
もうこれは何度も書いていることですけど、コミュニケーションの問題です。
セラピストとしてどうなのかなと思う訳です。
確かに断りの連絡はしにくいです。
何か嫌な感じです。
入学します!ってのなら笑顔で出来ますけど、入学しません!てのは笑顔って訳にいかない感じです。
でも、それでも連絡はした方が良いと思います。
セラピストは患者さんやクライアントさんやお客さんとコミュニケーションをする仕事です。
コミュニケーションで大切なのは受け取ることと言ったことがありました。
受け取ることというのは、受け取りましたよと相手に伝えることです。
伝わってますよと相手に伝えること。
ボールを投げたらキャッチすることでゲームは成り立ちます。
だからキャッチボールで、スロウボールはゲームにはならない。
整体スクールだったら、見学や資料請求をしたら、受け取りましたという連絡や入学はやめておきます、でもまたどこかでお会いするかもしれません、位のことは言っておけば、後々に繋がるのかなと思います。
それがコミュニケーションです。
開業してセラピストになった後に、毎日することになる患者さんやクライアントさんやお客さんとのコミュニケーションです。

と思います。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

ヒトにとって何が普通なのかってことと最近の普通について

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体スクールの授業で自律神経の話をしていました。
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで体のコントロールをしている。
意思では動かない内蔵や血流や汗など自律的な体の機能の話です。
考えなくても体が勝手にやってくれている調整ってことですね。
何か食べたら胃とか腸では消化吸収をしてくれます。
暑かったら汗をかいて体表から体温を下げるようになっています。
その、知らないうちに”なっている”ってところが自律神経のコントロールってことになります。
その自律神経がストレスとか生活習慣の乱れでバランスが崩れてくるという話。


自律神経は生活習慣の乱れが原因になったりすると言われています。
では、生活習慣の乱れとは何か。
その生活習慣のベースとなるのはどんなイメージなのか。


朝、日が昇ったら起きて。
朝日を浴びる。
陽の光を浴びながら食べ物を探しに歩き回る。
疲れたら休む。
食べ物を食べたら暫く動かない。
お腹が減ったら食べ物を探す。
夜、暗くなったら横になって寝る。


原始的な生活です。
でも、これがたぶんヒトの元々の生活習慣だったと思います。
今はどうかというと、全く違います。
朝、起きるのは変わりませんが、起きても陽の光は浴びない。
食べる前に動くのではなく、先ず食べてから動く。
お腹が減らなくても食べる。
夜、暗くなっても起きている。


全く違う生活です。
でもこれ、最近の普通のことです。
これでストレスが多いとか運動不足とか睡眠時間が少ないとか言われてもねえと思う人が多いのは分かります。
でも、やっぱり人はヒトです。
人間です。
で動物です。
今は動物としての感覚や体の感覚が薄れています。
それは仕方がない。
でもヒトが動物でなくなった訳ではない。
なので、ヒトが動物だということも忘れないことが大切です。


整体師が患者さんを診るのなら、患者さんの一日の運動量、食事の程度、睡眠、休憩、ストレスなどの情報が必要です。
そのために会話・問診が大切。
その上で出来ることをアドバイスする。
一日に必ず10,000歩歩いて下さいって言うのは簡単だけど、実際に出来るのか。
太陽を浴びる時間はあるのか。
浴びるならいつなのか。
体を動かす時間はあるのか、あるならいつどんなことをするのか。
睡眠時間は取れるのか、取れないんだったら他に何か出来ることはあるのか。


出来ないことを言ってもしょうがないですね。
出来ることをアドバイスする。
そして、ヒトにとって普通って本当はどう言うことなのかを知っている。
その普通と現代の普通の違いをどうやって埋めていくかを考えておく。
ということが大切かなと思っています。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

9秒98

読了までの目安時間:約 3分

日本学生対校選手権で9日、陸上100メートルで桐生祥秀選手が9秒98の日本記録で走りました。
凄い。
凄すぎる。
そして何か嬉しい。
おめでとう桐生選手!

https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12213-20170909-50094/

彼は数年前、高校生の時に10秒01で走って一躍有名になりましたが、ついこの前の世界陸上では100メートルの代表にはなれず、4×100メートルリレーの選手として出場しました。
このところは、ケンブリッジ飛鳥選手、サニブラウン・アブデルハキーム選手、高瀬慧選手、山縣亮太選手、多田修平選手など、誰が9秒台を出してもおかしくない状況が続いていました。
個人的にはサニブラウン選手が一番先に出すんじゃないかと思っていましたが、桐生選手が一番先に9秒台に突入ですね。

人類が最初に100メートルを9秒台で走ったのは、1968年のジム・ハインズ選手。
メキシコオリンピックの時だったと思いますが、実は小学生の頃でリアルタイムで見ていました。
この時は走り幅跳びでビーモンという選手が8メートル90センチという驚異的な記録で優勝していて、ものすごい跳躍を今でも思い出します。
これを見て陸上競技をしたくなり、小学校になかったので中学校で陸上部に入ることになりました。

それにしても桐生選手。
良かったですね。
おめでとうございます。
他の日本人選手も続々と9秒台を出すことになると思います。
記録は壁が破られると、壁自体がなくなったようになって、スルスルと乗り越えられるようになるものだと思います。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

今やらなかったら、もう出来ない。

読了までの目安時間:約 3分

妻夫木聡という俳優さんがいます。
映画の宣伝とかで大学に行ったそうです。
そこで大学生に質問されました。


今、大学四年で演劇をやっているんですが、この後も続けた方が良いかどうか。


そんな質問でした。
うっう~んと言いながら色々と考えたあげく。
とは言え数秒後に妻夫木さんが答えました。


後悔って僕嫌いなんですよ。
今、やらなかったらたぶん、もう出来ないですよ。
やれるとこまでやったらどうですか。



若いからなぁ。
大学生だし。
と思いますか?
無責任なこと言うなよ。
食えなかったらどうするんだよ。
と思いますか?
確かに、その通りです。
大学四年にならそんなことも言えそうです。
失敗したってやり直しがきくし。
でもどうなんでしょうね。


今、やらなかったら、もう出来ない。


って言うのはすごく響きました。
実を言うと40歳直前で会社を辞め、42歳で整体院を開業した時に思ったことでした。
今、やらないとたぶんやらない。
今、だめならたぶんダメだ。
ダメだって言ったって、会社員生活が続くだけで何も悪いことはありません。
ただ、ひょっとして出来たかもしれない自分で稼いで生活するという生活が、出来なくなるだけ。
それだけと言えばそれだけです。
でもねぇ。
やってみたい気分でした。
だからやりました。
けっこうきついこともあります。
会社員時代は基本的には給料は毎月振り込まれました。
今は自分でやっただけしか手元に残りません。
ウホウホの時もあるし、ガクブルの時もあります。
ガクブルが続いたりしたら、もう本当にダメなんじゃないかって思うこともあります。
ウホウホが続いたりしたら、もう何でも来いっ(笑)なんて気持ちになります。
不安定ですねぇ。(笑)
でもそれが人生なんて思ったりします。


後悔って僕嫌いなんですよ。
今、やらなかったらたぶん、もう出来ないですよ。
やれるとこまでやったらどうですか。






手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

1 2 3 6