てあて整体スクール 東京で開業を目指すなら » アーカイブ

てあて整体スクール 8月後半の見学日

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールは東京と名古屋に教室のある整体学校です。
8月の後半にも授業見学・説明会があります。
自分の手で人を癒す仕事で独立開業・週末開業や副業を考えている方、周りの家族や友人知人の体のケアから始めてみようかという方は問合せ下さい。
新しいことを始める心配や疑問、自分にも出来るのかという不安にお答えします。
見学も体験も無料です。
安心していらして下さい。


名古屋授業・てあて整体スクール

【 てあて整体スクール 予定 】

8月
19日(土)  9:30~ 説明会 授業体験
20日(日) 15:30~ 説明会 授業体験
21日(月) 10:00~ 指針整体・MET体験会

22日(火)
 ~      9:30~ 名古屋教室 説明会 授業体験
25日(金)

26日(土)  9:30~ 説明会 授業体験
27日(日) 15:30~ 説明会 授業体験
28日(月) 10:00~ 指針整体・MET体験会

東京校 : 練馬区東大泉 5-27-18-A
名古屋 : 名古屋市東区葵 3-14-20

問合 : teate@nifty.com
03-3922-7230


てあて整体スクールの特徴は少人数性と他にはない手技です。
院長あら木が原則一人で指導をしています。
16年間整体師としてアレクサンダー教師として実際に患者さんを見てきた経験をそのまま伝えます。
また、指針整体・METやPNFの手技は他では殆ど学ぶことが出来ません。
強い力や急激な力を使わず、軽い力とリズミカルな刺激で調整して行く整体です。
患者さんに安全に受けて頂けるだけでなく、やっている術者も安心して出来る整体です。
その上やっていて疲れない。
整体師・セラピストとしてやっていくためには、何人もの患者さんをみることになります。
疲れないというのは意外に大切な要素になって来ます。

先ずは整体スクールに来て受けてみて下さい。
自分の体で体験してもらうのが一番です。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

昼寝

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクール

たまに昼寝をすることがあります。
仕事中です。
仕事中と言っても整体をしている最中だとか、整体スクールの指導中ではありません。
当たり前ですね。
休憩時間というか暇な時です。(笑)

昼寝には良い効果があると言われます。
体と頭が休まってリフレッシュするらしい。
確かに。
ほんの15分でも気分が代わり体が楽になったりします。
そのための昼寝です。

会社員ではそうは行かないなと思います。
でもそう言う会社もあるんだろうか。
取り入れられると良いですね。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

指針整体は体がぽかぽか

読了までの目安時間:約 3分


指針整体(ししんせいたい)

てあて整体スクールでは指針整体という手技を教えています。
この手技は16年間実際に整体院で使っている手技で、多くの患者さんに効果を出しています。
他では指導するところが殆どなく、とても珍しい手技です。
どんな効果があるんでしょうか。


体がぽかぽかと暖かくなる。
指針整体を受けている途中から、患者さんの殆どが体がぽかぽかして来たとおっしゃいます。
指で軽くトントンと刺激を入れているだけなのに、全身が暖かくなる。
経絡に沿って刺激を入れることが、体幹だけでなく四肢の隅々にまで刺激を入れることになっていると思われます。
また、強く押すのではなく軽いリズミカルな刺激が、緊張をほぐしリラックスを得る効果があるようです。
そのことで全身の血流が改善されています。

体の歪みが整う。
部分的に骨格調整や筋肉調整をしている訳でもないのに、体の歪みが取れてきます。
脊椎や四肢の長軸方向に沿って刺激を入れることで、筋膜との筋膜の繋がりが緩むことで歪みが取れてくると思われます。
緊張が抜け硬さが取れていくことによって、歪みが整います。
筋膜の緊張が抜けることで、全身の筋膜の繋がりからも緊張が抜け、体の動きにも影響が出ます。

体が軽くなる。
体重が減る訳ではありませんが、受け終わると体を軽く感じます。
筋肉の緊張が抜けることと疲労物質が流れることで、筋肉の状態が良くなります。

動きが軽くなる。
一つ一つの筋肉だけでなく筋膜の緊張が抜けます。
筋膜と筋膜は繋がっているので、全身を通ってるいくつかの筋膜の繋がりが緩みます。
動きのギコチナサは関節や筋肉も関係しますが、筋膜の繋がりも関係があります。
筋膜の繋がりが緩むことで、全身の動きがなめらかになります。


この他にも翌日の朝の目覚めが良かったとか、肌のツヤが出たとか、良く眠れたなどの声をいただきます。
全身の緊張が抜けて血流が良くなることで、様々な効果が出てくるんですね。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

整体師という仕事

読了までの目安時間:約 4分

整体師という言葉は最近になって認知されるようになりました。
てあて整体院をオープンした2001年位の時期は、まだまだ怪しい仕事というイメージがあったと思います。
最初は1990年代だったと思います。
バブル期に20分40分60分と時間で区切ったメニューで、会社勤めをしている人の体を癒す。
クイック整体だとかクイックマッサージだとか。
言葉は悪いですが雨後の筍のように出店がありました。
その頃は整体と言っても、マッサージ的なことが殆どで、細かな調整や体を整えるようなことをしているところは少なかった。
調整や体を整えることをしていたのは、それ以前に開業していた昔からある整体院。
そこでも全身を緩めた後に、電気をかけたり(低周波治療器や干渉波治療器など)して、最後に頚椎・腰椎など数箇所をアジャストする。
今でも残っている、ボキボキ調整される整体というイメージはこういうところからだと思います。


ここ10年5年位は様子が変わってきました。
手技や療法も増えて、本当に様々なやり方があります。
また、開業の形態も一様ではありません。
ボキボキ調整する先生は少なくなって、軽いタッチで触れる先生。
短時間で調整してしまう先生。
少し時間をかけて軽く触れるような先生。
整体院・スタジオも店舗のようなところばかりではなく、マンションやアパート・自宅の一室を改修してサロンにしている人も増えています。
出張形態で患者さんやクライアントさんのところに行く先生もいます。
最近はレンタルサロンやレンタルスペースも増えてきて、そういったところを使う先生もいます。
パーソナルトレーニングジムのレンタルもあるんですね。


個人で仕事をしていくのには便利な環境になりました。
ノマドワーカーと呼ばれる人のように、パソコンやタブレットやスマートフォンなどを使ってブログやSNSで発信・集客し、レンタルスペースで個人レッスンやパーソナルなコーチングなどを行うことも出来ます。
それは東京や大阪など大都会だけでしょ。
なんて思ってますか?
そんなことないんですよ。
地方都市でも田舎と呼ばれるような地域でも、レンタルスペースは増えています。
時間貸しをしてくれるところは探せば沢山あります。
場所はあるけど、そこをどう使えば良いか。
そこに気が付くかどうかで色々変わってくると思います。


男性は知らないことが多いと思いますが、子育てママやお母さんたちのコミュニティーが使っている集まる場所。
地域の集会所やレンタルスペースでは、様々な勉強会やワークショップが行われています。
今はまだ同じような使い方がされていますが、今後はどうなっていくのか。
上手く使えば場所代を抑えて起業・開業することが出来るようになりました。
男性が形やスタイルに囚われているうちに、女性はどんどん新しい形を試し始めています。
色んな働き方があります。
色んな開業方法があります。
整体師という仕事は、面白い広がりを始めていると思います。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

解剖生理学入門 ~ てあて整体塾@川崎(仮)

読了までの目安時間:約 5分

連休セミナー第三弾
【 解剖生理学入門 】 てあて整体塾@川崎(仮)
なんだかモノモノしい題名です。
何とかならないもんなんでしょうか。
実際はこんな感じでした。


川崎1・てあて整体スクール

この講座の始まりは東日本大震災後の福島へのボランティアから始まっています。
クラニオという手技を一緒にボランティアした宇都宮の上田さんと、宇都宮や福島で整体塾を始めました。
地元の主婦を中心とした手に職を持っているのに仕事にするのを躊躇している人たちや手技の興味のある人たちに、解剖学や手技の講座を教えることで自信を持ってもらい後押しをする。
また、自分の周りの人たちの健康やカラダのケアをする。
その上田さんの繋がりが川崎の浜川さんに繋がって、今回は川崎で開催することになりました。
【解剖生理学入門】なんてすごく堅苦しい題名になってしまいましたが、体のことを知る、仕組みを知るという内容です。
整体スクールの先生、整体師、アレクサンダー教師、ダンスをしている人、ストレッチ教室の指導者として、色々な側面から話ができたかと思います。


川崎2・てあて整体スクール

最初に話をしたのはクラニオの前提となる呼吸や体の膨張収縮や動きの話でした。
そこから骨や筋肉の話になります。
個人的に、脊椎と胸椎12番の話と股関節の話が大好きなので、ついついそこに時間を取られてしまいました。
参加された人たちは手技を勉強し始めたという方と、興味はあるけどこれから勉強しようかどうか考えている方、家族の健康のことを考えて体の話を聞いてみたいという人や、ヨガの先生だったりしました。
途中、昼食休憩を挟んで結果的に6時間半のセミナーになりました。
昼食は持ち寄りプレートとおにぎりを頂きました。
参加者一人一人が作ってくれたお惣菜とおにぎりは、会場と会場周りの雰囲気とも相まってとても美味しく感じました。
とにかく静かで豊かな時間でした。


川崎3・てあて整体スクール

川崎4・てあて整体スクール

「クラニオを受けて体が軽くなって、これは何ですか?と聞いたら、ハンドパワーですって答えられたんです。クラニオはハンドパワーなんですか?」という質問がありました。
せっかく体が楽になったのに、ハンドパワーなんて言われると怪しい感じがして受けられなくなる、とおっしゃっていました。
クラニオは脳脊髄液の流れをよくするために、頭にある23個の骨の歪みをとり仙骨までの動きを改善する方法です。
脳や精髄の調子が良くなることで、ホルモンバランスや体の働きがよくなることと、体の中心をストレッチ的に調整していくので、左右のバランスも取れます。
なんて話をしました。
それでかなり安心してもらえたようです。
ハンドパワーという表現は、一部の人には納得し安心されるかもしれませんが、怪しいと感じる人は多いと思います。
解剖学や生理学は物理的に説明が出来るので、多くの人に安心してもらえるんだろうと思います。
ハンドパワーは否定しませんが、ハンドパワーではなく解剖学や生理学的に説明出来ることが大切で、自分はそう言う説明の出来る手技や療法をやりたいと思っています。


最後半ではアレクサンダー・テクニークの紹介もさせて頂きました。
時間があまりありませんでしたが、ハンズオンワークを全員に受けていただき、体感して頂きました。
アレクサンダー・テクニークは何度か受けてもらった方が分かりやすいので、またワークショップなどできたらと思っています。

このセミナー(てあて整体塾)も呼んで頂ければどこでも行きます。
連絡待ってます!


川崎8・てあて整体スク-ル

川崎6・てあて整体スクール

川崎7・てあて整体スクール



アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

闘う夏バテ対策

読了までの目安時間:約 3分

今日は東京で気温が37度になるとかならないとか。
いずれにしても大変な暑さです。
整体の仕事は屋内なので外には出ませんが、それでも暑さはこたえます。
暑さ対策はどうしてますか?
あら木は毎年色々な対策をしています。


冷麺でやり過ごす。
冷やし中華でやり過ごす。
酸辣湯麺で何とかする。
長袖で切り抜ける。
アイス的な飲み物を避けて過ごす。


毎年、飲み物や食べ物、着る物などで対処していますが、年齢によってやっぱり違いますね。
20台くらいまでは暑くなると、どんどん薄着になって行きました。
ところが40台くらいから薄着になると冷房にやられてしまうので、半袖だけを着るということはなくなりました。
Tシャツであっても下着を着るようになった。
50を超えたある年は、夜寝るときに長袖Tシャツに靴下まで履いて寝ていました。
寝汗で起きるんですが、薄着で調子が悪くなるよりはマシだったからです。


今年はなんとなく闘っています。
暑くて死にそでハアハア言いながらでも、週に一回はダンスレッスンに行って汗をかきます。
水分をすごく取るようにして、常に汗が出ているような状態になっています。
一昨年は水分をあまり取らなかったことで、常に頭が痛い状態でした。
そしてなるべく温かい食べ物を食べる。
ついでに辛いもの。
そんな感じでなんとかやり過ごそうとしています。


レッスン・てあて整体スクール

今日も実は昼にモツ鍋を食べて来ました。
気合が入りました。
なんとかこのまま乗り切りたいと思います。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

触れる人のための解剖学

読了までの目安時間:約 4分

最近になって色々なところで体の話をさせてもらいます。
StudkoRADAさんやチャコットさんやセッションハウスさんなどダンススタジオでは、【カラダの座学】と題して外から見た体の形と骨格や筋肉のつき方から実際の動きを確認するような講座。
福島から始まった【てあて整体塾】では、セラピストを志す方々に解剖生理学の入門とアレクサンダー・テクニークの講座です。


【カラダの座学】はボディーマッピングとも呼ばれると思いますが、内容的には荒木が日常整体師として患者さんやダンサーに話をしている内容や整体スクールで生徒さんに話をしている話です。
脳は整合性を取ろうとします。
辻褄を合わせるって言うんでしょうか。
例えば手の平を見て下さい。
指が五本、手の平から出ています。
手の平は平べったい平面で、そこから細い指が伸びています。
でも、骨的には違います。
手の平の部分もほどんとは指と見えている部分と同じ細い骨です。
指を手の平側から見ると、上から第一関節・第二関節のところにシワがありますが、次の第三関節に見えるところのシワは関節とは違い手の平の皮膚のシワです。
実際の第三関節は手相を見るときに感情線や頭脳線と言われている線のあたりにあります。
そこから曲げると、手の平が半分に曲がるみたいに曲げることが出来ます。
普段は第三関節のシワと思っているところから曲げるようにしていることがあります。
これは肩でも同じことが言えます。
腕は手の指と同じで細くなっている部分ですが、肩は手のシワで言うと第三関節のシワと思われている部分のことです。
これを確認するだけで腕の動きが変わったりします。
頭の中の体の地図を書き換えるという意味でボディーマッピングと言われるようです。


【てあて整体塾】でやっている解剖生理学は、てあて整体スクールの解剖学の授業の内容です。
解剖学は奥が深くどんどん細かくなって行きますが、整体師など体を扱う人に知っておいて欲しいことをまとめてあります。
例えば「頚椎と胸椎と腰椎の違い(こちらのページ>>>)」だとか、股関節の靭帯と歩き方の関係だとか。
骨格や筋肉の名前を覚えるのは各自に任せて、骨の形や筋肉の付いているところから、動きや性質について話をします。
また、血流やリンパの流れのこと、神経系の支配のことなども。
基礎中の基礎を学んでいきます。
それにあるある的な話も登場します。
おでこは頭なのか顔なのか。
手の親指は外側なのに足の親指は内側なのは何故か。
気圧が下がると関節が痛くなるのは何故か。
などなど。


ご希望があればどこでも行きます。
解剖学の話や体の話をするのが好きなんです。
連絡下さい。


福島整体塾4・てあて整体スクール



アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

足首はどこで曲がるのか!? ~ 解剖学ページ更新

読了までの目安時間:約 3分

足首はどこで曲がるのか!?

以前、『踵は足の真下じゃない。』( コチラ >>> ) を書きました。
内容的には似ているんですが、今回は骨の位置の問題ではなくて動きの話です。
足首はどこで曲がるんでしょう。
そもそも足首は曲がる関節なんでしょうか。
何言ってるの!?と思った人は、股関節は曲がらない>>> を読んでみて下さい。


足首の関節は足関節と言います。
踝(くるぶし)の間、脛骨・スネの骨と距骨の間の関節です。
距骨という骨は足部の後ろの方にあって、関節面が上を向いています。
カマボコみたいな形の関節面になっていて、脛骨と関節しています。
ようするに、足首・足関節は踝の下で動きます。
足首は足の前、足の甲とスネの間で曲がる。
足首は踵で曲がる。
そんな風に思っている人が多いようです。


足関節1・てあて整体スクール

写真を見るとわかりますけど、足関節は踵よりも斜め前上にあります。
そして以前も書いたように
スネの骨の真下に踵の骨はなく。
踝の真下は空間があって地面から浮いています。
この足関節で前後にアーチのような形になった、距骨の関節面上で脛骨が滑るように動きます。
この動きを「足首が曲がる」と言っています。
曲がってるって言うより滑ってるって感じですね。
股関節は曲がるんじゃなくて回る、足関節も曲がるんじゃなくて滑る。


足首2・てあて整体スクール

骨の位置関係が分かりやすいように、補助線を書いてみました。
〇のあたりが足関節です。
この位置関係と動きを知るだけで、足首の動きが変わる人がいます。
立ち方が変わって重心が変わる人もいます。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

夏休み

読了までの目安時間:約 4分

息子は今年で25歳になります。
昨年、大学を卒業して戻ってきました。
今年に入ってまた外に出て行きました。
昨年就職をして通勤の便が悪いのと一人暮らしをしたいというのが理由のようです。
良いことです。
悪くありません。
息子は大学に行く前に一年余分に勉強をして、大学に入っても余分に勉強したので、高校を卒業して6年して社会人になりました。
早生まれだからちょうど良いかと思いましたけど、そんなふざけたことは家では言ってません。
まったくな、くらいのことです。
妹は8月6日に生まれました。
息子の妹ではなく僕の妹です。
広島に原爆が落ちた日です。
落ちたというと何となく天災のようですが、アメリカがエノラゲイから落としました。
誰かがスイッチを押して原子力爆弾を何十万人もの一般市民が生活している大都市の市街地に落っことした訳です。
その割りに昨日のニュースでは取り上げ方が少なく、殆ど報道はされていませんでした。
72年経つと忘れるんでしょうか。
僕は妹の誕生日なので一生忘れません。
別の意味でも忘れることはないと思っています。
アメリカ人は好きですけど、アメリカという国はどうなのかなぁと思ったりします。

整体師として息子を社会人にしたというのは、ちょっとした自慢です。
インターネットが普及しだした2000年位から後に独立開業した整体師で、ずっと続いている人は意外に少なく、子供を成人させている人も意外に少ないと思います。
あっ大丈夫です。
このブログを読んでる先生はその意外に少ない側の先生ですから。
お互い大変だったですよね。
ホント。

夏は暑いので調子が出ません。
正直、3ヶ月位休みたいと思ったりします。
もう暫くするとカンレキになるので、そうしたら週休を作って、65位になったら夏休みを数週間作って、70歳を超えたら一ヶ月枚に仕事をするようにしようかな。
それくらいがちょうど良いでしょう。

整体もアレクサンダー・テクニークも人が喜ぶ仕事です。
喜ぶと言ってもホッと一息て感じの喜びです。

あああぁ~
センセありがと・・・

そんな感じです。
20年サラリーマンをやってましたけど、そんな風に喜ばれることはありませんでした。
どっちかと言うと自分が嬉しい感じの仕事だったんじゃないかと思っています。
事業計画を立てたり損益の予実を分析したりだったので、制作物が出来て分析や結果が出ると、自分がホッと一息するという。
だからちょっと随分違いますね。
それは楽しいことです。
でも楽しいことばかりでもありません。
個人でする仕事は辛い時もあったりします。
あったりしますが、最近はそれがまた面白い。
生きててんなぁ---みたいに感じたりもします。
生きてるってのは、楽しい時に感じますけど、でも楽しくない時もしみじみしたりします。
これはこれで滋味深いというかね。

8月は夏休みで周りがとても静かです。
一昨年引っ越してきた場所が、学校の門のすぐそばで、朝夕は生徒さんが通るんですが、土日や夏休み冬休み春休みなどは人がぱったりいなくなります。
だから今はとても静か。
静かだと静かにモノを考えますね。
だからまあたまにはこんな文章も。

手技療法の可能性

読了までの目安時間:約 3分

10年以上前に手技のワークショップに参加して聞いた話です。
その主催者の先生は大学病院で糖尿病の専門医を長くされていた内科医の医師で、のちに手技療法を勉強しワークショップを開くようになったとのことでした。
当時、糖尿病は食事療法と運動療法の他はインスリンの投与位しか治療法がありませんでした。
治療と言っていますが、足りなくなったインスリンを補っているだけで、根本的な治療にはなっていない、と言うのがその先生の考えでした。


何か治療法がないかと色々研究したり調べたりしていて、最終的に手技療法に行きあたったそうです。
手技療法の先生に聞くと、それなら膵臓を押せば良い、と言ったそうです。
つまり膵臓を物理的にマッサージしたり押圧したりすることで刺激し、状態を変化させ(血流改善?)ようと言うことです。


これを聞いてその先生(内科医)は衝撃を受けたそうです。
今まで全く手が出ず何も出来なかったのに、手技療法の先生は患者さんに何かすることが出来る。
膵臓を押圧することやマッサージすることが効果があるかどうかは別にして、物理的にでも施術をすることが出来ると言うことが衝撃だったそうです。
そんなことから色々と調べ自分でも勉強し学んで、結果的には大学病院を辞め、手技療法を取り入れて個人で開業医として治療をすることになったそうです。


手技療法には様々な可能性があると思います。
物理的な刺激と言う意味でもそうです。
また、触れると言う行為が持つ人に対する影響を利用すると言う点もあります。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

1 2 3 48