てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » アーカイブ

腰痛の治し方

読了までの目安時間:約 3分

腰痛や膝痛いの方に聞かれます。


やっぱり腹筋がないからですかね。
背筋を鍛えればイイんですかね。


そうやってどこかを鍛えれば痛みが取れると思っている人が多い。
でもほとんどの場合、鍛える必要はありません。
鍛える代わりにストレッチ、か、軽い運動。


運動!?
やっぱり鍛えるんじゃないですか。
運動するんでしょ。


違うんです。
スポーツとかトレーニングの運動ではなく、関節を動かすこと。
関節を動かせば筋肉は伸び縮みする。
それだけで良いんです。
だから日常的な運動です。
普通に歩くとか、椅子に座ったり立ったりとか。


現代は昔と比べると圧倒的に日常運動が減っています。
そのことで関節を動かさなくなり、筋肉が硬くなり、血流が悪くなりと言うことが起きてきます。
筋肉が硬く関節が動きにくければ、体全体の動きはぎこちなくなります。
段差や少し駆けたりするだけで、足腰への負担が大きくなる。
例えば足首・膝・股関節・腰でそれぞれに10ずつ動いていたものが、足首・膝・股関節の動きが8になったとする。
合計で(10-8)×3箇所=6だけ動きが悪くなる。
それを例えば腰が負担する。
そうすると腰の動きが10から16にならないと、全体の動きが以前と同じようにならない。
そうなると腰への負担が大きくなる。
そんな感じです。
それが腰痛や肩こりにつながっていく。


だからやっぱり鍛えるよりも動かして、筋肉を柔らかく関節を動きやすくすることが先です。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

スクールに通い始めたら肩こりが分かるようになってきた。

読了までの目安時間:約 3分

スクールに入学するまでは肩こりが分からなかった、と言う生徒さんがいました。
触診をしていると皆に肩が硬い凝っていると言われるが、自分では全く感じていない。
そう言う患者さんも多いですね。
美容院で肩を触られて肩こってますね!といつも言われると言う人です。
肩が凝っている自覚がないと言うだけで、肩は硬くなっていると言うことです。
肩が凝ったと感じていなければ、肩が硬くても凝っているとは言わないのかもしれませんが。
肩が凝ったことを感じていない人は、肩が硬いと言うのも知らないと言うことです。
硬いことは知らないよりは知っている方が良いように思います。
ま、知らない方が幸せだろうとは思います。
肩が凝っていない、と思っている、んだから。


スクールに通って指針整体や骨格調整を受けていると、肩は緩んできます。
血流が改善して筋肉が柔らかくなる。
筋肉が柔らかくなると、肩こりを感じるようになるようです。
不幸せ!?(笑)かもしれません。
その時はね。
でも、しばらく通っているとまた感じなくなります。
つまり、肩が柔らかくなって肩凝りがなくなってくるからです。


腰も同じです。
腰が硬い人は暫くすると腰の硬さを感じ、暫くすると柔らかくなる。
腰痛がある人は通ってる内に腰痛がなくなってしまいます。
卒業すると腰痛を思い出すと言う人もいます。
これは医者の不養生のようなものですね。
腰痛のない状態になったら、それをキープしたいもんです。
そのためのストレッチなんかは教えているんですけどね。
なかなかストレッチは続けられない。
酷い腰痛にならないと対処しないようです。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"