整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » アーカイブ

前脚と後脚 どちらで歩いてますか?

読了までの目安時間:約 3分



歩く時にどちらの脚に意識がありますか?

歩く時に脚のことなんか考えてないよ!
はい。
そうですよね。
普通そうです。
では、あえて言うならどちらですか?
前脚に意識がある?
それとも後脚?
聞き方を変えるなら。
前脚を前に出して歩いてますか?
それとも後脚で地面を押してる感じがしますか?
どっちでしょう。

歩く時にどちらかと言うと前脚に意識がある人が多いかもしれません。
でも後脚に意識がある人もいる。
どちらの人もちょっとイメージ変えてみると面白いですよ。

両脚を同時に使って歩いてみましょう。

どんな感じでしょうか。
いつもと違う?
でも、実際に良く観察してみると、歩いている時は両脚で歩いています。
当たり前ですね。
前脚を出すだけで歩こうとしても、後足に重心が乗っていて移動しません。
逆に後脚だけで歩こうとすると、前傾して前足に体重が乗ったところで止まります。
だって前に出た足は、その時まだ前足なので動けないからです。
面白いでしょ。
えっ!?
面白くないですか?
ま、試してみましょう。

上の写真はアレクサンダー・テクニークのグルーップレッスンをしている時の写真です。
日舞の歩き方をやってみようと言うことになり、日舞を習っている人に教えてもらいました。
腰を落とし摺り足で移動します。
これがなかなか上手くいかないんですとのこと。
ちょっと意識を変えて、いつもと違うイメージでやってみることを試しました。
それが「両脚を動かして歩く」でした。
普段、実は普通にやっていることですが、意識はしていなかった。
これだけで、歩き方も体感も変わりました。

違和感がある時や上手くいかない時には、習慣的な方法や習慣的な考え方から離れてみる、と言う方法もあります。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>

内股で歩くとどうして脚が太くなるのか

読了までの目安時間:約 3分

内股・てあて整体スクール


内股で歩くと脚が太くなる。



知ってましたか?
内股で歩くと脚が太くなります。
ついでにお尻も四角くなって落ちます。(垂れ下がる)
O脚になる人もいます。
そして、反り腰になったり。
その影響で巻肩になったりする人もいるかもしれません。


内股で歩くと、最後に爪先で地面を蹴るのは小指側の指になります。
蹴るほどでなくても、最後に地面を離れるのが小指側になる。
小指側で地面を蹴ると、スネの外側の筋肉を使うことになります。
スネの外側の筋肉を使うと、膝下の脚の外側の筋肉が発達しては外側に太く見えるようになってきます。
(これで膝下O脚に見える人もいます。)
また、内股で歩くと、後ろ足を地面から離す時に足裏全体を離すようになります。
足裏全体を離して歩くと、前腿で膝を前に上げるようになります。
前腿が発達すると、脚は太く外側に張り出して見えるようになります。
内股で歩くことで、前腿とスネの外側を使うようになり、脚が太く見えるようになると言うことです。
また、前腿を持ち上げて歩くようになると、脚の後ろ側やお尻を使わなくなり、お尻が落ちて来ます。
立っている時に骨盤を前に出し前腿に寄りかかるようになると、反り腰になり、反り腰で胸が前に出るので巻肩になる人がいます。


脚を太くしたくなかったら、どちらかと言うと外股で歩くことです。
外股で後ろ足を残して、最後に親指が地面から離れるような歩き方です。
たぶん後ろ足は最後に膝が伸びていると思います。
なかなか出来ない人は後ろ歩きをしてみて下さい。
後ろ歩きで親指から地面につくようにします。
親指がついても踵は宙に浮いているように。
踵はゆっくり下ろして行きます。
その時にフクラハギを使います。
このフクラハギを使うと言うところがポイントです。
前に歩く時もフクラハギを使うような歩き方になります。
脚の筋肉に覚えさせる感じです。
最初は大変かもしれません。
でも慣れてしまえば大丈夫。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

姿勢と歩き方の授業

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールには「姿勢と歩き方」の授業があります。
患者さんやクライアントさんに姿勢や歩き方を指導するための授業です。
姿勢や歩き方の指導が難しいのは、「指示すれば出来る」からです。
猫背の人でも背筋を伸ばして、と指示すれば背筋が伸びて猫背ではなくなる。
でも、指示を忘れていると元に戻る。
かと言って整体で歪みを調整して猫背でなくなるかというと、そう言うものではありません。
そう言う先生もいらっしゃいますが、てあて整体スクールでは歪みの調整や硬さの調整や動きの調整はしますけど、(自分の)使い方は自分のものですから。


姿勢授業・てあて整体スクール

姿勢の授業ではチェックする部位の確認はします。
でも、そこをこうすれば良い姿勢になるみたいな指導はしません。
例えば写真のようなことをして、自分で感覚してもらう。
無駄な力が入っていない、呼吸が楽、血流が良い姿勢を体感してもらうことから始めたりします。
歩き方はまた少し違う。
歩き方を二種類に分類します。
分類した歩き方のどちらに属するのかを見る見方を学びます。
簡単なようで意外に難しい。
でも分かってしまえ単純です。
それで分類した歩き方で、どこに特徴があるのか、その歩き方をしているとどうなるのかなどを学びます。
そして指導。
指導も爪先を蹴ってとか、膝を伸ばして、というような指導ではありません。
後ろ歩きをすることで歩き方の指導をします。
その後ろ歩きの指導方法を学びます。


歩き方・てあて整体スクール

後ろ歩きの練習をしていると、普通に前に歩いていても歩き方が変わり改善されて行きます。
不思議ですね。
何かを変えようとしなくても変わります。
そんな授業をしています。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

靴下に穴があいたんだけど悪くない場所だったので写真撮ってみた。

読了までの目安時間:約 3分

靴下の穴・てあて整体スクール

のっけからこんな写真で失礼します。
靴下に穴が3箇所空きました。
あまりにも見事だったので写真を撮りました。
よく見ると意外に場所が悪くない。


・拇指
・拇指丘(拇指の付け根)
・踵


穴が開くということは、そこに体重が乗っていると言うことですね。
写真で拇指のところは爪先のように見えますが、実際は爪先よりも指の腹。
歩く時には、踵から付いた足が小指側から小指丘(小指の付け根)、そこから拇指丘(拇指の付け根)からの拇指に抜けていくと言われています。
その通りに穴がね。
空いていると言う。
ま、そう言う写真です。
たぶん原因は僕の歩き方もあると思いますが、靴下の品質にも可能性があるのではないかと思ったりしますが、それでも穴が開く場所は力が加わっていると言うことなんで悪くはないと、まあそう思う訳です。


歩き方が気になります。
もう何度も書いていることですが、最近の人たちの歩き方です。
最近の人たちだけではなく、随分以前から大人になっている先輩たちの歩き方も気になることがあります。
なってない!
とまでは言いませんが、美しくない。
美しくない歩き方はやっぱり健康的ではありません。
いくつか気になることを書き出してみます。


前ももを持ち上げる。
足首が曲がったまま歩いている。
膝が曲がったままだったり曲げ伸ばしがなかったり。
歩幅が狭い。
前に振り出した脚が曲がっている。
後ろに伸びた脚が伸びていない。
斜め下を向いて歩いている。


ざっくりとこんな感じ。
多いですね。
こんなな歩き方をしていると、脚が太くなります。
呼吸も浅くなります。
(風と桶屋以上の相関があると思います。)
脚がむくみやすくなります。
内蔵が圧迫されて調子が悪くなります。
良いことないですね。


気をつけましょう。
書いてあることの逆をやれば良いんです。
脚を伸ばして。
歩幅を広げて。
前を向いて。
涼しいうちに散歩でもどうぞ。


そうすれば写真のような立派な穴が開きますよ!




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

美しい姿勢と歩き方

読了までの目安時間:約 4分

昨日、中目黒のBIOキッチンスタジオで【美しい姿勢と歩き方】のワークショップをやって来ました。
今回は自分で企画したのでも募集したのでもないワークショップで、初めてのスタイルになりました。


姿勢と歩き方1・てあて整体スクール

スクール授業でやっている「姿勢と歩き方」と、普段から患者さんなどに話をしていることを合わせたような内容のワークショップでした。
僕の指導法は少し変わっていると思います。
たぶん。
姿勢にしろ歩き方にしろ、こういう風に立てば良い姿勢になるとか、ここに注意してここに力を入れて歩けば美しい歩き方になる、などという教え方ではないからです。


姿勢にしても歩き方にしても、殆どは直そうと思えばその場で直すことが出来ます。
猫背の人は胸を少し上げれば猫背ではなくなります。
内股の人は爪先を外にすれば内股ではなくなります。
反り腰の人は骨盤をタック(後傾)させれば反り腰ではなくなります。
問題はそれが継続出来ないってことです。


継続出来ない理由はどこにあるか。


一つは普段の姿勢や歩き方を普通だと感じていたり、違和感を感じずに立ったり歩いたりしたら普段の姿勢や歩き方になってしまうと言う点です。
もう一つは一つ目と関係しますが、気がついた時に直しても、気がついていない時には、元に戻ってしまうと言うことです。
元に戻った普段の状態が、良くない姿勢や歩き方だからってことです。
(本当は元に戻ったんじゃなくて、悪い状態に戻ったってだけですね。)
ま、あたりまえですね。
ではどうすれば良いか。


元の状態(と感じる状態)を良い姿勢や歩き方にするってことです。


そんなこと出来るのか!?
これが出来るんです。
で、そんなワークショップをやりました。
では元の歩き方を変えるにはどうするか。
歩く時に使う筋肉を再教育します。
再教育のために後ろ歩きをするんですけど、後ろ歩きにポイントがあります。
姿勢を変えるには、姿勢を感じることから始めます。
最初は違和感があります。
でも少しずつ慣れてくれば、これもアリと言う感じがして来ます。
昨日は違和感を感じたくらいのところで終わりだったかもしれません。
それでも新しい感覚を感じてもらえたのか、良かったと言う声を少しずつ頂きました。


今回のワークショップはスクール生でパーソナル・トレーナーをやっている人が企画募集をしてくれました。
おかげで自分で企画して募集するのとは全く違う層の方々が集まってくれました。
20歳代中心の普通の方々と言うのは新鮮でした。
またどこかでやれたら面白いかなと思います。


姿勢と歩き方2・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
10
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

歩き方 の授業

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクール恒例【歩き方授業@石神井公園三宝寺池】でした。


歩き方・てあて整体スクール

てあて整体スクールにはアレクサンダー・テクニークやクラニオなどユニークな授業があります。
【姿勢と歩き方】の授業もその一つです。
姿勢の授業は教室でやりますが、歩き方の授業は天気が良ければ外に出ます。
石神井公園の西側に三宝寺池があります。
その周りが木道(ボードウォーク)になっているので、歩くのに丁度良いんです。
それに沢山のサンプル!?が歩いていますから。


昨日は日曜日で夕方からの授業ですが、16:00はこの時期は明るいので三宝寺池まで行きました。
三宝寺池までは約15分位、教室でおよその話をした後に、歩きながら説明しながら歩いて行きます。
説明を聞いて実際に歩くと、自分の歩き方に気が付くところもあり、人の歩き方も見方が変わってきます。
歩き方の指導をするためには、歩き方がどうなっているか見えなければいけません。
そのために歩き方をいくつかに分類して見るようにしています。
ポイントは太ももと足首。
歩き方を見て欲しいと言う患者さんもいるし、腰痛などの症状の原因が歩き方にあることもあります。
クラシックバレエの体の使い方が上手く出来ないことの原因が歩き方だったりすることもあります。


三宝寺池・てあて整体スクール

三宝寺池についてからもまた説明をし、一人一人歩いてみて観察です。
少し休んだら池の周りを一周して帰ってきます。
恒例の歩き方教室。
散歩の効用を実感するのにも良い授業だと思っています。


■ ■ ■ ■ ■ 整体スクール・整体学校 ■ ■ ■ ■
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

【歩き方】の授業

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールで今年から始まった授業に『姿勢と歩き方』があります。
姿勢で1単位・歩き方で1単位あります。
昨日は「歩き方」の授業でした。
歩き方の授業なので歩きます。
そのため前半は少し講義がありますが、外に出て授業をやります。
てあて整体スクールは石神井公園の三宝寺池まで歩いて15分弱なので、いつも三宝寺池まで行って授業をします。


歩き方1602291・てあて整体スクール

歩き方は大きく分けて2つに分類しています。
・太ももを体の前に持ち上げる歩き方。
・足を後ろに残す歩き方。
どちらが良いかと言うと足を後ろに残す歩き方。
それぞれに様々な特徴があります。
その特徴の説明をしながら、自分で歩いてみます。
(写真がそれ)
特徴的に歩いてみると、どこを使っているかどこが疲れるかが分かります。
そしてその歩き方を続けているとどうなるかの説明をしていきます。
太ももを前に持ち上げていると、脚が太くなりお尻が垂れてO脚になりやすい。
逆に足を後ろに残すとその逆になります。
ただし、昔よく言われたように後ろ足の爪先で地面を蹴って歩く訳ではありません。
それだと疲れてしまいます。
あとは歩き方の指導方法について話をします。


三宝寺池の周りはボードウォーウ(木道)になっています。
いつも沢山の人がウォーキングに来ています。
沢山の人を見ることも大切な授業の一つです。
あと空気も良いしね。


歩き方1602292・てあて整体スクール 地面に図解したりしますが、教室に帰って説明しなおします。


歩き方1602293・てあて整体スクール

歩き方1602294・てあて整体スクール

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>