てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » アーカイブ

日々

読了までの目安時間:約 3分

自分の感覚的には30代と書いたことがあった。
まだまだ30代の頃と変わらないと言うのではなく、30代くらいかなぁと感じてしまうという事です。
感覚的とは肉体的になのか精神的になのか。
多分その両方がごっちゃになった感覚のような気がする。
50代後半になった今も30代の感覚はある。
と思ってしまっていると。
筋肉は衰えたけど鍛えれば何とかなると思っている。


ちょっと待て。
考えてもみろ。
そういう事を言っているおじさんを見た時どう思う。
分かった分かった。
あんたは確かに若い。
でもそれは実年齢に比べて少し若く見えるってだけ。
それは違うんだ。
勘違い。
ちゃんと認識しないと、痛いよ。
それにそんなつもりだと故障だってするんだから。


確かに。
そうです。
それは分かってる。
分かっているが ・・・ 分からない。
そう感じてしまうものはそう感じてしまう。
感覚はどうしようもない。

??
???
本当か?
本当に感覚はどうしようもないのか。
本当に本当?


感覚は横に置いて、実際はどうなのか。
実際は50代後半。
それは分かっている。
では
動きは。
筋力は。
どうなんだろう。
数値化するとどうなの。


生きていると楽しい事や悲しいこと、悔しいことや辛いことが起きる。
世の中には大変なことや些細なことがある。
そう思う。
ホントウ!?
本当に本当?
本当にホントウに本当にそうなんだろうか。


最近、大変だと思っていたことや辛いと思っていたことが、実は意外に楽しいのかもしれないと思うことがある。
確かにそれそのこと自体は大変かもしれない。
でもそれが起こっていること、それがあること、それが存在し、自分が今ここに存在すること。
それを思うと楽しいまでは言えなくとも、何となく滋味深いと言うかしみじみする。
そんな事を思ったり思わなかったりする。


結局、それはソレでしかないのか。
これはコレでしかないのか。


う~ん。(笑)
仕事しよ。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
10
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

たまには何でもない話を。

読了までの目安時間:約 5分

昨日、名古屋から帰ってきました。
今月の名古屋ではアレクサンダー・テクニークや姿勢と歩き方、そして指針整体の授業をやってきました。
参加している生徒さんは1年以上の方ばかりですが、先月入学した関西の方がいたので、ちょっと新鮮な感じで話ができました。
やっぱり新しい生徒さんがいると、いろいろと新鮮な感じがあります。
そして今日からまた東京で整体の授業。
今日は卒業生が2名参加されました。
一人は介護施設に勤めている男性で、卒業しても手技を忘れないようにずっと通ってきています。
もう一人は女性で最近仕事を辞めました。
今度こそ開業するということで、手技の練習を始めるためにやって来ました。
これからまたリピート受講するとのことです。
整体スクールが終わって患者さんを2人診た後に3人目の患者さんが来ました。
3人目は1年ぶりに明日の授業に参加する生徒さんです。
旦那さんの仕事の都合で東京を離れて1年。
やっと少し落ち着いたので、また授業に来て練習をしたいと言っていました。


みんないろいろです。


今日の授業の後は40代の女性と80代の女性の整体。
色々な話をしながらの整体は楽しいものです。
楽しいと言うと語弊があるかもしれませんけど、楽しいものは楽しい。
お笑い番組を見るような楽しさとは違いますけど、しみじみとなんだか嬉しい時間です。


先月、ダンスの舞台に出ました。
本番の舞台上で足が攣りました。
両足のフクラハギ内側。
ちゃんと気をつけていれば防げただろうと思います。
水分補給の方法と緊張と睡眠の管理です。
30年くらい舞台に出てますけど、本番で両足攣ったのは初めてなのでちょっとショック。
翌日も少し足に攣れがあったので、これは休もうと決めました。
1ヶ月にしようかと思いましたが、大事をとって1ヶ月半。
そろそろレッスンにも復活しようと思います。
2週間くらい前から腹が出てきて。
驚きます。
このまま放っておけば立派なおじさんの出来上がりです。


iPadやパソコンを見る時間がちょっと多いなと思い始めています。
目や身体がパソコンになっている。
変なイメージですけどそんな感じがあります。
ちょっとアナログに戻さないとと思います。
歩いて風に吹かれて手で触れて身体で感じて。
そうしないと頭もうまく回りません。
インターネット上の情報を右から左に取り込んでいると、なんだか沢山の情報に触れているように感じ、いろいろ考えているように感じますが、実はそうではないような感覚が出てきています。
自分の頭で考えていない。
頭の中を情報が勝手にグルグル回っている。
そんな感じかもしれません。
サラリーマンではないのでネット断食は可能です。
もう少ししたらやってみようかと思います。
歩いて風に吹かれて手で触れて体で感じる。
患者さんの身体からくる情報が減るようではこまりますから。


昨日、患者さんの公演を見に行きました。
現代舞踊協会主催の【現代舞踊公演】。
そこに患者さんが作者として作品を出していました。
ダンサーの中にも何人かダンサーさんがいました。
素敵だったなぁ。
患者さんが舞台で踊ってるのを見るのは怖い時もあるし楽しい時もあります。
今回は故障で通っていた患者さんはいなかったので安心して見ることが出来ました。
僕も踊らなきゃ。
休んでいたので尚更思いました。


もうすぐ4月です。
春。
新入学の時期です。
てあて整体スクールも新入生をまってます。
見学出来ますよ。
説明もします。
いつでも連絡ください。


てあて整体スクール
東京都練馬区東オオイズミ5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

あんな話こんな話

読了までの目安時間:約 4分

「やっぱり呼吸ですよ。
呼吸については少し考えないとですね。
例えばこんな本がありますよ・・・」
今日の患者さんとの話でした。
自分でも呼吸法について話をしたりしますが、今日は友人の本をお勧めしました。


患者さんとは色々な話をします。
本の話や映画の話。
健康関連の話はもちろんですけど、それ以外の話もいろいろします。
患者さんの趣味の話は多いですけど、そうなるとやっぱりダンスの話が多くなりますね。
レッスンの話やストレッチやテクニックの話。
そんな時は整体が終わってから解説することになります。
そうやって時間が伸びていってしまう。(笑)


先日は80代の患者さんと戦争の話になりました。
10以上離れたお兄さんが特攻隊の教官で、隊員に飛行技術を指導していた話。
年が離れた自分を本当に可愛がってくれた話。
そしてそのお兄さんの最期の話。
話題の多い患者さんだけど、今回は不思議に戦争の話になりました。
ついでに米国大統領と我が国の総理大臣についてもチクリと話をされていました。


そのためではありませんが、本は読みます。
このところ3冊立て続けに読みました。
「アレクサンダー・テクニーク」(小野ひとみ著 春秋社)
「自律神経を整える『あきらめる』健康法」(小林弘幸著 角川書店)
「ひざ痛は99%完治する」(酒井慎太郎著 幻冬舎)


アレクサンダー・テクニークは教師の大先輩の著書です。
日本人向けに分かりやすく解説されている本で、いろいろなことを思い出したり整理したりするのにとても役立ちました。
あきらめる健康法はテレビなどでも有名な小林先生の本。
内容は自律神経を整えることで、血流を改善し呼吸を整える。
そのことの効果や方法などが書かれていました。(あきらめるのは一つの方法で考え方)
指針整体の目指していることにとても似ていて、読んでいて拍手してしまう感じでした。
ひざ痛の本は2章までは面白く読みました。


カミサンが読みたいと言っていた本を探す目的もあって、某ブックオフに言ってまんまとハマってしまいました。
また新しい本を購入。
これも面白そうなものばかりです。
「はだし」と「所作」と「仕事」です。
「はだし」についてはこのところ色々考えていて、健康法としても姿勢や歩き方の調整方としても良いのではないかと思っていたところでした。
所作は姿勢とその使い方と言うところで興味津々。
仕事の本は「憂鬱」と書いてあるところが興味の的ではなくて、見城さんと藤田さんという仕事人に興味があってのことでした。
これらを読んでまた患者さんと話をするのが楽しみです。


読んだ本・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

アレクサンダー・テクニーク

読了までの目安時間:約 4分

今朝はアレクサンダー・テクニークを受けてきました。
アレクサンダー教師なので、いつもはアレクサンダーをする側ですが、今日は受ける側。
お願いしたのはアレクサンダー・テクニークの師匠石坪佐季子さんでした。
整体師も整体を受けたり、アレクサンダー教師もアレクサンダーの個人レッスンを受けたりします。


どんな時に受けるのかは人それぞれだと思います。
僕は昨年後半から毎月一回アレクサンダー・テクニークの個人レッスンを受けるようにしています。
きっかけは何だったか忘れましたけど、受けといた方がイイかなぁ~と言う感じだったと思います。
アレクサンダー教師になって2年近く。
アレクサンダー教師を育成するクラスで一緒に学ぶ仲間との時間が減り、生徒さんを取って個人レッスンをしたりグループレッスンをしたりばかりになっていました。
整体師としても整体スク-ルの先生としても仕事があるので、アレクサンダー教師としての仕事はそんなに多くありません。
離れていると言う訳ではないけれど、毎週通って練習をしていた時期とは感覚が変わってきていたと思います。
もう一度向き合おうと思った記憶はあります。


僕の学んでいるアレクサンダー・テクニークはとてもシンプルです。
何かのためにとか、何かをする方法やハウツーを学んでいくと言うより、もっと基本的なことベーシックなことを学んでいると思っています。


観察する。
気付く。
インヒビション(やめてみる)
ディレクション(方向性)
プライマリー・ムーブメント(プライマリー・コントロール)


ノン・ドゥーイング アプローチ
何かをする方法ではなくて、何かをしないことで起きてくることを見つめる。
やっていることに気づいて、それをやめて見ると言うアプローチによって、元々の方向性やコントロールが再発見される。


やっていることが基本的すぎて抽象的に聞こえたり感じたりすることもなくはない。
でも、基本的なことを基本的なアプローチとしてやっていくと、多くのことに繋がったりします。
今日は座ってハンズオンを受け、ディレクションを思っていると、自分がやっていたこと思っていたこと感じていたことに気付くことがありました。
それを手で感じた佐季子さんから聞いた話は、自分が今考えていることや仕事で感じていること、動きで感じていること、考え方の傾向などと当てはまることが多すぎて驚きました。


何を言われたかはナイショにしておきますが、面白い体験で経験でした。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>